Microsoft Hyper-V Manager での Cisco UCS Director のインストールとアップグレード、リリース 4.1
Cisco UCS Director のアップグレード
Cisco UCS Director のアップグレード

Cisco UCS Director のアップグレード

この章は、次の内容で構成されています。

サポートされているアップグレード パス

Cisco UCS Director リリース 4.1 へのアップグレード パスは、現在お使いの Cisco UCS Director のバージョンに依存します。

Cisco UCS Director リリース 3.x からリリース 4.1 へのアップグレード

Cisco UCS Director リリース 3.x からリリース 4.1 に直接アップグレードすることはできません。 次のいずれかのリリースから Cisco UCS Director リリース 4.1 にアップグレードするには、最初に Cisco UCS Director リリース 4.0 にアップグレードする必要があります。

  • 3.4.0.1

  • 3.4.1.1

  • 3.4.1.2

  • 3.4.1.3

  • 3.4.1.4

Cisco UCS Director リリース 4.0 にアップグレードする方法については、対象のリリースのインストールおよびアップグレード ガイドを参照してください。

Cisco UCS Director リリース 4.0 からリリース 4.1 へのアップグレード

次のリリースからは Cisco UCS Director リリース 4.1 に直接アップグレードできます。

  • 4.0.0.2

  • 4.0.0.3

  • 4.0.1.1

  • 4.0.1.2

Cisco UCS Director リリース 4.0 からリリース 4.1 へのアップグレード

はじめる前に
  • Cisco UCS Director リリース 4.1 パッチを http:/​/​www.cisco.com からダウンロードします。

  • アップグレードをインストールするために使用する FTP サーバまたは HTTP サーバにソフトウェアを保存します。


(注)  


アップグレードを開始する前に VM のスナップショットを作成することをお勧めします。 これにより、FTP サーバを使用して既存の設定データベースをバックアップする必要がなくなります。


手順
    ステップ 1   Cisco UCS Director リリース 4.0 を起動します。
    ステップ 2   shelladmin で、[サービスの停止] を選択して、すべてのサービスを停止します。
    ステップ 3   すべてのサービスが停止していることを確認するために、[サービスステータスの表示] を選択します。
    ステップ 4   (任意)必要に応じて、[データベースのバックアップ] を選択し、Cisco UCS Director データベースをバックアップします。

    作業を開始する前に VM のスナップショットを作成している場合は、データベースをバックアップする必要はありません。

    ステップ 5   Cisco UCS Director をリリース 4.1 にアップグレードするために、[パッチの適用] を選択します。
    ステップ 6   確認メッセージに対し、リリース 4.1 パッチの場所を入力します。

    ftp://username:password@hostname|IP_address/software_location_and_name

    ステップ 7   ダウンロードとインストールが完了するまで待機します。
    ステップ 8   確認メッセージに対し、[サービスの起動] を選択してサービスを起動します。

    Cisco Unified Infrastructure Controller 3.x 32 ビットから Cisco UCS Director リリース 4.1 64 ビットへのアップグレード

    Cisco UCS Director リリース 4.1 にアップグレードする前に、Cisco UCS Director リリース 4.0 をインストールし、Cisco Unified Infrastructure Controller 3.x データベースをインポートして正規化する必要があります。

    はじめる前に
    • http:/​/​www.cisco.com から次の項目をダウンロードします。

      • Cisco UCS Director リリース 4.0 ソフトウェア

      • Cisco UCS Director リリース 4.1 パッチ

    • アップグレードをインストールするために使用する FTP サーバまたは HTTP サーバにソフトウェアを保存します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Infrastructure Controller 3.x 32 ビットを起動します。
      ステップ 2   shelladmin で、[サービスの停止] を選択して、Cisco UCS Director のすべてのサービスを停止します。
      ステップ 3   すべてのサービスが停止していることを確認するために、[サービスステータスの表示] を選択します。
      ステップ 4   Cisco UCS Director データベースをバックアップするために、[データベースのバックアップ] を選択します。
      ステップ 5   VMware vSphere への Cisco UCS Director のインストールのインストール手順に従って、Cisco UCS Director 4.0 64 ビット アプライアンスを新しいアプライアンスとしてインストールします。
      ステップ 6   shelladmin で、[サービスの停止] を選択して、Cisco UCS Director リリース 4.0 のサービスを停止します。
      ステップ 7   [データベースの復元] を選択して、ステップ 4 で作成した Cisco Unified Infrastructure Controller 3.x 32 ビット データベースのバックアップをインポートして復元します。 データベースをインポートすると、Cisco UCS Director リリース 4.1 で使用できるように正規化されます。
      ステップ 8   確認メッセージに対し、[サービスの起動] を選択して、Cisco UCS Director リリース 4.0 のサービスを起動します。
      ステップ 9   Cisco UCS Director リリース 4.0 からリリース 4.1 へのアップグレードのアップグレード手順に従って、Cisco UCS Director リリース 4.0 をリリース 4.1 にアップグレードします。