Cisco UCS Central ネットワーク管理ガイド、リリース 1.4
ネットワーク プール
ネットワーク プール

ネットワーク プール

MAC プール

MAC プールは、ネットワーク ID(MAC アドレス)の集まりです。MAC アドレスはレイヤ 2 環境では一意で、サーバの vNIC に割り当てることができます。 Cisco UCS Central で作成された MAC プールは、Cisco UCS ドメイン間で共有できます。 サービス プロファイルで MAC プールを使用する場合は、サービス プロファイルに関連付けられたサーバで使用できるように MAC アドレスを手動で設定する必要はありません。

マルチテナント機能を実装しているシステムでは、組織階層を使用して、この MAC プールが特定のアプリケーションまたはビジネス サービスでのみ使用できるようにすることができます。 Cisco UCS Central は、名前解決ポリシーを使用してプールから MAC アドレスを割り当てます。

サーバに MAC アドレスを割り当てるには、vNIC ポリシーに MAC プールをインクルードする必要があります。 その後、この vNIC ポリシーは、このサーバに割り当てられたサービス プロファイルに含められます。

独自の MAC アドレスを指定することもできますし、シスコにより提供された MAC アドレスのグループを使用することもできます。

MAC プールの作成と編集

MAC プールを作成したら、選択した MAC プールの総括ページで [Edit] アイコンを選択することによって、それを編集することができます。 MAC プールを選択するには、[All Pools] ページにアクセスして、編集する MAC プールを選択します。 ページから、選択した MAC プールの総括ページにリダイレクトされます。


    ステップ 1   タスク バーで、「Create MAC Pool」を入力して、Enter キーを押します。

    これにより、[Create MAC Pool] ダイアログボックスが開きます。

    ステップ 2   [Basic] で、次の手順を実行します。
    1. [Organization] ドロップダウン リストからは、MAC プールを作成またはアクセスする組織またはサブ組織を選択します。
    2. プールの名前と説明を入力します。
    ステップ 3   [MAC Blocks] で、次の手順を実行します。
    1. プラス アイコンをクリックして、MAC アドレス ブロックを作成します。
    2. [MAC Block Start] 列に、ブロック内の最初の MAC アドレスを入力します。
    3. [Size] 列に、ブロック内の MAC アドレスの数を入力します。
    4. [Apply] アイコンをクリックします。

      MAC プールに関連したその他のフィールドが表示されます。

    5. [MAC Addresses] で、プール内の MAC アドレスの数、割り当てられた MAC アドレスの数、重複する MAC アドレス、および MAC サマリーをグラフで表示できます。
    6. [Access Control] で、このブロックに適用する ID 範囲アクセス コントロール ポリシーを選択します。 ポリシーが存在しない場合は、タスク バーで「Create ID Range Access Control Policy」と入力することによって、ポリシーを作成することができます。
    ステップ 4   [Create] をクリックします。

    次の作業

    MAC プールは、vNIC テンプレートにインクルードします。

    プールの削除

    プールを削除すると、Cisco UCS Central は、Cisco UCS Manager で vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスをそのプールから再割り当てしません。 削除されたプールのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

    • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

    • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

    • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。


      ステップ 1   ナビゲーション バーで、[Search] アイコンをクリックして、[Pools] を選択します。

      これにより、[All Pools] ダイアログボックスが開きます。

      ステップ 2   [Pool Name] カラムで、削除するプールを見つけます。

      次のいずれかの方法でプールを検索できます。

      • プールのリストを参照します。

      • [Search] アイコンをクリックして、プール名を入力します。

      • [Filters] カラムからプール タイプを選択します。

      ステップ 3   プールをダブルクリックします。

      これにより、選択されたプールの総括ページが開きます。

      ステップ 4   削除アイコンをクリックします。

      Cisco UCS Central に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Delete] をクリックします。