Microsoft Hyper-V Manager での Cisco UCS Director のインストールとアップグレード、リリース 4.1
マルチノード設定の設定
マルチノード設定の設定

目次

マルチノード設定の設定

この章は、次の内容で構成されています。

マルチノード設定について

マルチノード設定は、64 ビット オペレーティング システム上の Cisco UCS Director でのみサポートされます。 マルチノード設定により、Cisco UCS Director を拡張して、Cisco UCS Director の単一インストールでサポートされるより多くの VM をサポートできます。 この設定には、次のノードが含まれます。

  • 1 つのプライマリ ノード

  • 1 つまたは複数のサービス ノード

  • 1 つのモニタリング データベース

  • 1 つのインベントリ データベース


(注)  


マルチノード設定では、プライマリ ノード上でのみライセンスをインストールする必要があります。


マルチノード設定は、システム タスク(たとえば、インベントリ データ収集)の処理をプライマリ ノードから 1 つまたは複数のサービス ノードにオフロードして、拡張性を高めます。 特定のシステム タスクを 1 つまたは複数のサービス ノードに割り当てることができます。 ノードの数により、システム タスクの処理がどのように拡張されるかが決定されます。

ノード プールを使用すると、サービス ノードをグループ化して、システム タスクを複数のサービス ノードに割り当てることができます。 システム タスクを実行する必要があるときに 1 つのサービス ノードがビジー状態であった場合、Cisco UCS Director は、ラウンドロビン割り当てを使用して、どのサービス ノードでシステム タスクを処理するかを決定します。 すべてのサービス ノードがビジー状態の場合は、プライマリ ノードでシステム タスクを実行できます。

プライマリ ノードとサービス ノードの設定方法、およびシステム タスクの割り当て方法については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

プライマリ ノード

マルチノード設定では、プライマリ ノードを 1 つだけ設定できます。 このプライマリ ノードには、Cisco UCS Director のライセンスが格納されます。

さらに、プライマリ ノードには、ノード プールとサービス ノードのための設定、および処理をサービス ノードにオフロードできるシステム タスクのリストが格納されます。

サービス ノード

マルチノード設定では、1 つまたは複数のサービス ノードを持つことができます。 マルチノード設定におけるサービス ノードの数は、Cisco UCS Director で設定および管理するデバイスおよび VM の数に依存します。

データベース ノード

Cisco UCS Director MySQL データベースから、インベントリ データベースとモニタリング データベースが作成されます。 Cisco UCS Director によって収集されたデータは、この 2 つのデータベースの間で分配されます。 マルチノード設定では、履歴によりデータベースを圧迫するデータ収集が別個のデータベースに分離されます。

インベントリ データベース

マルチノード設定では、インベントリ データベースを 1 つだけ設定できます。 このデータベースには、次の情報が格納されます。

  • 物理および仮想アカウントとそれに関連するインベントリ データ

  • Cisco UCS Director のすべてのサポートされる機能の通常動作で使用されるデータ

モニタリング データベース

マルチノード設定では、モニタリング データベースを 1 つだけ設定できます。 このデータベースには、集計、傾向レポートなどの履歴計算のために Cisco UCS Director によって使用されるデータが格納されます。

モニタリング データベースのパラメータは、Cisco UCS Director で設定および管理するデバイスおよび VM の数に依存します。

マルチノード設定の最小システム要件

マルチノード設定の最小システム要件は、Cisco UCS Director でサポートする必要がある VM の数に依存します。 各展開規模でサポートされる VM の数を次の表に示します。

展開規模 サポートされる VM の数

~ 2,000

10,000 ~ 20,000

20,000 ~ 50,000

小規模マルチノード設定の最小システム要件

小規模マルチノード設定では、最大で 2,000 個の VM がサポートされます。 この展開には次のノードを含めることをお勧めします。

  • 1 つのプライマリ ノード

  • 2 つのサービス ノード

  • 1 つのインベントリ データベース

  • 1 つのモニタリング データベース


(注)  


