Cisco UCS Director 管理ガイド for Cisco UCS Manager、リリース 4.1
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director を使用した Cisco UCS の管理

Cisco UCS Director は、Cisco UCS Manager に代わるものではありません。 Cisco UCS Director は、オーケストレーションを使用して、Cisco UCS ドメインの設定に必要なステップの一部を自動化します。 このような方法で、Cisco UCS Director は、データの統計分析と各ポッドの統合ビューを提供します。

Cisco UCS ドメインCisco UCS Manager アカウントとして Cisco UCS Director に追加すると、Cisco UCS Director により Cisco UCS ドメインが完全に可視化されます。 さらに、Cisco UCS Director を使用して、その Cisco UCS ドメインの管理や設定を行うことができます。

Cisco UCS Director で実行できる Cisco UCS 管理タスク

Cisco UCS Director を使用して、Cisco UCS ドメイン内の物理デバイスと仮想デバイスの管理、モニタ、およびレポートのタスクを実行できます。

設定と管理

次のような Cisco UCS ハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを Cisco UCS Director で作成および設定することができます。

  • ファブリック インターコネクト(ポートを含む)
  • シャーシ、ブレード サーバ、ラックマウント サーバ(自動検出を含む)
  • I/O モジュールとファブリック エクステンダ(FEX)
  • ネットワーク接続
  • ストレージ接続
  • プール
  • ポリシー
  • サービス プロファイル

モニタリングとレポート

Cisco UCS Director を使用して、次に示すような Cisco UCS ドメイン とそれらのコンポーネントをモニタおよびレポートすることもできます。

  • 消費電力
  • 温度
  • サーバの可用性
  • サービス プロファイルの関連付け

Cisco UCS Director で実行できない Cisco UCS 管理タスク

次のような特定のシステム管理タスクは、Cisco UCS Director を使用して Cisco UCS ドメイン内で実行できません。

  • ファームウェア アップグレード
  • ユーザ管理
  • 仮想マシン管理

Cisco UCS Manager オーケストレーション タスク

Cisco UCS Director に用意されているオーケストレーション機能を使用すると、Cisco UCS Manager によって実行されるタスクの設定と管理を 1 つまたは複数のワークフローに自動化することができます。 同じワークフローに Cisco UCS Manager、ネットワーク、およびストレージのタスクを含めることができます。 ワークフローの例については、例:iSCSI ブート ワークフローの作成を参照してください。

Cisco UCS Director でのオーケストレーションの詳細については、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。

オーケストレーション タスクの場所

Cisco UCS Manager オーケストレーション タスクの完全なリストは、ワークフローデザイナ、タスク ライブラリ、および [Cisco UCSタスク] フォルダにあります。 タスク ライブラリには、オーケストレーション タスクの説明が含まれており、Cisco UCS Director の次の場所からアクセスできます。

  • [ポリシー] > [オーケストレーション] > [ワークフロー]
  • http://IP_address/app/cloudmgr/onlinedocs/cloupiaTaskLib.html ここで IP_addressCisco UCS Director の IP アドレスです。

オーケストレーション タスクのタイプ

Cisco UCS Manager オーケストレーション タスクには、次の項目を設定および管理するタスクが含まれます。

  • サーバ
  • サーバ ブート
  • プール
  • ポリシー
  • VLAN
  • vNIC
  • サービス プロファイル
  • サービス プロファイル テンプレート
  • 組織