Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 4.1
マルチ スパニングツリーの設定
マルチ スパニングツリーの設定

マルチ スパニングツリーの設定

この章は、次の内容で構成されています。

MST について

マルチ スパニングツリー(MST)は、スパニングツリー インスタンスに複数の VLAN を割り当てることができる IEEE 802.1s 規格です。 各インスタンスには、他のスパニングツリー インスタンスからは独立したスパニングツリー トポロジがあります。 このアーキテクチャによって複数の転送パスがデータ トラフィックに提供され、ロードバランスが可能になり、多数の VLAN のサポートに必要となるスパニングツリー プロトコル(STP)インスタンスの数を削減できます。 MST では、1 つのインスタンス(転送パス)で障害が発生しても他のインスタンス(転送パス)に影響しないため、ネットワークのフォールトトレランスが向上します。 同じ名前、リビジョン番号、および VLAN からインスタンスへのマッピングを持つ MST インスタンスが組み合わされて、MST 領域が形成されます。 MST 領域は、領域外のスパニングツリー設定への単一のブリッジとして表示されます。 MST は、近接スイッチから 802.1D メッセージを受信すると、IEEE 802.1D STP にフェールオーバーします。


(注)  


このマニュアルでは、IEEE 802.1w および IEEE 802.1s を指す用語として、「スパニングツリー」を使用します。 IEEE 802.1D STP について説明している箇所では、802.1D と明記します。


Cisco UCS Director では、MST 設定は次のシスコのネットワーク デバイス上でサポートされます。

  • Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

MST インスタンスの設定

ネットワーク上で MST インスタンスを設定できます。


    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] をクリックします。
    ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
    ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
    ステップ 4   ネットワーク デバイスが含まれているポッドをクリックします。
    ステップ 5   設定するネットワーク デバイスを選択します。
    ステップ 6   下矢印アイコンをクリックして [MSTインスタンスの設定] を選択します。
    ステップ 7   [MSTインスタンスの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [MSTインスタンス] フィールド

    MST ID 番号。

    [VLAN] フィールド

    この MST ID で適用される VLAN。

    ステップ 8   [送信] をクリックします。

    MST の有効化と MST ネットワーク パラメータの設定


      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
      ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
      ステップ 4   ネットワーク デバイスが含まれているポッドをクリックします。
      ステップ 5   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
      ステップ 6   下矢印アイコンをクリックして [MSTの設定] を選択します。
      ステップ 7   [MSTの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [MSTの有効化] チェックボックス

      MST を有効にするには、チェックボックスをオンにします。

      (注)     

      MST を無効にするには、チェックボックスをオフにします。

      [名前] フィールド

      (必須)ブリッジの MST 領域名。 名前の文字列には最大 32 文字まで使用でき、大文字と小文字が区別されます。 デフォルトは空の文字列です。
      (注)     

      同じ MST 領域にある複数のブリッジには、同じ MST の名前、VLAN からインスタンスへのマッピング、MST リビジョン番号を設定しておく必要があります。

      [リビジョン] フィールド

      (必須)リビジョン番号は、現在の MST 設定のリビジョンを識別する未署名の 16 ビットの数字です。

      [Helloタイム] フィールド

      すべての MST インスタンスに対して使用されるルート ブリッジ ポートで送信される各ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)間の hello タイム。 これらのメッセージは、スイッチがアクティブであることを意味します。 範囲は 1 ~ 10 秒で、デフォルトは 2 秒です。

      [転送時間] フィールド

      スパニングツリー ブロッキング ステートおよびラーニング ステートからフォワーディング ステートに変更する前にポートが待つ、すべての MST インスタンスの転送遅延時間。 範囲は 4 ~ 30 秒で、デフォルトは 15 秒です。

      [最大ホップ数] フィールド

      使用する最大ホップ数。 これは、MST 領域の最大ホップ数です。 領域は、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)自律システムと同等のものであり、これは共通の管理下にあるスイッチのグループです。

      [最大経過時間] フィールド

      すべての MST インスタンスの最大エージング タイム。 最大エージング タイムは、スイッチが、再設定を試行する前に、スパニングツリー設定メッセージの受信を待つ秒数です。 範囲は 6 ~ 40 秒で、デフォルトは 20 秒です。

      [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

      実行中の設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

      ステップ 8   [項目の選択] ダイアログボックスで、個別のポートを選択するチェックボックスをオンにして [選択] をクリックします。
      ステップ 9   [送信] をクリックします。