Cisco UCS Director FlexPod 管理ガイド リリース 5.0
Cisco UCS Director FlexPod の初期設定
Cisco UCS Director FlexPod の初期設定

Cisco UCS Director FlexPod の初期設定

この章は、次の内容で構成されています。


(注)  


この章の手順は、Cisco UCS Director にログインしていることを前提としています。


Pod の追加


    ステップ 1   メニューバーで [管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
    ステップ 2   [POD] タブをクリックします。
    ステップ 3   [追加] をクリックします。
    ステップ 4   [PODの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [名前] フィールド

    Pod の記述名です。

    [サイト] ドロップダウン リスト

    Pod を追加するサイトを選択します。 環境にサイトがない場合は、このステップを省略できます。

    [タイプ] ドロップダウン リスト

    追加する Pod のタイプを選択します。 次のサポートされたタイプのいずれかを指定できます。
    • [FlexPod]
    • [汎用]
    • [ExpressPodミディアム]
    • [VSPEX]
    • [ExpressPodスモール]
    • [Vblock]

    また、汎用以外のポッド タイプは、特定の物理コンポーネントと仮想コンポーネントにのみ対応しています。 汎用ポッドには特定のポッド ライセンスは必要ありません。 また、汎用ポッドには、任意のタイプの物理コンポーネントまたは仮想コンポーネントを追加できます。 付属のポッド ライセンス(FlexPod、Vblock および VSPEX)の詳細(ポッドの実行に必要な個々のデバイス ライセンスを含む)については、『Cisco UCS Director Installation and Upgrade Guides』を参照してください。

    [説明] フィールド

    (任意)Pod の説明です。

    [住所] フィールド

    Pod の物理ロケーションです。 たとえば、このフィールドには Pod の市区町村、またはその他の内部的な識別子を入力します。

    [PODを非表示] チェックボックス

    統合チェック ビューにポッドを表示したくない場合にそのポッドを非表示にするには、このチェックボックスをオンにします。 Pod からアカウントの追加または削除は引き続き実行できます。

    たとえば、このチェックボックスを使用して、物理要素や仮想要素の存在しないポッドが統合ビューに表示されないようにすることができます。

    ステップ 5   [追加] をクリックします。

    次の作業

    Pod にアカウントを 1 つ以上追加します。

    Cisco UCS Manager のアカウント

    Cisco UCS Manager アカウントは単一の Cisco UCS ドメインドメインを表します。これは Cisco UCS Director による管理対象となります。

    Cisco UCS Central が含まれない環境では、Cisco UCS Manager アカウントをポッド内に作成します。

    Cisco UCS Central が含まれる環境では、Cisco UCS Central アカウントをマルチドメイン マネージャの下に作成する必要があります。 その Cisco UCS Central で登録されたすべての Cisco UCS ドメイン と、それに関連する Cisco UCS Manager アカウントが、Cisco UCS Central アカウント作成時に Cisco UCS Director に取り込まれます。 必要な場合は、これらの 1 つ以上の Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントからポッドに割り当てることができます。 Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントに登録することもできます。

    Cisco UCS Manager アカウントの追加

    はじめる前に

    UCS Manager アカウントが属する Pod を追加します。


      ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
      ステップ 2   [物理アカウント] タブをクリックします。
      ステップ 3   [追加] をクリックします。
      ステップ 4   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [POD] ドロップダウン リスト

      アカウントが属する Pod を選択します。

      [カテゴリタイプ] ドロップダウン リスト

      カテゴリ タイプを選択します。 [コンピューティング] を選択する必要があります。 これはアカウントのインフラストラクチャ タイプです。

      [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

      アカウント タイプを選択します。 [UCSM] を選択する必要があります。

      [認証タイプ] ドロップダウン リスト

      アカウントに使用する認証タイプを選択します。 次のいずれかになります。

      • [ローカルで認証済み] - ローカルで認証されたユーザ アカウントとは、ファブリック インターコネクトを介して直接認証されたユーザ アカウントのことであり、管理者権限または AAA(認証、認可、アカウンティング)権限を持っていれば誰でも有効/無効にすることができます。

