Cisco UCS Central 用 Cisco UCS Director 管理ガイド、リリース 4.1
グローバル サービス プロファイルの設定
グローバル サービス プロファイルの設定

グローバル サービス プロファイルの設定

この章は、次の内容で構成されています。

グローバル サービス プロファイル

グローバル サービス プロファイルは、データセンター全体で導入された論理設定を一元化します。 この一元化により、1 つの中央ロケーション(Cisco UCS Central)から、登録された Cisco UCS ドメインのすべてのサービス プロファイルをメンテナンスできます。 グローバル サービス プロファイルを使用すると、同じ Cisco UCS Central に登録されたすべての Cisco UCS ドメイン全体で、次のことを実行できます。

  • 任意の Cisco UCS ドメインからサービス プロファイル用の計算要素を選択します。
  • ドメイン間でサービス プロファイルを移行します。
  • 任意の Cisco UCS ドメインの使用可能なグローバル サーバ プールからサーバを選択します。
  • ID プールやポリシーなどのグローバル リソースを関連付けます。

グローバル サービス プロファイルとその実装ガイドラインの詳細については、Cisco UCS Central のコンフィギュレーション ガイドを参照してください。

グローバル サービス プロファイル テンプレート

グローバル サービス プロファイル テンプレートを使用すると、同じ基本パラメータ(vNIC や vHBA の数など)や同じプールから抽出した ID 情報を使用して複数のサービス プロファイルを簡単に作成できます。 Cisco UCS Central のサービス プロファイル テンプレートは、Cisco UCS Manager のサービス プロファイル テンプレートと似ています。

グローバル サービス プロファイルの作成

はじめる前に

少なくとも、サービス プロファイルに必要な次のプールとポリシーが Cisco UCS Central アカウントに存在している必要があります。

  • UUID プール
  • ストレージ ポリシー
  • ネットワーク ポリシー
  • ブート ポリシー

(注)  


ホスト ファームウェア パッケージを Cisco UCS Director で作成することはできません。 このポリシーをサービス プロファイルに組み込む場合は、Cisco UCS Central アカウントからインポートする必要があります。


グローバル サービス プロファイルに含めることができる他のポリシーはオプションです。 ただし、始める前に、[サービスプロファイルの追加] ダイアログボックスを見直し、グローバル サービス プロファイルに含めるポリシーをすべて作成したかどうか確認することをお勧めします。


    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
    ステップ 2   左ペインで、[マルチドメインマネージャ] を展開します。
    ステップ 3   左ペインで、[UCSセントラルアカウント] を展開し、Cisco UCS Central アカウントをクリックします。
    ステップ 4   [グローバルサービスプロファイル] タブをクリックします。
    ステップ 5   [追加] をクリックします。
    ステップ 6   [サービスプロファイルの追加] ダイアログボックスで、サービス プロファイルの名前と説明を入力します。
    ステップ 7   次のドロップダウン リストから、このサービス プロファイルに含めるプールとポリシーを選択します。
    • [組織]:必須。 グローバル サービス プロファイルが属する組織を選択します。
    • [UUIDの割り当て]:必須。 このポリシーを含めてサーバの UUID を指定します。
    • [ストレージポリシー]:必須。 このポリシーを含めてサーバの SAN 接続を指定します。
    • [PXEネットワークポリシー]:任意。 サーバを LAN に接続する必要がある場合は、このポリシーを含めます。
    • [配置ポリシー]:任意。 サーバに vNIC、vHBA、および vCon の配置を指定する場合は、このポリシーを含めます。
    • [PXEブートポリシー]:任意。 サーバに PXE ブートを実行させる場合は、このポリシーを含めます。 このポリシーのセカンダリ ブートは、ローカル ディスクまたは SAN ブートから実行する必要があります。 このポリシーを含めない場合は、サーバはブレードのブート ポリシーを使用してブート順序を決定します。
    • [ブレードのブートポリシー]:任意。 このポリシーを含めてサーバのブート順序を決定します。
    • [BIOSポリシー]:任意。 サーバ上の BIOS のデフォルト設定を変更する場合は、このポリシーを含めます。
    • [IPMIアクセスプロファイル]:任意。 IPMI を通じてサーバにアクセスできるようにする場合は、このポリシーを含めます。
    • [SOL設定プロファイル]:任意。 Serial over LAN を通じてサーバにアクセスできるようにする場合は、このポリシーを含めます。
    • [管理IPアドレスポリシー]:任意。 このポリシーを含めてサーバの管理 IP アドレスを指定します。
    • [しきい値ポリシー]:任意。 このポリシーを含めてサーバのしきい値を指定します。
    • [スクラビングポリシー]:任意。 検出および関連付け解除実行中に、サーバ上のローカル データと BIOS 設定をどう処理するかを指定する場合は、このポリシーを含めます。
    • [ホストファームウェアポリシー]:任意。 ホスト ファームウェア パッケージを使用してサーバ ファームウェアをアップグレードする場合は、このポリシーを含めます。
    • [メンテナンスポリシー]:任意。 このサービス プロファイルにサーバのリブートが必要となる変更が加えられたとき、どう処理するかを指定する場合は、このポリシーを含めます。
    • [電源制御ポリシー]:任意。 サービス プロファイルをブレード サーバに関連付け、サーバの初期電力割り当てを指定する場合は、このポリシーを含めます。
    ステップ 8   [サーバの電源状態] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択し、サーバをこのサービス プロファイルに関連付けたときにサーバに適用される電源状態を設定します。
    • [ダウン]:プロファイルがサーバに関連付けられる前はサーバの電源を切断しておく場合。
    • [アップ]:プロファイルがサーバに関連付けられる前にサーバの電源を投入しておく場合。
    ステップ 9   [送信] をクリックします。

