Cisco UCS Director ストレージ管理ガイド リリース 1.4
ポートとポート チャネル
ポートとポート チャネル

目次

ポートとポート チャネル

サーバ ポートとアップリンク ポート

各ファブリック インターコネクトには、次のポート タイプを含めることができます。

サーバ ポート

サーバ ポートは、ファブリック インターコネクトとサーバ上のアダプタ カードとの間のデータ トラフィックを処理します。

設定できるのは固定ポート モジュールのサーバ ポートだけです。 拡張モジュールにはサーバ ポートは含まれません。

アップリンク イーサネット ポート

アップリンク イーサネット ポートは、ファブリック インターコネクトと次のレイヤのネットワークとの間のイーサネット トラフィックを処理します。 すべてのネットワーク行きのイーサネット トラフィックは、これらのポートのいずれかにピン接続されます。

デフォルトでは、イーサネット ポートは未設定です。 ただし、次のようにして機能するよう設定できます。
  • アップリンク

  • FCoE

  • アプライアンス

固定モジュールまたは拡張モジュールのアップリンク イーサネット ポートを設定できます。

アップリンク ファイバ チャネル ポート

アップリンク ファイバ チャネル ポートは、ファブリック インターコネクトとストレージ エリア ネットワークの次のレイヤとの間の FCoE トラフィックを処理します。 すべてのネットワーク行きの FCoE トラフィックは、これらのポートのいずれかにピン接続されます。

デフォルトでは、ファイバ チャネル ポートがアップリンクです。 ただし、ファイバ チャネル ストレージ ポートとして動作するよう設定できます。 これは、Cisco UCS にダイレクト アタッチド ストレージ(DAS)デバイスとの接続が必要な場合に役立ちます。

設定できるのは拡張モジュールのアップリンク ファイバ チャネル ポートだけです。 固定モジュールには、アップリンク ファイバ チャネル ポートは含まれません。

ユニファイド ポート

Cisco UCS 6200 シリーズ Fabric Interconnect 以降のすべてのポートが、ユニファイドであり、イーサネット トラフィックまたはファイバ チャネル トラフィックを伝送するように設定できます。 これらのポートは予約されていません。 設定しなければ、Cisco UCS ドメインがこれらのポートを使用することはできません。


(注)  


ファブリック インターコネクトのポートを設定すると、管理状態が自動的にイネーブルに設定されます。 ポートが他のデバイスに接続されている場合は、これによってトラフィックが中断されることがあります。 ポートは設定後にディセーブルにすることができます。


ユニファイド ストレージ ポート

ユニファイド ストレージは、イーサネット ストレージ インターフェイスおよび FCoE ストレージ インターフェイスと同じ物理ポートを構成しています。 アプライアンス ポートまたは FCoE ストレージ ポートを固定モジュールまたは拡張モジュールのユニファイド ストレージ ポートとして設定できます。 ユニファイド ストレージ ポートを設定するには、ファブリック インターコネクトをファイバ チャネル スイッチング モードにする必要があります。

ユニファイド ストレージ ポートでは、個々の FCoE ストレージまたはアプライアンス インターフェイスをイネーブルまたはディセーブルにできます。

  • ユニファイド ストレージ ポートでは、アプライアンス ポートに対してデフォルト以外の VLAN が指定されていない場合、fcoe-storage-native-vlan がユニファイド ストレージ ポートのネイティブ VLAN として割り当てられます。 アプライアンス ポートにデフォルト以外のネイティブ VLAN がネイティブ VLAN として指定されている場合、それがユニファイド ストレージ ポートのネイティブ VLAN として割り当てられます。

  • アプライアンス インターフェイスをイネーブルまたはディセーブルにすると、対応する物理ポートがイネーブルまたはディセーブルになります。 したがって、ユニファイド ストレージでアプライアンス インターフェイスをディセーブルにすると、FCoE ストレージが物理ポートとともにダウン状態となります。これは、FCoE ストレージがイネーブルになっている場合でも同様です。