最適なパフォーマンスのために、追加の CPU リソースとメモリ リソースを予約します。


各プライマリ ノードとサービス ノードの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

4

メモリ

8 GB

ハード ディスク

100 GB

インベントリ データベースの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

4

メモリ

8 GB

ハード ディスク

100 GB

モニタリング データベースの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

4

メモリ

8 GB

ハード ディスク

100 GB

最小メモリ設定

コンポーネント サポートされるメモリの最小要件

broker

128 MB

client

256 MB

controller

128 MB

eventmgr

256 MB

idaccessmgr

256 MB

inframgr

4 GB

Tomcat

256 MB

最小データベース設定

コンポーネント サポートされる最小設定

thread_cache_size

50

max_connections

500

innodb_lock_wait_timeout

100

query_cache_size

128 MB

innodb_buffer_pool_size

1024 MB

max_connect_errors

10,000

connect_timeout

20

innodb_read_io_threads

64

innodb_write_io_threads

64

中規模マルチノード設定の最小システム要件

中規模マルチノード設定では、10,000 ~ 20,000 個の VM がサポートされます。 この展開には次のノードを含めることをお勧めします。

  • 1 つのプライマリ ノード

  • 3 つのサービス ノード

  • 1 つのインベントリ データベース

  • 1 つのモニタリング データベース


(注)  


最適なパフォーマンスのために、追加の CPU リソースとメモリ リソースを予約します。


各プライマリ ノードとサービス ノードの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

8

メモリ

30 GB

ハード ディスク

100 GB

インベントリ データベースの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

8

メモリ

60 GB

ハード ディスク

100 GB(SSD タイプのストレージ)

モニタリング データベースの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

8

メモリ

60 GB

ハード ディスク

100 GB(SSD タイプのストレージ)

最小メモリ設定

コンポーネント サポートされるメモリの最小要件

broker

1 GB

client

1 GB

controller

1 GB

eventmgr

256 MB

idaccessmgr

1 GB

inframgr

12 GB

Tomcat

4 GB

インベントリ データベースの最小設定

コンポーネント サポートされる最小設定

thread_cache_size

2000

max_connections

2000

innodb_lock_wait_timeout

100

query_cache_size

128 MB

innodb_buffer_pool_size

43,008 MB

max_connect_errors

10,000

connect_timeout

20

innodb_read_io_threads

64

innodb_write_io_threads

64

モニタリング データベースの最小設定

コンポーネント サポートされる最小設定

thread_cache_size

2000

max_connections

2000

innodb_lock_wait_timeout

100

query_cache_size

128 MB

innodb_buffer_pool_size

43,008 MB

max_connect_errors

10,000

connect_timeout

20

innodb_read_io_threads

64

innodb_write_io_threads

64

大規模マルチノード設定の最小システム要件

大規模マルチノード設定では、20,000 ~ 50,000 個の VM がサポートされます。 この展開には次のノードを含めることをお勧めします。

  • 1 つのプライマリ ノード

  • 6 つのサービス ノード

  • 1 つのインベントリ データベース

  • 1 つのモニタリング データベース


(注)  


