Cisco UCS Central Faults リファレンス、リリース 1.2
Resource Manager の障害
Resource Manager の障害
発行日;2015/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Resource Manager の障害

fltStorageItemCapacityExceeded

fltStorageItemCapacityWarning

fltComputeGroupMembershipGroup-Membership-State-Fault

fltComputeGroupMembershipGroup-Membership-Group-Fault

fltOrgDomainGroupPolicyUCS-Grouping-Policy-Fault

fltCommSvcEpCommSvcNotDeployed

fltVnicFcIfVsanUnresolvable

fltVnicEtherIfVlanUnresolvable

fltVnicEtherIfVlanAccessFault

fltVnicEtherIfVlanSyncFault

fltVnicFcIfVsanSyncFault

fltVnicEtherUnassociatedVnicIfFault

fltVnicFcUnassociatedVnicIfFault

fltLsSPMetaUngrouped-domain

fltLsServerFailed

fltLsServerDiscoveryFailed

fltLsServerConfigFailure

fltLsServerMaintenanceFailed

fltLsServerRemoved

fltLsServerInaccessible

fltLsServerAssociationFailed

fltLsComputeBindingAssignmentRequirementsNotMet

fltLsServerUnassociated

fltLsServerServer-unfulfilled

fltLsmaintMaintPolicyUnresolvableScheduler

fltComputePoolEmpty

fltComputeAOperationRemote-operation-fail

fltLsIssuesConfigFailure

fltVnicFaultVlanSyncFault

fltVnicMgmtIfVlanUnresolvable

fltVnicMgmtIfVlanAccessFault

fltVnicMgmtIfVlanSyncFault

fltVnicMgmtUnassociatedVnicIfFault

fltPkiTPStatus

fltPkiKeyRingStatus

fltQueryUsageContextTimeout

fltQueryUsageContextFailed

fltQueryDependencyContextTimeout

fltQueryDependencyContextFailed

fltQueryImportContextTimeout

fltQueryImportContextFailed

fltComputeRemoteOpStatusRemote-op-failed

Resource Manager の障害

初版発行日:2014 年 7 月 23 日
最終更新日:2014 年 7 月 23 日

fltStorageItemCapacityExceeded

障害コード:F10000034

メッセージ

Disk usage for partition [systemName] [name] exceeded 70%

説明

この障害は、パーティションのディスク使用率が 70% を超えているが 90% 未満である場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 未使用のファイルと不要なファイルを削除して、パーティションのディスク使用率を 70% 未満に減らします。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: capacity-exceeded
mibFaultCode: 10000034
mibFaultName: fltStorageItemCapacityExceeded
moClass: storage:Item
Type: environmental
Auto Cleared: true
Affected MO: compute/sys-[id]/switch-[id]/stor-part-[name]
Affected MO: sys/switch-[id]/stor-part-[name]

fltStorageItemCapacityWarning

障害コード:F10000035

メッセージ

Disk usage for partition [systemName] [name] exceeded 90%

説明

この障害は、パーティションのディスク使用率が 90% を超えている場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 未使用のファイルと不要なファイルを削除して、パーティションのディスク使用率を 90% 未満に減らします。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: capacity-exceeded
mibFaultCode: 10000035
mibFaultName: fltStorageItemCapacityWarning
moClass: storage:Item
Type: environmental
Auto Cleared: true
Affected MO: compute/sys-[id]/switch-[id]/stor-part-[name]
Affected MO: sys/switch-[id]/stor-part-[name]

fltComputeGroupMembershipGroup-Membership-State-Fault

障害コード:F10000261

メッセージ

UCS to Group Membership cannot be processed.[configStatusMessage]

説明

この障害は、グループ メンバシップが処理できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 追加情報については、障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: invalid-config
mibFaultCode: 10000261
mibFaultName: fltComputeGroupMembershipGroupMembershipStateFault
moClass: compute:GroupMembership
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: compute/membership-[ip]

fltComputeGroupMembershipGroup-Membership-Group-Fault

障害コード:F10000262

メッセージ

Group [groupDn] doesn't exist.