    グローバル サービス プロファイル テンプレートの作成

    はじめる前に

    少なくとも、サービス プロファイル テンプレートに必要な次のプールとポリシーが Cisco UCS Central アカウントに存在している必要があります。

    • UUID プール
    • ストレージ ポリシー
    • ネットワーク ポリシー
    • ブート ポリシー

    (注)  


    ホスト ファームウェア パッケージを Cisco UCS Director で作成することはできません。 このポリシーをサービス プロファイル テンプレートに組み込む場合は、Cisco UCS Central アカウントからインポートする必要があります。


    サービス プロファイル テンプレートに含めることができるその他のポリシーはオプションです。 ただし、始める前に、[サービスプロファイルテンプレートの作成] ダイアログボックスを確認し、テンプレートに含めるすべてのポリシーを作成したか確かめることを推奨します。


      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
      ステップ 2   左ペインで、[マルチドメインマネージャ] を展開します。
      ステップ 3   左ペインで、[UCSセントラルアカウント] を展開し、Cisco UCS Central アカウントをクリックします。
      ステップ 4   [グローバルサービスプロファイルテンプレート] タブをクリックします。
      ステップ 5   [追加] をクリックします。
      ステップ 6   [サービスプロファイルテンプレートの作成] ダイアログボックスで、サービス プロファイル テンプレートの名前と説明を入力します。
      ステップ 7   [タイプ] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択します。
      • [初期テンプレート]:テンプレートが変更されても、このテンプレートから作成されたサービス プロファイルは更新されません。
      • [テンプレートの更新]:テンプレートが変更されると、このテンプレートから作成されたサービス プロファイルは更新されます。
      ステップ 8   次のドロップダウン リストから、このサービス プロファイルに含めるプールとポリシーを選択します。
      • [組織]:必須。 グローバル サービス プロファイル テンプレートが属する組織を選択します。
      • [UUIDの割り当て]:必須。 このポリシーを含めてサーバの UUID を指定します。
      • [ストレージポリシー]:必須。 このポリシーを含めてサーバの SAN 接続を指定します。
      • [PXEネットワークポリシー]:任意。 サーバを LAN に接続する必要がある場合は、このポリシーを含めます。
      • [配置ポリシー]:任意。 サーバに vNIC、vHBA、および vCon の配置を指定する場合は、このポリシーを含めます。
      • [PXEブートポリシー]:任意。 サーバに PXE ブートを実行させる場合は、このポリシーを含めます。 このポリシーのセカンダリ ブートは、ローカル ディスクまたは SAN ブートから実行する必要があります。 このポリシーを含めない場合は、サーバはブレードのブート ポリシーを使用してブート順序を決定します。
      • [ブレードのブートポリシー]:任意。 このポリシーを含めてサーバのブート順序を決定します。
      • [BIOSポリシー]:任意。 サーバ上の BIOS のデフォルト設定を変更する場合は、このポリシーを含めます。
      • [IPMIアクセスプロファイル]:任意。 IPMI を通じてサーバにアクセスできるようにする場合は、このポリシーを含めます。
      • [SOL設定プロファイル]:任意。 Serial over LAN を通じてサーバにアクセスできるようにする場合は、このポリシーを含めます。
      • [管理IPアドレスポリシー]:任意。 このポリシーを含めてサーバの管理 IP アドレスを指定します。
      • [しきい値ポリシー]:任意。 このポリシーを含めてサーバのしきい値を指定します。
      • [スクラビングポリシー]:任意。 検出および関連付け解除実行中に、サーバ上のローカル データと BIOS 設定をどう処理するかを指定する場合は、このポリシーを含めます。
      • [ホストファームウェアポリシー]:任意。 ホスト ファームウェア パッケージを使用してサーバ ファームウェアをアップグレードする場合は、このポリシーを含めます。
      • [メンテナンスポリシー]:任意。 このサービス プロファイルにサーバのリブートが必要となる変更が加えられたとき、どう処理するかを指定する場合は、このポリシーを含めます。
      • [電源制御ポリシー]:任意。 サービス プロファイルをブレード サーバに関連付け、サーバの初期電力割り当てを指定する場合は、このポリシーを含めます。
      ステップ 9   [サーバの電源状態] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択し、サーバをこのサービス プロファイルに関連付けたときにサーバに適用される電源状態を設定します。
      • [ダウン]:プロファイルがサーバに関連付けられる前はサーバの電源を切断しておく場合。
      • [アップ]:プロファイルがサーバに関連付けられる前にサーバの電源を投入しておく場合。
      ステップ 10   [送信] をクリックします。