Cisco UCS Director VSPEX 管理ガイド、リリース 4.1
設定
設定

設定

この章は、次の内容で構成されています。


(注)  


この章の手順は、Cisco UCS Director にログインしていることを前提としています。


前提条件

前提条件 説明

ハードウェア接続

詳細については、EMC VSPEX VNX シリーズの技術仕様を参照してください。

VSPEX ライセンス

ポッド ライセンスの詳細については、Cisco UCS Director のインストールおよびアップグレード ガイドを参照してください。

ネットワーク接続

ネットワーク接続が EMC VSPEX VNX シリーズの技術仕様に準拠していることを確認します。

Cisco UCS Director Baremetal Agent がインストールされる VLAN に DHCP サーバは 1 台が許可されます。

サーバは Cisco UCS Director からアクセスできる必要があります。 接続の確立についての詳細は『Cisco UCS Director Baremetal Agent Installation Guide』を参照してください。

次の項目と Cisco UCS Director の接続を確認します。
  • Cisco UCS Manager
  • EMC VSPEX VNX ユニファイド ストレージ システム
  • Cisco UCS Director Baremetal Agent
  • Cisco Nexus 5000 および 5500 シリーズ スイッチと Cisco Nexus 1000V スイッチ

サーバは Cisco UCS Director Baremetal Agent からアクセスできる必要があります。 接続の確立についての詳細は『Cisco UCS Director Baremetal Agent Installation Guide』を参照してください。

Cisco UCS Director に対する Cisco UCS Director Baremetal Agent 接続を確認します。

ベアメタル プロビジョニング到達性です。

ベアメタル プロビジョニングが Cisco UCS Director Baremetal Agent と同じネットワークであることを確認します。

DHCP の設定

Cisco UCS Director Baremetal Agent で適切な IP アドレス範囲の DHCP サーバを設定します。 また、次のサーバとして Cisco UCS Director Baremetal Agent を使用するように DHCP サーバを設定できます。 詳細については、「Cisco UCS Director Baremetal Agent のネットワーク設定」の章を参照してください。

Cisco UCS Director データベース設定

Cisco UCS Director Baremetal Agent でリモート データベース アクセスを有効にします。 詳細については、「Cisco UCS Director Baremetal Agent のネットワーク設定」の章を参照してください。

Cisco UCS Director /etc/hosts ファイル

Cisco UCS Director Baremetal Agent (同じ VLAN の到達可能 IP アドレス)のエントリを追加します。 詳細については、「Cisco UCS Director Baremetal Agent のネットワーク設定」の章を参照してください。

Cisco UCS Director Baremetal Agent /etc/hosts ファイル

Cisco UCS Director (同じ VLAN の到達可能 IP アドレス)のエントリを追加します。 詳細については、「Cisco UCS Director Baremetal Agent のネットワーク設定」の章を参照してください。

VMware(vCenter Server/ESXI/ESXi)

ESXI 4.0 から ESXi 5.5 までのすべてのバージョンがサポートされます。

システム要件

コンポーネント 要件

ネットワーキング

Cisco Nexus 5000/5500 シリーズ スイッチ 2 台

Cisco UCS 6100 または 6200 シリーズ ファブリック インターコネクト 2 台

Cisco Nexus 1000V スイッチ

コンピューティング

1 台以上の Cisco UCS シャーシとシャーシあたり 2 台のファブリック エクステンダを搭載したモジュール

ストレージ

EMC VNX ユニファイド ストレージ システム

Cisco UCS Director

バージョン 2.5.0.2 以降

Cisco UCS Director Baremetal Agent

バージョン 2.5.0.2 以降

Cisco UCS Director— リソース予約

2 GB メモリおよび 3000-GHz 以上の CPU

Cisco UCS Director Baremetal Agent — リソース予約

2 GB メモリおよび 2000-GHz 以上の CPU

VMware(vCenter Server/ESXI/ESXi)

ESXI 4.0 から ESXi 5.5 までのすべてのバージョンがサポートされます。

ポッドの追加


    ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] を選択します。
    ステップ 2   [POD] タブをクリックします。
    ステップ 3   [追加] をクリックします。
    ステップ 4   [PODの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [名前] フィールド

