Cisco UCS Central 用 Cisco UCS Director 管理ガイド、リリース 4.1
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director による Cisco UCS Central の管理

Cisco UCS Director は、オーケストレーションを使用して、Cisco UCS Central に登録された Cisco UCS ドメインの設定に必要なステップの一部を自動化し、データの統計分析を提供します。

Cisco UCS Central アカウントを追加すると、Cisco UCS DirectorCisco UCS Central 設定にインベントリ収集を実行します。 インベントリ収集の間、Cisco UCS Director によって、以下を含む既存設定が検出およびインポートされます。

  • ドメイン グループ
  • ドメイン グループ ポリシー
  • 登録ポリシー
  • 登録された各 Cisco UCS ドメイン、および以下を含むその Cisco UCS ドメインCisco UCS Manager インベントリ
    • ファブリック インターコネクト
    • シャーシ
    • サーバ

Cisco UCS Central アカウントを追加してインベントリ収集が完了したら、必要に応じて、Cisco UCS Director を使用してその Cisco UCS Central アカウントで追加の Cisco UCS Manager アカウントを登録できます。

Cisco UCS Director は、Cisco UCS Central と登録された Cisco UCS ドメインを完全に可視化します。 また、Cisco UCS Director を使用してこれらの Cisco UCS ドメインを管理および設定できます。

Cisco UCS Director で実行可能な Cisco UCS Central のタスク

Cisco UCS Director を使用して、Cisco UCS Central に登録された Cisco UCS ドメイン内の物理およびバーチャル デバイスの管理、モニタ、およびレポート タスクを実行できます。

設定と管理

Cisco UCS Director では、次のような Cisco UCS ソフトウェア コンポーネントを作成および設定できます。

  • グローバルおよびローカル サービス プロファイル
  • グローバルおよびローカル ポリシー

モニタリングとレポート

Cisco UCS Director を使用して、登録された Cisco UCS ドメイン と、以下のようなそのコンポーネントに関するモニタおよびレポートを実行することもできます。

  • サービス プロファイルの関連付け
  • vNIC
  • vHBA
  • Cisco UCS ハードウェア(ファブリック インターコネクト、シャーシ、サーバなど)

Cisco UCS Director で実行できない Cisco UCS Central のタスク

Cisco UCS Director を使用して、Cisco UCS Central に登録された Cisco UCS ドメインで特定のシステム管理タスクを実行することはできません。たとえば、次のタスクが該当します。

  • 一部のポリシーの作成
  • ファームウェア アップグレード
  • ユーザ管理

読み取り専用ポリシー

Cisco UCS Central アカウントですべてのポリシーを作成することはできません。 Cisco UCS Director は、これらのポリシーを含む組織の詳細情報にポリシーの読み取り専用ビューを提供します。 組織を含む Cisco UCS Manager アカウントでこれらの読み取り専用ポリシーを作成する必要があります。

読み取り専用ポリシーには、次のものが含まれます。

  • 動的 vNIC 接続ポリシー
  • イーサネットおよびファイバ チャネル アダプタ ポリシー
  • IPMI アクセス プロファイル
  • ローカル ディスクの設定ポリシー
  • メンテナンス ポリシー
  • ネットワーク制御ポリシー
  • 電源制御ポリシー
  • QoS ポリシー
  • スクラビング処理ポリシー
  • Serial over LAN ポリシー
  • サーバ プール ポリシー
  • サーバ プール ポリシー資格情報
  • しきい値ポリシー
  • vNIC または vHBA 配置ポリシー

Cisco UCS Central のオーケストレーション タスク

Cisco UCS Director に搭載されているオーケストレーション機能を使用すると、1 つまたは複数のワークフローで Cisco UCS Central によって実行されるタスクの設定および管理を自動化できます。 同じワークフローに、Cisco UCS CentralCisco UCS Manager、ネットワーク、およびストレージのタスクを含めることができます。

Cisco UCS Director でのオーケストレーションおよびワークフローの例については、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。

オーケストレーション タスクのロケーション

Cisco UCS Central のオーケストレーション タスクの全リストは、ワークフロー デザイナ、タスク ライブラリの [UCSセントラルタスク] セクション、および [Cisco UCSセントラルタスク] フォルダから入手できます。 タスク ライブラリにはオーケストレーション タスクの説明があります。タスク ライブラリは、Cisco UCS Director の次の場所からアクセスできます。

  • [ポリシー] > [オーケストレーション] > [ワークフロー]
  • http://IP_address/app/cloudmgr/onlinedocs/cloupiaTaskLib.htmlIP_addressCisco UCS Director の IP アドレス)。

オーケストレーション タスクのタイプ

Cisco UCS Central のオーケストレーション タスクには、次のものが含まれます。

  • グループの割り当て
  • ドメイン グループ
  • Cisco UCS Manager 登録
  • VLAN
  • グローバル サービス プロファイル
  • グローバル サービス プロファイル テンプレート
  • タイム ゾーン