説明

この障害は、グループが存在しないため UCS ドメインのグループ メンバシップが処理できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 既存のドメイン グループを提供してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: invalid-config
mibFaultCode: 10000262
mibFaultName: fltComputeGroupMembershipGroupMembershipGroupFault
moClass: compute:GroupMembership
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: compute/membership-[ip]

fltOrgDomainGroupPolicyUCS-Grouping-Policy-Fault

障害コード:F10000263

メッセージ

UCS Grouping Policy cannot be processed.[configStatusMessage]

説明

ドメイン グループ ポリシーが適用できません。この障害は通常、ドメイン グループ ポリシーのドメイン グループまたは登録ポリシーのセットがない場合に発生します。詳細については、障害メッセージを確認してください。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 有効なドメイン グループおよび登録ポリシーがこのドメイン グループ ポリシーに関連付けられていることを確認します。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: invalid-config
mibFaultCode: 10000263
mibFaultName: fltOrgDomainGroupPolicyUCSGroupingPolicyFault
moClass: org:DomainGroupPolicy
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/domaingroup-policy-[name]

fltCommSvcEpCommSvcNotDeployed

障害コード:F10000339

メッセージ

Communication Service configuration can't be deployed.Error: [configStatusMessage]

説明

この障害は通常、Cisco UCS Manager が無効な通信ポリシー構成を検出したために発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 すべての通信サービスで設定されているポートが一意であることを確認します。

障害の詳細

Severity: major
Cause: comm-svc-config-error
mibFaultCode: 10000339
mibFaultName: fltCommSvcEpCommSvcNotDeployed
moClass: comm:SvcEp
Type: comm-svc-not-deployed
Auto Cleared: true
Affected MO: compute/sys-[id]/svc-ext
Affected MO: sys/svc-ext

fltVnicFcIfVsanUnresolvable

障害コード:F10000388

メッセージ

The named vsan [name] for vNIC [name] cannot be resolved

説明

この障害(警告)は、サービス プロファイルの vnic インターフェイス(SAN)が解決できない場合に発生します。

推奨処置

この障害は、次のアクションのいずれかを実行すると削除されます。


ステップ 1 既存の VSAN に vnic インターフェイス名を変更します。

ステップ 2 名前付き vsan を作成します。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: referenced-vsan-unresolvable
mibFaultCode: 10000388
mibFaultName: fltVnicFcIfVsanUnresolvable
moClass: vnic:FcIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/san-conn-pol-[name]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/san-conn-templ-[name]/if-default

fltVnicEtherIfVlanUnresolvable

障害コード:F10000389

メッセージ

The named vlan [name] for vNIC [name] cannot be resolved

説明

この障害(警告)は、サービス プロファイルの vnic インターフェイス(LAN)が解決できない場合に発生します。

推奨処置

この障害は、次のアクションのいずれかを実行すると削除されます。


ステップ 1 既存の VLAN に vnic インターフェイス名を変更します。

ステップ 2 名前付き vlan を作成します。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: referenced-vlan-unresolvable
mibFaultCode: 10000389
mibFaultName: fltVnicEtherIfVlanUnresolvable
moClass: vnic:EtherIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-templ-[name]/if-[name]

fltVnicEtherIfVlanAccessFault

障害コード:F10000390

メッセージ

The named vlan [name] for vNIC [name] cannot be accessed from org [name]

説明

この障害は通常、サービス プロファイルの vnic インターフェイス(LAN)が解決可能であるが、サービス プロファイルが vlan にアクセスできない場合に発生します。

推奨処置

この障害は、次のアクションのいずれかを実行すると削除されます。


ステップ 1 vnic のインターフェイス名をアクセスできる VLAN に変更します。

ステップ 2 サービス プロファイルの組織(または親組織)で vlan 許可または vlan グループ許可を作成して、名前付き vlan へのアクセスを構成します。

障害の詳細

Severity: major
Cause: inaccessible-vlan-referenced
mibFaultCode: 10000390
mibFaultName: fltVnicEtherIfVlanAccessFault
moClass: vnic:EtherIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-templ-[name]/if-[name]

fltVnicEtherIfVlanSyncFault

障害コード:F10000391

メッセージ

The named vlan [name] for vNIC [name] cannot be pushed to UCSM

説明

vlan を UCSM にプッシュダウンできませんでした。この障害は通常、同じ名前の vlan が UCSM ドメインにすでに存在するか、vlan ID がすでに取得されているため設定できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 vlan が UCSM ドメインにすでにある場合は、ローカルの vlan を削除します。

