Cisco UCS Director Microsoft SCVMM 統合ガイド リリース 4.0
ポリシーの管理
ポリシーの管理
発行日;2013/11/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ポリシーの管理

この章は、次の内容で構成されています。

ポリシー

ポリシーは、システム リソースの可用性に基づき、インフラストラクチャ内のどの箇所でどのように新しい VM をプロビジョニングするかを決定する一連のルールです。

Cisco UCS Director では、VM をプロビジョニングするために、4 つのポリシーを設定する必要があります。 SCVMM との統合に関しては、これらはコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、および導入を対象とする Hyper-V ポリシーです。

さらに、コスト モデルと OS ライセンスに関連する、サービスの提供ポリシーも存在します。

サービス提供

SCVMM を統合するために、次のサービス提供情報を作成します。

  • コスト モデル
  • OS ライセンス
  • Hyper-V 導入ポリシー

これらの作業を実行するには、[ポリシー] > [サービスの提供] のタブをクリックします。

コスト モデル

簡潔なアカウンティングを目的として、コスト モデルを定義できます。 グループのインフラストラクチャ リソースは、そのリソースのコスト モデルに基づいて説明することができます。

サポート対象のインフラストラクチャ リソースのコスト(CPU、メモリ、およびストレージ)を、VM のコストと組み合わせて、VM ライフサイクルの総コストを決定できます。

コスト モデルで、コストを次のように定義します。
  • 1 回限りのプロビジョニング コスト
  • アクティブ VM と非アクティブ VM のコスト
  • プロビジョニング済み、予約済み、および使用済みの CPU のコスト
  • プロビジョニング済みメモリのコスト
次のアクションを実行するには、[ポリシー] > [サービスの提供] の [コストモデル] タブにあるボタンをクリックします。
ボタン名 説明

[追加]

新しいコスト モデルを追加します。

[表示]

コスト モデルを表示します。

[編集]

コスト モデルを編集します。

[削除]

コスト モデルを削除します。

[複製]

コスト モデルを複製します。

コスト モデルの追加


    ステップ 1   [ポリシー] をクリックし、[サービスの提供] を選択します。
    ステップ 2   [コストモデル] タブをクリックします。
    ステップ 3   [追加] をクリックします。
    ステップ 4   [コストモデルの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [コストモデル名] フィールド

    コスト モデル名。

    [コストモデルの説明] フィールド

    コスト モデルの説明。

    [コストモデルタイプ] ドロップダウン リスト

    [Hyper-V] を選択します。

    [チャージ頻度] ドロップダウン リスト

    [チャージ頻度][毎時間][毎月]、または [年1回])を選択します。
    (注)     

    このダイアログボックス内の残りのフィールドは、いずれも毎時間を単位として定義します。

    [固定コスト]

     

    [初期コスト] フィールド

    VM のプロビジョニングに伴う固定的な初期コスト。

    [VMコスト]

     

    [アクティブなVMのコスト] フィールド

    アクティブな状態にある VM の 1 時間あたりのコスト。

    [非アクティブなVMのコスト] ドロップダウン リスト

    非アクティブな状態にある VM の 1 時間あたりのコスト。

    [CPUコスト]

     

    [CPUチャージユニット] ドロップダウン リスト

    [CPUチャージユニット]([GHz] または [コア])を選択します。

    [プロビジョニング済みCPUのコスト] フィールド

    [CPUチャージユニット]([GHz] の場合のみ)を単位として、プロビジョニング済み CPU の 1 時間あたりのコスト。

    [使用済みCPUコスト] フィールド

    実際の CPU 使用率に基づき、使用された CPU の 1 時間あたりのコスト。

    (注)     

    この数値には、プロビジョニング済みコストと予約済みコストは含まれません。 [使用済みCPUコスト] に値を入力する場合は、プロビジョニング済みコストと予約済みコストの各フィールドを空白にする必要があります。逆も同じです。

    [CPUコアコスト] フィールド

    VM に対して割り当てられたコアを単位として、CPU の 1 時間あたりのコスト。

    [メモリコスト]

     

    [プロビジョニング済みメモリのコスト] フィールド

    GB を単位として、プロビジョニング済みメモリの 1 時間あたりのコスト。

    (注)     

