Cisco UCS Manager 向け Cisco UCS Director 管理ガイド、リリース 4.0
Cisco UCS サーバのプールおよびポリシーの設定
Cisco UCS サーバのプールおよびポリシーの設定
発行日;2013/11/29   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Cisco UCS サーバのプールおよびポリシーの設定

この章は、次の内容で構成されています。

機器のグローバル ポリシー

[シャーシ/FEX検出ポリシー]

このポリシーによって、新しいシャーシまたは FEX が追加されたときのシステムの対応が決定されます。 Cisco UCS では、シャーシ/FEX 検出ポリシーの設定によって、シャーシまたは FEX とファブリック インターコネクトとのリンク数の最小しきい値、およびファブリック ポート チャネル内で IOM からファブリック インターコネクトへのリンクをグループ化するかどうかが決定されます。

マルチシャーシ Cisco UCS ドメイン でのシャーシ/FEX 検出ポリシーの動作の概要など、シャーシのリンクの詳細については、Cisco UCS Manager 設定ガイドを参照してください。

[シャーシ/FEX検出ポリシー] の設定

手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
    ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
    ステップ 3   右ペインで、[機器のグローバルポリシー] タブをクリックします。
    ステップ 4   [シャーシ/FEX検出ポリシー] チェックボックスをオンにします。
    ステップ 5   [アクション] ドロップリストで、シャーシまたは FEX とファブリック インターコネクトとのリンク数の最小しきい値を選択します。
    • 1-link
    • 2-link
    • 4-link
    ステップ 6   [リンクグループのプリファレンス] ドロップダウン リストで、ポート チャネル内で IOM または FEX からファブリック インターコネクトへのリンクをグループ化するかどうかを選択します。
    (注)     

    リンク グループのプリファレンスは、リンクの両側である IOM または FEX とファブリック インターコネクトの両方がファブリック ポート チャネルをサポートする場合にのみ、有効になります。 リンクのどちらか一方がファブリック ポート チャネルをサポートしない場合は、このプリファレンスは無視され、ポート チャネル内のリンクはグループ化されません。

    ステップ 7   [保存] をクリックします。

    [ラックサーバ検出ポリシー]

    このポリシーによって、新しいラックマウント サーバを追加したときのシステムの対応が決定されます。 Cisco UCS では、ラック サーバ検出ポリシーの設定によって、ハード ディスク上のデータがスクラビング処理されるかどうか、サーバ検出が即時に実行されるかまたは明示的なユーザの承認を待機するかが決定されます。

    Cisco UCS が検出できるのは、正しく配線され、ファブリック インターコネクトと接続されているラックマウント サーバのみです。 サポートされている Cisco UCS ラックマウント サーバを統合する方法の詳細については、適切なラックマウント サーバ統合ガイドを参照してください。

    [ラックサーバ検出ポリシー] の設定

    手順
      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
      ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
      ステップ 3   右ペインで、[機器のグローバルポリシー] タブをクリックします。
      ステップ 4   [ラックサーバ検出ポリシー] チェックボックスをオンにします。
      ステップ 5   [アクション] ドロップリストで、新しいラック サーバを追加したときの動作を選択します。
      • [即時]:自動的に新しいサーバが検出されます。
      • [ユーザ承認済み]:ユーザが新しいサーバを承認するまで、何も実行しません。
      ステップ 6   [スクラビングポリシー] ドロップダウン リストで、新しく検出されたサーバが [サーバプールポリシーの認定] の基準を満たす場合にこのサーバで実行するスクラビング ポリシーを選択します。
      ステップ 7   [保存] をクリックします。

      [ラック管理接続ポリシー]

      このポリシーでは、新しく追加されたラックマウント サーバが自動的に Cisco UCS によって管理されるかまたは明示的なユーザの承認を待機するかが決定されます。 このポリシーを自動確認応答に設定することを推奨します。

      [ラック管理接続ポリシー] の設定

      手順
        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
        ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
        ステップ 3   右ペインで、[機器のグローバルポリシー] タブをクリックします。
        ステップ 4   [ラック管理接続ポリシー] チェックボックスをオンにします。
        ステップ 5   [アクション] ドロップリストから、次のオプションのいずれかを選択します。
        • [自動確認応答]:自動的に確認されます。
        • [ユーザ承認済み]:ユーザがサーバを承認するまで、何も実行されません。
        ステップ 6   [保存] をクリックします。

        [UUIDプール]

        UUID プールは、サーバへの割り当てに使用できる SMBIOS UUID の集まりです。 UUID のプレフィクスの先頭の桁の数字は固定されています。 残りの桁で構成される UUID サフィックスは変数です。 UUID プールは、競合を避けるため、その特定のプールを使用するサービス プロファイルに関連付けられたサーバごとに、これらの変数値が固有であることを保証します。

        サービス プロファイルで UUID プールを使用する場合、そのサービス プロファイルに関連付けられたサーバの UUID を手動で設定する必要はありません。

        [UUIDプール] の作成

        手順
          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
          ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
          ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
          ステップ 4   プールを作成する組織をクリックして、[詳細の表示] をクリックします。
          ステップ 5   [UUIDプール] タブをクリックします。
          ステップ 6   [追加] をクリックします。
          ステップ 7   [UUIDプールの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [名前] フィールド

          プールの一意の名前。

          [説明] フィールド

          プールの説明。

          [プレフィクス] ドロップダウン リスト

          プレフィクスの作成方法を選択します。 次のいずれかになります。

          • [派生]:システムによってプレフィクスが作成されます。
          • [その他]:任意のプレフィクスを指定します。 このオプションを選択するとテキスト フィールドが表示され、XXXXXXXX-XXXX-XXXX の形式で任意のプレフィクスを入力できます。

          [送信元] フィールド

          ブロック内の最初の UUID アドレス。

          [サイズ] フィールド

          ブロック内の UUID アドレスの数。

          ステップ 8   [送信] をクリックします。

          [UUIDプール] へのアドレス ブロックの追加

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
            ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
            ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
            ステップ 4   プールを変更する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
            ステップ 5   [UUIDプール] タブをクリックします。
            ステップ 6   アドレスのブロックを追加するプールをクリックして、[UUIDアドレスブロックの追加] をクリックします。
            ステップ 7   [UUIDプールの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [名前] フィールド

            プールの一意の名前。

            [説明] フィールド

            プールの説明。

            [プレフィクス] ドロップダウン リスト

            プレフィクスの作成方法を選択します。 次のいずれかになります。

            • [派生]:システムによってプレフィクスが作成されます。
            • [その他]:任意のプレフィクスを指定します。 このオプションを選択するとテキスト フィールドが表示され、XXXXXXXX-XXXX-XXXX の形式で任意のプレフィクスを入力できます。

            [送信元] フィールド

            ブロック内の最初の UUID アドレス。

            [サイズ] フィールド

            ブロック内の UUID アドレスの数。

            ステップ 8   [送信] をクリックします。

            [サーバプール]

            サーバ プールは複数のサーバで構成されています。 これらのサーバは通常、同じ特性を持っています。 その特性とは、シャーシ内の位置であったり、サーバ タイプ、メモリ容量、ローカル ストレージ、CPU のタイプ、ローカル ドライブ設定などの属性だったりします。 サーバを手動でサーバ プールに割り当てることも、サーバ プール ポリシーとサーバ プール ポリシー資格情報を使用して割り当てを自動化することもできます。

            システムが組織を通じて、マルチテナント機能を実装している場合、特定の組織で使用されるサーバ プールを 1 つまたは複数指定できます。 たとえば、CPU を 2 個搭載したサーバをすべて含むプールをマーケティング組織に割り当て、メモリのサイズが 64GB のサーバをすべて、財務組織に割り当てることができます。

            システム内のどのシャーシにあるサーバも、サーバ プールに含めることができます。 1 つのサーバを複数のサーバ プールに含めることができます。

            [サーバプール] の作成

            手順
              ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
              ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
              ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
              ステップ 4   プールを作成する組織をクリックして、[詳細の表示] をクリックします。
              ステップ 5   [サーバプール] タブをクリックします。
              ステップ 6   [追加] をクリックします。
              ステップ 7   [サーバプールの追加] ダイアログボックスで、プールの名前と説明を追加します。
              ステップ 8   (任意)[サーバ] フィールドで、次の手順を実行してサーバをプールに追加します。
              1. [選択] をクリックします。
              2. [項目の選択] ページで、プールに追加するサーバのチェックボックスをオンにします。
              3. [選択] をクリックします。
              ステップ 9   [追加] をクリックします。

              [管理IPプール]

              管理 IP プールは外部 IP アドレスの集合です。 管理 IP プールの IP アドレスの各ブロックは、サーバの CIMC で終了する外部アクセス向けに予約されます。

              管理 IP プールのすべての IP アドレスは、ファブリック インターコネクトの IP アドレスと同じサブネット内にある必要があります。


              (注)  


              管理 IP プールには、サーバまたはサービス プロファイルのスタティック IP アドレスとして割り当てられている IP アドレスが含まれていない必要があります。


              [管理IPプール] への IP アドレス ブロックの追加

              管理 IP プールには、サーバまたはサービス プロファイルのスタティック IP アドレスとして割り当てられている IP アドレスが含まれていない必要があります。

              手順
                ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                ステップ 3   右ペインで、[管理IPプール] タブをクリックします。
                ステップ 4   [追加] をクリックします。
                ステップ 5   [IPアドレスのブロックの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                名前 説明

                [送信元] フィールド

                ブロック内の最初の IP アドレス。

                [サイズ] フィールド

                プール内の IP アドレスの数。

                [サブネットマスク] フィールド

                ブロック内の IP アドレスに関連付けられたサブネット マスク。 ファブリック インターコネクトと同じサブネット マスクであることが必要です。

                [デフォルトゲートウェイ] フィールド

                ブロック内の IP アドレスに関連付けられたデフォルト ゲートウェイ。

                ステップ 6   [送信] をクリックします。

                [ブートポリシー]

                ブート ポリシーは以下を決定します。

                • ブート デバイスの設定
                • サーバのブート元の場所
                • ブート デバイスの起動順序

                たとえば、ローカル ディスクや CD-ROM(VMedia)などのローカル デバイスから関連サーバがブートするように選択するか、SAN ブートや LAN(PXE)ブートを選択することができます。

                このポリシーをサービス プロファイルに含め、そのサービス プロファイルをサーバに関連付けて有効にする必要があります。 サービス プロファイルにブート ポリシーを含めない場合、サーバは BIOS のデフォルト設定を使用してブート順序を決定します。


                (注)  


                ブート ポリシーに対する変更は、そのブート ポリシーを含んでいる更新中のサービス プロファイル テンプレートを使って作成されたすべてのサーバに伝播される可能性があります。 BIOS にブート順序情報を再書き込みするためのサービス プロファイルとサーバとの再アソシエーションは、自動的にトリガーされます。


                SAN ブート

                SAN のオペレーティング システム イメージから 1 つまたは複数のサーバをブートするようにブート ポリシーを設定できます。 そのブート ポリシーには、プライマリおよびセカンダリ SAN ブートを追加できます。 プライマリ ブートが失敗した場合、サーバはセカンダリ ブートを試行します。

                システム内でのサービス プロファイルの移動性が最も高い、SAN ブートの使用を推奨します。 SAN からブートする場合、あるサーバから別のサーバにサービス プロファイルを移動しても、移動先のサーバはまったく同じオペレーティング システム イメージからブートします。 したがって、ネットワークからは、この新しいサーバはまったく同じサーバと認識されます。

                SAN ブートを使用するには、次のように設定されていることを確認します。

                • Cisco UCS ドメイン が、オペレーティング システム イメージをホストする SAN ストレージ デバイスと通信できる。
                • オペレーティング システム イメージがあるデバイスのブート ターゲット LUN。

                SAN ブート ポリシーの作成


                ヒント


                ブート ポリシーのブート順序には、ローカル ディスクと SAN LUN の両方ではなく一方のみを含め、サーバが誤ったストレージ タイプからブートしないようにすることを推奨します。 ローカル ディスクと SAN LUN の両方がブート順序のストレージ タイプに設定されていて、オペレーティング システムまたは論理ボリューム マネージャ(LVM)の設定が誤っている場合、サーバが SAN LUN ではなくローカル ディスクからブートする場合があります。

