Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 4.1
ポートの管理
ポートの管理

ポートの管理

この章は、次の内容で構成されています。

ポートの管理について

スイッチ ポートは、物理ポートに対応付けられたレイヤ 2 専用インターフェイスです。 スイッチ ポートは 1 つまたは複数の VLAN に所属します。 スイッチ ポートは、アクセス ポート、トランク ポート、またはトンネル ポートのいずれかに設定できます。 スイッチ ポートは物理インターフェイスおよび対応レイヤ 2 プロトコルの管理に使用します。ルーティングやブリッジングは処理しません。

Cisco UCS Director では、次のシスコのネットワーク デバイス上でポートおよびポート プロファイルを設定できます。

  • Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5000/5500 シリーズ スイッチ
  • Cisco MDS 9100 シリーズ スイッチ
  • Cisco MDS 9500 シリーズ スイッチ
  • Cisco MDS 9700 シリーズ スイッチ
  • Cisco ASA 5500 シリーズ ファイアウォール

(注)  


ポートの管理の詳細については、Cisco NX-OS ソフトウェアのコンフィギュレーション ガイドを参照してください。


ポートの設定


    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
    ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
    ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
    ステップ 4   ネットワーク デバイスが含まれているポッドをクリックします。
    ステップ 5   設定するネットワーク デバイスを選択します。
    ステップ 6   下矢印アイコンをクリックして [ポートの設定] を選択します。
    ステップ 7   [ポートの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [ポートの選択] ドロップダウン リスト

    ポートを選択します。

    [有効化] チェックボックス

    ポートを有効にするには、チェックボックスをオンにします。

    [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

    実行中の設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

    ステップ 8   [送信] をクリックします。

    STP ポートの設定


      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
      ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
      ステップ 4   ネットワーク デバイスが含まれているポッドをクリックします。
      ステップ 5   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
      ステップ 6   下矢印アイコンをクリックして [STPポートの設定] を選択します。
      ステップ 7   [STPポートの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [ポートの選択] の [選択] ボタン

      (必須)[選択] をクリックします。 [選択] ダイアログボックスで、指定 STP ポートを選択します。

      このポートに対して他のパラメータを指定する必要がない場合は、ステップ 8 に進みます。

      [VLAN] フィールド

      1 ~ 4094 の VLAN ID 番号。

      [自動コスト] チェックボックス

      コストが最も低いポート パスの自動選択を有効にするには、このチェックボックスをオンにします。 ポート コストによって、指定ポートの結び付きが失われます。

      [Helloタイム] フィールド

      このポートで使用される hello タイム。 これは、ポートで送信される各ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)間の時間です。

      [転送時間] フィールド

      このポートで使用される転送遅延。 これは、リスニング ステートおよびラーニング ステートで費やされる時間です。

      [最大経過時間] フィールド

      ブリッジ ポートがそのコンフィギュレーション BPDU 情報を保存するまでの最長時間。

      [リンクタイプ] ドロップダウン リスト

      リンク タイプ([自動]、[ポイントツーポイント]、または [共有])を選択します。

      [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

      実行中の設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

      ステップ 8   [送信] をクリックします。

      ポートの VDC への割り当て

      Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチに属している VDC にポートを割り当てることができます。

      はじめる前に

      Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで、仮想デバイス コンテキスト(VDC)を作成する必要があります。


        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
        ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
        ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
        ステップ 4   Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチが表示されているポッドをクリックします。
        ステップ 5   設定するネットワーク デバイスを選択します。
        ステップ 6   [VDCへのポートの割り当て] アイコンをクリックします。
        ステップ 7   [VDCへのポートの割り当て] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [vDC名] フィールド

        [選択] をクリックします。 [項目の選択] ダイアログボックスで、VDC を選択して [選択] をクリックします。

        [ポートの選択] ドロップダウン リスト

        VDC に割り当てるポートを選択します。

        [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

        実行中の VDC 設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

        ステップ 8   [送信] をクリックします。

        ポート プロファイルの作成

        ネットワーク デバイスに対して作成するポート プロファイルは、仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)と vCenter 間に接続がある場合は、VMware vCenter 上で分散型のポート グループとして使用できます。


          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
          ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
          ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
          ステップ 4   ネットワーク デバイスが表示されているポッドをクリックします。
          ステップ 5   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
          ステップ 6   [ポートプロファイルの作成] アイコンをクリックするか、下矢印アイコンをクリックして [ポートプロファイルの作成] を選択します。
          ステップ 7   [ポートプロファイルの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [名前] フィールド