ステップ 2 vlan ID がすでに取得されている場合は、その vlan ID を変更します。

ステップ 3 vlan がない場合は、vnic の参照を削除します。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: fail-sync-to-ucsm
mibFaultCode: 10000391
mibFaultName: fltVnicEtherIfVlanSyncFault
moClass: vnic:EtherIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]/if-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-templ-[name]/if-[name]

fltVnicFcIfVsanSyncFault

障害コード:F10000392

メッセージ

The named vsan [name] for vHBA [name] cannot be pushed to UCSM

説明

vsan を UCSM にプッシュダウンできませんでした。この障害は通常、同じ名前の vsan が UCSM ドメインにすでに存在するか、vsan ID がすでに取得されているため設定できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 vsan が UCSM ドメインにすでにある場合は、ローカルの vsan を削除します。

ステップ 2 vsan ID がすでに取得されている場合は、その vsan ID を変更します。

ステップ 3 vsan がない場合は、vhba の参照を削除します。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: fail-sync-to-ucsm
mibFaultCode: 10000392
mibFaultName: fltVnicFcIfVsanSyncFault
moClass: vnic:FcIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/san-conn-pol-[name]/fc-[name]/if-default
Affected MO: org-[name]/san-conn-templ-[name]/if-default

fltVnicEtherUnassociatedVnicIfFault

障害コード:F10000393

メッセージ

[name] isn't associated with any VLAN

説明

未設定。

推奨処置

未設定。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: unassociated-vlan
mibFaultCode: 10000393
mibFaultName: fltVnicEtherUnassociatedVnicIfFault
moClass: vnic:Ether
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]

fltVnicFcUnassociatedVnicIfFault

障害コード:F10000394

メッセージ

[name] isn't associated with any VSAN

説明

この vhba と関連付けられた vsan はありません。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 vsan をこの vhba と関連付けます。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: unassociated-vlan
mibFaultCode: 10000394
mibFaultName: fltVnicFcUnassociatedVnicIfFault
moClass: vnic:Fc
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/fc-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/fc-[name]
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/fc-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/fc-[name]
Affected MO: org-[name]/san-conn-pol-[name]/fc-[name]

fltLsSPMetaUngrouped-domain

障害コード:F10000396

メッセージ

Unable to resolve Vsans/vlans.Service profile deployed on [serverDn] failed due to an ungrouped domain.

説明

サーバの導入に失敗しました。この障害は通常、サービス プロファイルが Vlan または Vsan を使用するが、グループ化されていないドメインに属する物理ブレード/サーバに導入される場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ドメインに物理サーバの UCS を追加します。

ステップ 2 Vnic からインターフェイス名を削除します。サービス プロファイルから Vlan または Vsan の使用を削除します。

障害の詳細

Severity: major
Cause: ungrouped-domain
mibFaultCode: 10000396
mibFaultName: fltLsSPMetaUngroupedDomain
moClass: ls:SPMeta
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/spmeta
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/spmeta

fltLsServerFailed

障害コード:F10000397

メッセージ

Service profile [name] failed

説明

サーバに障害が発生しました。一般的にこの障害は、アダプタの電源投入時自己診断テストで重大かつ深刻なエラーが発生した場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバの POST の結果をチェックします。Cisco UCS Manager GUI では、サーバの [General] タブから POST の結果にアクセスできます。Cisco UCS Manager CLI では、サーバのスコープの下で show post コマンドを使用すると POST の結果にアクセスできます。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: server-failed
mibFaultCode: 10000397
mibFaultName: fltLsServerFailed
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerDiscoveryFailed

障害コード:F10000398

メッセージ

Service profile [name] discovery failed

説明

サーバがサービス プロファイルに関連付けられたときに発生するシャロー ディスカバリが失敗しました。サーバがアップしておりデータ パスが機能している場合、この障害は、一般的に次のいずれかの問題の結果として発生します。

Cisco UCS Manager がサーバの CIMC と通信できない。

サーバがファブリック インターコネクトと通信できない。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 [FSM] タブをチェックして、サーバの現在の状態と FSM の動作を表示します。

