Cisco UCS Director オーケストレーション ガイド リリース 4.1
概要
概要
発行日;2014/02/20 | 英語版ドキュメント(2013/12/19 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 800KB) | フィードバック

目次

概要

Orchestrator について

概要

この章は、次の内容で構成されています。

「Orchestrator について」

Orchestrator について

Cisco UCS Director Orchestrator により、IT 管理者はクラウドの自動化と IT サービスの標準化を実現することができます。管理者は Orchestrator を使用して、VM の作成や VM の電源アクションなどのタスク セットをワークフローの形式で実行できます。ワークフローにタスクを追加または移動して、最終版のワークフローを実行できます。すべてのタスクは次から次へと順番に実行されます。『 Cisco UCS Director オーケストレーション ガイド 』では、次のトピックの手順について説明します。

ワークフロー

ワークフロー ライフサイクルの管理

タスク定義(単一タスクと複合タスクを含む)

トリガー

アクション ポリシー