    ポッドの識別に役立つ名前。

    [サイト] ドロップダウン リスト

    ポッドを追加するサイトを選択します。 環境にサイトがない場合は、このステップを省略できます。

    [タイプ] ドロップダウン リスト

    追加するポッドのタイプを選択します。 次のサポートされているタイプのいずれかになります。
    • 汎用
    • VSPEX
    • Vblock

    汎用タイプ以外のポッド タイプを選択する場合は、そのポッド タイプのライセンスが必要になります。 また、汎用以外のポッド タイプは、特定の物理コンポーネントと仮想コンポーネントにのみ対応しています。 汎用ポッドには特定のポッド ライセンスは必要ありません。 また、汎用ポッドには、任意のタイプの物理コンポーネントまたは仮想コンポーネントを追加できます。 ポッド ライセンスの詳細については、Cisco UCS Director のインストールおよびアップグレード ガイドを参照してください。

    [説明] フィールド

    (オプション)ポッドの説明。

    [アドレス] フィールド

    ポッドの物理的な場所。 たとえば、このフィールドには市などの、ポッドを内部的に識別するための情報を入力できます。

    [PODを非表示] チェックボックス

    統合チェック ビューにポッドを表示したくない場合は、このチェックボックスをオンにしてそのポッドを非表示にします。 ポッドに対してアカウントの追加または削除を続行できます。

    たとえば、このチェックボックスを使用して、物理要素や仮想要素の存在しないポッドが統合ビューに表示されないようにすることができます。

    ステップ 5   [追加] をクリックします。

    次の作業

    1 つまたは複数のアカウントをポッドに追加します。

    Cisco UCS Manager のアカウント

    Cisco UCS Manager アカウントは、 で管理する単一の Cisco UCS ドメインを表します。

    Cisco UCS Central が含まれない環境では、Cisco UCS Manager アカウントをポッド内に作成します。

    Cisco UCS Central が含まれる環境では、Cisco UCS Central アカウントをマルチドメイン マネージャの下に作成する必要があります。 その Cisco UCS Central に登録されたすべての Cisco UCS ドメイン と、それに関連する Cisco UCS Manager アカウントが、Cisco UCS Central アカウントの作成時に に取り込まれます。 必要な場合は、これらの 1 つ以上の Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントからポッドに割り当てることができます。 Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントに登録することもできます。

    Cisco UCS Manager アカウントの追加

    はじめる前に

    Cisco UCS Manager アカウントが属する Pod を追加します。


      ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] を選択します。
      ステップ 2   [物理アカウント] タブをクリックします。
      ステップ 3   [追加] をクリックします。
      ステップ 4   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [POD] ドロップダウン リスト

      アカウントが属する Pod を選択します。

      [カテゴリタイプ] ドロップダウン リスト

      カテゴリ タイプを選択します。 [コンピューティング] を選択する必要があります。 これはアカウントのインフラストラクチャ タイプです。

      [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

      アカウント タイプを選択します。 [UCSM] を選択する必要があります。

      [認証タイプ] ドロップダウン リスト

      アカウントに使用する認証タイプを選択します。 次のいずれかになります。

      • [ローカルで認証済み] - ローカルで認証されたユーザ アカウントとは、ファブリック インターコネクトを介して直接認証されたユーザ アカウントのことであり、管理者権限または AAA(認証、認可、アカウンティング)権限を持っていれば誰でも有効/無効にすることができます。 [リモートで認証済み]:リモートで認証されたユーザ アカウントとは、LDAP、RADIUS、TACACS+ のいずれかを介して認証されたユーザ アカウントのことです。

      [サーバ管理] ドロップダウン リスト

      アカウントのサーバをどのように管理するか選択します。 次のいずれかになります。

      • [すべてのサーバを管理]:すべてのサーバが によって管理されます。 このオプションがデフォルトです。 このオプションを選択すると、管理の状態ですべてのサーバが追加されます。
      • [選択したサーバのみ管理]:選択したサーバのみが によって管理されます。 必要に応じて管理サーバ リストからサーバの追加および削除ができます。 このオプションを選択すると、未管理の状態ですべてのサーバが追加されます。

      [アカウント名] フィールド

      アカウントに割り当てる一意の名前です。

      [サーバのアドレス] フィールド

      Cisco UCS Manager の IP アドレスです。 クラスタ設定では仮想 IP アドレスになります。

      [ユーザ ID] フィールド

      アカウントが Cisco UCS Manager のアクセスに使用するユーザ名です。 このユーザ名は Cisco UCS Manager の有効なアカウントである必要があります。