  • FCoE ストレージ インターフェイスをイネーブルまたはディセーブルにすると、対応する VFC がイネーブルまたはディセーブルになります。 したがって、ユニファイド ストレージ ポートで FCoE ストレージ インターフェイスをディセーブルにした場合、アプライアンス インターフェイスは正常に動作し続けます。

ユニファイド アップリンク ポート

同じ物理イーサネット ポート上にイーサネット アップリンクと FCoE アップリンクを設定した場合、それらはユニファイド アップリンク ポートと呼ばれます。 FCoE またはイーサネット インターフェイスは個別にイネーブルまたはディセーブルにできます。

  • FCoE アップリンクをイネーブルまたはディセーブルにすると、対応する VFC がイネーブルまたはディセーブルになります。

  • イーサネット アップリンクをイネーブルまたはディセーブルにすると、対応する物理ポートがイネーブルまたはディセーブルになります。

イーサネット アップリンクをディセーブルにすると、ユニファイド アップリンクを構成している物理ポートがディセーブルになります。 したがって、FCoE アップリンクもダウンします(FCoE アップリンクがイネーブルになっている場合でも同様です)。 しかし、FCoE アップリンクをディセーブルにした場合は、VFC だけがダウンします。 イーサネット アップリンクがイネーブルであれば、FCoE アップリンクは引き続きユニファイド アップリンク ポートで正常に動作することができます。

ポート モード

ポート モードは、ファブリック インターコネクト上の統合ポートが、イーサネットまたはファイバ チャネル トラフィックを転送するかどうかを決定します。 ファブリック インターコネクトは自動的にポート モードを検出しません。 Cisco UCS Central でポート モードを設定します。

ポート モードを変更すると、既存のポート設定が削除され、新しい論理ポートに置き換えられます。 VLAN や VSAN など、そのポートの設定に関連付けられているオブジェクトはすべて削除されます。 ユニファイド ポートのポート モードを変更できる回数に制限はありません。

ポート モードの変更のデータ トラフィックへの影響

ポート モードの変更は、Cisco UCS ドメインのデータ トラフィックへの割り込みを引き起こす場合があります。 割り込みの長さや影響を受けるトラフィックは、Cisco UCS ドメインの設定およびポート モード変更を行ったモジュールに依存します。


ヒント


システム変更中のトラフィックの中断を最小限にするには、固定と拡張モジュールにファイバ チャネル アップリンク ポートチャネルを形成します。


ポート モード変更の拡張モジュールへの影響

拡張モジュールのポート モードの変更後、モジュールを再起動します。 拡張モジュールのポートを通過するすべてのトラフィックは、モジュールのリブート中に約 1 分間中断します。

ポート モード変更のクラスタ設定の固定モジュールへの影響

クラスタ設定には 2 個のファブリック インターコネクトがあります。 固定モジュールへのポート変更を行った後、ファブリック インターコネクトはリブートします。 データ トラフィックの影響は、1 つのファブリック インターコネクトに障害が発生したときにもう一方にフェールオーバーするようサーバ vNIC を設定したかどうかに左右されます。

1 つのファブリック インターコネクトの拡張モジュール上のポート モードを変更し、第 2 のファブリック インターコネクトのポート モードを変更する前のリブートを待つ場合、次のことが発生します。

  • サーバ vNIC のフェールオーバーでは、トラフィックは他のファブリック インターコネクトにフェールオーバーし、中断は発生しません。

  • サーバ vNIC のフェールオーバーがない場合、ポート モードを変更したファブリック インターコネクトを通過するすべてのデータ トラフィックは、ファブリック インターコネクトがリブートする約 8 分間中断されます。

両方のファブリック インターコネクトの固定モジュールのポート モードを同時に変更すると、ファブリック インターコネクトによるすべてのデータ トラフィックが、ファブリック インターコネクトがリブートする約 8 分間中断されます。

