Cisco UCS Central インストレーション/アップグレード ガイド リリース 1.1
Cisco UCS Manager の使用
Cisco UCS Manager の使用
発行日;2013/11/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco UCS Manager の使用

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco UCS Manager および Cisco UCS Central

Cisco UCS Central は、1 つまたは複数のデータセンターでの複数の Cisco UCS ドメインの集中管理機能を実現します。 Cisco UCS Central は、増大する Cisco UCS 環境にスケーラブルな管理ソリューションを提供するために Cisco UCS Manager を使用します。 Cisco UCS Central は、Cisco UCS ドメインを管理するための基本エンジンである Cisco UCS Manager を交換しません。 その代わりに、Cisco UCS Manager で提供される機能に基づいて、各ドメインに変更を反映するために Cisco UCS Manager を操作します。

Cisco UCS Central では、API などの Cisco UCS Manager のすべてのローカル管理機能を、低減または変更しません。 これにより、Cisco UCS Central を使用する以前と同じ方法で Cisco UCS Manager の使用を継続できます。 また、既存のすべてのサードパーティ統合は変更せずに引き続き動作することができます。

Cisco UCS ドメインの登録

Cisco UCS Central から Cisco UCS Manager を管理するには、Cisco UCS CentralCisco UCS ドメインを登録します。 Cisco UCS ドメインは、ドメイン グループの一部またはグループ化されていないドメインとして登録できます。 ドメイン グループがある場合、ドメイン グループのすべての登録済みドメインは、共通のポリシーやその他の設定を共有できます。

(注)  


Cisco UCS Central を使用した初期登録プロセス中に、すべてのアクティブな ucsm GUI セッションが終了します。


Cisco UCS Central でドメインを登録する前に、次の手順を実行します

  • Cisco UCS Manager と Cisco UCS Central を確実に同期させるために、双方で NTP サーバおよび正しいタイム ゾーンを設定します。 Cisco UCS ドメインと Cisco UCS Central の日時が同期していない場合、登録は失敗する可能性があります。
  • Cisco UCS Central のホスト名または IP アドレスを取得します。 スタンドアロン モードの場合、各 VM の IP アドレスを使用します。 クラスタ モードでセットアップする場合は仮想 IP アドレスを使用します。
  • Cisco UCS Central を導入したときに設定した共有秘密を取得します。

(注)  


  • Cisco UCS Central に Cisco UCS ドメインを登録すると、Cisco UCS Manager で使用される IP を変更または交換できません。 IP アドレスを変更または交換する必要がある場合は、Cisco UCS Central からドメインの登録を解除して、IP アドレスを変更し、Cisco UCS Central に再登録してください。
  • Cisco UCS Manager の GUI または CLI を使用して、Cisco UCS ドメインを登録または登録解除できます。
  • 登録された Cisco UCS ドメインCisco UCS Central からのラウンドトリップが 300 ミリ秒以上遅延する場合、Cisco UCS ドメインのパフォーマンスに影響する可能性があります。


警告


Cisco UCS Central で登録する前に、Cisco UCS Manager をリリース 2.1(2) にアップグレードする必要があります。 Cisco UCS Manager リリース 2.1(1) を Cisco UCS Central リリース 1.1 に登録しようとすると、Cisco UCS Manager は登録が成功したことを表示します。 しかし、Cisco UCS Central インベントリでは登録された Cisco UCS ドメインが表示されません。 Cisco UCS Central の障害が、登録の失敗に関する重大なエラーを表示します。


Cisco UCS Manager GUI を使用して Cisco UCS ドメインを登録

手順
    ステップ 1   Cisco UCS Manager の [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [Communication Management] を展開します。
    ステップ 3   [UCS Central] ノードをクリックします。
    ステップ 4   [Actions] 領域で、[Register With UCS Central] をクリックします。
    ステップ 5   [Register with UCS Central] ダイアログボックスで、次を実行します。
    1. [Hostname/IP Address] フィールドに、ホスト名または IP アドレスを入力します。
    2. [Shared Secret] フィールドに、共有秘密またはパスワードを入力します。
    ステップ 6   [Policy Resolution Control] 領域で、Cisco UCS Central からポリシーまたは設定を管理する場合は [Global] をクリックし、Cisco UCS Manager からポリシーまたは設定を管理する場合は [Local] をクリックします。
    ステップ 7   [OK] をクリックします。

    Cisco UCS Manager CLI を使用して Cisco UCS ドメインを登録

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCS-A# scope system 

      システム モードを開始します。

       
      ステップ 2UCS-A/system # create control-ep policy ucs-central  

      Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録するために必要なポリシーを作成します。

      ucs-centralCisco UCS Central が展開されている仮想マシンのホスト名または IP アドレス です。

      (注)     

      IP アドレスではなくホスト名を使用する場合、DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインが Cisco UCS Central に登録されていない場合や、DNS 管理がローカルに設定されている場合、Cisco UCS Manager で DNS サーバを設定します。 Cisco UCS ドメインが Cisco UCS Central に登録されている場合や、DNS 管理がグローバルに設定されている場合、Cisco UCS Central で DNS サーバを設定します。

       
      ステップ 3Shared Secret for Registration: shared-secret  

      Cisco UCS Central を導入したときに設定された共有秘密(またはパスワード) を入力します。

       
      ステップ 4UCS-A/system/control-ep # commit-buffer 

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       

      次に、Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に IP アドレス 209.165.200.233 で登録し、トランザクションをコミットする例を示します。

      UCS-A# scope system
      UCS-A /system # create control-ep policy 209.165.200.233
      Shared Secret for Registration: S3cretW0rd!
      UCS-A /system/control-ep* # commit-buffer
      UCS-A /system/control-ep #

      Cisco UCS Manager GUI を使用して Cisco UCS ドメインを登録解除

      Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインを登録を解除すると、Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインのポリシーおよびその他の設定を管理できなくなります。

      手順
        ステップ 1   Cisco UCS Manager の [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
        ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [Communication Management] を展開します。
        ステップ 3   [UCS Central] ノードをクリックします。
        ステップ 4   [Actions] 領域で、[Unregister With UCS Central] をクリックします。
        ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
        ステップ 6   [OK] をクリックします。

        Cisco UCS Manager CLI を使用して Cisco UCS ドメインを登録解除

        Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインを登録を解除すると、Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインのポリシーおよびその他の設定を管理できなくなります。

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCS-A# scope system 

          システム モードを開始します。

           
          ステップ 2UCS-A/system # delete control-ep policy  

          ポリシーを削除し、Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインを登録解除します。

           
          ステップ 3UCS-A/system # commit-buffer 

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           

          次に、Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインの登録を解除し、トランザクションをコミットする例を示します。

          UCS-A# scope system
          UCS-A /system # delete control-ep policy
          UCS-A /system* # commit-buffer
          UCS-A /system #