                たとえば、Red Hat Linux がインストールされているサーバで、LVM がデフォルトの LVM 名で設定されていて、ブート順序に SAN LUN とローカル ディスクが設定されている場合、Linux は同じ名前の LV が 2 つあるという通知を生成し、SCSI ID の値が最も小さい LV(ローカル ディスクの可能性があります)からブートします。


                はじめる前に

                (注)  


                SAN LUN からサーバをブートするブート ポリシーを作成し、安定した SAN ブートを行う必要がある場合は、ブート ポリシーを含むサービス プロファイルに関連付けられたサーバからすべてのローカル ディスクを最初に削除することを推奨します。


                手順
                  ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                  ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                  ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                  ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                  ステップ 5   [ブートポリシー] タブをクリックします。
                  ステップ 6   [追加] をクリックします。
                  ステップ 7   [ブートポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                  名前 説明

                  [名前] フィールド

                  ポリシーの一意の名前。

                  [説明] フィールド

                  ポリシーの説明。

                  [順序を変更したときにリブートする] チェックボックス

                  このチェックボックスをオンにすると、ブート順序を変更したときに、このブート ポリシーを使用するすべてのサーバがリブートされます。

                  このチェックボックスがオンで、ブート順序の最後のデバイスが CD-ROM またはフロッピーの場合、そのデバイスを取り外すか装着してもブート順序には直接影響しないため、サーバはリブートされません。

                  [vNIC名またはvHBA名の適用] チェックボックス

                  このチェックボックスをオンにすると、[ブート順序] テーブルに含まれる vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC の 1 つまたは複数がサービス プロファイルのサーバ設定と一致する場合に、設定エラーが表示されます。

                  このチェックボックスがオフの場合、サービス プロファイルのサーバ設定の vNIC、vHBA、iSCSI vNIC のうち最適なブート オプションがポリシーによって使用されます。 ブート ポリシーによって指定されている vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC がサービス プロファイルのサーバ設定と一致しているかどうかはレポートされません。

                  ステップ 8   [ブートデバイスの追加] 領域で、[SANブートの追加] をオンにします。
                  ステップ 9   [プライマリvHBA] フィールドに、SAN ブートの場所として定義された最初のアドレスに使用する vHBA の名前を入力します。
                  ステップ 10   [セカンダリvHBA] フィールドに、SAN ブートの場所として定義された 2 番目のアドレスに使用する vHBA の名前を入力します。
                  ステップ 11   (任意)プライマリまたはセカンダリ vHBA のいずれかまたは両方が、ブート可能な SAN イメージをポイントしている場合は、対応する[SANブートターゲットの追加] チェックボックスをオンにして、次のフィールドに値を入力します。
                  名前 説明

                  [ブートターゲットLUN] フィールド

                  ブート イメージの場所に対応する LUN。

                  [ブートターゲットWWPN] フィールド

                  ブート イメージの場所に対応する WWPN。

                  ステップ 12   [送信] をクリックします。

                  LAN ブート

                  LAN の集中プロビジョニング サーバから 1 つまたは複数のサーバをブートするようにブート ポリシーを設定できます。 LAN(または PXE)ブートは、この LAN サーバからサーバにオペレーティング システムをインストールする目的で頻繁に使用されます。

                  LAN ブート ポリシーには、複数のタイプのブート デバイスを追加できます。 たとえば、ローカル ディスクまたは仮想メディア ブートをセカンダリ ブート デバイスとして追加できます。

                  LAN ブート ポリシーの作成

                  ブート ポリシーには、複数のタイプのブート デバイスを追加できます。 たとえば、ローカル ディスク ブートをセカンダリ ブート デバイスとして追加できます。

                  手順
                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                    ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                    ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                    ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                    ステップ 5   [ブートポリシー] タブをクリックします。
                    ステップ 6   [追加] をクリックします。
                    ステップ 7   [ブートポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                    名前 説明

                    [名前] フィールド

                    ポリシーの一意の名前。

                    [説明] フィールド

                    ポリシーの説明。

                    [順序を変更したときにリブートする] チェックボックス

                    このチェックボックスをオンにすると、ブート順序を変更したときに、このブート ポリシーを使用するすべてのサーバがリブートされます。

                    このチェックボックスがオンで、ブート順序の最後のデバイスが CD-ROM またはフロッピーの場合、そのデバイスを取り外すか装着してもブート順序には直接影響しないため、サーバはリブートされません。

                    [vNIC名またはvHBA名の適用] チェックボックス

                    このチェックボックスをオンにすると、[ブート順序] テーブルに含まれる vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC の 1 つまたは複数がサービス プロファイルのサーバ設定と一致する場合に、設定エラーが表示されます。

                    このチェックボックスがオフの場合、サービス プロファイルのサーバ設定の vNIC、vHBA、iSCSI vNIC のうち最適なブート オプションがポリシーによって使用されます。 ブート ポリシーによって指定されている vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC がサービス プロファイルのサーバ設定と一致しているかどうかはレポートされません。

                    ステップ 8   [ブートデバイスの追加] 領域で、[LANブートの追加] チェックボックスをオンにします。
                    ステップ 9   [プライマリvNIC] フィールドに、LAN ブートの場所として定義された最初のアドレスに使用する vNIC の名前を入力します。
                    ステップ 10   [セカンダリvNIC] フィールドに、LAN ブートの場所として定義された 2 番目のアドレスに使用する vNIC の名前を入力します。
                    ステップ 11   [送信] をクリックします。

                    ローカル ディスク ブート

                    サーバにローカル ドライブまたはブート可能な USB デバイスがある場合、ローカル ディスク ブート ポリシーによってそのデバイスからサーバをブートするように設定できます。


                    (注)  


                    Cisco UCS Manager では、ローカル ブート デバイスのタイプを区別しません。 オペレーティング システムが複数のローカル ドライブにインストールされている場合や内蔵 USB ドライブ(eUSB)にインストールされている場合、サーバがブート ドライブとしてどのデバイスを使用するのか指定できません。


                    ローカル ディスク ブート ポリシーの作成

                    ブート ポリシーには、複数のタイプのブート デバイスを追加できます。 たとえば、ローカル ディスク ブートをセカンダリ ブート デバイスとして追加できます。

                    手順
                      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                      ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                      ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                      ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                      ステップ 5   [ブートポリシー] タブをクリックします。
                      ステップ 6   [追加] をクリックします。
                      ステップ 7   [ブートポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                      名前 説明

                      [名前] フィールド

                      ポリシーの一意の名前。

                      [説明] フィールド

                      ポリシーの説明。

                      [順序を変更したときにリブートする] チェックボックス

                      このチェックボックスをオンにすると、ブート順序を変更したときに、このブート ポリシーを使用するすべてのサーバがリブートされます。

                      このチェックボックスがオンで、ブート順序の最後のデバイスが CD-ROM またはフロッピーの場合、そのデバイスを取り外すか装着してもブート順序には直接影響しないため、サーバはリブートされません。

                      [vNIC名またはvHBA名の適用] チェックボックス

                      このチェックボックスをオンにすると、[ブート順序] テーブルに含まれる vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC の 1 つまたは複数がサービス プロファイルのサーバ設定と一致する場合に、設定エラーが表示されます。

                      このチェックボックスがオフの場合、サービス プロファイルのサーバ設定の vNIC、vHBA、iSCSI vNIC のうち最適なブート オプションがポリシーによって使用されます。 ブート ポリシーによって指定されている vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC がサービス プロファイルのサーバ設定と一致しているかどうかはレポートされません。

                      ステップ 8   [ブートデバイスの追加] 領域で、[ローカルディスクの追加] チェックボックスをオンにします。
                      ステップ 9   [送信] をクリックします。

                      仮想メディア ブート

                      サーバからアクセス可能な仮想メディア デバイスから、1 つまたは複数のサーバをブートするようにブート ポリシーを設定できます。 仮想メディア デバイスは、物理 CD-ROM ディスク(読み取り専用)またはフロッピーディスク(読み書き)をサーバに挿入することを模倣します。 このタイプのサーバ ブートは、通常は手動でサーバにオペレーティング システムをインストールする目的で使用されます。

                      仮想メディア ブート ポリシーの作成

                      ブート ポリシーには、複数のタイプのブート デバイスを追加できます。 たとえば、ローカル ディスク ブートをセカンダリ ブート デバイスとして追加できます。

                      手順
                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                        ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                        ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                        ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                        ステップ 5   [ブートポリシー] タブをクリックします。
                        ステップ 6   [追加] をクリックします。
                        ステップ 7   [ブートポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                        名前 説明

                        [名前] フィールド

                        ポリシーの一意の名前。

                        [説明] フィールド

                        ポリシーの説明。

                        [順序を変更したときにリブートする] チェックボックス

                        このチェックボックスをオンにすると、ブート順序を変更したときに、このブート ポリシーを使用するすべてのサーバがリブートされます。

                        このチェックボックスがオンで、ブート順序の最後のデバイスが CD-ROM またはフロッピーの場合、そのデバイスを取り外すか装着してもブート順序には直接影響しないため、サーバはリブートされません。

                        [vNIC名またはvHBA名の適用] チェックボックス

                        このチェックボックスをオンにすると、[ブート順序] テーブルに含まれる vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC の 1 つまたは複数がサービス プロファイルのサーバ設定と一致する場合に、設定エラーが表示されます。

                        このチェックボックスがオフの場合、サービス プロファイルのサーバ設定の vNIC、vHBA、iSCSI vNIC のうち最適なブート オプションがポリシーによって使用されます。 ブート ポリシーによって指定されている vNIC、vHBA、または iSCSI vNIC がサービス プロファイルのサーバ設定と一致しているかどうかはレポートされません。

                        ステップ 8   [ブートデバイスの追加] 領域で、次のチェックボックスの一方または両方をオンにします。
                        • [CD ROMの追加]
                        • [フロッピーディスクの追加]
                        ステップ 9   [送信] をクリックします。

                        iSCSI ブート

                        iSCSI ブートによって、仮想インターフェイス カード(VIC アダプタ)があるサーバが、オペレーティング システムをネットワーク上のリモート iSCSI ターゲット マシンからブートできるようになります。 Cisco UCS Director は、次のストレージからの iSCSI ブートをサポートします。

                        • EMC VNX
                        • NetApp ONTAP
                        • NetApp Data Fabric Manager(DFM)
                        • NetApp C-Mode

                        Cisco UCS Director で iSCSI ブートを設定する場合は、最初に Cisco UCS の iSCSI ブートを設定し、次に Cisco UCS Director の iSCSI ブート ワークフローを設定する必要があります。

                        実装のガイドラインなど Cisco UCS 内の iSCSI ブートの詳細については、Cisco UCS Manager 設定ガイドを参照してください。

                        iSCSI ブートの前提条件

                        iSCSI ブートを設定する前に、次の前提条件を満たす必要があります。

                        • Cisco UCS ドメイン(すべてのファイアウォールを含む)が、Cisco UCS リリース 2.0(1m)以上であること。
                        • Cisco UCS サーバに、以下のサポート対象 VIC アダプタが搭載されていること。
                          • Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード
                          • Cisco UCS VIC-1240 仮想インターフェイス カード
                          • Cisco UCS VIC-1280 仮想インターフェイス カード
                        • ストレージ アレイに、iSCSI ブート用のライセンスがあること。
                        • アレイ側の LUN マスキングとネットワーク インターフェイスが、iSCSI トラフィックが使用する VLAN にアクセスできるように適切に設定されていること。
                        • ストレージ アレイに適切な集約とボリュームが作成されること。
                        • ファブリック インターコネクトからのアップリンク ポートが、iSCSI トラフィック VLAN にもアクセスできること。
                        • サーバ オペレーティング システム(OS)に、iSCSI Boot Firmware Table(iBFT)と互換性があること。

                        iSCSI ブートの設定


                        (注)  


                        ここでは、iSCSI ブートの設定に必要な手順の概要を示します。 次のすべてのステップを完了する必要があります。


                        手順
                           コマンドまたはアクション目的
                          ステップ 1 iSCSI トラフィックを伝送するのに必要な VLAN を作成します。 