    メモリ コストは、CPU コストと同じ方法で計算されます。

    [使用済みメモリコスト] フィールド

    GB を単位として、予約済みメモリの 1 時間あたりのコスト。

    ステップ 5   [追加] をクリックします。

    OS ライセンス詳細の追加

    [OSライセンス] タブを使用して、Windows OS ライセンス キーのデータを追加できます。 これらのライセンス キーは、VM のプロビジョニングに使用されるものであり、カタログの作成時に Windows VM イメージにマップされます。

    (注)  


    [HyperVシステムポリシー] に Windows ライセンス キー情報を入力した場合は、[OS ライセンス] タブに入力した値がこのキー情報をオーバーライドします。



      ステップ 1   [ポリシー] をクリックし、[サービスの提供] を選択します。
      ステップ 2   [OS ライセンス] タブをクリックします。
      ステップ 3   [追加] をクリックします。
      ステップ 4   [ライセンスの詳細の追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [Windowsのバージョン名] フィールド

      Windows のバージョン名。

      [ライセンス] フィールド

      Windows の製品 ID またはライセンス キー。

      (注)     

      KMS クライアントのセットアップ キーも受け入れられます。

      [ライセンス所有者名] フィールド

      Windows ライセンス所有者の名前。

      [組織] フィールド

      VM 内で設定する組織。

      [ライセンスモード] ドロップダウン リスト

      ライセンス モード([シート別] つまり同時使用ユーザ数か、[サーバ別] つまり接続クライアント数)を選択します。

      [ライセンス取得済みのユーザ数] フィールド

      ライセンス取得済みのユーザ数または接続数。

      ステップ 5   [送信] をクリックします。

      Hyper-V 導入ポリシーの追加

      HyperV 導入ポリシーは、次のようなシステム固有の情報を定義します。

      • VM 名自動作成用の VM 名テンプレート
      • ホスト名のテンプレート
      • VM イメージのタイプ
      • OS ライセンス プールの製品 ID
      • このポリシーを使用する導入のタイムゾーン
      • このポリシーに関係する導入で使用するドメインまたはワークグループ

        ステップ 1   [ポリシー] をクリックし、[サービスの提供] を選択します。
        ステップ 2   タブをスクロールし、[HyperVの導入ポリシー] タブを見つけます。
        ステップ 3   そのタブで、[追加] をクリックします。
        ステップ 4   [ポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [ポリシー名] フィールド

        ポリシー名。

        [ポリシーの説明] フィールド

        ポリシーの説明。

        [導入後に電源をオンにします。] チェックボックス

        このポリシーを使用して導入したすべての VM の電源を自動的にオンにする場合は、このチェックボックスをオンにします。

        [VM名のテンプレート] フィールド

        VM 名を生成するための VM 名テンプレート。${VARIABLE} という形式を使用します。 たとえば、vm-${GROUP_NAME}-SR${SR_ID}。

        次の変数名が許可されます。
        • CLOUD_NAME:導入するクラウドの名前
        • GROUP_NAME:VM が属するグループの名前
        • CATALOG_NAME:カタログ項目やカタログ エントリの名前
        • USER:要求を行うユーザ ID
        • SR_ID:サービス リクエスト ID
        • COMMENTS:要求を行うユーザのコメント
        • PROFILE_NAME:ポリシーの名前
        • LOCATION:クラウド作成時に指定した、ロケーションの名前
        • UNIQUE_ID:名前を一意にするランダム ID
        • APPCODE:カタログ作成時に指定した、アプリケーション コードの値
        • COST_CENTER:グループや顧客組織の作成時に指定した、そのグループや顧客組織に関連付けられるコスト センター
        (注)     

        [VM名のテンプレート] に「#」記号を追加して、[VM名] にとって一意のインデックス番号を作成することができます。 この記号を複数回指定することもできます。 たとえば、VM 名のテンプレートが vm-${GROUP_NAME}## の場合、このポリシーを使用して最初にプロビジョニングされる VM の名前は vm-ABCD01 です(グループ名は ABCD であり、「01」は「##」に対応します)。

