Cisco UCS Director セルフサービス ポータル ガイド、リリース 5.0
サービス リクエストの管理
サービス リクエストの管理

サービス リクエストの管理

この章は、次の内容で構成されています。

サービス リクエストの管理

以前に送信したサービス リクエストを表示、再送信、およびキャンセルできます。 グループのサービス リクエスト履歴を表示することもできます。

サービス リクエストの再送信

ユーザは失敗したサービス リクエストを再送信できます。 サービス リクエストは次の理由で失敗する場合があります。
  • 時間の割り当て。

  • VM をプロビジョニング中のグループのリソース制限を超えた場合。

  • サービス リクエストの作成中にエンド ユーザから正い情報が提供されない場合のプロビジョニング。

  • UCS Director とデバイスの間の接続の問題。

はじめる前に

サービス リクエストを作成します。


    ステップ 1   メニュー バーで、[サービス] をクリックして、[サービスリクエスト] タブを選択します。
    ステップ 2   サービス リクエストを選択します。
    ステップ 3   [リクエストの再送信] ボタンをクリックして、失敗したリクエストを再送信します(サービス リクエストを右クリックして、[リクエストの再送信] を選択することもできます)。
    ステップ 4   [サービスリクエストの再送信] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [ステップの再送信] ドロップダウン リスト

    再送信ステップを選択します。

    • エンド ユーザによる開始

    • HyperV リソースの割り当て

    • プロビジョニング

    [承認済みの場合は承認をスキップします] チェックボックス

    オンにした場合、サービス リクエストがすでに承認済みの場合はステップをスキップします。

    すべての承認を処理する場合は、このチェックボックスをオフにします。

    ステップ 5   [送信] をクリックします。

    サービス リクエストのキャンセル

    サービス リクエストを送信した後、何らかの理由がある場合にはリクエストをキャンセルできます。

    はじめる前にサービス リクエストを作成します。


      ステップ 1   メニューで、[サービス] > [サービスリクエスト] を選択します。
      ステップ 2   キャンセルする必要があるサービス リクエストのエントリを選択します。
      ステップ 3   [リクエストのキャンセル] をクリックします。
      ステップ 4   [送信] をクリックしてサービス リクエストをキャンセルします。

      グループのサービス リクエスト履歴の表示

      エンド ユーザは作成されたすべてのサービス リクエストを表示できます。

      はじめる前に

      サービス リクエストを作成します。

      メニュー バーで、[サービス] をクリックして、[サービスリクエスト] タブを選択します(上記のステップ 1 を参照)。

      グループのサービス リクエスト履歴の検索

      エンド ユーザは任意のグループのリクエスト履歴を検索できます。

      はじめる前に

      サービス リクエストを作成します。


        ステップ 1   メニュー バーで、[組織] > [サービスリクエスト] タブを選択します。
        ステップ 2   検索フィールドに、テキストまたはサービス リクエスト番号を入力します。
        (注)     

        条件はいずれかのカラムの任意のテキストにすることができます。


        グループのサービス リクエスト履歴のエクスポート

        すべてのグループまたは特定のグループのサービス リクエストのレポートを表形式でエクスポートできます。

        はじめる前に

        サービス リクエストを作成します。


          ステップ 1   メニュー バーで、[サービス] > [サービスリクエスト] を選択します。
          ステップ 2   [レポートのエクスポート] アイコンをクリックして、サービス リクエストのレポートを生成します。

          レポートは PDF、CSV、または XLS 形式でエクスポートできます。


          サービス リクエストの承認

          VM をプロビジョニングする前に、ユーザがサービス リクエストを承認する必要があります。 ユーザはサービスの管理者でも IT 管理者でも構いません。 サービス リクエストが開始されると、サービス リクエストのワークフローに VM の承認ステップができ、ここに承認者名が表示されます。 サービス リクエストに関する電子メール通知も承認者に送信されます。 承認されると、次のステップ(たとえば、プロビジョニング)が開始されます。

          サービス リクエストの承認


            ステップ 1   メニュー バーで、[サービス] > [サービスリクエスト] タブを選択します。
            ステップ 2   サービス リクエストを選択します。
            ステップ 3   [承認] をクリックします。
            ステップ 4   必要に応じて、追加のコメントを入力します。
            ステップ 5   [承認] をクリックして、プロセスを終了します。

            サービス リクエスト承認履歴の表示

            はじめる前に

            サービス リクエストを作成します。

            メニュー バーで、[組織] タブをクリックして、[承認記録] > [承認記録] を選択します。

            承認済みか保留かにかかわらず、すべてのサービス リクエストが一覧表示されます。


            次の作業

            サービス リクエスト履歴を検索します。

            サービス リクエスト承認履歴の検索

            エンド ユーザは現在のサービス リクエストのリストを検索できます。

            はじめる前に

            サービス リクエストを作成します。


              ステップ 1   メニュー バーで、[サービス] > [サービスリクエスト] タブを選択します。
              ステップ 2   検索フィールドに検索する用語を入力して、承認の現在のリストをフィルタリングします。

              サービス リクエスト承認履歴のエクスポート

              すべてのサービス リクエスト承認のレポートを表形式でエクスポートできます。

              はじめる前に

              サービス リクエストを作成します。


                ステップ 1   メニュー バーで、[承認] > [承認記録] を選択します。
                ステップ 2   [レポートのエクスポート] アイコンをクリックして、承認のレポートを生成します。