Cisco UCS Director VSPEX 管理ガイド、リリース 4.1
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

VSPEX について

VSPEX は、仮想および非仮想の統合コンピューティング、ネットワーキング、ストレージ ソリューションで使用できる、統合ハードウェアおよびソフトウェア環境です。 次の状況で VSPEX を使用できます。

  • ハイブリッド クラウド コンピューティングのサポートを目的とし、運用コストの削減およびインフラストラクチャの統合を実施する高可用およびスケーラブルな EMC VSPEX VNX ストレージを必要とするデータセンター。
  • エンド ユーザおよび仮想化アプリケーションに対してコンピューティング リソースを提供するプライベート クラウド サービスを公開するインターフェイス。

(注)  


VSPEX 環境向けに導入されるハードウェアには高度なモジュラが用意されており、それぞれの顧客導入に必要となる特有の VSPEX ラックマウント スキームに応じて多様化されています。 詳細については、Web 上の『Cisco Validated Designs』を参照してください。


VSPEX 環境には次のコンポーネントがあります。

  • 複数ホストにおけるネットワーキング設定、ストレージ設定、セキュリティ設定の標準化および簡略化、ホスト コンプライアンスのモニタを目的として、Cisco UCS Director および Cisco UCS Director Baremetal Agent が VMware vCenter ホストまたは Hyper-V ホストにインストールおよび設定されます。 詳細については、『Cisco UCS Director Installation Guide』および『Cisco UCS Director Baremetal Agent Setup Guide』を参照してください。
  • スケーラブルなストレージを実現するため、VSPEX 仮想化ソフトウェア、コンピューティング、EMC VSPEX VNX ストレージ コンポーネントは同一ラックに配置されます。
  • Cisco Nexus コンポーネントにはルーティングおよびスイッチング機能があります。
  • Cisco UCS Manager は、仮想マシン(VM)を含む Cisco UCS Director のすべてのソフトウェアおよびハードウェア コンポーネントの統合組み込み管理を実現します。 VSPEX のハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを次の図に表示します。
図 1. VSPEX ハードウェアおよびソフトウェア コンポーネント