Cisco UCS Director シェル ガイド リリース 4.1
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director について

Cisco UCS Director(旧称 Cisco Cloupia Unified Infrastructure Controller)は、次の標準的なテンプレートを使用する 64 ビットのアプライアンスです。

  • Open Virtualization Format(OVF)for VMware vSphere
  • Virtual Hard Disk(VHD)for Microsoft Hyper-V

Cisco UCS Director は、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームに基づく業界をリードする統合インフラストラクチャ ソリューションに、セキュリティで高度に保護された統合管理機能を提供します。

Cisco UCS Director は、Cisco UCS を通じて、コンピューティング階層とネットワーク階層の統合性を拡張して、データセンターの管理者に包括的な視認性と管理能力を提供します。 この製品は、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームに基づいて、NetApp FlexPod、ExpressPod、EMC VSPEX、および VCE Vblock システムをサポートします。

Cisco UCS Director は物理、仮想、ベアメタル環境全体にわたって、リソース プールのプロビジョニングを自動化します。 この製品は、正常性、ステータス、リソース使用率に関して、ネイティブな自動化されたモニタリング機能を提供します。 たとえば、Cisco UCS Director を使用して次の操作を実行できます。

  • すべてのサーバおよびアプリケーションを対象に、サービス プロファイルとテンプレートを作成、複製、および導入すること
  • 全データセンターを対象として、仮想マシン(VM)の使用率を示すヒート マップを表示するなど、統合インフラストラクチャで組織の使用率、傾向、容量を継続的にモニタすること
  • 作業者ごとにばらつきの出ない方法で ExpressPod および FlexPod インフラストラクチャの導入や容量の増設を行うこと
  • Cisco UCS ドメインとそのコンポーネントを対象として、管理、モニタリング、報告を行うこと
  • 物理的なインフラストラクチャ サービスを含むように、仮想サービス カタログを拡張すること
  • 仮想化された作業負荷と仮想化されていない作業負荷の両方に対応するために、セキュリティで保護されたマルチテナント環境を管理すること

Cisco UCS Director シェル コマンドについて

ここでは、Cisco UCS Director シェルにログインしたときに使用できるすべてのコマンドについて説明します。 これらのコマンドを使用して、次の管理タスクを実行できます。

  • シスコ サービスの停止/開始
  • サービス ステータスの表示
  • MySQL データベースの停止/起動
  • アプライアンス データベースのバックアップ/復元
  • ShellAdmin パスワードの変更
  • 時刻の同期
  • ネットワーク インターフェイスの設定
  • BMA アプライアンスに対するデータベースの有効化
  • アプライアンスへの BMA ホスト名/IP アドレスの追加
  • ネットワークの詳細の表示
  • ホスト名/IP アドレスの ping
  • バージョン(Cisco UCS Director アプライアンス バージョン)
  • CA(JKS)ファイルのインポート
  • 仮想ネットワーク コンピューティング(VNC)用 CA 証明書(PEM)ファイルのインポート
  • アプライアンスのシャットダウン
  • アプライアンスのリブート
  • root アクセスの管理
  • Tail Inframgr ログのトラブルシューティング
  • アプライアンスへのパッチの適用
  • シェルの終了
  • root としてログイン
  • マルチノード設定の設定

その他のシステム管理情報については、『Cisco UCS Director Administration Guide, Release 4.0』を参照してください。

前提条件

このガイドに記載されたコマンドを正常に実行するには、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • Cisco UCS Director が稼働している(およびアクセス可能である)こと

(注)  


このガイドに記載する情報は、Cisco UCS Director、リリース 4.0 以降のリリースに基づいています。

シェルへのログイン

ログイン手順では、セキュア シェル(SSH)クライアントと適切なログイン クレデンシャルを使用する必要があります。 Cisco UCS Director アプライアンスへのアクセス権を取得すると、広範なシステム管理タスクを実行できるようになります。

はじめる前に

Cisco UCS Director アプライアンスとセキュア シェル(SSH)アプリケーションに対する適切なアクセス権を取得します。


    ステップ 1   SSH アプリケーションを開きます。
    ステップ 2   Cisco UCS Director アプライアンスの IP アドレスを入力します。
    ステップ 3   [ポート] フィールドに「22」と入力します。

    シェル ウィンドウに初期画面である [Cisco UCS Directorシェルメニュー] が表示されます。

    ステップ 4   [ユーザ] フィールドに 「shelladmin」 と入力します。
    ステップ 5   [パスワード] フィールドに、次の 2 つのどちらかを入力します。
    • 「changeme」 と入力します。
    • CLI から、「SSH shelladmin@<IPアドレス>」を入力します。
    ステップ 6   Enter キーを押します。

    次のサービスを選択できます。

     Cisco UCS Director Shell Menu
    
              Select a number from the menu below
    
                  1)  Change ShellAdmin password
                  2)  Display Services Status
                  3)  Stop Services
                  4)  Start Services
                  5)  Stop Database
                  6)  Start Database
                  7)  Backup Database
                  8)  Restore Database
                  9)  Time Sync
                  10) Ping Hostname/IP Address
                  11) Show version
                  12) Import CA Cert (JKS) File
                  13) Import CA Cert(PEM) File for VNC
                  14) Configure Network Interface
                  15) Display Network Details
                  16) Enable Database for Cisco UCS Director Baremetal Agent
                  17) Add Cisco UCS Director Baremetal Agent Hostname/IP
                  18) Tail Inframgr logs
                  19) Apply Patch
                  20) Shutdown Appliance
                  21) Reboot Appliance
                  22) Manage Root Access
                  23) Login as Root
                  24) Quit
    
                  SELECT>
    
    
    (注)      Cisco UCS Director のマイナー リリース(リリース 4.0 以降)には、上記オプションの一部が含まれていない場合があります。