Cisco UCS Director ストレージ管理ガイド リリース 1.4
vHBA 管理
vHBA 管理

vHBA 管理

vHBA テンプレートの作成または編集

特定の vHBA テンプレートを編集するには、検索バーで「vHBA Template」と入力して、編集する vHBA テンプレートを検索します。


(注)  


グローバル vHBA は Cisco UCS Manager で作成されたローカル サービス プロファイルで使用できます。



    ステップ 1   タスク バーで、「Create vHBA Template」と入力して、Enter キーを押します。

    これにより、[Create vHBA Template] ダイアログボックスが開きます。

    ステップ 2   [Basic] で、vHBA テンプレートを作成する [Organization] を選択します。
    1. [Name] と [Description] を入力します。
    2. [Type] および [Fabric ID] のオプションを選択して、[Max Data Field Size(Bytes)] を入力します。
    ステップ 3   [WWN Address Pool] をクリックして、WWN アドレスを選択します。

    WWN アドレス プールを割り当てなかった場合は、システムがデフォルトを割り当てます。

    ステップ 4   [vSANs] をクリックして、この vHBA テンプレートに使用する vSAN を追加します。
    ステップ 5   [Policies] をクリックします。

    ポリシーが割り当てられていない場合は、ポリシーとピン グループのぞれぞれをクリックします。 右側のドロップダウンをクリックして、関連するポリシーとピン グループを表示し、この vHBA テンプレートに必要なものを選択します。

    ステップ 6   [Create] をクリックします。

    ホスト インターフェイス配置ポリシー

    ホスト インターフェイス配置ポリシーを使用すれば、vNIC と vHBA のユーザ指定仮想ネットワーク インターフェイス接続(vCon)の配置を指定することができます。

    ホスト インターフェイス配置ポリシーを作成するには、ホスト インターフェイス配置ポリシーの作成または編集を参照してください。 既存のポリシーの詳細が、[Host Interface Placement Policy] ページに表示されます。

    ホスト インターフェイス配置ポリシーの作成または編集


      ステップ 1   タスク バーで、「Create Host Interface Placement Policy」と入力して、Enter キーを押します。

      これにより、[Create Host Interface Placement Policy] ダイアログボックスが開きます。

      ステップ 2   [Organization] をクリックして、ポリシーを作成する場所を選択します。
      ステップ 3   [Name] とオプションの [Description] を入力します。

      ポリシー名は大文字と小文字が区別されます。

      ステップ 4   [Virtual Slot Mapping Scheme] を選択します。

      次のいずれかになります。

      • [Linear Ordered]:仮想スロットが順番に割り当てられます。

      • [Round Robin]:仮想スロットが順次割り当てられます。

      ステップ 5   仮想スロットごとに [Virtual Slot Selection Preference] を選択します。

      次のいずれかになります。

      • [all]:設定されたすべての vNIC と vHBA を割り当てることができます。 これはデフォルトです。

      • [assigned-only]:vNIC と vHBA を明示的に割り当てる必要があります。

      • [exclude-dynamic]:ダイナミック vNIC および vHBA を割り当てることができません。

      • [exclude-unassigned]:未割り当ての vNIC および vHBA を割り当てることができません。

      • [exclude-usnic]:usNIC vNIC を割り当てることができません。

      ステップ 6   [Create] をクリックします。