      [パスワード] フィールド

      ユーザ名に関連付けられたパスワードです。

      [UCS認証ドメイン] フィールド

      リモートで認証するアカウントの認証ドメインです。

      ローカルで認証するアカウントを使用している場合は、このフィールドは表示されません。

      [通信タイプ] ドロップダウン リスト

      アカウントで使用する通信タイプを選択します。 次のいずれかになります。

      • http
      • https

      [ポート] フィールド

      Cisco UCS Manager のアクセスに使用するポートです。

      [説明] フィールド

      (オプション)アカウントの説明です。

      [連絡先の電子メール] フィールド

      管理者またはアカウント責任者の連絡先に使用できる電子メール アドレスです。

      [ロケーション] フィールド

      アカウントのロケーションです。

      [サービスプロバイダー] フィールド

      (オプション)該当する場合は、アカウントに関連付けられるサービス プロバイダー名です。

      ステップ 5   [追加] をクリックします。

      によって、Cisco UCS Manager への接続がテストされます。 テストが成功する場合は Cisco UCS Manager アカウントを追加して、Cisco UCS Manager にあるアカウントに関連するすべてのインフラストラクチャ要素(シャーシ、サーバ、ファブリック インターコネクト、サービス プロファイル、プールなど)を検出します。 この検出処理およびインベントリ収集サイクルの完了には、およそ 5 分かかります。

      [システムのタスク] タブで設定されるポーリング間隔はインベントリ収集の頻度を指定します。

      アカウントへの接続のテスト

      ポッドにアカウントを追加した後は、いつでも接続をテストできます。


        ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] を選択します。
        ステップ 2   テストするアカウントのタイプに対応するタブをクリックします。

        たとえば、[物理アカウント] タブや [マルチドメインマネージャ] タブをクリックします。

        ステップ 3   テーブルで、接続のテスト対象となるアカウントの行をクリックします。
        ステップ 4   [テスト接続] をクリックします。
        ステップ 5   接続テストが完了したら、[閉じる] をクリックします。

        次の作業

        接続が失敗した場合は、ユーザ名やパスワードなど、アカウントの設定を確認します。 これらが正しい場合は、ネットワーク接続に問題があるかどうかを確認します。

        Cisco UCS Manager アカウントの検出を確認


          ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
          ステップ 2   確認対象となる Cisco UCS Manager アカウントを含む Pod を左側の列で選択します。
          (注)      左列のツリー構造はサイト未割り当てのポッドマルチドメインマネージャのノードを一覧表示します。 [サイト] ノードを展開すると、サイト ノードのすべての Pod が表示されます。 [未割り当てのポッド] ノードを展開すると、どのサイトにも割り当てられていないすべてのポッドが表示されます。 [マルチドメインマネージャ] リストを展開すると、Cisco UCS Director に追加したすべてのマルチドメイン マネージャ アカウント タイプが表示されます。
          ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
          ステップ 4   確認するアカウントの行をテーブルでクリックします。
          ステップ 5   [詳細の表示] をクリックします。

          Cisco UCS Director が検出されたアカウントのコンポーネントに関する情報を表示するタブ セットを表示します。

          ステップ 6   [戻る] をクリックして [コンピューティングアカウント] タブに戻ります。

          Cisco UCS ドメイン内のデバイスのトポロジと接続の表示


            ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
            ステップ 2   左の列で、トポロジを表示する Cisco UCS Manager アカウントが含まれるポッドを選択します。
            ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
            ステップ 4   テーブルで、アカウントの行をクリックします。
            ステップ 5   [接続の表示] をクリックします。

            [トポロジビュー - UCS デバイス接続] ダイアログボックスが表示され、Cisco UCS ドメイン 内のデバイスのトポロジと接続が表示されます。

            ステップ 6   必要な場合は、次の表示オプションを変更することができます。
            • [表示モード] ドロップダウン リスト:デバイスの間隔と位置を調整します。 トポロジ ビューのカスタマイズに使用できるオプションは、このモードで決まります。 次の表示モードを選択できます。
              • [階層]
              • [同心]
              • [円形]
              • [強制の実行]
            • [リンクラベルの表示] チェックボックス:デバイス間のリンクのラベルの表示/非表示を切り替えます。 一部の表示モードでは、これらのラベルは表示されません。
            • [項目のスペース設定を許可] チェックボックス:階層表示モードでのデバイス間の距離を大きくします。
            • [距離] コントロール:同心表示モードでのデバイス間の距離を調整します。
            • [半径] コントロール:円形表示モードで、円の半径を変更することでデバイス間の距離を調整します。
            • [厳密性] コントロール:強制の実行表示モードでの厳密性を調整します。
            • [強制距離] コントロール:強制の実行表示モードでのデバイス間の距離を調整します。
            ステップ 7   [閉じる] をクリックして、[コンピューティングアカウント] タブに戻ります。