最適なパフォーマンスのために、追加の CPU リソースとメモリ リソースを予約します。


各プライマリ ノードとサービス ノードの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

8

メモリ

60 GB

ハード ディスク

100 GB

インベントリ データベースの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

8

メモリ

120 GB

ハード ディスク

200 GB(SSD タイプのストレージ)

モニタリング データベースの最小要件

要素 サポートの最小要件

vCPU

8

メモリ

120 GB

ハード ディスク

600 GB(SSD タイプのストレージ)

最小メモリ設定

コンポーネント サポートされるメモリの最小要件

broker

2 GB

client

2 GB

controller

2 GB

eventmgr

256 MB

idaccessmgr

2 GB

inframgr

24 GB

Tomcat

8 GB

インベントリ データベースの最小設定

コンポーネント サポートされる最小設定

thread_cache_size

4000

max_connections

4000

innodb_lock_wait_timeout

100

query_cache_size

128 MB

innodb_buffer_pool_size

86,016 MB

max_connect_errors

10,000

connect_timeout

20

innodb_read_io_threads

64

innodb_write_io_threads

64

モニタリング データベースの最小設定

コンポーネント サポートされる最小設定

thread_cache_size

4000

max_connections

4000

innodb_lock_wait_timeout

100

query_cache_size

128 MB

innodb_buffer_pool_size

86,016 MB

max_connect_errors

10,000

connect_timeout

20

innodb_read_io_threads

64

innodb_write_io_threads

64

マルチノード設定のガイドラインおよび制限

Cisco UCS Director のマルチノード設定を設定する前に、次の点を検討してください。

  • マルチノード設定は、64 ビット オペレーティング システム上の Cisco UCS Director でのみサポートされます。

  • マルチノード設定では、プライマリ ノードを 1 つだけ設定できます。

  • ほとんどのノードについては後でタイプを再設定できないため、ノードのロケーションと IP アドレスを慎重に計画する必要があります。 サービス ノードをプライマリ ノードとして再設定することのみが可能です。 ノードのタイプに関して他の変更を加えることはできません。 たとえば、プライマリ ノードをサービス ノードとして再設定したり、インベントリ データベース ノードをモニタリング データベース ノードとして再設定したりすることはできません。

  • ライセンスのインストールはプライマリ ノード上でのみ行う必要があります。

  • ノードを設定すると、サービス ノード、インベントリ データベース ノード、およびモニタリング データベース ノード用に、shelladmin で実行できる操作のリストが変更されます。

マルチノード設定の設定手順のサマリー

ここでは、マルチノード設定の設定手順の要約を示します。


(注)  


マルチノード設定は慎重に計画してください。 可能な操作は、サービス ノードをプライマリ ノードに変更することのみです。 設定後は、これ以外のノード タイプの変更を行うことはできません。 たとえば、プライマリ ノードをサービス ノードとして再設定したり、インベントリ データベース ノードをモニタリング データベース ノードとして再設定したりすることはできません。


手順
    ステップ 1   マルチノード設定の各ノードに対して Cisco UCS Director VM を展開します。

    VMware vSphere への Cisco UCS Director のインストールを参照してください。

    たとえば、マルチノード設定に 1 つのプライマリ ノード、1 つのインベントリ データベース、1 つのモニタリング データベース、および 3 つのサービス ノードが含まれている場合は、6 つの Cisco UCS Director VM を展開します。

    ステップ 2   Cisco UCS Director shelladmin で、次の順にノードを設定します。
    1. インベントリ データベースの作成

    2. モニタリング データベースの作成

    3. プライマリ ノードの作成

    4. サービス ノードの作成

    (注)     

    プライマリ ノードと任意のサービス ノードを設定する前に、インベントリ データベース ノードとモニタリング データベース ノードを作成し、起動する必要があります。

    ステップ 3   プライマリ ノードとなる Cisco UCS Director でライセンス ファイルを更新します。

    他のノードでライセンス ファイルを更新する必要はありません。

    ライセンスの更新を参照してください。

    ステップ 4   プライマリ ノードの Cisco UCS Director で、次のようにシステム タスクを設定します。
    1. 1 つまたは複数のノード プールを作成します。
    2. 1 つまたは複数のシステム タスク ポリシーを作成します。
    3. サービス ノードを設定します。
    4. プライマリ ノードを設定します。
    5. システム タスクをシステム ポリシーに割り当てます。

    Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。


    インベントリ データベースの作成

    手順
      ステップ 1   インベントリ データベース ノード上で Cisco UCS Director shelladmin にログインします。
      ステップ 2   [Cisco UCS Directorシェル] メニューの [マルチノード設定の設定] を選択し、Enter を押します。
      ステップ 3   メニューの [インベントリデータベースの設定] を選択し、Enter を押します。
      ステップ 4   確認メッセージに対し、Enter を押して続行します。
      ステップ 5   インベントリ データベースのサービスが正常に動作していることを確認するために、[サービスステータスの表示] を選択し、Enter を押します。

