Cisco UCS Director EMC Symmetrix VMAX 管理ガイド リリース 4.0
概要
概要
発行日;2013/11/21   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director EMC VMAX 管理の概要

Cisco UCS Director は EMC Symmetrix VMAX 10K および 20K をサポートします。 VMAX ライセンスは 1 つのエンジン(2 つのダイレクタ)をサポートします。

Cisco UCS Director は、EMC ソリューション イネーブラを使用して EMC VMAX に接続します。

Cisco UCS Director で VMAX を管理するには、Linux ベースの SMC サーバまたは SPA サーバを使用します。 Linux バージョン 7.5.1 以降をお勧めします。

Linux イメージを構築し、EMC ソリューション イネーブラをインストールした後、[EMC VMAXソリューションイネーブラ] アカウントを作成します。

VMAX レポート

次の VMAX 概要レポートを一目で確認することができます。
  • システム容量: 空きと 使用済み(GB)円グラフ
  • [システムの概要]:[SymmetrixバージョンID]、[Enginuityビルドバージョン]、[モデル]、ソリューション イネーブラの IP アドレス、およびエンジン、ダイレクタ、Thin デバイス、データ デバイス、ダイレクタ ポート、ディスクの数
  • [ストレージ]:総容量、使用済みの容量、空き容量

(注)  


最新の情報を表示するために、必ず [サマリー] タブの [更新] をクリックしてください。


適切なタブを使用して、次の VMAX デバイス、ビュー、プール、およびグループを作成できます。 ドリル ダウンで、各機能の詳細を表示することができます。
  • [Thinプール]:名前
  • [データデバイス]:[デバイス数]、[容量(GB)]、[エミュレーション]、[設定]、および [ディスクグループ]
  • [Thinデバイス]:[デバイス数]、[容量(GB)]、[エミュレーション]、[Thinプールへのバインド](オン/オフ)、および [100%事前割り当て] のオプション
  • [メタデバイス]:ヘッドになる Thin デバイスの選択、[メタタイプ]、およびメンバの選択
  • [イニシエータグループ]:[グループタイプ]([標準] または [カスケード化])、[グループ名]、[タイプ](iSCSI、FCP)、および [イニシエータ名] [一貫性のあるLUN](論理ユニット番号)をオンまたはオフに設定できます。
  • [ストレージグループ]:[グループタイプ]([空のストレージグループ] または [カスケード化ストレージグループ])、および [グループ名]
  • [ポートグループ]:[グループ名] および [ディレクタポートの選択]([すべて]、[なし]、または選択項目)
  • [マスクビュー]:ビュー名、ストレージ グループの選択、ホスト LUN ID(指定、または自動生成)、イニシエータ グループの選択、ポート グループの選択
VMAX システムに関するタブ内にある読み取り専用レポートの詳細には、次の情報が含まれています。
  • [フロントエンドダイレクタ]:[Symmetrix ID]、[ダイレクタモジュール]、[ステータス]、[タイプ]、[識別]、およびポート数とダイレクタ数
  • [バックエンドディレクタ]:[ダイレクタモジュール]、[ステータス]、[タイプ]、[識別]、およびポート数とダイレクタ数
  • [ダイレクタポート]:[ダイレクタモジュール]、[ポート]、[最大速度]、[ポートWWN]、および [ノードWWN]
  • [ディスク]:[レポートID]、[データセンター]、[アカウント名]、[Symmetrix ID]、[テクノロジー]、[ダイレクタモジュール]、外部開発、[ハイパーボリューム]、[ディスクのロケーション]、[ID]、[タイプ]、サービスのステータス、[ディスクグループ]、[ターゲットID]、[サービスの状態]、[外部WWN]、[速度]、[ホストのスペア]、[スピンドルID]、[ベンダー]、[ディスクグループ名]、[インターフェイス]、製品、およびディスク グループの容量データ
  • [機能]:[名前]、[タイプ]、[容量(GB)]、および Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ドライブの容量(GB)
  • [階層]:[階層名]、[階層タイプ]、[エミュレーション]、[ターゲットの保護]、ポート数とダイレクタ数、[テクノロジー]、[ディスクのロケーション]、および [タイプ]
  • [ライセンス]:[機能名]、[ライセンスタイプ]、および [容量タイプ]
  • [イニシエータ]:[イニシエータグループ]、Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の有効化、[ユーザポート名]、[ユーザノード名]、[イニシエータ]、[タイプ]、[iSCSI名]、[共通シリアル番号]、SPC2 プロトコル、SCSI サポート、環境、[ボリュームセットアドレッシング]、および他のデータ
  • [FASTポリシー]:[ポリシー名]、[階層]、[階層数]、[ストレージグループの数]、および [エミュレーション]
  • [メモリ]:[スロット番号] および [容量]