                          VLAN の作成を参照してください。

                           
                          ステップ 2対象の組織内のサーバに対する 1 つまたは複数の MAC プールを作成します。 

                          MAC プールの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 3対象の組織内に、1 つまたは複数の vNIC テンプレートを作成します。 

                          vNIC テンプレートの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 4ファブリック A およびファブリック B に対する vNIC を作成します。 

                          vNIC の作成を参照してください。

                           
                          ステップ 5それらの vNIC を含むネットワーク ポリシーを作成します。 

                          ネットワーク ポリシーの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 6ストレージ ポリシーを作成します。 

                          ストレージ ポリシーの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 7適切な組織内に、1 つまたは複数の IQN プールを作成します。 

                          IQN プールの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 8iSCSI IP プールに対する 1 つまたは複数の IP アドレス ブロックを作成します。 

                          iSCSI IP プールへのアドレスのブロックの追加を参照してください。

                           
                          ステップ 9イニシエータとターゲットの iSCSI 認証プロファイルを作成します。 

                          iSCSI 認証プロファイルの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 101 つまたは複数の iSCSI アダプタ ポリシーを作成します。 

                          iSCSI アダプタ ポリシーの作成を参照してください。

                           
                          ステップ 11iSCSI ブート ワークフローを作成して、そのワークフローに必要なタスクを追加します。 

                          次に、NetApp ONTAP ストレージに iSCSI ブート ワークフローを作成するワークフローの例を示します。

                          1. 例:iSCSI ブート ワークフローの作成
                          2. タスクの追加:サービス プロファイルの作成
                          3. タスクの追加:サービス プロファイルへの vNIC の追加
                          4. タスクの追加:サービス プロファイルへの iSCSI vNIC の追加
                          5. タスクの追加:サービス プロファイルの iSCSI ブート ポリシーの作成
                          6. タスクの追加:サービスプロファイルの関連付け
                          7. タスクの追加:フレキシブル ボリュームの作成
                          8. タスクの追加:LUN の作成
                          9. タスクの追加:イニシエータ グループの作成
                          10. タスクの追加:イニシエータ グループへのイニシエータの追加
                          11. タスクの追加:イニシエータ グループへの LUN のマッピング
                          12. タスクの追加:PXE ブートの設定
                          13. タスクの追加:UCS サーバの電源オン
                          14. タスクの追加:PXE ブートのモニタ
                          15. タスクの追加:UCS サーバの電源オフ
                          16. タスクの追加:iSCSI からブートするためのサービス プロファイルのブート ポリシーの変更
                          17. 2 つ目の UCS サーバの電源オンのタスクを追加します。
                           

                          IQN プールの作成

                          IQN プールは iSCSI Qualified Name(IQN)の集合で、Cisco UCS ドメインの iSCSI vNIC によってイニシエータ識別子として使用されます。 IQN プールのメンバの形式はプレフィクス:サフィックス:番号で、プレフィクス、サフィックス、および番号のブロック(範囲)を指定できます。 IQN プールには複数の IQN ブロックを含めることができますが、番号の範囲やサフィックスがそれぞれ異なっても、プレフィクスは共通にします。


                          (注)  


                          ほとんどの場合、最大 IQN サイズ(プレフィクス + サフィックス + 追加文字)は 223 文字です。 Cisco UCS NIC M51KR-B アダプタを使用する場合、IQN サイズを 128 文字に制限する必要があります。


                          手順
                            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                            ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                            ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                            ステップ 4   プールを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                            ステップ 5   [IQNプール] タブをクリックします。
                            ステップ 6   [追加] をクリックします。
                            ステップ 7   [Create IQN Pool] ウィザードの [名前と説明の定義] 画面で、次のフィールドに値を入力します。
                            名前 説明

                            [名前] フィールド

                            iSCSI Qualified Name(IQN)プールの一意の名前。

                            [説明] フィールド

                            プールのユーザ定義による説明。

                            [プレフィクス] フィールド

                            このプールに対して作成されたすべての IQN ブロックのプレフィクス。

                            ステップ 8   [Create IQN Pool] ウィザードの [IQNブロックの追加] 画面で、次の手順を実行します。
                            1. [追加] をクリックします。
                            2. [IQNプールブロックへのエントリの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                              名前 説明

                              [サフィックス] フィールド

                              IQN のこのブロックのサフィックス。

                              [送信元] フィールド

                              ブロックの最初のサフィックス番号。

                              [サイズ] フィールド

                              ブロック内のサフィックスの数。

                            3. [送信] をクリックします。

                            必要な IQN プール ブロックをすべて追加するまで、この手順を繰り返します。

                            ステップ 9   [送信] をクリックします。

                            iSCSI IP プールへのアドレスのブロックの追加

                            iSCSI IP プールは、iSCSI ブートのために予約された IP アドレスのグループです。 この IP プールには、サーバまたはサービス プロファイルのスタティック IP アドレスとして割り当てられている IP アドレスが含まれていないことが必要です。

                            手順
                              ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                              ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                              ステップ 3   右ペインで、[iSCSI IPプール] タブをクリックします。
                              ステップ 4   [追加] をクリックします。
                              ステップ 5   [IPアドレスのブロックの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                              名前 説明

                              [送信元] フィールド

                              ブロック内の最初の IP アドレス。

                              [サイズ] フィールド

                              プール内の IP アドレスの数。

                              [サブネットマスク] フィールド

                              ブロック内の IP アドレスに関連付けられたサブネット マスク。

                              [デフォルトゲートウェイ] フィールド

                              ブロック内の IP アドレスに関連付けられたデフォルト ゲートウェイ。

                              [プライマリDNS] フィールド

                              この IP アドレスのブロックがアクセスするプライマリ DNS サーバ。

                              [セカンダリDNS] フィールド

                              この IP アドレスのブロックがアクセスするセカンダリ DNS サーバ。

                              ステップ 6   [送信] をクリックします。

                              iSCSI 認証プロファイルの作成

                              手順
                                ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                                ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                                ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                                ステップ 5   [iSCSI認証プロファイル] タブをクリックします。
                                ステップ 6   [追加] をクリックします。
                                ステップ 7   [iSCSI認証プロファイル] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                名前 説明

                                [名前] フィールド

                                iSCSI 認証プロファイルの一意の名前。

                                [ユーザID] フィールド

                                このプロファイルに関連付けられたユーザ ID。

                                [パスワード] フィールド

                                このプロファイルに関連付けられているパスワード。

                                [パスワードの確認] フィールド

                                確認のためのパスワードの再入力。

                                ステップ 8   [送信] をクリックします。

                                iSCSI アダプタ ポリシーの作成

                                手順
                                  ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                                  ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                  ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                                  ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                                  ステップ 5   [iSCSIアダプタポリシー] タブをクリックします。
                                  ステップ 6   [追加] をクリックします。
                                  ステップ 7   [iSCSIアダプタポリシー] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                  名前 説明

                                  [名前] フィールド

                                  ポリシーの一意の名前。

                                  [接続タイムアウト] フィールド

                                  最初のログインが失敗して iSCSI アダプタが使用不可能であると Cisco UCS が想定するまで待機する秒数。

                                  0 ~ 255 の整数を入力します。 このフィールドに 0 を入力すると、Cisco UCS はアダプタのファームウェアに設定されている値(デフォルト:15 秒)を使用します。

                                  [LUN再試行回数値] フィールド

                                  iSCSI LUN の検出で障害が発生したときの接続の再試行回数。

                                  0 ~ 60 の整数を入力します。 このフィールドに 0 を入力すると、Cisco UCS はアダプタのファームウェアに設定されている値(デフォルト:15 秒)を使用します。

                                  [DHCPタイムアウト] フィールド

                                  DHCP サーバが使用不可能であるとイニシエータが想定するまで待機する秒数。

                                  60 ~ 300 の整数を入力します(デフォルト:60 秒)。

                                  [TCPタイムスタンプの有効化] チェックボックス

                                  TCP タイムスタンプを使用する場合にオンにします。 この設定によって、転送されるパケットが送信されたときにタイムスタンプが与えられるため、そのパケットのラウンドトリップ時間が必要に応じて計算できるようになります。

                                  (注)     

                                  このオプションは、Cisco UCS NIC M51KR-B アダプタを搭載したサーバだけに適用されます。

                                  [HBAモード] チェックボックス

                                  HBA モード(TCP オフロード)を有効にするときにオンにします。

                                  (注)     

                                  このオプションは、Cisco UCS NIC M51KR-B アダプタを搭載し、Windows オペレーティング システムを実行しているサーバだけで有効にできます。

                                  [ターゲットへのブート] チェックボックス

                                  iSCSI ターゲットからブートするときにオンにします。

                                  (注)     

                                  このオプションは、Cisco UCS NIC M51KR-B アダプタを搭載したサーバだけに適用されます。 サーバにオペレーティング システムをインストールするまで、このオプションを無効にしてください。

                                  ステップ 8   [送信] をクリックします。

                                  例:iSCSI ブート ワークフローの作成

                                  この例では、NetApp ONTAP の iSCSI ブート ワークフローを作成する方法を示します。 Cisco UCS コンポーネントを設定する手順は、すべてのタイプのストレージで共通です。

                                  手順
                                    ステップ 1   メニュー バーの [ポリシー] > [オーケストレーション] を選択します。
                                    ステップ 2   [ワークフロー] タブをクリックします。
                                    ステップ 3   [ワークフローの追加] をクリックします。
                                    ステップ 4   [ワークフローの追加] ウィザードの [ワークフローの詳細の追加] 画面で、次のフィールドに値を入力して [次へ] をクリックします。
                                    名前 説明

                                    [名前] フィールド

                                    ワークフローの一意の名前。 ワークフローの目的を示す名前にすることを推奨します。

                                    [説明] フィールド

                                    ワークフローの説明。

                                    [ワークフローコンテキスト] ドロップダウン リスト

                                    ワークフローが使用されるコンテキストを選択します。 次のいずれかになります。

                                    • [任意の]:任意のコンテキストで使用できます。
                                    • [選択済みのVM]:VM が選択されているときだけ、このワークフローを実行できます。

                                    [複合タスクとして保存] チェックボックス

                                    オンにすると、ワークフローが複合タスクとして定義されます。

                                    [新しいフォルダに配置] チェックボックス

                                    ワークフローを保存するフォルダ。 このチェックボックスをオンにした場合は、[フォルダ名] フィールドにフォルダ名を入力します。

                                    [フォルダの選択] ドロップダウン リスト

                                    ワークフローを保存するフォルダを選択します。 このドロップダウン リストは、[新しいフォルダに配置] チェックボックスをオンにしなかった場合のみ表示されます。

                                    ステップ 5   [ワークフローの追加] ウィザードの [ユーザ入力の追加] 画面で、次の手順を実行します。
                                    1. [追加] をクリックします。
                                    2. [ユーザ入力の追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力して [送信] をクリックします。

                                      ユーザの入力を必要とするワークフローを設定する場合、そのワークフローの実行時に特定の値の入力を求めるように、ワークフロー タスクを設定できます。

                                      名前 説明

                                      [入力ラベル] フィールド

                                      入力に割り当てられたラベル。

                                      [入力の説明] フィールド

                                      入力の説明。

                                      [入力タイプ] フィールド

                                      入力カテゴリのタイプ。

                                      [管理者の入力値] フィールド

                                      入力タイプに基づいた管理者からの入力。 ワークフローを実行するエンド ユーザが入力する必要はありません。 また、エンド ユーザが特定のタイプの入力をできないように設定することもできます。

                                      [管理入力リスト] フィールド

                                      現在の管理者の入力のリスト。 入力の順序は変更可能です。

                                      [管理入力フィルタ] フィールド

                                      静的または動的なフィルタに基づいてカスタム入力を定義するために使用される、管理者の入力のフィルタ値。 集約、ボリューム、POD などにフィルタを適用できます。

                                    さらにユーザ入力を追加する場合は、この手順を繰り返します。

                                    ステップ 6   [送信] をクリックします。

                                    新しいフォルダにワークフローを作成した場合は、[更新] をクリックすると、フォルダ リストにそのフォルダが表示されます。


                                    次の作業

                                    空のワークフローにタスクを追加します。

                                    タスクの追加:サービス プロファイルの作成

                                    この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                    手順
                                      ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                      ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                      ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                      ステップ 4   [UCSサービス プロファイルの作成] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                      ステップ 5   [タスクの追加(UCSサービス プロファイルの作成)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                      1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                      2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                        • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                        • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                        • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                      3. タスクの詳細を確認します。
                                      4. [次へ] をクリックします。
                                      ステップ 6   [タスクの追加(UCSサービス プロファイルの作成)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                      1. ワークフローの実行時にサービス プロファイルの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェック ボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                        (注)     