        [ホスト名のテンプレート] フィールド

        次の変数名が許可されます。
        • CLOUD_NAME:導入するクラウドの名前
        • GROUP_NAME:VM が属するグループの名前
        • CATALOG_NAME:カタログ項目やカタログ エントリの名前
        • USER:要求を行うユーザ ID
        • SR_ID:サービス リクエスト ID
        • COMMENTS:要求を行うユーザのコメント
        • PROFILE_NAME:ポリシーの名前
        • LOCATION:クラウド作成時に指定した、ロケーションの名前
        • UNIQUE_ID:名前を一意にするランダム ID
        • APPCODE:カタログ作成時に指定した、アプリケーション コードの値
        • COST_CENTER:グループや顧客組織の作成時に指定した、そのグループや顧客組織に関連付けられるコスト センター
        (注)     

        [ホスト名のテンプレート] に「#」記号を追加して、[ホスト名] にとって一意のインデックス番号を作成することができます。 この記号を複数回指定することもできます。

        [VMイメージのタイプ] ドロップダウン リスト

        VM にインストールする [VMイメージのタイプ] を選択します。

        [Linuxのみ] を選択した場合は、新しい [ポリシーの追加] ダイアログボックスが表示されます。

        Linux の場合のみ、ステップ 5 に進みます。

        [製品ID] フィールド

        Windows の製品 ID またはライセンス キー(Windows VM のみ)。

        (注)     

        この値が、OS ライセンス プール内の値と一致しない場合は、プール内の値が、ここで指定した値をオーバーライドします。

        [タイムゾーン] ドロップダウン リスト

        このポリシーを使用する VM に対応する [タイムゾーン] を選択します。

        [管理者パスワード] フィールド

        テンプレートで使用する管理者パスワード。

        [組織名] フィールド

        VM のオペレーティング システムで使用する目的で設定する組織名。

        [フルネーム] フィールド

        組織の完全な名前。

        [ドメインまたはワークグループ] ドロップダウン リスト

        [ワークグループ] または [ドメイン] のどちらかを選択します。

        [ドメイン] を選択した場合は、ステップ 6 に進みます。

        [ワークグループ] フィールド

        ワークグループ名。

        [GUIで1回実行するコマンド] フィールド

        このポリシーを使用する VM をプロビジョニングした後に、VM 内で実行するコマンド。 たとえば、cmd.exe/c md c:\newfolder

        ステップ 5   [Linuxのみ] の VM イメージの場合は、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [ポリシー名] フィールド

        ポリシー名。

        [ポリシーの説明] フィールド

        ポリシーの説明。

        [導入後に電源をオンにします。] チェックボックス

        導入後に VM の電源を自動的にオンにする場合は、このチェックボックスをオンにします。

        [VM名のテンプレート] フィールド

        VM 名のテンプレート。

        [ホスト名のテンプレート] フィールド

        ホスト名のテンプレート。

        [VMイメージのタイプ] ドロップダウン リスト

        [Linuxのみ] を選択します。

        ステップ 6   [ドメイン] を選択した場合は、次の追加フィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [ドメイン] フィールド

        ドメイン名。

        [ドメインユーザ名] フィールド

        ドメイン ユーザ名。

        [ドメインパスワード] フィールド

        ドメイン パスワード。

        ステップ 7   [送信] をクリックします。

        Hyper-V コンピューティング ポリシーの追加


          ステップ 1   [ポリシー] をクリックし、[コンピューティング] を選択します。
          ステップ 2   [HyperVコンピューティングポリシー] タブをクリックします。
          ステップ 3   [追加] をクリックします。
          ステップ 4   [ポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          (注)     

          選択した SCVMM クラウドのバージョンによって、フィールドが異なる可能性があります。

          名前 説明

          [ポリシー名] フィールド

          ポリシー名。

          [ポリシーの説明] フィールド

          ポリシーの説明。

          [クラウド名] ドロップダウン リスト

          クラウドの名前を選択します。

          [ホストノードまたはクラスタスコープ] ドロップダウン リスト

          ホスト ノードの範囲を絞り込むには、別のオプションを選択します。 デフォルトは [すべて] です。

          選択したホストを含めるか除外する場合は、ステップ 5 に進みます。

          [別のCPUタイプへの移行を許可] チェックボックス

          オンにした場合は、プロビジョニングした VM で、別の CPU タイプへの移行が許可されます。

          移行を許可しない場合は、オフのままにします。

          [条件の最小値] チェックボックス

          適用するすべての条件をオンにします。 これらの条件を満たさないホストは除外されます。

          (注)     