      • [リモートで認証済み]:リモートで認証されたユーザ アカウントとは、LDAP、RADIUS、TACACS+ のいずれかを介して認証されたユーザ アカウントのことです。

      [サーバ管理] ドロップダウン リスト

      アカウントのサーバをどのように管理するか選択します。 次のいずれかになります。

      • [すべてのサーバを管理]:すべてのサーバが によって管理されます。 このオプションがデフォルトです。 このオプションを選択すると、管理の状態ですべてのサーバが追加されます。

      • [選択したサーバのみ管理]:選択したサーバのみが によって管理されます。 必要に応じて管理サーバ リストからサーバの追加および削除ができます。 このオプションを選択すると、未管理の状態ですべてのサーバが追加されます。

      [アカウント名] フィールド

      アカウントに割り当てる一意の名前です。

      [サーバのアドレス] フィールド

      Cisco UCS Manager の IP アドレスです。 クラスタ設定では仮想 IP アドレスになります。

      [ユーザ ID] フィールド

      アカウントが Cisco UCS Manager のアクセスに使用するユーザ名です。 このユーザ名は Cisco UCS Manager の有効なアカウントである必要があります。

      [パスワード] フィールド

      ユーザ名に関連付けられたパスワードです。

      [UCS認証ドメイン] フィールド

      リモートで認証するアカウントの認証ドメインです。

      ローカルで認証するアカウントを使用している場合は、このフィールドは表示されません。

      [通信タイプ] ドロップダウン リスト

      アカウントで使用する通信タイプを選択します。 次のいずれかになります。

      • http

      • https

      [ポート] フィールド

      Cisco UCS Manager のアクセスに使用するポートです。

      [説明] フィールド

      (オプション)アカウントの説明です。

      [連絡先の電子メール] フィールド

      管理者またはアカウント責任者の連絡先に使用できる電子メール アドレスです。

      [ロケーション] フィールド

      アカウントのロケーションです。

      [サービスプロバイダー] フィールド

      (オプション)該当する場合は、アカウントに関連付けられるサービス プロバイダー名です。

      ステップ 5   [追加] をクリックします。

      Cisco UCS Director によって、Cisco UCS Manager への接続がテストされます。 テストが成功する場合は Cisco UCS Manager アカウントを追加して、Cisco UCS Manager にあるアカウントに関連するすべてのインフラストラクチャ要素(シャーシ、サーバ、ファブリック インターコネクト、サービス プロファイル、プールなど)を検出します。 この検出処理およびインベントリ収集サイクルの完了には、およそ 5 分かかります。

      [管理] > [システム] > [システム タスク] タブで設定されるポーリング間隔によって、インベントリ収集の頻度が決まります。

      物理アカウントへの接続のテスト

      ポッドをアカウントに追加した後は、いつでも接続をテストできます。


        ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
        ステップ 2   テストするアカウントタイプに対応するタブをクリックします。

        たとえば、[物理アカウント] タブ や [マルチドメインマネージャ] タブをクリックします

        ステップ 3   テーブルで、接続のテスト対象となるアカウントの行をクリックします。
        ステップ 4   [テスト接続] をクリックします。
        ステップ 5   接続テストが完了したら、[閉じる] をクリックします。

        次の作業

        接続が失敗した場合は、ユーザ名やパスワードを含め、アカウントの構成を検証します。 ユーザ名とパスワードが正しい場合は、ネットワーク接続に問題があるかどうかを確認します。

        Cisco UCS Manager アカウントの検出を確認


          ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
          ステップ 2   確認対象となる Cisco UCS Manager アカウントを含む Pod を左側の列で選択します。
          (注)      左列のツリー構造はサイト未割り当てのポッドマルチドメインマネージャのノードを一覧表示します。 [サイト] ノードを展開すると、サイト ノードのすべての Pod が表示されます。 [未割り当てのポッド] ノードを展開すると、どのサイトにも割り当てられていないすべてのポッドが表示されます。 [マルチドメインマネージャ] リストを展開すると、Cisco UCS Director に追加したすべてのマルチドメイン マネージャ アカウント タイプが表示されます。
          ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
          ステップ 4   確認するアカウントの行をテーブルでクリックします。
          ステップ 5   [詳細の表示] をクリックします。