ステップ 2 エラーの説明をチェックして、サーバ コンポーネントがエラーを示していないかを確認します。

ステップ 3 サーバまたはサーバ コンポーネントに障害が発生している場合は、次の処理を実行します。

ステップ 4 サーバの動作状態をチェックします。

ステップ 5 サーバが動作不能である場合は、サーバを再認識します。

ステップ 6 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: discovery-failed
mibFaultCode: 10000398
mibFaultName: fltLsServerDiscoveryFailed
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerConfigFailure

障害コード:F10000399

メッセージ

Service profile [name] configuration failed due to [configQualifier]

説明

指定された設定の修飾子を使用できません。通常、この障害は、指定された修飾子と一致するリソースが不足しているために、Cisco UCS Manager が正常にサービス プロファイルを展開できないために発生します。たとえば、次のような場合にこの障害が発生する可能性があります。

サービス プロファイルが vHBA を持つサーバのアダプタ用に設定されているが、サーバのアダプタは vHBA をサポートしていない。

サービス プロファイルがサーバ プールを含むテンプレートから作成されており、サーバ プールが空になっている。

サービス プロファイルのローカル ディスクの設定ポリシーには No Local Storage モードが指定されているが、サーバにはローカル ディスクが含まれている。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サービス プロファイルに関連付けられたサーバ プールのステータスを確認します。プールが空の場合は、ブレード サーバを追加します。

ステップ 2 サーバの状態をチェックし、サーバが検出済みまたは関連付けられていない状態であることを確認します。

ステップ 3 サーバが関連付けられている、または未検出である場合は、次のいずれかを実行します。

サーバを検出する。

現在のサービス プロファイルからサーバの関連付けを解除する。

別のサーバを選択してサービス プロファイルに関連付ける。

ステップ 4 サービス プロファイルの各ポリシーを確認し、選択したサーバがポリシーの要件を満たしていることを確認します。

ステップ 5 サーバがサービス プロファイルの要件を満たしていない場合は、次のいずれかを実行します。

サーバに合わせてサービス プロファイルを修正する。

要件を満たす別のサーバを選択して、サービス プロファイルに関連付ける。

ステップ 6 サーバがサービス プロファイルの要件を満たしていることを確認できた場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: configuration-failure
mibFaultCode: 10000399
mibFaultName: fltLsServerConfigFailure
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerMaintenanceFailed

障害コード:F10000400

メッセージ

Service profile [name] maintenance failed

説明

Cisco UCS Manager では現在この障害情報を使用していません。

推奨処置

この障害が発生した場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: maintenance-failed
mibFaultCode: 10000400
mibFaultName: fltLsServerMaintenanceFailed
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerRemoved

障害コード:F10000401

メッセージ

Service profile [name] underlying resource removed

説明

Cisco UCS Manager が、サービス プロファイルに関連付けられたサーバにアクセスできません。通常、この障害は、次のいずれかの問題の結果として発生します。

サーバが物理的にスロットから取り外された。

サーバが使用できない。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバがスロットから取り外された場合は、サーバをスロットに取り付け直します。

ステップ 2 サーバが取り外されていない場合は、いったんサーバを取り外し、取り付け直します。
注:サーバが動作可能である場合は、このアクションによって現在の動作が中断される可能性があります。

ステップ 3 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: equipment-removed
mibFaultCode: 10000401
mibFaultName: fltLsServerRemoved
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerInaccessible

障害コード:F10000402

メッセージ

Service profile [name] cannot be accessed

説明

Cisco UCS Manager がサーバの CIMC と通信できない。通常、この障害は、次のいずれかの問題の結果として発生します。

サーバの 1 つまたは複数のポートで障害が発生した。

I/O モジュールがオフラインである。

BMC で障害が発生した。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 Cisco UCS Manager で CIMC がダウンしていると表示されている場合は、物理的にサーバを装着し直します。

ステップ 2 Cisco UCS Manager でサーバのポートに障害があると表示されている場合は、そのポートをイネーブルにしてみます。

ステップ 3 I/O モジュールがオフラインである場合は、そのコンポーネントの障害をチェックします。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: server-inaccessible
mibFaultCode: 10000402
mibFaultName: fltLsServerInaccessible
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerAssociationFailed

障害コード:F10000403

メッセージ

Service profile [name] association failed for [pnDn]

説明

サービス プロファイルにサーバを関連付けることができませんでした。一般的にこの障害は、Cisco UCS Manager が次の 1 つまたは複数と通信できないために発生します。

ファブリック インターコネクト

サーバの CIMC

SAS コントローラのドライバ

サーバ

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバとサービス プロファイルの [FSM] タブをチェックして、アソシエーションが失敗した理由を判断します。

ステップ 2 サーバがブーティングなどの不適切な状態のままである場合は、サーバの電源を再投入します。

ステップ 3 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: association-failed
mibFaultCode: 10000403
mibFaultName: fltLsServerAssociationFailed
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsComputeBindingAssignmentRequirementsNotMet

障害コード:F10000404

メッセージ

Assignment of service profile [name] to server [pnDn] failed

説明

選択したサービス プロファイルにサーバを割り当てられませんでした。通常、この障害は、次のいずれかの問題の結果として発生します。

選択したサーバがサービス プロファイルの要件を満たしていない。

サービス プロファイルが制限付き移行用に設定されている場合、選択したサーバが現在または以前に割り当てられているサーバと一致していない。

推奨処置

この障害が発生した場合は、サービス プロファイルの要件を満たしているか、現在または以前に割り当てられているサーバと一致する別のサーバを選択します。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: assignment-failed
mibFaultCode: 10000404
mibFaultName: fltLsComputeBindingAssignmentRequirementsNotMet
moClass: ls:ComputeBinding
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/

fltLsServerUnassociated

障害コード:F10000405

メッセージ

Service profile [name] is not associated

説明

サービス プロファイルがまだサーバまたはサーバ プールに関連付けられていません。通常、この障害は、次のいずれかの問題の結果として発生します。

サーバ プールに受け入れ可能なサーバがない。

アソシエーションが失敗した。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サービス プロファイルを関連付けない場合は、この障害を無視します。

ステップ 2 サービス プロファイルを関連付ける場合は、アソシエーションのエラーをチェックします。

ステップ 3 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: unassociated
mibFaultCode: 10000405
mibFaultName: fltLsServerUnassociated
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsServerServer-unfulfilled

障害コード:F10000406

メッセージ

Server [pnDn] does not fulfill Service profile [name] due to [configQualifier]

説明

サーバは、サービス プロファイルの資格の要件を満たしていません。通常、この障害は、次のいずれかの問題の結果として発生します。

サーバが物理的に変更された。

サーバの必要なコンポーネントに障害が発生した。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバ インベントリをサービス プロファイルの資格と比較してチェックします。

ステップ 2 サーバ インベントリがサービス プロファイルの資格を満たしていない場合は、次のいずれかを実行します。

サーバを別のサービス プロファイルと関連付けます。

現在のサービス プロファイルの資格に適した十分なリソースがサーバにあることを確認します。

ステップ 3 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: server-failed
mibFaultCode: 10000406
mibFaultName: fltLsServerServerUnfulfilled
moClass: ls:Server
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]
Affected MO: org-[name]/ls-[name]

fltLsmaintMaintPolicyUnresolvableScheduler

障害コード:F10000407

メッセージ

Schedule [schedName] referenced by maintenance policy [name] does not exist

説明

メンテナンス ポリシーによって参照されているスケジュールが存在していません。通常、この障害は、次のいずれかの問題の結果として発生します。

スケジュールが存在しない。

スケジュールが削除された。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 指定されたスケジュールが存在するかどうかを確認します。削除または欠落している場合は、作成してみます。

ステップ 2 指定されたスケジュールが削除または欠落している場合は、再作成します。

ステップ 3 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: non-existent-scheduler
mibFaultCode: 10000407
mibFaultName: fltLsmaintMaintPolicyUnresolvableScheduler
moClass: lsmaint:MaintPolicy
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: domaingroup-[name]/maint-[name]
Affected MO: org-[name]/maint-[name]

fltComputePoolEmpty

障害コード:F10000557

メッセージ

server pool [name] is empty

説明

通常、この障害は、選択したサーバ プールにサーバが含まれていない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバ プール ポリシー資格情報の修飾子設定を確認します。サーバの検出後にポリシーが変更されている場合は、サーバを再認識します。