                                        ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                        • [サービスプロファイル名]
                                        • [説明]
                                        • [組織]
                                        • [ストレージポリシー]
                                        • [ネットワークポリシー]
                                        • [PXEブートポリシー]
                                        • [サーバブートポリシー]
                                        • [IPアドレス]
                                        • [サブネットマスク]
                                        • [デフォルトゲートウェイ]
                                        • [サーバの電源状態]
                                      2. [次へ] をクリックします。
                                      ステップ 7   [タスクの追加(UCSサービス プロファイルの作成)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                      1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                        • [サービスプロファイル名]:必須。 サービス プロファイルの一意の名前を入力します。
                                        • [説明]:オプション。 サービス プロファイルの説明を入力します。
                                        • [組織]:必須。 どの組織内でワークフローを実行してサービス プロファイルを作成するか選択します。 このオプションによって、ワークフローの Cisco UCS Manager アカウントも選択されます。
                                        • [UUIDの割り当て]:必須。 このポリシーを含めてサーバの UUID を指定します。
                                        • [ストレージポリシー]:必須。 iSCSI ブートのために作成したストレージ ポリシーを指定します。
                                        • [ネットワークポリシー]:必須。 ネットワーク ポリシーを指定します。
                                        • [配置ポリシー]:オプション。 サーバに対する vNIC、vHBA、および vCON の配置を指定する場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [PXEブートポリシー]:オプション。 サーバが PXE ブートを実行するように設定する場合に、このポリシーを含めます。このポリシーのセカンダリ ブートは、ローカル ディスクからのブート、または SAN ブートになります。 このポリシーを含めないと、サーバはサーバ ブート ポリシーを使用してブート順序を判断します。
                                        • [サーバブートポリシー]:必須。 サーバのブート順序を判断するために、このポリシーを含めます。
                                        • [BIOSポリシー]:オプション。 サーバの BIOS のデフォルトの設定を変更する場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [IPMIアクセスプロファイル]:オプション。 IPMI 経由でサーバにアクセスできるようにする場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [SOL設定プロファイル]:オプション。 Serial over LAN 経由でサーバにアクセスできるようにする場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [しきい値ポリシー]:オプション。 このポリシーを含めてサーバのしきい値を指定します。
                                        • [スクラビングポリシー]:オプション。 検出および関連付け解除でサーバのローカル データおよび BIOS 設定がどのように処理されるかを指定する場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [ホストファームウェアポリシー]:オプション。 ホスト ファームウェア パッケージを使用してサーバ ファームウェアをアップグレードする場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [メンテナンスポリシー]:オプション。 このサービス プロファイルに対してサーバの再起動を必要とするような変更があった時の動作を指定する場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [電源制御ポリシー]:オプション。 サービス プロファイルがブレード サーバに関連付けられて、そのサーバに対する最初の電力制御を指定する場合に、このポリシーを含めます。
                                        • [サーバの電源状態]:必須。 このサービス プロファイルと関連付けられたときにサーバに適用される電源状態を設定します。
                                      2. [送信] をクリックします。

                                      タスクの追加:サービス プロファイルへの vNIC の追加

                                      この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                      このタスクでは、サービス プロファイルに、iSCSI vNIC のオーバーレイ vNIC になる第 3 の vNIC を追加します。

                                      手順
                                        ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                        ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                        ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                        ステップ 4   [サービス プロファイルへの vNIC の追加] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                        ステップ 5   [タスクの追加(サービスプロファイルへのvNICの追加)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                        1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                        2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                          • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                          • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                          • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                        3. タスクの詳細を確認します。
                                        4. [次へ] をクリックします。
                                        ステップ 6   [タスクの追加(サービスプロファイルへのvNICの追加)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                        1. ワークフローの実行時に vNIC の設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェック ボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                          (注)     

                                          ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                          • [サービスプロファイル]:vNIC を追加する既存のサービス プロファイルを選択します。
                                          • [vNIC名]:既存の vNIC をサービス プロファイルに追加します。
                                        2. [次へ] をクリックします。
                                        ステップ 7   [タスクの追加(サービスプロファイルへのvNICの追加)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                        1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。

                                          新しい vNIC を作成してサービス プロファイルに追加する場合に、このオプションを使用します。

                                          • [サービスプロファイル名]:必須。 iSCSI ブート用に設定された既存のサービス プロファイルを選択します。
                                          • [vNIC名]:必須。
                                          • [MACプール]:必須。
                                          • [ファブリックID]:必須。
                                          • [フェールオーバーの有効化]:必須。 このチェックボックスをオンにします。
                                          • [VLANs]:必須。 iSCSI トラフィックを伝送するために作成した VLAN を選択します。
                                          • [ネイティブVLANとして設定]:オプション。
                                          • [MTU]:必須。 1500 ~ 9000 の値を入力します。
                                          • [ピングループ]:オプション。
                                          • [アダプタポリシー]:オプション。
                                          • [QoSポリシー]:オプション。
                                          • [ネットワーク制御ポリシー]:オプション。
                                          • [統計しきい値ポリシー]:オプション。
                                        2. [送信] をクリックします。

                                        タスクの追加:サービス プロファイルへの iSCSI vNIC の追加

                                        この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                        手順
                                          ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                          ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                          ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                          ステップ 4   [サービス プロファイルへのiSCSI vNICの追加] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                          ステップ 5   [タスクの追加(サービス プロファイルにiSCSI vNICを追加)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                          1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                          2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                            • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                            • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                            • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                          3. タスクの詳細を確認します。
                                          4. [次へ] をクリックします。
                                          ステップ 6   [タスクの追加(サービス プロファイルにiSCSI vNICを追加)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                          1. ワークフローの実行時に vNIC の設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェック ボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                            (注)     

                                            ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                            • [サービスプロファイル]:vNIC を追加するサービス プロファイルの入力を要求します。
                                            • [iSCI vNIC名]:既存の iSCSI vNIC をサービス プロファイルに追加します。
                                            • [オーバーレイvNIC名]:既存のオーバーレイ vNIC を使用します。
                                            • [VLANs]:既存の VLANs を使用します。
                                          2. [次へ] をクリックします。
                                          ステップ 7   [タスクの追加(サービスプロファイルへのvNICの追加)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                          1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                            • [サービスプロファイル名]:必須。 iSCSI ブート用に設定された既存のサービス プロファイルを選択します。
                                            • [iSCI vNIC名]:必須。
                                            • [オーバーレイvNIC]:必須。 サービス プロファイルに追加した第 3 の vNIC を選択します。
                                            • [iSCSIアダプタポリシー]:オプション。
                                            • [MACプール]:MAC プールを選択しないでください。
                                            • [VLANs]:必須。 iSCSI トラフィックを伝送するために作成した VLAN を選択します。
                                          2. [送信] をクリックします。

                                          タスクの追加:サービス プロファイルの iSCSI ブート ポリシーの作成

                                          この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                          手順
                                            ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                            ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                            ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                            ステップ 4   [サービス プロファイルの iSCSI ブート ポリシーの作成] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                            ステップ 5   [タスクの追加(サービス プロファイルの iSCSI ブート ポリシーの作成)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                            1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                            2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                              • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                              • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                              • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                            3. タスクの詳細を確認します。
                                            4. [次へ] をクリックします。
                                            ステップ 6   [タスクの追加(サービス プロファイルの iSCSI ブート ポリシーの作成)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                            1. ワークフローの実行時にポリシーの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                              (注)     

                                              ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                              • [サービスプロファイル]:既存のサービス プロファイルを使用して、iSCSI ブート ポリシーを作成します。
                                              • [プライマリvNIC]:LAN ブートのプライマリ vNIC として既存の vNIC を追加します。
                                              • [セカンダリvNIC]:LAN ブートのセカンダリ vNIC として既存の vNIC を追加します。
                                              • [プライマリiSCSI vNIC]:プライマリ iSCSI vNIC として既存の iSCSI vNIC を追加します。
                                              • [ファイラの選択]:LUN が作成された既存のファイラまたは vFiler を選択できるようにします。
                                              • [iSCSIターゲット名]:ファイラのターゲット ノード名を指定できるようにします。
                                              • [IPv4アドレス]:ファイラで iSCSI 対応の VLAN IP アドレスを指定できるようにします。
                                            2. [次へ] をクリックします。
                                            ステップ 7   [タスクの追加(サービス プロファイルの iSCSI ブート ポリシーの作成)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                            1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                              名前 説明

                                              [サービスプロファイル] ボタン

                                              iSCSI ブート用に設定された既存のサービス プロファイルを選択します。

                                              [LANブートの追加] チェックボックス

                                              ポリシーに LAN ブートを追加するには、このチェックボックスをオンにします。

                                              [プライマリvNIC] フィールド

                                              LAN ブートに使用するプライマリ vNIC。

                                              このフィールドは、[LANブートの追加] チェックボックスをオンにしたときにだけ表示されます。

                                              [セカンダリvNIC] フィールド

                                              LAN ブートに使用するセカンダリ vNIC。

                                              このフィールドは、[LANブートの追加] チェックボックスをオンにしたときにだけ表示されます。

                                              [ブートパラメータの設定] チェックボックス

                                              iSCSI ブート パラメータを設定するには、このチェックボックスをオンにします。

                                              次のフィールドは、このチェックボックスをオンにしたときだけに表示されます。

                                              [iSCSIブートパラメータの設定] 領域

                                              [認証プロファイル] ボタン

                                              iSCSI 認証プロファイルを選択します。

                                              [イニシエータ名の割り当て] ボタン

                                              iSCSI vNIC に割り当てるイニシエータが属する IQN プールを選択します。

                                              [イニシエータIPアドレスポリシー] ドロップダウン リスト

                                              iSCSI vNIC への IP アドレスの割り当て方法を選択します。 デフォルトでは、IP アドレスは iSCSI IP プールから割り当てられます。

                                              [iSCSI スタティックターゲットの作成] 領域

                                              [ファイラの選択] ボタン

                                              NetApp ファイラや vFiler などのファイラ(そこでターゲットに関連付けられた LUN が作成される)を選択します。

                                              [iSCSIターゲット名] ドロップダウン リスト

                                              ファイラのターゲット ノードを選択します。

                                              [ポート] フィールド

                                              ストレージ アレイへの接続用ポート ID。

                                              [認証プロファイル] ボタン

                                              関連付けられた iSCSI 認証プロファイルを選択します。

                                              [IPv4アドレス] ドロップダウン リスト

                                              ファイラ上で iSCSI 対応の VLAN IP アドレスを選択します。

                                              [LUN ID] フィールド

                                              iSCSI ターゲットの LUN 識別子。

                                            2. [送信] をクリックします。

                                            タスクの追加:サービスプロファイルの関連付け

                                            この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                            手順
                                              ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                              ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                              ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                              ステップ 4   [UCSサービスプロファイルの関連付け] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                              ステップ 5   [タスクの追加(UCSサービスプロファイルの関連付け)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                              1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                              2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                              3. タスクの詳細を確認します。
                                              4. [次へ] をクリックします。
                                              ステップ 6   [タスクの追加(UCSサービスプロファイルの関連付け)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                              1. ワークフローの実行時に設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                (注)     

                                                ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                • [サービスプロファイル]:サーバと関連付けるサービス プロファイルを選択します。
                                                • [サーバ]:サービス プロファイルを関連付けるサーバを選択します。
                                                • [サーバプール]:サービス プロファイルを関連付けるサーバのタイプが含まれているサーバ プールを選択します。
                                              2. [次へ] をクリックします。
                                              ステップ 7   [タスクの追加(UCSサービスプロファイルの関連付け)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                              1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                • [サービスプロファイル]:必須。 iSCSI ブート用に設定された既存のサービス プロファイルを選択します。
                                                • [サーバの選択範囲]:必須。 サーバの選択方法を選択します。
                                                • [サーバ][サーバを含む] の範囲を選択した場合には必須です。 サービス プロファイルを関連付けるサーバを選択します。
                                                • [サーバプール][サーバプールを含む] の範囲を選択した場合には必須です。 サービス プロファイルを関連付けるサーバのタイプが含まれているサーバ プールを選択します。
                                              2. [送信] をクリックします。