            Cisco UCS Manager アカウントの設定のエクスポート

            Cisco UCS Director では、Ucs-Timestamp-configuration.zip という名前のファイルは、ダウンロード先としてブラウザで設定されている場所にエクスポートされます。


              ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
              ステップ 2   左ペインで、設定をエクスポートする Cisco UCS Manager アカウントが含まれているポッドを選択します。
              ステップ 3   右側のペインで [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
              ステップ 4   テーブルで、アカウントの行をクリックします。
              ステップ 5   [設定のエクスポート] をクリックします。
              ステップ 6   [UCS設定のエクスポート] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。
              ステップ 7   設定のエクスポートが完了したら、[閉じる] をクリックします。

              Cisco UCS Manager アカウントの設定のインポート

              Cisco UCS DirectorCisco UCS Manager アカウントから、または Cisco UCS Manager からエクスポートされた設定をインポートすることができます。


              (注)  


              Cisco UCS Manager アカウントに設定をインポートすると、そのアカウント内の既存の設定が上書きされます。



                ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                ステップ 2   左の列で、設定をインポートする Cisco UCS Manager アカウントが含まれているポッドを選択します。
                ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
                ステップ 4   テーブルで、設定をインポートするアカウントの行をクリックします。
                ステップ 5   [設定のインポート] をクリックします。
                ステップ 6   [UCS設定のインポート] ウィザードの [設定のアップロード] 画面で、次の手順を実行します。
                1. [参照] をクリックし、インストールする設定ファイルに移動します。
                2. [アップロード] をクリックします。
                3. ファイルのアップロードが完了したら、[OK] をクリックします。
                4. [次へ] をクリックします。
                ステップ 7   [UCS設定のインポート] ウィザードの [設定の選択] 画面で、次のいずれかのチェックボックスをオンにします。
                オプション 説明

                [すべての設定のインポート]

                ファイル内のすべての設定をインポートします。

                [インポートのカスタマイズ]

                選択した設定のみをインポートします。

                ステップ 8   [送信] をクリックします。
                ステップ 9   設定のインポートが完了したら、[閉じる] をクリックします。

                VSPEX のサポート

                Cisco UCS Director では、ユニファイド ストレージ システムは次の方法でサポートされます。

                • 自動検出
                • モニタリング
                • すべての VNX コンポーネントの明確な管理:RAID グループ、ストレージ プール、論理ユニット番号(LUN)、ストレージ グループ、イニシエータ、ファイル システム、ボリューム、ネットワーク ファイル システム(NFS)、および Common Internet File System(CIFS)

                (注)  


                ポッドを作成してから VSPEX アカウントを追加します。 詳細については、「ポッドの追加」を参照してください。


                VSPEX アカウントの追加

                はじめる前に

                ポッドを作成してから VSPEX アカウントを追加します。 詳細については、ポッドの追加を参照してください。


                  ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] を選択します。
                  ステップ 2   [物理アカウント] タブで、[追加] をクリックします。
                  ステップ 3   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                  名前 説明

                  [POD] ドロップダウン リスト

                  このアカウントの [VSPEX] を選択します。

                  [カテゴリ] ドロップダウン リスト

                  [ストレージ] を選択します。

                  [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

                  カテゴリとして [ストレージ] を選択すると、アカウント タイプ [EMC VNX] が選択されます。

                  [アカウントサブタイプ] ドロップダウン リスト

                  次の VNX アカウント サブ タイプから選択します。
                  • [VNXファイル]:X-Blade エンクロージャ、2 ~ 8 ブレード、設定可能なフェールオーバー オプション、および柔軟な I/O 接続性。 ライセンスあたり 1 つの datamover があります。
                  • [VNXブロック]:ストレージまたはデータ プロセッサ エンクロージャ、デュアル アクティブ ストレージ プロセッサ、自動フェールオーバー、および柔軟な I/O 接続性。 ライセンスあたり 2 つのサービス プロバイダーがあります。
                  • [VNX Unified]:VNX ファイルおよび VNX ブロック用の単一のプラットフォーム。 ライセンスあたり 2 つのサービス プロバイダーがあります。

                  [認証タイプ] ドロップダウン リスト

                  このアカウントの [認証タイプ] を選択します。

                  [アカウント名] フィールド

                  アカウント名。

                  [サーバのアドレス] フィールド

                  VSPEX サーバの IP アドレス。

                  [ユーザID] フィールド

                  VSPEX サーバのユーザ ID。

                  [パスワード] フィールド

                  VSPEX サーバのパスワード。

                  [通信タイプ] ドロップダウン リスト

                  アカウントに対して使用する通信タイプを選択します。 次のいずれかになります。
                  • http
                  • https