          複数の条件を選択した場合は、選択した「すべての」条件が満たされる必要があります。

          ステップ 7 に進みます。

          [導入オプション]

           

          [テンプレートのオーバーライド] チェックボックス

          導入中にテンプレートのプロパティをオーバーライドする場合は、このチェックボックスをオンにします。

          オンにした場合は、ステップ 8 に進みます。

          [サイズ変更のオプション]

           

          [VMのサイズ変更を許可] チェックボックス

          プロビジョニングの前または後に VM のサイズ変更を許可するには、このチェックボックスをオンにします。

          オンにした場合は、ステップ 9 に進みます。

          ステップ 5   [選択済みのホストノード] フィールドで、[選択] をクリックします。
          ステップ 6   [選択] ダイアログボックスで、ホスト ノードを選択し、[選択] をクリックします。
          ステップ 7   選択した [最小条件] ごとに、ブール演算子を選択し、対応するテキスト フィールドに条件の値を入力します。
          ステップ 8   テンプレートをオーバーライドするには、次の追加フィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [vCPU数] フィールド

          vCPU 数。

          [動的メモリの有効化] チェックボックス

          動的メモリを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

          [メモリ(MB)] フィールド

          割り当てるメモリ。

          ステップ 9   VM のサイズ変更を許可する場合は、次の追加フィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [vCPUの許容値] フィールド

          vCPU に関して許容する個別の値。

          [メモリの許容値(MB単位)] フィールド

          メモリに関して許容する個別の値(MB)。

          [起動メモリの許容値] フィールド

          起動メモリに関して許容する個別の値(MB)。

          [最大メモリの許容値(MB単位)] フィールド

          最大メモリに関して許容する個別の値(MB)。

          [メモリバッファの許容値(%)] フィールド

          メモリ バッファに関して許容する個別の値(%)。

          ステップ 10   [送信] をクリックします。

          Hyper-V ストレージ ポリシーの追加


            ステップ 1   [ポリシー] をクリックし、[ストレージ] を選択します。
            ステップ 2   [HyperVストレージポリシー] タブをクリックします。
            ステップ 3   [追加] をクリックします。
            ステップ 4   [ポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            (注)     

            選択した SCVMM クラウドのバージョンによって、フィールドが異なる可能性があります。

            名前 説明

            [ポリシー名] フィールド

            ストレージ ポリシー名。

            [ポリシーの説明] フィールド

            ストレージ ポリシーの説明。

            [クラウド名] ドロップダウン リスト

            クラウドの名前を選択します。

            SCVMM 2012 SP1 を選択した場合は、ステップ 5 に進みます。

            [範囲]

             

            [データストアのスコープ] ドロップダウン リスト

            データ ストアの範囲を絞り込むには、別のオプションを選択します。デフォルトは [すべて] です。

            選択したホストを含めるか除外する場合は、ステップ 5 に進みます。

            [条件の最小値] チェックボックス

            適用するすべての条件をオンにします。 これらの条件を満たさないデータ ストアは除外されます。

            (注)     

            複数の条件を選択した場合は、選択した「すべての」条件が満たされる必要があります。

            ステップ 7 に進みます。

            [導入オプション]

             

            [テンプレートのオーバーライド] チェックボックス

            導入中にテンプレートのプロパティをオーバーライドする場合は、このチェックボックスをオンにします。

            オンにした場合は、ステップ 8 に進みます。

            [VMのライフサイクルのオプションを変更]

             

            [VMのライフサイクルのオプションを変更] チェックボックス

            VM のライフサイクル中に VM のサイズ変更を許可するには、このチェックボックスをオンにします。

            オンにした場合は、ステップ 9 に進みます。

            ステップ 5   SCVMM 2012 SP1 の場合は、次の追加フィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [CSVの使用] チェックボックス

            CSV を使用する場合にこのチェックボックスをオンにします。

            [ストレージオプション]  

