Cisco UCS Director VSPEX 管理ガイド、リリース 4.1
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

VSPEX について

VSPEX は、仮想化および非仮想化された統合型のコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ ソリューションに使用できる統合ハードウェアおよびソフトウェア環境です。 VSPEX の用途は次のとおりです。

  • 運用コストの削減とインフラストラクチャの統合によるハイブリッド クラウド コンピューティングのサポートのために、ハイ アベイラビリティとスケーラブルな EMC VSPEX VNX ストレージを必要とするデータ センター。
  • エンド ユーザおよび仮想化アプリケーションにコンピューティング リソースを提供する、プライベート クラウド サービスへのインターフェイス。

(注)  


VSPEX 環境に導入されるハードウェアは高度にモジュール化されており、それぞれのお客様の導入で必要となる具体的な VSPEX ラックマウント スキームによって異なります。 詳細については、Web でシスコ検証済みデザインを参照してください。


VSPEX 環境には、次のコンポーネントがあります。

  • 複数のホストにおけるネットワーキング、ストレージ、およびセキュリティの設定を標準化および簡素化し、ホスト コンプライアンスをモニタするために、Cisco UCS DirectorCisco UCS Director Baremetal Agent が VMware vCenter ホストまたは Hyper-V ホストにインストールおよび設定されます。 詳細については、Cisco UCS Director Installation Guide(Cisco UCS Director インストレーション ガイド)』およびCisco UCS Director Baremetal Agent Setup Guide(Cisco UCS Director Baremetal Agent 設定ガイド)』を参照してください。
  • VSPEX 仮想化ソフトウェア、コンピューティング、および EMC VSPEX VNX ストレージ コンポーネントが 1 つのラック内にあり、スケーラブルなストレージが提供されます。
  • Cisco Nexus コンポーネントによって、ルーティングおよびスイッチング機能が提供されます。
  • Cisco UCS Manager によって、仮想マシン(VM)を含む Cisco UCS Director のすべてのソフトウェアおよびハードウェア コンポーネントの統合された組み込み管理が実現されます。 次の図に、VSPEX ハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを示します。
図 1. VSPEX ハードウェアおよびソフトウェア コンポーネント

VSPEX Power-Path 対応ホスト暗号化

VSPEX Power-Path 対応ホスト暗号化機能では、ホスト サーバおよび集中化された RSA Data Protection Manager アプライアンス上で、キー管理のためにソフトウェア エージェントを使用し、ホスト サーバでデータを暗号化します。これにより、ホスト サーバ外のどこでも、このデータが保護されます。 Power-Path 対応ホスト暗号化を使用すると、次のことを実行できます。
  • 不正アクセスまたはディスク取り外しによる侵害からストレージ環境のデータを保護します。
  • 広く使用されているクレジットカード データ保護基準(PCI DSS)など、内部、民間、および政府の規格に準拠します。
  • SAN またはアレイ全体を暗号化するのではなく、暗号化する必要がある機密データが含まれた特定の LUN またはボリュームを選択します。