物理インフラストラクチャの管理
物理インフラストラクチャの管理

物理インフラストラクチャの管理

この章は、次の内容で構成されています。

物理インフラストラクチャの管理について

Cisco UCS Director では、物理および仮想の両方のインフラストラクチャを管理できます。Cisco UCS Director では、新しく作成された物理アカウントのすべてのコンポーネントを検出します。 通常、検出プロセスには約 5 分かかります。 ポッドを追加することも、デフォルトのポッドを使用することも可能です。 物理アカウントは、デフォルトのポッドにも、追加したポッドにも関連付けることができます。


(注)  


物理と仮想、どちらのタイプのインフラストラクチャを先に追加しても構いません。 Cisco UCS Director の物理アカウントには、仮想(クラウド)アカウントとの依存関係はありません。


サイトの追加

手順
    ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
    ステップ 2   [サイト管理] タブを選択します。
    ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
    ステップ 4   [サイトの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
    名前 説明

    [サイト名] フィールド

    サイトの記述名。

    [説明] フィールド(オプション)

    サイトの説明(ロケーション、重要度など)。

    [連絡先名] フィールド

    該当するサイトの担当者の名前。

    ステップ 5   [送信] をクリックします。

    Pod の追加

    手順
      ステップ 1   メニューバーで [管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
      ステップ 2   [POD] タブをクリックします。
      ステップ 3   [追加] をクリックします。
      ステップ 4   [PODの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
      名前 説明

      [名前] フィールド

      Pod の記述名です。

      [サイト] ドロップダウン リスト

      Pod を追加するサイトを選択します。 環境にサイトがない場合は、このステップを省略できます。

      [タイプ] ドロップダウン リスト

      追加する Pod のタイプを選択します。 次のサポートされたタイプのいずれかを指定できます。
      • [FlexPod]
      • [汎用]
      • [ExpressPodミディアム]
      • [VSPEX]
      • [ExpressPodスモール]
      • [Vblock]

      一般タイプ以外の Pod を選択した場合は、その Pod タイプに対応するライセンスが必要になります。 また、一般タイプ以外の Pod には、特定の物理コンポーネントおよび仮想コンポーネントのみが対応しています。 一般 Pod には、特定の Pod ライセンスは不要です。 一般 Pod には任意のタイプの物理コンポーネントまたは仮想コンポーネントを追加できます。 Pod ライセンスについての詳細は、『Cisco UCS Director Install and Upgrade Guides』を参照してください。

      [説明] フィールド

      (オプション)Pod の説明です。

      [住所] フィールド

      Pod の物理ロケーションです。 たとえば、このフィールドには Pod の市区町村、またはその他の内部的な識別子を入力します。

      [PODを非表示] チェックボックス

      統合チェック ビューに Pod を表示しない場合は、このチェックボックスをオンにして Pod を非表示にします。 Pod からアカウントの追加または削除は引き続き実行できます。

      たとえば、物理要素または仮想要素が何も存在しない Pod を統合ビューで非表示にするには、このチェックボックスを使用できます。

      ステップ 5   [追加] をクリックします。

      次の作業

      Pod にアカウントを 1 つ以上追加します。

      物理アカウントの追加

      手順
        ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
        ステップ 2   [物理アカウント] タブを選択します。
        ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
        ステップ 4   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
        名前 説明

        [ポッド] ドロップダウン リスト

        該当する物理アカウントが属するポッドを選択します。

        [カテゴリ] ドロップダウン リスト

        カテゴリ タイプ([コンピューティング] または [ストレージ])を選択します。 [ストレージ] を選択した場合、ステップ 5 に進みます。

        [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

        該当する物理アカウントのアカウント タイプを次の中から選択します。

        • UCSM
        • HP ILO
        • シスコのラック サーバ(CIMC)
        • IPMI

        [認証タイプ] ドロップダウン リスト

        該当するアカウントに使用する認証タイプを次の中から選択します。

        • [ローカル認証]:ローカル認証ユーザ アカウントは、ファブリック インターコネクトを通して直接認証され、管理者権限または AAA 権限のあるすべてのユーザにより有効化または無効化が可能です。

        [リモート認証]:リモート認証ユーザ アカウントは、LDAP、RADIUS、または TACACS+ を通して認証されるユーザ アカウントです。

        [サーバ管理] ドロップダウン リスト

        次のいずれかのオプションを選択して、該当するアカウントでのサーバの管理方法を選択します。

        • すべてのサーバを管理
        • 選択されたサーバのみ管理

        [アカウント名] フィールド

        追加する物理アカウントに割り当てる一意の名前。

        [サーバアドレス] フィールド

        サーバの IP アドレス。

        [ユーザ ID] フィールド

        該当するアカウントにアクセスするためのユーザ名。

        [パスワード] フィールド

        ユーザ名に対応するパスワード。

        [転送タイプ] ドロップダウン リスト

        アカウントに使用する転送タイプを選択します。

        転送タイプは次のいずれかになります。

        • http
        • https

        [ポート] フィールド

        サーバ ポート番号。

        [説明] フィールド

        アカウントの説明。

        [連絡先の電子メール] フィールド(オプション)

        アカウントの連絡先電子メール アドレス。

        [ロケーション] フィールド(オプション)

        ロケーション。

        [サービス プロバイダー] フィールド(オプション)

        サービス プロバイダーの名前(存在する場合)。

        ステップ 5   該当するアカウントが [ストレージ] の場合、適切なアカウント タイプ([NetApp ONTAP]、[NetApp OnCommand]、[EMC VNX]、[EMC VMAX Solutions Enabler]、または [WHIPTAIL])を選択します。
        ステップ 6   [追加] をクリックします。