          Cisco UCS Director が検出されたアカウントのコンポーネントに関する情報を表示するタブ セットを表示します。

          ステップ 6   [戻る] をクリックして [コンピューティングアカウント] タブに戻ります。

          Cisco UCS ドメイン内のデバイスのトポロジと接続の表示


            ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
            ステップ 2   左の列で、トポロジを表示する Cisco UCS Manager アカウントが含まれるポッドを選択します。
            ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
            ステップ 4   テーブルで、アカウントの行をクリックします。
            ステップ 5   [接続の表示] をクリックします。

            [トポロジビュー - UCS デバイス接続] ダイアログボックスが表示され、Cisco UCS ドメイン 内のデバイスのトポロジと接続が表示されます。

            ステップ 6   必要な場合は、次の表示オプションを変更することができます。
            • [表示モード] ドロップダウン リスト:デバイスの間隔と位置を調整します。 トポロジ ビューのカスタマイズに使用できるオプションは、このモードで決まります。 次の表示モードを選択できます。

              • [階層]

              • [同心]

              • [円形]

              • [強制の実行]

            • [リンクラベルの表示] チェックボックス:デバイス間のリンクのラベルの表示/非表示を切り替えます。 一部の表示モードでは、これらのラベルは表示されません。

            • [項目のスペース設定を許可] チェックボックス:階層表示モードでのデバイス間の距離を大きくします。

            • [距離] コントロール:同心表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

            • [半径] コントロール:円形表示モードで、円の半径を変更することでデバイス間の距離を調整します。

            • [厳密性] コントロール:強制の実行表示モードでの厳密性を調整します。

            • [強制距離] コントロール:強制の実行表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

            ステップ 7   [閉じる] をクリックして、[コンピューティングアカウント] タブに戻ります。

            Cisco UCS Manager アカウントの設定のエクスポート

            Cisco UCS Director では、Ucs-Timestamp-configuration.zip という名前のファイルは、ダウンロード先としてブラウザで設定されている場所にエクスポートされます。


              ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
              ステップ 2   左ペインで、設定をエクスポートする Cisco UCS Manager アカウントが含まれているポッドを選択します。
              ステップ 3   右側のペインで [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
              ステップ 4   テーブルで、アカウントの行をクリックします。
              ステップ 5   [設定のエクスポート] をクリックします。
              ステップ 6   [UCS設定のエクスポート] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。
              ステップ 7   設定のエクスポートが完了したら、[閉じる] をクリックします。

              Cisco UCS Manager アカウントの設定のインポート

              Cisco UCS DirectorCisco UCS Manager アカウントから、または Cisco UCS Manager からエクスポートされた設定をインポートすることができます。


              (注)  


              Cisco UCS Manager アカウントに設定をインポートすると、そのアカウント内の既存の設定が上書きされます。



                ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                ステップ 2   左の列で、設定をインポートする Cisco UCS Manager アカウントが含まれているポッドを選択します。
                ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
                ステップ 4   テーブルで、設定をインポートするアカウントの行をクリックします。
                ステップ 5   [設定のインポート] をクリックします。
                ステップ 6   [UCS設定のインポート] ウィザードの [設定のアップロード] 画面で、次の手順を実行します。
                1. [参照] をクリックし、インストールする設定ファイルに移動します。
                2. [アップロード] をクリックします。
                3. ファイルのアップロードが完了したら、[OK] をクリックします。
                4. [次へ] をクリックします。
                ステップ 7   [UCS設定のインポート] ウィザードの [設定の選択] 画面で、次のいずれかのチェックボックスをオンにします。
                オプション 説明

                [すべての設定のインポート]

                ファイル内のすべての設定をインポートします。

                [インポートのカスタマイズ]