                                              タスクの追加:フレキシブル ボリュームの作成

                                              この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。


                                              (注)  


                                              ESXi をインストールするためには、少なくとも 12 GB のボリュームを作成することを推奨します。


                                              手順
                                                ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[物理ストレージタスク] > [NetAppタスク] > [NetApp ONTAPタスク] を展開します。
                                                ステップ 4   [フレキシブルボリュームの作成] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                ステップ 5   [タスクの追加(フレキシブルボリュームの作成)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                  • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                  • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                  • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                3. タスクの詳細を確認します。
                                                4. [次へ] をクリックします。
                                                ステップ 6   [タスクの追加(フレキシブルボリュームの作成)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                1. ワークフローの実行時にボリュームの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                  (注)     

                                                  ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                  • [集約名]:ボリュームの作成場所になる集約を選択します。
                                                  • [ボリューム名]:ボリュームに名前を割り当てます。
                                                  • [ボリュームサイズ]:ボリュームのサイズを整数で指定します。
                                                  • [ボリュームサイズの単位]:サイズの単位を指定します(MB、GB、TB、など)。
                                                  • [容量保証]:容量保証のタイプを指定します。
                                                  • [スナップショットのサイズ]:ボリューム スナップショットの割合を指定します。
                                                2. [次へ] をクリックします。
                                                ステップ 7   [タスクの追加(フレキシブルボリュームの作成] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                  • [集約名]:ボリュームの作成場所になる集約を選択します。
                                                  • [ボリューム名]:ボリュームの一意の名前を入力します。
                                                  • [ボリュームサイズ]:ボリュームのサイズを整数で入力します。
                                                  • [ボリュームサイズの単位]:サイズの単位を選択します。
                                                  • [容量保証]:容量保証のタイプを選択します。
                                                  • [スナップショットのサイズ]:ボリューム スナップショットの割合を入力します。
                                                  • [セキュリティスタイルNTFS]:このチェックボックスをオンにしないでください。
                                                  • [NFSエクスポート]:このチェックボックスをオンにしないでください。
                                                2. [送信] をクリックします。

                                                タスクの追加:LUN の作成

                                                この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。


                                                (注)  


                                                ESXi をインストールするためには、少なくとも 10 GB の LUN を作成することを推奨します。


                                                手順
                                                  ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                  ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                  ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[物理ストレージタスク] > [NetAppタスク] > [NetApp ONTAPタスク] を展開します。
                                                  ステップ 4   [LUNの作成] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                  ステップ 5   [タスクの追加(LUNの作成)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                  1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                  2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                    • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                    • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                    • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                  3. タスクの詳細を確認します。
                                                  4. [次へ] をクリックします。
                                                  ステップ 6   [タスクの追加(LUNの作成)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                  1. ワークフローの実行時にボリュームの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                    (注)     

                                                    ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                    • [ボリューム名]:LUN の作成場所になるボリュームを指定します。
                                                    • [LUN名]:作成する LUN の名前を指定します。
                                                    • [OSタイプ]:LUN の OS タイプを指定します。
                                                    • [LUNサイズ]:LUN のサイズを整数で指定します。
                                                    • [LUNサイズ単位]:サイズの単位を指定します(MB、GB、TB、など)。
                                                  2. [次へ] をクリックします。
                                                  ステップ 7   [タスクの追加(LUNの作成)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                  1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                    • [ボリューム名]:LUN の作成場所になるボリュームを選択します。
                                                    • [LUN名]:作成する LUN の名前を入力します。
                                                    • [OSタイプ]:LUN の OS タイプを選択します。
                                                    • [LUNサイズ]:LUN のサイズを整数で入力します。
                                                    • [LUNサイズ単位]:サイズの単位を選択します(MB、GB、TB、など)。
                                                    • [予約済み容量]:LUN のために容量を予約する場合は、このチェックボックスをオンにします。
                                                  2. [送信] をクリックします。

                                                  タスクの追加:イニシエータ グループの作成

                                                  この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                  手順
                                                    ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                    ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                    ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[物理ストレージタスク] > [NetAppタスク] > [NetApp ONTAPタスク] を展開します。
                                                    ステップ 4   [イニシエータグループの作成] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                    ステップ 5   [タスクの追加(イニシエータグループの作成)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                    1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                    2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                      • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                      • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                      • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                    3. タスクの詳細を確認します。
                                                    4. [次へ] をクリックします。
                                                    ステップ 6   [タスクの追加(イニシエータグループの作成)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                    1. ワークフローの実行時にボリュームの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                      (注)     

                                                      ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                      • [ファイラID名]:イニシエータ グループの作成場所になるファイラを指定します。
                                                      • [イニシエータグループ名]:作成するイニシエータ グループの名前を指定します。
                                                      • [グループタイプ]:イニシエータ グループのタイプとして [iSCSI] を指定します。
                                                      • [OSタイプ]:グループ内のイニシエータの OS タイプを指定します。
                                                      • [ポートセット]:ポート セットを指定します。
                                                    2. [次へ] をクリックします。
                                                    ステップ 7   [タスクの追加(イニシエータグループの作成)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                    1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                      • [ファイラID名]:イニシエータ グループの作成場所になるファイラを選択します。
                                                      • [イニシエータグループ名]:作成するイニシエータ グループの名前を入力します。
                                                      • [グループタイプ]:イニシエータ グループのタイプとして [iSCSI] を選択します。
                                                      • [OSタイプ]:グループ内のイニシエータの OS タイプを選択します。
                                                      • [ポートセット]:ポート セットを入力します。
                                                    2. [送信] をクリックします。

                                                    タスクの追加:イニシエータ グループへのイニシエータの追加

                                                    この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                    手順
                                                      ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                      ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                      ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[物理ストレージタスク] > [NetAppタスク] > [NetApp ONTAPタスク] を展開します。
                                                      ステップ 4   [イニシエータ グループへのイニシエータの追加] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                      ステップ 5   [タスクの追加(イニシエータ グループへのイニシエータの追加)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                      1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                      2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                        • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                        • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                        • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                      3. タスクの詳細を確認します。
                                                      4. [次へ] をクリックします。
                                                      ステップ 6   [タスクの追加(イニシエータ グループへのイニシエータの追加)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                      1. ワークフローの実行時にボリュームの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                        (注)     

                                                        ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                        • [イニシエータグループ名]:イニシエータを追加するイニシエータ グループの名前を指定します。
                                                        • [イニシエータ名]:グループに追加するイニシエータの名前を指定します。
                                                      2. [次へ] をクリックします。
                                                      ステップ 7   [タスクの追加(イニシエータ グループへのイニシエータの追加)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                      1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                        • [イニシエータグループ名]:イニシエータを追加するイニシエータ グループを選択します。
                                                        • [イニシエータ名]:グループに追加するイニシエータの名前を入力します。 複数のイニシエータを追加する場合は、それぞれの名前をカンマで区切ります。
                                                        • [強制]:強制的にイニシエータをグループに追加する場合は、このチェックボックスをオンにします。
                                                      2. [送信] をクリックします。

                                                      タスクの追加:イニシエータ グループへの LUN のマッピング

                                                      この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                      手順
                                                        ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                        ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                        ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[物理ストレージタスク] > [NetAppタスク] > [NetApp ONTAPタスク] を展開します。
                                                        ステップ 4   [イニシエータグループの作成] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                        ステップ 5   [タスクの追加(イニシエータ グループへのLUNのマッピング)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                        1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                        2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                          • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                          • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                          • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                        3. タスクの詳細を確認します。
                                                        4. [次へ] をクリックします。
                                                        ステップ 6   [タスクの追加(イニシエータ グループへのLUNのマッピング)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                        1. ワークフローの実行時にボリュームの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                          (注)     

                                                          ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                          • [ファイラID名]:イニシエータ グループのファイラを指定します。
                                                          • [イニシエータグループ名]:マッピングするイニシエータ グループを指定します。
                                                          • [LUN ID]:イニシエータ グループにマッピングする LUN を指定します。
                                                          • [LUNパス]:LUN へのファイル パスを指定します。
                                                        2. [次へ] をクリックします。
                                                        ステップ 7   [タスクの追加(イニシエータ グループへのLUNのマッピング)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                        1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                          • [ファイラID名]:イニシエータ グループのファイラを選択します。
                                                          • [イニシエータグループ名]:マッピングするイニシエータ グループを選択します。
                                                          • [LUN ID]:ワークフロー内でこれ以前に作成した LUN を指定するには、このチェックボックスをオンにします。
                                                          • [LUNパス]:LUN へのファイル パスを選択します。
                                                        2. [送信] をクリックします。

                                                        タスクの追加:PXE ブートの設定

                                                        この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                        手順
                                                          ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                          ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                          ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[ネットワークサービスタスク] を展開します。
                                                          ステップ 4   [PXE ブートの設定] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                          ステップ 5   [タスクの追加(PXEブートの設定)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                          1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                          2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                            • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                            • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                            • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                          3. タスクの詳細を確認します。
                                                          4. [次へ] をクリックします。
                                                          ステップ 6   [タスクの追加(PXEブートの設定)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                          1. ワークフローの実行時にボリュームの設定の属性を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、次のチェックボックスの 1 つまたは複数をオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                            (注)     

                                                            ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                            • [サーバMACアドレス]:PXE ブートを設定するサーバの MAC アドレスを指定します。 複数のサーバを設定する場合は、各エントリをカンマで区切ります。
                                                            • [サーバのIPアドレス]:サーバの IP アドレスを指定します。 複数のサーバを設定する場合は、最初と最後の IP アドレスの間にハイフン(-)を指定するか、各エントリをカンマで区切ります。
                                                            • [サーバのネットマスク]:PXE ブートに使用するネット マスクを指定します。
                                                            • [サーバのホスト名]:サーバのホスト名を指定します。
                                                            • [サーバのゲートウェイ]:PXE ブートに使用するゲートウェイを指定します。
                                                            • [ルートパスワード]:サーバのルート パスワードを指定します。
                                                            • [タイムゾーン]:サーバのタイムゾーンを指定します。
                                                          2. [次へ] をクリックします。
                                                          ステップ 7   [タスクの追加(PXEブートの設定)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                          1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                            • [OSタイプ]:サーバの OS を選択します。
                                                            • [サーバMACアドレス]:PXE ブートを設定するサーバの MAC アドレスを入力します。 複数のサーバを設定する場合は、各エントリをカンマで区切ります。
                                                            • [サーバのIPアドレス]:サーバの IP アドレスを入力します。 複数のサーバを設定する場合は、最初と最後の IP アドレスの間にハイフン(-)を指定するか、各エントリをカンマで区切ります。
                                                            • [サーバのネットマスク]:PXE ブートに使用するネット マスクを入力します。
                                                            • [サーバのホスト名]:サーバのホスト名を入力します。
                                                            • [サーバのゲートウェイ]:PXE ブートに使用するゲートウェイを入力します。
                                                            • [サーバ名サーバ]:PXE ブートに使用するネーム サーバを入力します。
                                                            • [管理VLAN]:PXE ブートに使用する VLAN を入力します。
                                                            • [ルートパスワード]:サーバのルート パスワードを入力します。
                                                            • [タイムゾーン]:サーバのタイムゾーンを選択します。
                                                          2. [送信] をクリックします。

                                                          タスクの追加:UCS サーバの電源オン

                                                          この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                          手順
                                                            ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                            ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                            ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                                            ステップ 4   [UCSサーバの電源をオンにする] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                            ステップ 5   [タスクの追加(UCS サーバの電源オン)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                            1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                            2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                              • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                              • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                              • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                            3. タスクの詳細を確認します。
                                                            4. [次へ] をクリックします。
                                                            ステップ 6   [タスクの追加(UCS サーバの電源オン)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                            1. ワークフローの実行時に電源をオンにするサーバを指定するためのプロンプトを表示させる場合は、[サーバ] チェックボックスをオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                            2. [次へ] をクリックします。
                                                            ステップ 7   [タスクの追加(UCS サーバの電源オン)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                            1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった場合は、[サーバ] ドロップダウン リストから電源をオンにするサーバを選択します。
                                                            2. [送信] をクリックします。