      次の行が表示されます。

       2838 ?        00:00:00 mysqld_safe
       3172 ?        3-02:51:38 mysqld
           

      shelladmin に戻ると、メニュー オプションがインベントリ データベース ノードに対応する項目に変更されていることを確認できます。


      モニタリング データベースの作成

      手順
        ステップ 1   モニタリング データベース ノード上で Cisco UCS Director shelladmin にログインします。
        ステップ 2   [Cisco UCS Directorシェル] メニューの [マルチノード設定の設定] を選択し、Enter を押します。
        ステップ 3   メニューの [モニタリングデータベースの設定] を選択し、Enter を押します。
        ステップ 4   確認メッセージに対し、Enter を押して続行します。
        ステップ 5   モニタリング データベースのサービスが正常に動作していることを確認するために、[サービスステータスの表示] を選択し、Enter を押します。

        次の行が表示されます。

         2838 ?        00:00:00 mysqld_safe
         3172 ?        3-02:51:38 mysqld
             

        shelladmin に戻ると、メニュー オプションがモニタリング データベース ノードに対応する項目に変更されていることを確認できます。


        プライマリ ノードの作成

        はじめる前に

        プライマリ ノードを作成する前に、インベントリ データベースとモニタリング データベースが正常に動作している必要があります。


        (注)  


        プライマリ データベース上でデーモンを実行しないでください。
        手順
          ステップ 1   プライマリ ノード上で Cisco UCS Director shelladmin にログインします。
          ステップ 2   [Cisco UCS Directorシェル] メニューの [マルチノード設定の設定] を選択し、Enter を押します。
          ステップ 3   メニューの [プライマリノードの設定] を選択し、Enter を押します。
          ステップ 4   [インベントリDB IPの指定] プロンプトで、インベントリ データベースの Cisco UCS Director VM に割り当てられている IP アドレスを入力します。

          この手順により、VM がインベントリ データベースを持つプライマリ ノードとして登録されます。

          ステップ 5   [モニタリングDB IPの指定] プロンプトで、モニタリング データベースの Cisco UCS Director VM に割り当てられている IP アドレスを入力します。

          この手順により、VM がモニタリング データベースを持つプライマリ ノードとして登録されます。

          ステップ 6   確認メッセージに対し、Enter を押して続行します。
          ステップ 7   プライマリ ノードのサービスが正常に動作していることを確認するために、[サービスステータスの表示] を選択し、Enter を押します。

          次の行が表示されます。

           
          Service                  Status        PID
          ----------           ----------      -----
          broker                  RUNNING      27703
          controller            RUNNING      27780
          eventmgr             RUNNING      27879
          client                  RUNNING      27979
          idaccessmgr             RUNNING      28039
          inframgr             NOT-RUNNING          -
          TOMCAT                  RUNNING      28157
          websock                 RUNNING       28186
           
          Node Type : primary
          Inventory DB( 127.0.0.1:3306 ) status       : UP
          Monitor DB( 127.0.0.1:3306 ) status : UP
          Press return to continue ...
           

          shelladmin に戻ると、メニュー オプションがプライマリ ノードに対応する項目に変更されていることを確認できます。


          サービス ノードの作成

          はじめる前に

          プライマリ ノードを作成する前に、インベントリ データベースとモニタリング データベースが正常に動作している必要があります。

          手順
            ステップ 1   サービス ノード上で Cisco UCS Director shelladmin にログインします。
            ステップ 2   [Cisco UCS Directorシェル] メニューの [マルチノード設定の設定] を選択し、Enter を押します。
            ステップ 3   メニューの [サービスノードの設定] を選択し、Enter を押します。
            ステップ 4   [インベントリDB IPの指定] プロンプトで、インベントリ データベースの Cisco UCS Director VM に割り当てられている IP アドレスを入力します。

            この手順により、VM がインベントリ データベースを持つサービス ノードとして登録されます。

            ステップ 5   [モニタリングDB IPの指定] プロンプトで、モニタリング データベースの Cisco UCS Director VM に割り当てられている IP アドレスを入力します。

            この手順により、VM がモニタリング データベースを持つサービス ノードとして登録されます。

            ステップ 6   確認メッセージに対し、Enter を押して続行します。
            ステップ 7   サービス ノードのサービスが正常に動作していることを確認するために、[サービスステータスの表示] を選択し、Enter を押します。