        マルチドメイン マネージャ アカウントの追加

        はじめる前に

        このタスクを実行するには、アプライアンスにログインする必要があります。

        手順
          ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
          ステップ 2   [マルチドメインマネージャ] タブを選択します。
          ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
          ステップ 4   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
          名前 説明

          [アカウント名] フィールド

          該当するマルチドメイン マネージャ アカウントが属するアカウント名を選択します。

          [説明] フィールド

          (オプション)アカウントの説明。

          [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

          該当するマルチドメイン マネージャ アカウントのアカウント タイプを次の中から選択します。

          • [PNSC]:Cisco Prime Network Services Controller アカウント。
          • [UCS Central]:Cisco UCS Central アカウント。

          [サーバアドレス] フィールド

          マルチドメイン マネージャ アカウントを管理するサーバの IP アドレスを入力します。

          [アカウント名] フィールド

          追加する物理アカウントに割り当てる一意の名前。

          [サーバアドレス] フィールド

          サーバの IP アドレス。

          [ユーザ ID] フィールド

          該当するアカウントにアクセスするためのユーザ名。

          [パスワード] フィールド

          ユーザ名に対応するパスワード。

          [転送タイプ] ドロップダウン リスト

          アカウントに使用する転送タイプを選択します。 次のいずれかになります。

          • http
          • https

          [ポート] フィールド

          サーバ ポート番号。 デフォルトのポートは 443 です。

          [連絡先の電子メール] フィールド

          (オプション)アカウントの連絡先電子メール アドレス。

          [ロケーション] フィールド

          (オプション)ロケーション。

          ステップ 5   [送信] をクリックします。

          ネットワーク機器の追加

          はじめる前に

          このタスクを実行するには、アプライアンスにログインする必要があります。

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
            ステップ 2   [管理するネットワーク機器] タブを選択します。
            ステップ 3   [ネットワーク機器の追加] をクリックします。
            ステップ 4   [ネットワーク機器の追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
            名前 説明

            [ポッド] ドロップダウン リスト

            ネットワーク要素が属するポッドを選択します。

            [デバイスカテゴリ] ドロップダウン リスト

            該当するネットワーク要素のデバイス カテゴリを選択します。

            [デバイスIP] フィールド

            該当するデバイスの IP アドレス。

            [プロトコル] ドロップダウン リスト

            使用するプロトコルを選択します。 次のいずれかになります。

            • telnet
            • ssh

            [ポート] フィールド

            使用するポート。

            [ログイン] フィールド

            ログイン名。

            [パスワード] フィールド

            ログイン名に対応するパスワード。

            [イネーブルパスワード] フィールド

            該当するネットワーク要素のイネーブルパスワード。

            ステップ 5   [送信] をクリックします。

            DHCP ロギングの有効化

            はじめる前に

            このタスクを実行するには、アプライアンスにログインする必要があります。

            手順
              ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
              ステップ 2   [ネットワークサービスエージェント] タブを選択します。
              ステップ 3   [組み込みネットワークサービス] をクリックします。
              ステップ 4   [組み込みネットワークサービス] ダイアログボックスで、[DHCPロギングを有効にする] チェックボックスをオンにします。

              接続のテスト

              管理するネットワーク機器および物理アカウントの接続をテストできます。

              管理するネットワーク機器の接続のテスト

              手順
                ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
                ステップ 2   [管理するネットワーク機器] タブを選択します。
                ステップ 3   接続をテストするポッドを選択します。
                ステップ 4   [テスト接続] をクリックします。

                物理アカウントへの接続のテスト

                Pod へのアカウントの追加後は、いつでも接続をテストできます。

                手順
                  ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
                  ステップ 2   テストするアカウントのタイプに対応するタブをクリックします。

                  たとえば、[物理アカウント] タブまたは [マルチドメインマネージャ] タブをクリックします。

                  ステップ 3   テーブルで、接続をテストするアカウントの行をクリックします。
                  ステップ 4   [テスト接続] をクリックします。
                  ステップ 5   接続テストが完了したら、[閉じる] をクリックします。

                  次の作業

                  接続に失敗する場合は、ユーザ名やパスワードなど、アカウントの設定を確認してください。 これらが正しい場合は、ネットワーク接続の問題がないかどうかを確認します。

                  デバイス検出の有効化

                  手順
                    ステップ 1   メニュー バーで [管理] > [物理アカウント] を選択します。
                    ステップ 2   デバイス検出を確認するアカウントをクリックします。
                    ステップ 3   [検出されたデバイス] タブを選択します。
                    ステップ 4   [設定の検出] アイコンをクリックします。 最初の [設定の検出] ダイアログボックスが表示されます。
                    ステップ 5   検出を有効にするには、[検出を有効にする] チェックボックスをオンにします。
                    ステップ 6   [設定の検出] ダイアログボックスで、IP アドレス範囲フィールドに入力し、次のフィールドのデフォルト値が環境に適切かどうかを確認します。

                    名前

                    説明

                    [検出を有効にする] チェックボックス

                    このアカウントのデバイス検出を有効にするために、チェックボックスはデフォルトでオンになっています。

                    IP範囲

                    デバイス検出の IP アドレス範囲。

                    TCPタイムアウト(ミリ秒単位)

                    TCP タイムアウト(ミリ秒単位)(デフォルト値は 2000 ミリ秒)。

                    SNMPタイムアウト(ミリ秒単位)

                    SNMP タイムアウト(ミリ秒単位)(デフォルト値は 1500 ミリ秒)。

                    SNMPコミュニティストリング

                    SNMP コミュニティ ストリング(デフォルトは public)。

                    ステップ 7   [送信] をクリックします。