                                                            タスクの追加:PXE ブートのモニタ

                                                            この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                            手順
                                                              ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                              ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                              ステップ 3   [ワークフローデザイナ] の [使用可能なタスク] ペインで、[ネットワークサービスタスク] を展開します。
                                                              ステップ 4   [PXEブートのモニタリング] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                              ステップ 5   [タスクの追加(PXE ブートのモニタ)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                              1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                              2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                                • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                                • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                                • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                              3. タスクの詳細を確認します。
                                                              4. [次へ] をクリックします。
                                                              ステップ 6   [タスクの追加(PXE ブートのモニタ)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                              1. ワークフローの実行時に PXE リクエスト ID を入力するためのプロンプトを表示させる場合は、[PXE Request ID] チェックボックスをオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                                (注)     

                                                                ユーザ入力をマップするには、その前に適切な権限によってワークフローにユーザ入力を追加する必要があります。

                                                              2. [次へ] をクリックします。
                                                              ステップ 7   [タスクの追加(PXE ブートのモニタ)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                              1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった設定属性に対して、次のフィールドに値を入力します。
                                                                • [PXEリクエストID]:PXE リクエスト ID を入力します。
                                                                • [最大待機時間(h)]:PXE ブートの完了を待機する最大待機時間(h)を選択します。
                                                              2. [送信] をクリックします。

                                                              タスクの追加:UCS サーバの電源オフ

                                                              この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                              手順
                                                                ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                                ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                                ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                                                ステップ 4   [UCSサーバの電源をオフにする] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                                ステップ 5   [タスクの追加(UCSサーバの電源オフ)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                                2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                                  • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                                  • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                                  • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                                3. タスクの詳細を確認します。
                                                                4. [次へ] をクリックします。
                                                                ステップ 6   [タスクの追加(UCSサーバの電源オフ)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                1. ワークフローの実行時に電源をオフにするサーバを指定するためのプロンプトを表示させる場合は、[サーバ] チェックボックスをオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                                2. [次へ] をクリックします。
                                                                ステップ 7   [タスクの追加(UCSサーバの電源オフ)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった場合は、[サーバ] ドロップダウン リストから電源をオフにするサーバを選択します。
                                                                2. [送信] をクリックします。

                                                                タスクの追加:iSCSI からブートするためのサービス プロファイルのブート ポリシーの変更

                                                                この手順では、例:iSCSI ブート ワークフローの作成 に説明されているようにワークフローが作成済みで、[オーケストレーション] の [ワークフロー] タブが選択されていることを想定しています。

                                                                手順
                                                                  ステップ 1   左ペインで、ワークフローがあるフォルダを展開し、タスクを追加する iSCSI ワークフローの行をクリックします。
                                                                  ステップ 2   アイコンバーで、紫のドロップダウン リスト アイコンをクリックし、[ワークフローデザイナ] をクリックします。
                                                                  ステップ 3   ワークフローデザイナの [使用可能なタスク] ペインで、[物理コンピューティングタスク] > [Cisco UCSタスク] をクリックします。
                                                                  ステップ 4   [iSCSI からブートするためのサービス プロファイルのブート ポリシーの変更] タスクをクリックし、選択したタスクをドラッグして [ワークフローデザイナ] ウィンドウにドロップします。
                                                                  ステップ 5   [タスクの追加(iSCSI からブートするためのサービス プロファイルのブート ポリシーの変更)] ウィザードの [タスク情報] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                  1. タスクを特定するためのタスク名とコメントを入力します。
                                                                  2. エラーが発生した場合に Cisco UCS Director が自動的にワークフローを再試行するようにするには、次の手順を実行します。
                                                                    • [再試行の実行] チェックボックスをオンにします。
                                                                    • [再試行回数] ドロップダウン リストで、再試行の回数を選択します。
                                                                    • [再試行の頻度] フィールドに、再試行の間隔(秒数)を示す値のリストをカンマで区切って入力します。
                                                                  3. タスクの詳細を確認します。
                                                                  4. [次へ] をクリックします。
                                                                  ステップ 6   [タスクの追加(iSCSI からブートするためのサービス プロファイルのブート ポリシーの変更)] ウィザードの [ユーザマッピング入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                  1. ワークフローの実行時に変更するサービス プロファイルを指定するためのプロンプトを表示させる場合は、[サービスプロファイル] チェックボックスをオンにして、ユーザ入力を選択します。
                                                                  2. [次へ] をクリックします。
                                                                  ステップ 7   [タスクの追加(iSCSI からブートするためのサービス プロファイルのブート ポリシーの変更)] ウィザードの [タスク入力] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                  1. ユーザ入力のプロンプトを選択しなかった場合は、[サービスプロファイル] ボタンをクリックして変更するサービス プロファイルを選択します。
                                                                  2. [送信] をクリックします。

                                                                  ブート ポリシーのブート順序の変更

                                                                  手順
                                                                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                                                                    ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                                                    ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                                                                    ステップ 4   ポリシーを変更する組織をクリックして、[詳細の表示] をクリックします。
                                                                    ステップ 5   [ブートポリシー] タブをクリックします。
                                                                    ステップ 6   複製するブート ポリシーを選択して、[ブートデバイスの順序の管理] をクリックします。
                                                                    ステップ 7   次のボタンを使用して、ブート デバイスの順序を変更します。
                                                                    • [上に移動]
                                                                    • [下に移動]
                                                                    • [削除]
                                                                    ステップ 8   完了したら、[戻る] をクリックします。

                                                                    サーバ プール ポリシーの認定

                                                                    このポリシーは、検出プロセス中に実行されたサーバのインベントリに基づいて、サーバを認定します。 認定は、サーバが選択基準を満たすかどうかを判断するために、ポリシーで設定されたルールです。 たとえば、データセンター プールのサーバの最小メモリ容量を指定するルールを作成できます。

                                                                    認定は、サーバ プール ポリシーだけではなく、その他のポリシーでも、サーバを配置するために使用されます。 たとえば、サーバがある認定ポリシーの基準を満たしている場合、このサーバを 1 つまたは複数のサーバ プールに追加したり、自動的にサービス プロファイルと関連付けたりできます。

                                                                    サーバ プール ポリシー認定を使用すると、次の基準に従ってサーバを認定できます。

                                                                    • アダプタのタイプ
                                                                    • シャーシの場所
                                                                    • メモリのタイプと設定
                                                                    • 電源グループ
                                                                    • CPU のコア数、タイプ、および設定
                                                                    • ストレージの設定と容量
                                                                    • サーバのモデル

                                                                    実装によっては、サーバ プール ポリシー認定を使用して、次のような複数のポリシーを設定することが必要になります。

                                                                    • 自動設定ポリシー
                                                                    • シャーシ検出ポリシー
                                                                    • サーバ検出ポリシー
                                                                    • サーバ継承ポリシー
                                                                    • サーバ プール ポリシー

                                                                    サーバ プール ポリシーの認定の作成

                                                                    手順
                                                                      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                                                                      ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                                                      ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                                                                      ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                                                                      ステップ 5   [サーバプールポリシーの認定] タブをクリックします。
                                                                      ステップ 6   [追加] をクリックします。
                                                                      ステップ 7   [サーバプールポリシー認定の作成] ウィザードで、ポリシーの名前と説明を入力して [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 8   [アダプタの条件] ページで、次の手順を実行してポリシーにアダプタの条件を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [アダプタの条件の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. [タイプ] ドロップダウン リストで、ポリシーに含めるアダプタのタイプを選択します。

                                                                        アダプタの条件を保存した後は、このタイプを変更できなくなります。

                                                                      3. [モデル(正規表現)] フィールドに正規表現を入力します。アダプタ PID は、この正規表現と一致する必要があります。
                                                                      4. [最大容量] フィールドに、選択したタイプの最大容量を入力します。
                                                                      5. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 9   [シャーシ認定またはサーバ認定] ページで、次の手順を実行してポリシーにシャーシ認定やサーバ認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [シャーシ認定またはサーバ認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. [最初のシャーシID] フィールドに、このポリシーと関連付けられたサーバ プールが取得できる最初のシャーシ ID を入力します。

                                                                        アダプタの条件を保存した後は、このタイプを変更できなくなります。

                                                                      3. [シャーシ数] フィールドに、プールに含めるシャーシの総数(最初のシャーシの ID は [最初のシャーシID] フィールドで指定されている)を入力します。
                                                                      4. [サーバ認定の範囲] フィールドに、使用するサーバの場所の範囲を入力します。

                                                                        複数の範囲を入力する場合は、各範囲をカンマで区切ります。 たとえば、「1:5,2:6」のように入力します。

                                                                      5. [次へ] をクリックします。


                                                                      例:

                                                                      たとえば、シャーシ 5、6、7、8 を使用する場合は、[最初のシャーシID] フィールドに 5、[シャーシ数] フィールドに 4 を入力します。 シャーシ 3 だけ使用する場合は、[最初のシャーシID] フィールドに 3、[シャーシ数] フィールドに 1 を入力します。

                                                                      ステップ 10   [メモリ認定] ページで、次の手順を実行してポリシーにメモリ認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [メモリ認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. 次のフィールドに値を入力します。
                                                                        名前 説明

                                                                        [クロック] フィールド

                                                                        必要な最小クロック速度(MHz)。

                                                                        [最小容量] フィールド

                                                                        必要な最小メモリ容量(メガバイト単位)。

                                                                        [最大容量] フィールド

                                                                        許容されるメモリの最大容量(メガバイト単位)。

                                                                        [幅] フィールド

                                                                        データ バスの最小幅。

                                                                        [遅延] フィールド

                                                                        許容される最大遅延(ナノ秒)。

                                                                        [ユニット] フィールド

                                                                        [幅] フィールドの値と関連付けられる測定単位。

                                                                      3. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 11   [CPU認定またはコア認定] ページで、次の手順を実行してポリシーに CPU 認定やコア認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [CPU認定またはコア認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. 次のフィールドに値を入力します。
                                                                        名前 説明

                                                                        [プロセッサアーキテクチャ] ドロップダウン リスト

                                                                        このポリシーが適用される CPU アーキテクチャを選択します。

                                                                        [コアの最小数] フィールド

                                                                        必要な CPU コアの最小数。 1 ~ 65535 の整数を入力できます。

                                                                        [コアの最大数] フィールド

                                                                        許容される CPU コアの最大数。 1 ~ 65535 の整数を入力できます。

                                                                        [スレッドの最小数] フィールド

                                                                        必要な CPU スレッドの最小数。 関連するテキスト フィールドに 1 ~ 65535 の整数を入力できます。

                                                                        [スレッドの最大数] フィールド

                                                                        許容される CPU スレッドの最大数。 1 ~ 65535 の整数を入力できます。

                                                                        [CPU速度] フィールド

                                                                        必要な CPU の最小速度。

                                                                        [モデル(正規表現)] フィールド

                                                                        プロセッサ PID が一致する必要がある正規表現。

                                                                        [CPUステッピング] フィールド

                                                                        必要な CPU の最小バージョン。

                                                                      3. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 12   [ストレージ認定] ページで、次の手順を実行してポリシーにストレージ認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [ストレージ認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. 次のフィールドに値を入力します。
                                                                        名前 説明

                                                                        [ディスクレス] ドロップダウン リスト

                                                                        ディスクレスのストレージが使用可能かどうか選択します。 次のいずれかになります。

                                                                        • [未指定]:どちらのストレージのタイプも使用できます。
                                                                        • [はい]:ストレージはディスクレスである必要があります。
                                                                        • [いいえ]:ディスクレスのストレージは使用できません。

                                                                        [はい] を選択すると、他のフィールドは表示されません。

                                                                        [最小容量] フィールド

                                                                        サーバのすべてのディスク全体としての、ストレージの最小容量(メガバイト単位)。

                                                                        [最大容量] フィールド

                                                                        許容されるストレージの最大容量(メガバイト単位)。

                                                                        [ブロック数] フィールド

                                                                        必要なブロックの最小数。

                                                                        [各ディスクの容量] フィールド

                                                                        最小限必要なディスクあたりのストレージ容量(ギガバイト単位)。

                                                                        [ブロックサイズ] フィールド

                                                                        必要な最小ブロック サイズ(バイト単位)。

                                                                        [ユニット] フィールド

                                                                        ユニット数。

                                                                      3. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 13   [電源グループ認定] ページで、次の手順を実行してポリシーに電源グループ認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [電源グループ認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. [電源グループ] ドロップダウン リストで、ポリシーに含める電源グループを選択します。
                                                                      3. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 14   [ラック認定] ページで、次の手順を実行してポリシーにラックマウント サーバ認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [ラック認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. [最初のスロットID] フィールドに、このポリシーと関連付けられたサーバ プールが取得できる最初のラックマウント サーバ ID を入力します。