                  [ポート] フィールド

                  ポート(80 がデフォルトです)。

                  [説明] フィールド

                  アカウントの説明。

                  [連絡先の電子メール] フィールド

                  連絡先の電子メール。

                  [ロケーション] フィールド

                  このアカウントのサイト ロケーション。

                  [サービスプロバイダー] フィールド

                  サービス プロバイダー名(存在する場合)。

                  ステップ 4   [追加] をクリックします。

                  Cisco UCS Director によって、集約、ディスク、ボリューム、LUN、Qtree など、VSPEX アカウント内のすべてのストレージ要素が自動的に検出されます。

                  ステップ 5   [物理アカウント] ペインで、アカウントをクリックします。
                  ステップ 6   [テスト接続] をクリックします。

                  次の作業

                  アカウントが検出されたことを確認します。 通常、検出プロセスには数分かかります。

                  VSPEX アカウント検出の確認

                  Cisco UCS ManagerCisco UCS Director VSPEX 環境に追加すると、この環境の検出されたすべてのコンポーネントがアカウント レベルで表示されます。


                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                    ステップ 2   [ストレージ] ペインで、VSPEX アカウントをクリックします。
                    ステップ 3   [システムサマリー] タブをクリックします。

                    このアカウントのサマリー レポートが表示されます。


                    ネットワーク設定

                    Cisco UCS Director を使用すると、シスコおよび指定ベンダーの複数のネットワーク デバイスとファブリック プラットフォームの管理、オーケストレーション、およびモニタリングを行うことができます。

                    • Cisco Nexus スイッチのシスコ ネットワークおよびファブリック サポート。
                    • ブロケード ネットワークおよびファブリック サポート。
                    • N ポート仮想化(NPV)モードで動作する Cisco UCS ファブリック インターコネクト(このモードでは、サーバのファイバ チャネル トラフィックが特定の Fibre Channel over Ethernet(FCoE)アップリンクに、手動または自動で固定されます)。

                    ネットワークのインストールには次のタスクが含まれます。

                    • Cisco UCS Director への Cisco Nexus デバイスの追加
                    • 管理対象ネットワーク デバイスの詳細の確認

                    (注)  


                    ネットワーク サポート情報の詳細については、Cisco UCS Director の互換性マトリクスを参照してください。


                    ネットワーク デバイスを Pod に追加


                      ステップ 1   メニューバーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
                      ステップ 2   [マネージドネットワーク要素] タブで [ネットワーク要素の追加] アイコンをクリックします。
                      ステップ 3   [ネットワーク要素の追加] ダイアログボックスで、以下のフィールドを入力します。
                      名前 説明

                      [POD] ドロップダウン リスト

                      Pod を選択します。

                      [デバイスカテゴリ] ドロップダウン リスト

                      次のネットワーク デバイス オプションからいずれか 1 つを選択します。

                      • [ブロケードファブリックOS]
                      • [ブロケードネットワーク OS]
                      • [Force10 (FTOS)]
                      • [Cisco IOS]
                      • [Cisco Nexus OS]
                      • [Cisco ASA]

                      [デバイスIP] フィールド

                      デバイスの IP アドレス。

                      [プロトコル] ドロップダウン リスト

                      デバイスとの通信に使用するプロトコルを選択します(telnet または ssh)。

                      [ポート] フィールド

                      デバイスのポート番号です。 デフォルトはポート 23 です。

                      [ログイン] フィールド

                      ログイン ユーザ名です。

                      [パスワード] フィールド

                      デバイスのログイン パスワードです。

                      [パスワードの有効化] フィールド

                      デバイスの有効パスワードです。

                      ステップ 4   [送信] をクリックします。
                      ステップ 5   [統合基盤] ペインで Pod をクリックします。

                      Pod インフラストラクチャの詳細が表示されます。


                      次の作業

                      管理対象のネットワーク デバイスが正しく設定されていることを確認します。

                      ポッド環境におけるネットワーク デバイスの詳細の確認

                      ネットワーク デバイスがポットに追加されると、ポッド環境の検出されたすべてのコンポーネントがアカウント レベルで表示されます。


                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
                        ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドをクリックします。
                        ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
                        ステップ 4   ネットワーク デバイスをクリックし、[詳細の表示] をクリックします。

                        デバイスに関するすべての情報が [サマリー] タブに表示されます。 ネットワーク デバイスに応じて、その他のタブを選択して、インターフェイス、モジュール、VLAN、ポート プロファイルなどの特定の詳細を表示できます。