ステップ 2 手動でサービス プロファイルをサーバと関連付けます。

ステップ 3 サーバ プールを使用していない場合は、障害を無視します。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: empty-pool
mibFaultCode: 10000557
mibFaultName: fltComputePoolEmpty
moClass: compute:Pool
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/compute-pool-[name]

fltComputeAOperationRemote-operation-fail

障害コード:F10000558

メッセージ

Remote opearation failed in UCSM.Error Code: [[remoteErrorCode]].[remoteErrorDescr]

説明

この障害は通常、UCS Central で行われた物理的なリモート操作がエラー状態に遭遇した場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM クライアントが登録された動作ステータスにあることを確認します。

ステップ 2 UCSM クライアントが接続された接続ステータスにあることを確認します。

ステップ 3 UCSM クライアントが応答していない場合は、同じオブジェクトでの操作を再試行する前に 30 秒間待機します。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: info
Cause: remote-operation-fail
mibFaultCode: 10000558
mibFaultName: fltComputeAOperationRemoteOperationFail
moClass: compute:AOperation
Type: configuration
Auto Cleared: true

fltLsIssuesConfigFailure

障害コード:F10000571

メッセージ

Service profile [name] configuration failed due to [iscsiConfigIssues] [networkConfigIssues] [serverConfigIssues] [storageConfigIssues] [vnicConfigIssues]

説明

指定された設定の修飾子を使用できません。通常、この障害は、指定された修飾子と一致するリソースが不足しているために、Cisco UCS Manager が正常にサービス プロファイルを展開できないために発生します。たとえば、次のような場合にこの障害が発生する可能性があります。

サービス プロファイルが vHBA を持つサーバのアダプタ用に設定されているが、サーバのアダプタは vHBA をサポートしていない。

サービス プロファイルがサーバ プールを含むテンプレートから作成されており、サーバ プールが空になっている。

サービス プロファイルのローカル ディスクの設定ポリシーには No Local Storage モードが指定されているが、サーバにはローカル ディスクが含まれている。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サービス プロファイルに関連付けられたサーバ プールのステータスを確認します。プールが空の場合は、ブレード サーバを追加します。

ステップ 2 サーバの状態をチェックし、サーバが検出済みまたは関連付けられていない状態であることを確認します。

ステップ 3 サーバが関連付けられている、または未検出である場合は、次のいずれかを実行します。

サーバを検出する。

現在のサービス プロファイルからサーバの関連付けを解除する。

別のサーバを選択してサービス プロファイルに関連付ける。

ステップ 4 サービス プロファイルの各ポリシーを確認し、選択したサーバがポリシーの要件を満たしていることを確認します。

ステップ 5 サーバがサービス プロファイルの要件を満たしていない場合は、次のいずれかを実行します。

サーバに合わせてサービス プロファイルを修正する。

要件を満たす別のサーバを選択して、サービス プロファイルに関連付ける。

ステップ 6 サーバがサービス プロファイルの要件を満たしていることを確認できた場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: configuration-failure
mibFaultCode: 10000571
mibFaultName: fltLsIssuesConfigFailure
moClass: ls:Issues
Type: server
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/config-issue
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/config-issue
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/config-issue

fltVnicFaultVlanSyncFault

障害コード:F10000572

メッセージ

The named vXan [name] cannot be pushed to UCSM.UCSM Message - [descr]

説明

vlan/vsan を UCSM にプッシュダウンできませんでした。この障害は通常、同じ名前の vlan/vsan が UCSM ドメインにすでに存在するか、vlan/vsan ID がすでに取得されているため設定できない場合に発生します。詳細については、障害メッセージを確認してください。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 vlan/vsan が UCSM ドメインにすでにある場合は、ローカルの vlan/vsan を削除します。