                選択した設定のみをインポートします。

                ステップ 8   [送信] をクリックします。
                ステップ 9   設定のインポートが完了したら、[閉じる] をクリックします。

                NetApp ストレージ システムの管理について

                Cisco UCS Director は NetApp ストレージ インフラストラクチャをサポートします。 Cisco UCS Director には自動検出とモニタリングの機能があり、すべての NetApp ファイラ コンポーネントを管理するための完全な可視性が備わっています。 NetApp ファイラー(NetApp Fabric Attached Storage(FAS)とも呼ばれる)は、一種のディスク ストレージ デバイスです。

                Cisco UCS Director により、NetApp ストレージ システムのさまざまなコンポーネントをモニタおよび管理することができます。 NetApp ストレージ システムを管理するには、ポッドを追加し、NetApp アカウントを作成する必要があります。

                NetApp アカウントには、次の 2 種類があります。

                • OnCommand:現在と過去のアクティビティに関するグローバルおよび詳細ステータス レポートにアクセスして、ネットワーク内の全 NetApp アプライアンス(ファイラと NetCache アプライアンス)を管理し、モニタします。 Cisco UCS Director は、NetApp アカウントのすべてのストレージ要素(集約、RAID グループ、ディスク、ボリューム、LUN、Qtree など)を検出します。 通常、検出プロセスの所要時間は約 5 分、あるいは[システム タスク] タブで設定した時間間隔内です。 [システム タスク] タブにアクセスするには、[管理] > [システム] の順に選択します。

                • Data ONTAP:NetApp ファイラが使用するオペレーティング システムです。 NetApp には 2 つのバージョンの Data ONTAP があります。1 つは Data ONTAP 7G、もう 1 つはグリッド テクノロジーに基づく Data ONTAP GX です。

                  • クラスタ モード:Global NameSpace(GNS)を共有する接続された NetApp ストレージ コントローラ(ノード)のグループで構成されるアーキテクチャを定義します。 物理 NetApp ストレージ コントローラには、ディスク シェルフ、ネットワーク インターフェイス カード(NIC)、およびフラッシュ カードを接続できます。 これらのコンポーネントによって作成される物理リソース プールは、データ アクセスを提供する論理クラスタとして仮想化されます。 Cisco UCS Director によって物理機器が抽象化され、論理リソースに仮想化されることで、データ運用を中断せずに移行できます。

                NetApp アカウントの追加

                NetApp には、NetApp ONTAP と NetApp OnCommand の 2 種類のアカウントがあります。 NetApp アカウントを追加するときに、必要なアカウント タイプを選択します。

                (注)  


                手動で ONTAP ファイラの集約を設定するまでは、Cisco UCS Director のファイラ管理を使用できません。
                はじめる前に

                この NetApp アカウントが属するポッドを追加します。


                  ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
                  ステップ 2   [物理アカウント] タブをクリックします。
                  ステップ 3   [追加] をクリックします。
                  ステップ 4   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
                  名前 説明