            次の行が表示されます。

              
            Service                  Status        PID
            ----------           ----------      -----
            broker                  RUNNING      27703
            controller            RUNNING      27780
            eventmgr             RUNNING      27879
            client                  RUNNING      27979
            idaccessmgr             RUNNING      28039
            inframgr             NOT-RUNNING          -
            TOMCAT                  RUNNING      28157
            websock                 RUNNING       28186
             
            Node Type : service
            Inventory DB( 127.0.0.1:3306 ) status       : UP
            Monitor DB( 127.0.0.1:3306 ) status : UP
            Press return to continue ...
              

            shelladmin に戻ると、メニュー オプションがサービス ノードに対応する項目に変更されていることを確認できます。

            ステップ 8   すべてのサービス ノードに対してこの手順を繰り返します。

            スタンドアロン アプライアンスからマルチノード設定への移行に関するオプション

            Cisco UCS Director リリース 4.0 のスタンドアロン アプライアンスをマルチノード設定に移行する場合は、次のどちらかのオプションを選択できます。

            • Cisco UCS Director リリース 4.0 のデータベース全体のバックアップを、Cisco UCS Director リリース 4.1 のモニタリング データベース ノードとインベントリ データベース ノードに復元します。 このオプションは、shelladmin を使用して実行できるデータベースのバックアップおよび復元操作に似ています。

            • Cisco UCS Director リリース 4.0 のデータベースを、インベントリ データベース ノードとモニタリング データベース ノードに対して個別にバックアップします。 このオプションを選択した場合、選択したデータベース テーブルのみがバックアップされ、モニタリング データベースとインベントリ データベースに復元されます。 このオプションでは、/opt/infra からカスタム スクリプトを実行する必要があります。


            (注)  


            マルチノード設定に移行してデータベースをバックアップする前に、Cisco UCS Director リリース 4.1 にアップグレードする必要があります。


            完全データベース バックアップによるリリース 4.0 スタンドアロン アプライアンスからマルチノード設定への移行

            この手順では、すべてのデータベース テーブルをインベントリ データベースおよびモニタリング データベースに復元します。

            はじめる前に

            データベースのバックアップと復元を実行するには、FTP サーバと有効なクレデンシャルが必要です。

            手順
              ステップ 1   shelladmin で、[パッチの適用] オプションを使用して、Cisco UCS Director リリース 4.0 スタンドアロン アプライアンスを Cisco UCS Director リリース 4.1 にアップグレードします。

              詳細については、次の説明を参照してください。

              ステップ 2   shelladmin で、[データベースのバックアップ] を選択して、アップグレードした Cisco UCS Director の完全なデータベースをバックアップします。
              ステップ 3   マルチノード設定の各ノードに対して Cisco UCS Director VM を展開します。

              VMware vSphere への Cisco UCS Director のインストールを参照してください。

              たとえば、マルチノード設定に 1 つのプライマリ ノード、1 つのインベントリ データベース、1 つのモニタリング データベース、および 3 つのサービス ノードが含まれている場合は、6 つの Cisco UCS Director VM を展開します。

              ステップ 4   shelladmin で、次の順にノードを設定します。
              1. インベントリ データベースの作成

              2. モニタリング データベースの作成

              3. プライマリ ノードの作成

              4. サービス ノードの作成

              (注)     

              プライマリ ノードと任意のサービス ノードを設定する前に、インベントリ データベース ノードとモニタリング データベース ノードを作成し、起動する必要があります。

              ステップ 5   shelladmin で、[サービスの停止] を選択して、Cisco UCS Director サービスを停止します。
              ステップ 6   [データベースの復元] を選択して、ステップ 2 で作成したデータベース バックアップをインポートして復元します。
              ステップ 7   確認メッセージに対し、[サービスの起動] を選択して Cisco UCS Director サービスを起動します。

              プライマリ ノードにログインした後、Cisco UCS Director リリース 4.0 スタンドアロン アプライアンスのデータベースに含まれていたすべてのデータが使用可能になります。


              選択したデータベース バックアップによるリリース 4.0 スタンドアロン アプライアンスからマルチノード設定への移行

              この手順では、各インベントリ データベースおよびモニタリング データベースに必要な選択したデータベース テーブルのみをバックアップおよび復元します。

              はじめる前に

              データベースのバックアップと復元を実行するには、FTP サーバと有効なクレデンシャルが必要です。

              手順
                ステップ 1   shelladmin で、[パッチの適用] オプションを使用して、Cisco UCS Director リリース 4.0 スタンドアロン アプライアンスを Cisco UCS Director リリース 4.1 にアップグレードします。