                                                                        アダプタの条件を保存した後は、このタイプを変更できなくなります。

                                                                      3. [スロット数] フィールドに、プールに含めるラックマウント サーバ スロットの総数(最初のサーバ スロットの ID は [最初のスロットID] フィールドに指定されている)を入力します。
                                                                      4. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 15   [サーバモデル認定] ページで、次の手順を実行してポリシーにラックマウント サーバ認定を追加するか、追加しない場合は [次へ] をクリックします。
                                                                      1. [サーバモデル認定の追加] チェックボックスをオンにします。
                                                                      2. [モデル(正規表現)] フィールドに正規表現を入力します。サーバ モデル PID は、この正規表現と一致する必要があります。
                                                                      3. [次へ] をクリックします。
                                                                      ステップ 16   [送信] をクリックします。

                                                                      サーバ プール ポリシー

                                                                      このポリシーはサーバ検出プロセス中に呼び出されます。 これは、サーバ プール ポリシーの認定によって、ポリシーで指定されたターゲット プールがサーバと一致した場合に、どのような処理が行われるかを定義します。

                                                                      あるサーバが複数のプールに認定され、これらのプールにサーバ プール ポリシーがある場合、このサーバはすべてのプールに追加されます。

                                                                      サーバ プール ポリシーの作成

                                                                      はじめる前に

                                                                      このポリシーは、次のリソースの 1 つまたは複数がシステムにすでに存在していることを前提にしています。

                                                                      • 少なくとも 1 つのサーバ プール
                                                                      • サーバ プール ポリシーの認定(サーバをプールに自動的に追加する場合)
                                                                      手順
                                                                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                                                                        ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                                                        ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                                                                        ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                                                                        ステップ 5   [サーバプールポリシー] をクリックします。
                                                                        ステップ 6   [追加] をクリックします。
                                                                        ステップ 7   [サーバプールポリシーの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                                        名前 説明

                                                                        [名前] フィールド

                                                                        ポリシーの一意の名前。

                                                                        [説明] フィールド

                                                                        ポリシーの説明。

                                                                        [ターゲットプール] ドロップダウン リスト

                                                                        ポリシーと関連付けるサーバ プールを選択します。

                                                                        [認定] ドロップダウン リスト

                                                                        ポリシーと関連付けるサーバ プールの認定ポリシーを選択します。

                                                                        ステップ 8   [送信] をクリックします。

                                                                        vNIC/vHBA 配置ポリシー

                                                                        vNIC/vHBA 配置ポリシーにより、以下が決定されます。

                                                                        • 仮想ネットワーク インターフェイス接続(vCON)がサーバの物理アダプタにマップされる方法
                                                                        • それぞれの vCON に割り当て可能な vNIC または vHBA のタイプ

                                                                        vNIC または vHBA の各配置ポリシーには、物理アダプタの仮想表現である vCON が 4 個含まれます。 vNIC/vHBA 配置ポリシーがサービス プロファイルに割り当てられ、そのサービス プロファイルがサーバと関連付けられると、vNIC/vHBA 配置ポリシーの vCON は物理アダプタに割り当てられ、vNIC または vHBA はそれらの vCON に割り当てられます。

                                                                        1 個のアダプタが搭載されたブレード サーバまたはラック サーバでは、Cisco UCS はすべての vCON をそのアダプタに割り当てます。 4 個のアダプタが搭載されたサーバでは、Cisco UCS は vCON1 をアダプタ 1 に、vCON2 をアダプタ 2 に、vCON3 をアダプタ 3 に、vCON4 をアダプタ 4 に割り当てます。

                                                                        アダプタが 2 個または 3 個搭載されたブレード サーバやラック サーバの場合、Cisco UCS は、サーバのタイプと選択された仮想スロットのマッピング スキーム([ラウンドロビン] または [線形順序])に基づいて vCON を割り当てます。 使用可能なマッピング スキームの詳細については、vCON からアダプタへの配置を参照してください。

                                                                        Cisco UCS は vCON を割り当てた後に、各 vCON の [選択の基本設定] に基づいて vNIC と vHBA を割り当てます。 次のいずれかになります。

                                                                        • [すべて]:明示的に割り当てられているか、未割り当てであるか、または動的に割り当てられているかどうかに関係なく、すべての設定済みの vNIC と vHBA を vCON に割り当てることができます。 これがデフォルトです。
                                                                        • [割り当てのみ]:vNIC と vHBA を vCON に明示的に割り当てる必要があります。 サービス プロファイルまたは vNIC または vHBA のプロパティを介して、vNIC および vHBA を明示的に割り当てることができます。
                                                                        • [動的除外]:動的な vNIC と vHBA を vCON に割り当てることはできません。 vCON は、未割り当てか、または明示的に割り当てられているかに関係なく、すべての静的 vNIC と vHBA で使用できます。
                                                                        • [未割当除外]:未割り当ての vNIC と vHBA を vCON に割り当てることはできません。 vCON は、動的 vNIC と vHBA、および明示的に割り当てられている静的 vNIC と vHBA で使用できます。

                                                                        サービス プロファイルに vNIC/vHBA 配置ポリシーを含めない場合、Cisco UCS はデフォルトの [ラウンドロビン] vCON マッピング スキームと [すべて] vNIC/vHBA 選択プリファレンスを設定し、各アダプタの機能と相対的な容量に基づいてアダプタ間に vNIC および vHBA を配分します。

                                                                        vCON からアダプタへの配置

                                                                        Cisco UCS では、サービス プロファイル内のすべての vCON がサーバの物理アダプタにマッピングされます。 そのマッピングがどのように発生し、vCONs がサーバの特定のアダプタにどのように割り当てられるかは、次の設定によって異なります。

                                                                        • サーバのタイプ。 N20-B6620-2 および N20-B6625-2 ブレード サーバにはアダプタ カードは 2 枚あり、他のサポートされているラック サーバやブレード サーバとは異なるマッピング方式が使用されます。
                                                                        • サーバ内のアダプタ数。
                                                                        • vNIC/vHBA 配置ポリシーの仮想スロット マッピング スキームの設定(該当する場合)。

                                                                        vNIC または vHBA の選択プリファレンスを設定して vNIC または vHBA を vCON に割り当てる際に、この配置について考慮する必要があります。


                                                                        (注)  


                                                                        vCON からアダプタへの配置は、アダプタの PCIE スロット番号には依存しません。 vCON 配置で使用されるアダプタ番号は、アダプタの PCIE スロット番号ではなく、サーバの検出中にアダプタに割り当てられた ID です。


                                                                        N20-B6620-2 および N20-B6625-2 ブレード サーバの vCON からアダプタへの配置

                                                                        N20-B6620-2 および N20-B6625-2 ブレード サーバでは、2 個のアダプタには左から右に番号が付けられ、vCON には右から左に番号が付けられます。 いずれかのブレード サーバに 1 個のアダプタが搭載されている場合、Cisco UCS は、すべての vCON をそのアダプタに割り当てます。 サーバに 2 個のアダプタがある場合、vCON の割り当ては、仮想スロット マッピング スキームによって異なります。

                                                                        • [ラウンドロビン]Cisco UCS は vCON2 と vCON4 をアダプタ 1 に、vCON1 と vCON3 をアダプタ 2 に割り当てます。 これがデフォルトです。
                                                                        • [線形順序]Cisco UCS は vCON3 と vCON4 をアダプタ 1 に、vCON1 と vCON2 をアダプタ 2 に割り当てます。

                                                                        その他のサポートされているすべてのサーバの vCON からアダプタへの配置

                                                                        N20-B6620-2 および N20-B6625-2 ブレード サーバ以外の Cisco UCS がサポートしているすべてのサーバの場合は、vCON の割り当てはサーバのアダプタ数と仮想スロット マッピング スキームに依存します。

                                                                        1 個のアダプタが搭載されたブレード サーバまたはラック サーバでは、Cisco UCS はすべての vCON をそのアダプタに割り当てます。 4 個のアダプタが搭載されたサーバでは、Cisco UCS は vCON1 をアダプタ 1 に、vCON2 をアダプタ 2 に、vCON3 をアダプタ 3 に、vCON4 をアダプタ 4 に割り当てます。

                                                                        アダプタが 2 個または 3 個搭載されたブレード サーバやラック サーバの場合は、Cisco UCS は選択された仮想スロットのマッピング スキーム([ラウンドロビン] または [線形順序])に基づいて vCON を割り当てます。

                                                                        表 1 ラウンド ロビン マッピング スキームを使用する場合の vCON からアダプタへの配置
                                                                        アダプタ数 vCON1 の割り当て vCON2 の割り当て vCON3 の割り当て vCON4 の割り当て

                                                                        1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        2

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        3

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        アダプタ 3

                                                                        アダプタ 2

                                                                        4

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        アダプタ 3

                                                                        アダプタ 4

                                                                        [ラウンドロビン] はデフォルトのマッピング スキームです。

                                                                        表 2 線形順序マッピング スキームを使用する場合の vCON からアダプタへの配置
                                                                        アダプタ数 vCON1 の割り当て vCON2 の割り当て vCON3 の割り当て vCON4 の割り当て

                                                                        1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        2

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        アダプタ 2

                                                                        3

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        アダプタ 3

                                                                        アダプタ 3

                                                                        4

                                                                        アダプタ 1

                                                                        アダプタ 2

                                                                        アダプタ 3

                                                                        アダプタ 4

                                                                        vNIC/vHBA から vCON への割り当て

                                                                        Cisco UCS には、vNIC/vHBA 配置ポリシーによって vNIC および vHBA から vCON に割り当てる方法が 2 つ(明示割り当てと暗黙割り当て)あります。

                                                                        vNIC および vHBA の明示割り当て

                                                                        明示割り当ての場合は、vCON を指定することで、vNIC または vHBA が割り当てられるアダプタも指定することになります。 この割り当てオプションを使用するのは、あるサーバのアダプタ間に vNIC や vHBA を分散する方法を決定する必要がある場合です。

                                                                        明示割り当てのために vCON と関連する vNIC および vHBA を設定するには、次の手順を実行します。
                                                                        • 使用可能ないずれかのオプションによって vCON を設定します。 vNIC または vHBA 配置ポリシーによって、またはサーバと関連付けられたサービス プロファイルで、vCON を設定できます。 vCON で [すべて] が設定されている場合でも、vNIC または vHBA をその vCON に明示的に割り当てることができます。
                                                                        • vNIC および vHBA を vCON に割り当てます。 この割り当ては、vNIC または vHBA の仮想ホスト インターフェイス配置プロパティによって、またはサーバに関連付けられたサービス プロファイルで指定できます。

                                                                        vNIC または vHBA を割り当てようとした vCON が、そのタイプの vNIC または vHBA に対して設定されていない場合、設定エラーを示すメッセージが表示されます。

                                                                        サービス プロファイルの関連付けでは、Cisco UCS は、サーバ内の物理アダプタの数と機能に対して、設定されている vNIC および vHBA の配置を検証してから、ポリシーの設定に従って vNIC および vHBA を割り当てます。 負荷分散は、このポリシーで設定された vCON とアダプタの明示割り当てに基づきます。

                                                                        1 つまたは複数の vNIC または vHBA の割り当てをアダプタがサポートしない場合、Cisco UCS はサービス プロファイルに対する障害を発生させます。

                                                                        vNIC および vHBA の暗黙割り当て

                                                                        暗黙割り当てでは、Cisco UCS によって vCON が決定されることで、アダプタとその相対的な容量に従って vNIC または vHBA が割り当てられるアダプタが決定されます。 この割り当てオプションを使用するのは、vNIC または vHBA が割り当てられるアダプタがシステム設定上重要でない場合です。