ステップ 2 vlan/vsan ID がすでに取得されている場合は、その vlan/vsan ID を変更します。

ステップ 3 vlan/vsan がない場合は、vnic/vhba の参照を削除します。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: fail-sync-to-ucsm
mibFaultCode: 10000572
mibFaultName: fltVnicFaultVlanSyncFault
moClass: vnic:Fault
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if/fault-if
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/iscsi-[name]/vlan/fault-if
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/fc-[name]/if-default/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/fc-[name]/if-default/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/fc-[name]/if-default/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/fc-[name]/if-default/fault-if
Affected MO: org-[name]/san-conn-pol-[name]/fc-[name]/if-default/fault-if
Affected MO: org-[name]/san-conn-templ-[name]/if-default/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-templ-[name]/fcoe/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-templ-[name]/if-[name]/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/ether-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/ether-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/ether-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-templ-[name]/if-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/iscsi-boot-params/boot-vnic-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/iscsi-boot-params/boot-vnic-[name]/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/req-[name]/inst-[id]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/inst-[id]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if
Affected MO: org-[name]/lan-conn-pol-[name]/iscsi-[name]/vlan/ipv4/fault-if

fltVnicMgmtIfVlanUnresolvable

障害コード:F10000573

メッセージ

The named vlan [name] for vNIC [name] cannot be resolved

説明

この障害(警告)は、サービス プロファイルの vnic インターフェイス(LAN)が解決できない場合に発生します。

推奨処置

この障害は、次のアクションのいずれかを実行すると削除されます。


ステップ 1 既存の VLAN に vnic インターフェイス名を変更します。

ステップ 2 名前付き vlan を作成します。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: referenced-vlan-unresolvable
mibFaultCode: 10000573
mibFaultName: fltVnicMgmtIfVlanUnresolvable
moClass: vnic:MgmtIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if

fltVnicMgmtIfVlanAccessFault

障害コード:F10000574

メッセージ

The named vlan [name] for vNIC [name] cannot be accessed from org [name]

説明

この障害は通常、サービス プロファイルの vnic インターフェイス(LAN)が解決可能であるが、サービス プロファイルが vlan にアクセスできない場合に発生します。

推奨処置

この障害は、次のアクションのいずれかを実行すると削除されます。


ステップ 1 vnic のインターフェイス名をアクセスできる VLAN に変更します。

ステップ 2 サービス プロファイルの組織(または親組織)で vlan 許可または vlan グループ許可を作成して、名前付き vlan へのアクセスを構成します。

障害の詳細

Severity: major
Cause: inaccessible-vlan-referenced
mibFaultCode: 10000574
mibFaultName: fltVnicMgmtIfVlanAccessFault
moClass: vnic:MgmtIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if

fltVnicMgmtIfVlanSyncFault

障害コード:F10000575

メッセージ

The named vlan [name] for vNIC [name] cannot be pushed to UCSM

説明

vlan を UCSM にプッシュダウンできませんでした。この障害は通常、同じ名前の vlan が UCSM ドメインにすでに存在するか、vlan ID がすでに取得されているため設定できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 vlan が UCSM ドメインにすでにある場合は、ローカルの vlan を削除します。

ステップ 2 vlan ID がすでに取得されている場合は、その vlan ID を変更します。

ステップ 3 vlan がない場合は、vnic の参照を削除します。

ステップ 4 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: major
Cause: fail-sync-to-ucsm
mibFaultCode: 10000575
mibFaultName: fltVnicMgmtIfVlanSyncFault
moClass: vnic:MgmtIf
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/mgmt/mgmt-if

fltVnicMgmtUnassociatedVnicIfFault

障害コード:F10000576

メッセージ

[name] isn't associated with any VLAN

説明

この vnic と関連付けられた vlan はありません。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 vlan をこの vnic と関連付けます。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: warning
Cause: unassociated-vlan
mibFaultCode: 10000576
mibFaultName: fltVnicMgmtUnassociatedVnicIfFault
moClass: vnic:Mgmt
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: org-[name]/templ-[name]/ls-[name]/mgmt
Affected MO: org-[name]/ls-[name]/mgmt

fltPkiTPStatus

障害コード:F10000591

メッセージ

[name] Trustpoint's cert-chain is invalid, reason: [certStatus].