            [ローカルストレージの使用] チェックボックス

            ローカル ストレージを使用する場合にこのチェックボックスをオンにします。

            [SANの使用] チェックボックス

            SAN を使用する場合にこのチェックボックスをオンにします。

            [SMBの使用] チェックボックス

            SMB を使用する場合にこのチェックボックスをオンにします。

            ステップ 6   [選択済みのデータストア] フィールドで、[選択] をクリックします。
            ステップ 7   [選択] ダイアログボックスで、データ ストアを選択し、[選択] をクリックします。
            ステップ 8   選択した [最小条件] ごとに、ブール演算子を選択し、対応するテキスト フィールドに条件の値を入力します。
            ステップ 9   テンプレートをオーバーライドするには、次の追加フィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [動的なプロビジョニングの使用] チェックボックス

            動的メモリを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

            [カスタムディスクサイズ(GB)] フィールド

            割り当てるカスタム ディスクのサイズ。

            ステップ 10   ディスクのサイズ変更を許可する場合は、適用する個別の値を [メモリの許容値(GB単位)] フィールドに入力します。
            ステップ 11   [送信] をクリックします。

            Hyper-V ネットワーク ポリシーの追加

            ネットワーク ポリシーを使用すると、仮想ネットワーク タイプを定義し、ホスト ノードでそのタイプを使用可能にすることができます。

            また、次のことも指定できます。

            • プロビジョニングされた VM に対して割り当てるアダプタのタイプ
            • vLAN の有効化
            • 複数の vNIC を網羅するためのポリシーの拡張

              ステップ 1   [ポリシー] をクリックし、[ネットワーク] を選択します。
              ステップ 2   タブをスクロールし、[Hyper-Vのネットワークポリシー] タブを見つけます。
              ステップ 3   [追加] をクリックします。
              ステップ 4   [ポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              (注)     

              選択した SCVMM クラウドのバージョンによって、フィールドが異なる可能性があります。

              名前 説明

              [ポリシー名] フィールド

              ポリシー名。

              [ポリシーの説明] フィールド

              ポリシーの説明。

              [クラウド名] ドロップダウン リスト

              クラウドの名前を選択します。

              SCVMM 2012 SP1 を選択した場合は、[DHCPの使用] が自動的に選択されます。

              [ネットワーク名] フィールド

              [選択] をクリックします。

              ステップ 5 に進みます。

              [アダプタのタイプ] ドロップダウン リスト

              テンプレートからのコピーを実行している場合以外は、アダプタのタイプを選択します。

              [MACスプーフィングの有効化] チェックボックス

              VM NIC で MAC スプーフィングを有効にする場合に、このチェックボックスをオンにします。

              [VLANの有効化] チェックボックス

              VLAN ID を自動的に vNIC に割り当てるには、このチェックボックスをオンにします。

              [VLAN ID] フィールド

              VLAN を有効にする場合は、[VLAN ID] を入力します。

              ステップ 5   リストからネットワークを選択し、[選択] をクリックします。

              SCVMM 2012 SP1 バージョンのクラウドを選択し、[DHCP] をオフにした場合は、確実に静的 IP プールを選択してください。 オプションは、ポリシーで選択したネットワークによって異なります。

              ステップ 6   すべてのフィールドへの入力が完了したら、[次へ] をクリックします。
              ステップ 7   このネットワーク ポリシーを使用してプロビジョニングした VM を親として、複数の vNIC を追加および設定するには、[追加] をクリックします。
              ステップ 8   [VMネットワークへのエントリの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [NICエイリアス] フィールド

              NIC のエイリアス(別名)。

              [ネットワーク名] フィールド

              クリックして、ホスト ノードで使用できるようにするネットワーク タイプを選択します。

              [テンプレートからのアダプタのタイプのコピー] チェックボックス

              カスタム設定が必要ない場合にこのチェックボックスをオンにします。

              カスタム設定を追加する場合は、このチェックボックスをオフのままにして、ステップ 9 に進みます。

              [アダプタのタイプ] ドロップダウン リスト

              必要に応じて、アダプタのタイプを選択します。

              [MACスプーフィングの有効化] チェックボックス

              VM NIC で MAC スプーフィングを有効にする場合に、このチェックボックスをオンにします。

              [VLANの有効化] チェックボックス

              VLAN ID を自動的に VM の NIC に割り当てるには、このチェックボックスをオンにします。

              オンにした場合は、ステップ 10 に進みます。

              ステップ 9   [アダプタのタイプ] ドロップダウン リストで、アダプタのタイプを選択します。
              ステップ 10   [VLAN ID] に VLAN ID 番号を入力します。
              ステップ 11   [送信] をクリックします。