Cisco UCS Director VSPEX 管理ガイド、リリース 4.1
トラブルシューティング
トラブルシューティング

トラブルシューティング

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director 接続のトラブルシューティング


    ステップ 1   Cisco UCS Director サービスがアクティブであることを確認します。
    確認 実行する手順

    Cisco UCS Director 仮想マシン(VM)

    十分なリソース予約があることを確認します。 詳細については、「システム要件」の項を参照してください。

    Cisco UCS Director アプライアンス

    Secure Shell(SSH)および [shelladmin] ユーザを使用してアプライアンスにアクセスします。 データベースを含むすべてのサービスが実行されているか確認します。 サービスが実行されていない場合はサービスを再起動し、数分待ってから Cisco UCS Director に Web インターフェイスを使用してアクセスします。

    ステップ 2   Cisco UCS Director の IP アドレスにネットワーク上で ping が成功することを確認します。
    確認 実行する手順

    Cisco UCS Director ネットワーク設定

    vCenter にログインして Cisco UCS Director 仮想アプライアンスおよびその接続のネットワーク設定を確認します。

    ポート グループおよび管理ネットワーク

    ポート グループおよび管理ネットワークに ping を実行します。

    Cisco UCS Director VM

    VM で [接続] チェックボックスがオンになっているか確認します。

    ステップ 3   Cisco UCS Director が Web ブラウザからアクセスできるか確認します。 Cisco UCS Director にアクセスできない場合は、次の手順を実行します。
    (注)      Cisco UCS Director アプライアンスおよびサービスが使用可能になるまで待ってから Cisco UCS Director に接続します。 数分かかることがあります。

    確認 実行する手順

    Web ブラウザ キャッシュ

    Web ブラウザのキャッシュを消去し、Web 経由で Cisco UCS Director にアクセスします。

    Web ブラウザ バージョン

    推奨されるブラウザのバージョンおよび flash のバージョンを使用します。

    ステップ 4   Cisco UCS Director がすべての FlexPod 要素(UCSAM、NetApp FAS、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ、Cisco Nexus 1000V スイッチ、Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトなど)にアクセスできることを確認します。
    ステップ 5   Cisco UCS DirectorCisco UCS Director Baremetal Agent と同じインターフェイスにあることを確認します。

    Cisco UCS Director Baremetal Agent 接続のトラブルシューティング


      ステップ 1   DHCP サービス(デーモン)が動作していることを確認します。
      確認 実行する手順

      DHCP サーバ

      次のコマンドを使用します。

      /etc/init.d/dhcp status

      (注)      ステータスがダウンになっていたら DHCP サーバを再起動します。

      ステップ 2   Cisco UCS Director Baremetal Agent ネットワーク サービスのステータスがアクティブであることを確認します。
      確認 実行する手順

      Cisco UCS Director Baremetal Agent

      次のコマンドを使用します。

      ps -ef | grep java

      (注)     

      上記コマンドの結果に Java プロセスが 3 つ表示されます。 そうでない場合はサービスを再起動し、すべてアクティブか再度確認します。

      /opt/infra/stopInfraAll.sh

      /opt/infra/startInfraAll.sh

      ステップ 3   Cisco UCS Director Baremetal Agent から Cisco UCS Director Baremetal Agent IP アドレスに ping が成功するか確認します。 できない場合は vCenter を使用し、Cisco UCS Director Baremetal Agent アプライアンスのネットワーク設定で接続を確認します。
      ステップ 4   Cisco UCS Director Baremetal Agent から Cisco UCS Manager およびブレード サーバ ネットワークに ping が成功するか確認します。
      確認 実行する手順

      DHCP サーバ

      Cisco UCS Director Baremetal Agent で実行されている DHCP サーバが、ベアメタル プロビジョニング向けの DHCP 機能を備えているか確認します。 Cisco UCS Manager と同様に、Cisco UCS Director Baremetal Agent は同じネットワークまたはインターフェイスにある必要があります。これは PXE 機能を問題なく使用できるようにするためです。

      Cisco UCS Director Baremetal Agent と同じネットワーク内に他の DHCP サーバが使用されていないか確認します。