説明

この障害は、トラストポイントの証明書ステータスが無効になった場合に発生します。

推奨処置

未設定。

障害の詳細

Severity: major
Cause: invalid-trustpoint-cert-chain
mibFaultCode: 10000591
mibFaultName: fltPkiTPStatus
moClass: pki:TP
Type: security
Auto Cleared: true
Affected MO: sys/pki-ext/tp-[name]

fltPkiKeyRingStatus

障害コード:F10000592

メッセージ

[name] Keyring's certificate is invalid, reason: [certStatus].

説明

この障害は、キーリングの証明書ステータスが無効になった場合に発生します。

推奨処置

未設定。

障害の詳細

Severity: major
Cause: invalid-keyring-certificate
mibFaultCode: 10000592
mibFaultName: fltPkiKeyRingStatus
moClass: pki:KeyRing
Type: security
Auto Cleared: true
Affected MO: sys/pki-ext/keyring-[name]

fltQueryUsageContextTimeout

障害コード:F10000593

メッセージ

Getting usage for [targetDn] times out

説明

この障害は、UCS Central がタイムアウト期間内に UCSM から使用状況を取得できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM 接続のタイムアウトおよびその他の追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: get-usage-timeout
mibFaultCode: 10000593
mibFaultName: fltQueryUsageContextTimeout
moClass: query:UsageContext
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: query/usage-[sessionId]

fltQueryUsageContextFailed

障害コード:F10000594

メッセージ

Getting usage for [targetDn] fails, since [statusDescription]

説明

この障害は、UCS Central が UCSM から使用状況を取得できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM 接続の失敗およびその他の追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: get-usage-failed
mibFaultCode: 10000594
mibFaultName: fltQueryUsageContextFailed
moClass: query:UsageContext
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: query/usage-[sessionId]

fltQueryDependencyContextTimeout

障害コード:F10000595

メッセージ

Getting Dependency for [targetDn] times out

説明

この障害は、UCS Central がタイムアウト期間内に UCSM からポリシーの依存状態を取得できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM 接続のタイムアウトおよびその他の追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: get-dependency-timeout
mibFaultCode: 10000595
mibFaultName: fltQueryDependencyContextTimeout
moClass: query:DependencyContext
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: query/dependency-[sessionId]

fltQueryDependencyContextFailed

障害コード:F10000596

メッセージ

Getting Dependency for [targetDn] fails, since [statusDescription]

説明

この障害は、UCS Central が UCSM からポリシーの依存状態を取得できない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM 接続の失敗およびその他の追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: get-dependency-failed
mibFaultCode: 10000596
mibFaultName: fltQueryDependencyContextFailed
moClass: query:DependencyContext
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: query/dependency-[sessionId]

fltQueryImportContextTimeout

障害コード:F10000597

メッセージ

Importing for [targetDn] times out

説明

この障害は、UCS Central がタイムアウト期間内に UCSM からポリシーをインポートできない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM 接続のタイムアウトおよびその他の追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: import-timeout
mibFaultCode: 10000597
mibFaultName: fltQueryImportContextTimeout
moClass: query:ImportContext
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: query/import-[sessionId]

fltQueryImportContextFailed

障害コード:F10000598

メッセージ

Importing for [targetDn] fails, since [statusDescription]

説明

この障害は、UCS Central が UCSM からポリシーをインポートできない場合に発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 UCSM 接続の失敗およびその他の追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: minor
Cause: import-failed
mibFaultCode: 10000598
mibFaultName: fltQueryImportContextFailed
moClass: query:ImportContext
Type: configuration
Auto Cleared: true
Affected MO: query/import-[sessionId]

fltComputeRemoteOpStatusRemote-op-failed

障害コード:F10000634

メッセージ

Remote operation of type [opType] on [name] failed.Reason: [descr]

説明

この障害は、UCS ドメインでのリモート操作が失敗したときに発生します。

推奨処置

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 失敗した操作のタイプと追加情報が含まれる障害の説明を確認してください。

ステップ 2 上記のアクションで問題を解決できなかった場合は、show tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

障害の詳細

Severity: info
Cause: remote-failed
mibFaultCode: 10000634
mibFaultName: fltComputeRemoteOpStatusRemoteOpFailed
moClass: compute:RemoteOpStatus
Type: operational
Auto Cleared: true
Affected MO: extpol/reg/clients/client-[id]/backup-[hostname]/remote-op-status
Affected MO: sys/backup-[hostname]/remote-op-status