                  [ポッド] ドロップダウン リスト

                  アカウントが属する Pod を選択します。 選択できるポッド タイプは、[デフォルト]、[汎用]、および [Flexpod] です。

                  [カテゴリタイプ] ドロップダウン リスト

                  カテゴリ タイプを選択します。 [ストレージ] を選択する必要があります。 これはアカウントのインフラストラクチャ タイプです。

                  [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

                  アカウントに使用する次のいずれかのアカウント タイプを選択します。

                  • NetApp ONTAP

                  • NetApp OnCommand

                  [アカウント名] フィールド

                  アカウントに割り当てる一意の名前です。

                  [サーバアドレス] フィールド

                  NetApp サーバの IP アドレスです。 クラスタ設定では仮想 IP アドレスになります。

                  [ユーザID] フィールド

                  アカウントが NetApp サーバへのアクセスに使用するユーザ名です。 このユーザ名は、NetApp サーバの有効なアカウントである必要があります。

                  [パスワード] フィールド

                  ユーザ名に対応するパスワード。

                  [通信タイプ] ドロップダウン リスト

                  アカウントに使用する次のいずれかの通信タイプを選択します。

                  • http

                  • https

                  [ポート] フィールド

                  NetApp アカウントへのアクセスに使用するポートです。

                  [説明] フィールド

                  (オプション)アカウントの説明です。

                  [連絡先の電子メール] フィールド

                  管理者またはアカウント責任者の連絡先に使用できる電子メール アドレスです。

                  [ロケーション] フィールド

                  アカウントのロケーションです。

                  [サービスプロバイダー] フィールド

                  (オプション)該当する場合は、アカウントに関連付けられるサービス プロバイダー名です。

                  ステップ 5   [追加] をクリックします。

                  Cisco UCS Director によって NetApp サーバへの接続がテストされます。 テストが成功した場合は、NetApp アカウントが追加され、サーバの情報、スロット、プロセッサ、メモリ、NIC など、アカウントに関連付けられたサーバ内のすべてのインフラストラクチャ要素が検出されます。 この検出処理とインベントリ収集サイクルが完了するには数分かかります。

                  [管理] > [システム] ウィンドウの [システム タスク] タブで設定されたポーリング間隔によって、インベントリ収集の頻度が決まります。 ポーリング間隔の設定について、詳しくは『Cisco UCS Director Network Devices Management Guide』を参照してください。

                  ネットワーク設定

                  Cisco UCS Director では、Cisco の複数のネットワーク デバイスとファブリック プラットフォームの管理、オーケストレーション、モニタリング、およびベンダーの選択を行うことができます。

                  • Cisco Nexus スイッチのシスコ ネットワークおよびファブリック サポート。

                  • ブロケード ネットワークおよびファブリック サポート。

                  • N ポート仮想化(NPV)モードで動作する Cisco UCS ファブリック インターコネクト(このモードでは、サーバのファイバ チャネル トラフィックが特定の Fibre Channel over Ethernet(FCoE)アップリンクに、手動または自動で固定されます)。

                  (注)  


                  ネットワーク サポート情報の詳細については、Cisco UCS Director の互換性マトリクスを参照してください。


                  ネットワーク デバイスを Pod に追加


                    ステップ 1   メニューバーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
                    ステップ 2   [マネージドネットワーク要素] タブで [ネットワーク要素の追加] アイコンをクリックします。
                    ステップ 3   [ネットワーク要素の追加] ダイアログボックスで、以下のフィールドを入力します。
                    名前 説明

                    [POD] ドロップダウン リスト

                    Pod を選択します。

                    [デバイスカテゴリ] ドロップダウン リスト

                    次のネットワーク デバイス オプションからいずれか 1 つを選択します。

                    • [ブロケードファブリックOS]

                    • [ブロケードネットワーク OS]

                    • [Force10 (FTOS)]

                    • [Cisco IOS]

                    • [Cisco Nexus OS]

                    • [Cisco ASA]

                    [デバイスIP] フィールド

                    デバイスの IP アドレス。

                    [プロトコル] ドロップダウン リスト

                    デバイスとの通信に使用するプロトコルを選択します。 次のいずれかになります。
                    • telnet

                    • ssh

                    [ポート] フィールド

                    デバイスのポート番号です。 デフォルトはポート 23 です。

                    [ログイン] フィールド

                    ログイン ユーザ名です。

                    [パスワード] フィールド

                    デバイスのログイン パスワードです。

                    [パスワードの有効化] フィールド

                    デバイスの有効パスワードです。

                    ステップ 4   [送信] をクリックします。
                    ステップ 5   [統合基盤] ペインで Pod をクリックします。

                    次の作業

                    管理対象のネットワーク デバイスが正しく設定されていることを確認します。

                    ポッド環境のネットワーク デバイスの詳細の確認

                    ネットワーク デバイスがポッドに追加された後、ポッド環境の検出されたすべてのコンポーネントがアカウント レベルで表示されます。


                      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
                      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドをクリックします。
                      ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
                      ステップ 4   ネットワーク デバイスをクリックし、[詳細の表示] をクリックします。 デバイスに関するすべての情報が [サマリー] タブに表示されます。 ネットワーク デバイスに応じて、その他のタブを選択して、インターフェイス、モジュール、VLAN、ポート プロファイルなどの具体的な詳細を表示できます。