                                                                        暗黙割り当てのために vCON を設定するには、次の手順を実行します。

                                                                        • vCON の設定を [すべて][動的除外]、または [未割当除外] に設定します。 vNIC/vHBA 配置ポリシーによって、またはサーバと関連付けられたサービス プロファイルで、vCON を設定できます。
                                                                        • vCON 設定を [割り当てのみ] には設定しないでください。 この設定では暗黙割り当ては実行できません。
                                                                        • vNIC または vHBA を vCON に割り当てないでください。

                                                                        サービス プロファイルの関連付けでは、Cisco UCS はサーバ内の物理アダプタの数と機能を確認し、それに従って vNIC および vHBA を割り当てます。 負荷分散はアダプタの機能に基づいて、vNIC および vHBA の配置はシステムで決定された実際の順序に従って実行されます。 たとえば、1 個のアダプタが他のアダプタより多くの vNIC に対応できる場合、そのアダプタに多くの vNIC が割り当てられます。

                                                                        そのサーバに設定された数の vNIC および vHBA をアダプタがサポートできない場合、Cisco UCS はサービス プロファイルに対して障害を発生させます。

                                                                        デュアル アダプタ環境での vNIC の暗黙割り当て

                                                                        デュアル スロットの各スロットにアダプタ カードがあるサーバに暗黙の vNIC 割り当てを行うと、Cisco UCS では、通常は次のように vNIC または vHBA が割り当てられます。

                                                                        • サーバの両方のスロットに同じアダプタがある場合、Cisco UCS は vNIC の半数と vHBA の半数をそれぞれのアダプタに割り当てます。
                                                                        • サーバの一方のアダプタが VIC 非対応でもう一方が VIC アダプタの場合、Cisco UCS は非 VIC アダプタに 2 個の vNIC と 2 個の vHBA を割り当て、残りの vNIC と vHBA を VIC アダプタに割り当てます。
                                                                        • サーバに 2 個の異なる VIC アダプタがある場合、Cisco UCS は 2 個のアダプタの相対的な機能に基づく比例配分によって vNIC および vHBA を割り当てます。

                                                                        次の例では、サポートされているアダプタ カードのさまざまな組み合わせに対して Cisco UCS が一般的に vNIC および vHBA をどのように割り当てるかを示します。

                                                                        • 2 個の Cisco UCS M51KR-B Broadcom BCM57711 アダプタ(それぞれの vNIC は 2 個)があるサーバで 4 個の vNIC を設定する場合、Cisco UCS はそれぞれのアダプタに 2 個の vNIC を割り当てます。
                                                                        • Cisco UCS CNA M72KR-E アダプタ(vNIC は 2 個)と Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード アダプタ(vNIC は 128 個)があるサーバで 50 個の vNIC を設定する場合、Cisco UCSCisco UCS CNA M72KR-E アダプタに 2 個の vNIC、Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード アダプタに 48 個の vNIC を割り当てます。
                                                                        • Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード アダプタ(vNIC は 128 個)と Cisco UCS VIC-1240 仮想インターフェイス カードアダプタ(vNIC は 256 個)があるサーバで 150 個の vNIC を設定する場合、Cisco UCSCisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード アダプタに 50 個、Cisco UCS VIC-1240 仮想インターフェイス カード アダプタに 100 個の vNIC を割り当てます。

                                                                        (注)  


                                                                        この暗黙割り当てに対する例外は、vNIC ファブリック フェールオーバーを設定した場合と、サーバに動的 vNIC を設定した場合に発生します。


                                                                        vNIC ファブリック フェールオーバーが設定され、一方のアダプタが vNIC フェールオーバーをサポートしていない場合、Cisco UCS はファブリック フェールオーバーが有効になっているすべての vNIC を、フェールオーバーをサポートするアダプタに暗黙で割り当てます。 ファブリック フェールオーバーが設定された vNIC だけが設定に含まれている場合、フェールオーバーをサポートしないアダプタに暗黙で vNIC が設定されることはありません。 一部の vNIC にファブリック フェールオーバーが設定され、それ以外には設定されない場合、Cisco UCS はすべてのフェールオーバー vNIC をフェールオーバーをサポートするアダプタに割り当てて、少なくとも 1 個の非フェールオーバー vNIC をサポートしないアダプタに割り当てます(フェールオーバーが設定されている割合によって決定されます)。

                                                                        動的 vNIC が設定されている場合にも、同様の暗黙割り当てが発生します。 Cisco UCS はすべての動的 vNIC を動的 vNIC をサポートするアダプタに割り当てます。 ただし、動的 vNIC と静的 vNIC が組み合わされている場合は、少なくとも 1 個の静的 vNIC が、動的 vNIC をサポートしないアダプタに割り当てられます。

                                                                        vNIC/vHBA 配置ポリシーの作成

                                                                        手順
                                                                          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [コンピューティング] を選択します。
                                                                          ステップ 2   左ペインでデータセンターを展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                                                          ステップ 3   右ペインで、[組織] タブをクリックします。
                                                                          ステップ 4   ポリシーを作成する組織をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。
                                                                          ステップ 5   [vNIC/vHBA 配置ポリシー] タブをクリックします。
                                                                          ステップ 6   [追加] をクリックします。
                                                                          ステップ 7   [ネットワーク制御ポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                                          名前 説明

                                                                          [名前] フィールド

                                                                          ポリシーの一意の名前。

                                                                          [仮想スロット] ドロップダウン リスト

                                                                          各仮想スロットに対して仮想ネットワーク インターフェイスを選択します。 次のいずれかになります。

                                                                          • [すべて]:明示的に割り当てられているか、未割り当てであるか、または動的に割り当てられているかどうかに関係なく、すべての設定済みの vNIC と vHBA を vCON に割り当てることができます。 これがデフォルトです。
                                                                          • [割り当てのみ]:vNIC と vHBA を vCON に明示的に割り当てる必要があります。 サービス プロファイルまたは vNIC または vHBA のプロパティを介して、vNIC および vHBA を明示的に割り当てることができます。
                                                                          • [動的除外]:動的な vNIC と vHBA を vCON に割り当てることはできません。 vCON は、未割り当てか、または明示的に割り当てられているかに関係なく、すべての静的 vNIC と vHBA で使用できます。
                                                                          • [未割当除外]:未割り当ての vNIC と vHBA を vCON に割り当てることはできません。 vCON は、動的 vNIC と vHBA、および明示的に割り当てられている静的 vNIC と vHBA で使用できます。
                                                                          ステップ 8   [送信] をクリックします。

                                                                          配置ポリシー

                                                                          配置ポリシーとは、vCON を選択して vNIC および vHBA にマップできるようにする Cisco UCS Director のポリシーです。 選択している設定によって、システムが配置を実行できるようにしたり、自分で配置を選択したり、vNIC または vHBA 配置ポリシーを使用して配置を決定したりできます。

                                                                          このポリシーは、vNIC または vHBA をサーバ上の物理アダプタに割り当てます。 各配置ポリシーには、物理アダプタの仮想表現である vCON(仮想ネットワーク インターフェイス接続)が含まれます。 vNIC または vHBA 配置ポリシーがサービス プロファイルに割り当てられ、そのサービス プロファイルがサーバに関連付けられると、配置ポリシー内の vCON が物理アダプタに割り当てられます。 アダプタが 1 個だけのサーバの場合、両方の vCON がアダプタに割り当てられます。アダプタが 2 個のサーバの場合、1 個の vCON が各アダプタに割り当てられます。

                                                                          このポリシーはサービス プロファイルに組み込む必要があります。また、このサービス プロファイルを有効にするには、サーバに関連付ける必要があります。

                                                                          配置ポリシーの作成

                                                                          はじめる前に

                                                                          配置ポリシーを作成する前に、Cisco UCS Manager 設定ガイドの vNIC/vHBA 配置ポリシーのガイドラインを確認して、選択結果がどのように影響するかよく理解します。

                                                                          手順
                                                                            ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [UCS] を選択します。
                                                                            ステップ 2   [配置ポリシー] タブをクリックします。
                                                                            ステップ 3   [追加] をクリックします。
                                                                            ステップ 4   [配置ポリシーの追加] ウィザードの [配置ポリシーの詳細] 画面で、次のフィールドに値を入力します。
                                                                            1. [ポリシー名] フィールドに、配置ポリシーの名前を入力します。
                                                                            2. [ポリシーの説明] フィールドに、ポリシーの説明を入力します。
                                                                            3. [UCSアカウント名] ドロップダウン リストで、このポリシーを追加する Cisco UCS Manager アカウントを選択します。
                                                                            4. [UCS Organizationの名前] ドロップダウン リストで、このポリシーを追加する Cisco UCS 組織を選択します。
                                                                            5. [ストレージポリシー] ドロップダウン リストで、このポリシーに適用するストレージ ポリシーを選択します。
                                                                            6. [ネットワークポリシー] ドロップダウン リストで、このポリシーに適用するネットワーク ポリシーを選択します。
                                                                            7. [配置タイプの選択] ドロップダウン リストで、次のいずれかのオプションを選択します。
                                                                              • [システムによる配置実行]Cisco UCS Director によって vNIC および vHBA に対する最適な配置が決定されます。 このオプションを選択した場合は、ステップ 6 に進みます。
                                                                              • [手動配置]:それぞれの vCON に対して自分で仮想ネットワーク インターフェイスの基本設定を選択します。 このオプションを選択した場合は、ステップ 5 に進みます。
                                                                              • [配置ポリシーの選択]:選択した vNIC/vHBA 配置ポリシーによって、vNIC および vHBA の配置が決定されます。 このオプションを選択した場合は、[vNIC/vHBA配置ポリシーの選択] ドロップダウン リストからポリシーを選択して、ステップ 6 に進みます。
                                                                            ステップ 5   手動配置オプションを選択した場合は、次の手順を実行します。
                                                                            1. [仮想ネットワークインターフェイスの選択の基本設定] 領域で、それぞれの vCON に対してドロップダウン リストから次のいずれかのオプションを選択します。
                                                                              • [すべて]:明示的に割り当てられているか、未割り当てであるか、または動的に割り当てられているかどうかに関係なく、すべての設定済みの vNIC と vHBA を vCON に割り当てることができます。 これがデフォルトです。
                                                                              • [割り当てのみ]:vNIC と vHBA を vCON に明示的に割り当てる必要があります。 サービス プロファイルまたは vNIC または vHBA のプロパティを介して、vNIC および vHBA を明示的に割り当てることができます。
                                                                              • [動的除外]:動的な vNIC と vHBA を vCON に割り当てることはできません。 vCON は、未割り当てか、または明示的に割り当てられているかに関係なく、すべての静的 vNIC と vHBA で使用できます。
                                                                              • [未割当除外]:未割り当ての vNIC と vHBA を vCON に割り当てることはできません。 vCON は、動的 vNIC と vHBA、および明示的に割り当てられている静的 vNIC と vHBA で使用できます。
                                                                            2. [次へ] をクリックします。
                                                                            3. [仮想インターフェイス(vNIC/vHBA)の選択] ドロップダウン リストで、vNIC または vHBA を選択します。
                                                                            4. [追加] をクリックします。
                                                                            5. [仮想ネットワークインターフェイスへの割り当て] ドロップダウン リストで、vNIC または vHBA を配置する vCON を選択します。
                                                                            6. すべての vNIC および vHBA を配置するまで、ステップ 5c ~ 5e を繰り返します。
                                                                            7. [次へ] をクリックして、ステップ 6 に進みます。
                                                                            ステップ 6   [配置ポリシーの追加] ウィザードの [仮想インターフェイスの順序] 画面で、次の手順を実行します。
                                                                            1. [仮想ネットワークインターフェイス] テーブルで、vHBA および vNIC の順序を確認します。
                                                                            2. 必要に応じて vNIC または vHBA に対するチェックボックスをオンにして、次のいずれかまたは両方の手順でインターフェイス順序を設定します。
                                                                              • [上に移動] ボタンまたは [下に移動] ボタンをクリックし、vNIC または vHBA の順序を上または下に移動。
                                                                              • [仮想インターフェイスの順序] ドロップダウン リストで番号を選択し、目的の順序に設定。
                                                                            ステップ 7   配置の設定を完了したら、[送信] をクリックします。