                詳細については、次の説明を参照してください。

                ステップ 2   shelladmin で、[ルートとしてログイン] を選択して、アップグレードした Cisco UCS Director にログインします。
                ステップ 3   次の手順に従って、インベントリ データベースに必要なデータベース テーブルをバックアップします。
                1. /opt/infra フォルダに移動します。
                   
                  cd /opt/infra
                    
                2. Infra で、dbInfraBackupRestore.sh スクリプトを実行します。
                   
                  #. /dbInfraBackupRestore.sh backup
                    

                  このスクリプトにより、インベントリ データベースに必要なテーブルを含むデータベースのバックアップが作成されます。

                3. スクリプトの実行が終了したら、/tmp フォルダ内の出力ファイル infra_database_backup.tar.gz をチェックします。
                ステップ 4   次の手順に従って、モニタリング データベースに必要なデータベース テーブルをバックアップします。
                1. /opt/infra フォルダに移動します。
                   
                  cd /opt/infra
                    
                2. Infra で、dbMonitoringBackupRestore.sh スクリプトを実行します。
                   
                  #. / dbMonitoringBackupRestore.sh backup
                    

                  このスクリプトにより、モニタリング データベースに必要なテーブルを含むデータベースのバックアップが作成されます。

                3. スクリプトの実行が終了したら、/tmp フォルダ内の出力ファイル monitoring_database_backup.tar.gz をチェックします。
                ステップ 5   マルチノード設定の各ノードに対して Cisco UCS Director VM を展開します。

                VMware vSphere への Cisco UCS Director のインストールを参照してください。

                たとえば、マルチノード設定に 1 つのプライマリ ノード、1 つのインベントリ データベース、1 つのモニタリング データベース、および 3 つのサービス ノードが含まれている場合は、6 つの Cisco UCS Director VM を展開します。

                ステップ 6   shelladmin で、次の順にノードを設定します。
                1. インベントリ データベースの作成

                2. モニタリング データベースの作成

                3. プライマリ ノードの作成

                4. サービス ノードの作成

                (注)     

                プライマリ ノードと任意のサービス ノードを設定する前に、インベントリ データベース ノードとモニタリング データベース ノードを作成し、起動する必要があります。

                ステップ 7   shelladmin で、[サービスの停止] を選択して、プライマリ ノードおよびすべてのサービス ノード上の Cisco UCS Director サービスを停止します。
                ステップ 8   次の手順に従って、データベースをインベントリ データベースに復元します。
                1. infra_database_backup.tar.gz を、インベントリ データベースをホストするノードの /tmp フォルダにコピーします。
                2. インベントリ データベース ノードで、/opt/infra フォルダに移動します。
                   
                  cd /opt/infra
                    
                3. Infra で、dbInfraBackupRestore.sh スクリプトを実行します。
                   
                  #. /dbInfraBackupRestore.sh restore
                    

                  このスクリプトにより、/tmp フォルダ内のバックアップ ファイルからデータベース バックアップが復元されます。

                ステップ 9   次の手順に従って、データベースをモニタリング データベースに復元します。
                1. monitoring_database_backup.tar.gz を、モニタリング データベースをホストするノードの /tmp フォルダにコピーします。
                2. /opt/infra フォルダに移動します。
                   
                  cd /opt/infra
                    
                3. Infra で、dbMonitoringBackupRestore.sh スクリプトを実行します。
                   
                  #. / dbMonitoringBackupRestore.sh restore
                    

                  このスクリプトにより、/tmp フォルダ内のバックアップ ファイルからデータベース バックアップが復元されます。

                ステップ 10   プライマリ ノードおよびすべてのサービス ノード上で [サービスの起動] を選択して、Cisco UCS Director サービスを起動します。

                プライマリ ノードにログインした後、Cisco UCS Director リリース 4.0 スタンドアロン アプライアンスのデータベースに含まれていたすべてのデータが使用可能になります。