          (必須)ネットワーク デバイスのポート プロファイルの名前。

          [説明] フィールド

          ポート プロファイルの説明。

          [タイプ] ドロップダウン リスト

          [Vethernet] または [イーサネット] を選択します。

          [モード] ドロップダウン リスト

          [アクセス] または [トランク] を選択します。

          [アクセスVLAN] ドロップダウン リスト

          (必須)アクセス VLAN タイプを選択します。

          [VXLAN機能の有効化] チェックボックス

          このポート プロファイルで仮想拡張 LAN(VXLAN)機能を有効にするには、チェックボックスをオンにします。 VXLAN 機能を有効にしない場合は、チェックボックスをオフにします。

          [IPアドレス] フィールド

          IP ネットワーク アドレス。

          [IPネットワークマスク] フィールド

          このネットワークのサブネットワーク アドレス マスク。

          [IPネクストホップアドレス] フィールド

          IP ネクストホップ アドレス。

          [QoSポリシーマップ] ドロップダウン リスト

          ポート プロファイルに適用する Quality of Service(QoS)ポリシー マップを選択します(該当する場合)。

          [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

          実行中のポート プロファイル設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

          ステップ 8   [送信] をクリックします。

          ポート プロファイルの更新


            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
            ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
            ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
            ステップ 4   スイッチが表示されているポッドをクリックします。
            ステップ 5   設定するネットワーク デバイスを選択します。
            ステップ 6   下矢印アイコンをクリックして [ポートプロファイルの更新] を選択します。
            ステップ 7   [ポートプロファイルの更新] 設定ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            (注)     

            選択されているポート プロファイルに応じて、一部のフィールド パラメータはこのダイアログボックスに表示される場合とされない場合があります。

            名前 説明

            [名前] ドロップダウン リスト

            (必須)ポート プロファイルの名前を選択します。

            [説明] フィールド

            ポート プロファイルの説明。

            [タイプ] ドロップダウン リスト

            ポート プロファイル タイプを選択します(読み取り専用)。 たとえば、[イーサネット] です。

            [モード] ドロップダウン リスト

            ポート プロファイル モードを選択します(読み取り専用)。 たとえば、[トランク] です。

            [VXLAN機能の有効化] チェックボックス

            このポート プロファイルで VXLAN 機能を有効にする場合は、チェックボックスをオンにします。 VXLAN 機能を有効にしない場合は、チェックボックスをオフにします。

            [IPアドレス] フィールド

            IP ネットワーク アドレス。

            [IPネットワークマスク] フィールド

            このネットワークのサブネットワーク アドレス マスク。

            [IPネクストホップアドレス] フィールド

            IP ネクストホップ アドレス。

            [アクセスVLAN] ドロップダウン リスト

            アクセス VLAN を選択します。

            (注)     

            アクセス VLAN がある場合、このパラメータは必須です。

            [アクション] ドロップダウン リスト

            VLAN を追加または削除するには、[追加] または [削除] を選択します。

            [VLANの選択] の [選択] ボタン

            [選択] をクリックします。 [項目の選択] ダイアログボックスで、1 つ以上の VLAN を選択して [選択] をクリックします。

            [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

            実行中のポート プロファイル設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

            ステップ 8   [送信] をクリックします。

            プライベート VLAN ポート プロファイルの設定


              ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
              ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
              ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
              ステップ 4   ネットワーク デバイスが含まれているポッドをクリックします。
              ステップ 5   設定するネットワーク デバイスを選択します。
              ステップ 6   下矢印アイコンをクリックして [プライベートVLANの作成] を選択します。
              ステップ 7   [プライベートVLANポートプロファイルの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [ポートプロファイル名] フィールド

              (必須)ポート プロファイル名。

              [ポートプロファイルタイプ] ドロップダウン リスト

              ポート プロファイル タイプ

              [トランク] チェックボックス

              ポート プロファイルをトランク モードで作成するには、チェックボックスをオンにします。

              [プライベートVLANタイプ] ドロップダウン リスト

              [ホスト] または [プロミスキャス] を選択します。

              [プライマリVLAN ID] ドロップダウン リスト

              プライマリ VLAN ID を選択します。

              [セカンダリVLAN ID] の [選択] ボタン

              [選択] をクリックします。 [項目の選択] ダイアログボックスで、有効なセカンダリ VLAN ID を選択して [選択] をクリックします。

              [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

              実行中の設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

              ステップ 8   [送信] をクリックします。