ポート モード変更のスタンドアロン設定の固定モジュールへの影響

スタンドアロン設定にはファブリック インターコネクトが 1 つだけあります。 固定モジュールへのポート変更を行った後、ファブリック インターコネクトはリブートします。 ファブリック インターコネクトによるすべてのデータ トラフィックは、ファブリック インターコネクトがリブートする約 8 分間中断されます。

ポート ロール

ポート ロールは、ユニファイド ポート接続経由で転送されるトラフィックのタイプを定義します。

一覧表示されるすべてのポート ロールが、固定モジュールと拡張モジュールの両方で設定できます。これには、6200 シリーズ以降のファブリック インターコネクト拡張モジュールで設定可能なサーバ ポートも含まれます。

イーサネット ポート モードに変更されたユニファイド ポートは、デフォルトでアップリンク イーサネット ポート ロールに設定されます。 ファイバ チャネル(FC)ポート モードに変更されたユニファイド ポートは、FC アップリンク ポート ロールに設定されます。 FC ポートは設定解除できません。

ポート ロールの変更に、リブートは不要です。

ポート モードをイーサネットに設定した場合は、次のポート ロールを設定できます。

  • サーバ ポート

  • イーサネット アップリンク ポート

  • FCoE ストレージ ポート

  • FCoE アップリンク ポート

  • アプライアンス ポート

ポート モードを FC に設定した場合は、次のポート ロールを設定できます。

  • FC アップリンク ポート

  • FC ストレージ ポート

ユニファイド ポートの設定に関するガイドライン

ユニファイド ポートを設定する際は、次のガイドラインおよび制約事項を考慮してください。

ハードウェアおよびソフトウェアの要件

ユニファイド ポートは、6100 シリーズ ファブリック インターコネクトではサポートされません。

ポート モードの配置

Cisco UCS Central GUI インターフェイスは固定または拡張モジュールのユニファイド ポートのポート モードの設定に、スライダーを使用するため、ポート モードのユニファイド ポートへの割り当て方法を制限する次の制約事項が自動的に適用されます。 Cisco UCS Central CLI インターフェイスを使用する場合は、トランザクションをシステム設定にコミットするときに次の制約事項が適用されます。 ポート モードの設定が次の制約事項のいずれかに違反している場合、Cisco UCS Central CLI によってエラーが表示されます。

  • イーサネット ポートはブロックにグループ化する必要があります。 各モジュールについて(固定または拡張)、イーサネット ポート ブロックは最初のポートから開始し、偶数ポートで終了する必要があります。

  • ファイバ チャネル ポートはブロックにグループ化する必要があります。 各モジュールについて(固定または拡張)、ファイバ チャネル ポート ブロック内の最初のポートは最後のイーサネット ポートの後に続き、モジュール内の残りのポートを含むよう拡張する必要があります。 ファイバ チャネル ポートだけを含む設定では、ファイバ チャネル ブロックは、固定または拡張モジュールの最初のポートから開始する必要があります。

  • イーサネットおよびファイバ チャネル ポートの交替は、単一モジュール上ではサポートされていません。

有効な設定例:イーサネット ポート モードに設定された固定モジュールにユニファイド ポート 1 ~ 16 を含み、ファイバ チャネル ポート モードにポート 17 ~ 32 を含む。 拡張モジュールでは、ポート 1 ~ 4 をイーサネット ポート モードに設定し、ポート 5 ~ 16 をファイバ チャネル モードに設定できます。 このポート割り当ては各個別モジュールの規則に準拠しているため、ポート タイプ(イーサネット ポートとファイバ チャネル ポート)の交替に関する規則に違反していません。

無効な設定例:ポート 16 から始まるファイバ チャネル ポートのブロックが含まれている。 ポートの各ブロックは奇数ポートから開始する必要があるため、ポート 17 からブロックを開始しなければなりません。


(注)  


各ファブリック インターコネクトで設定可能なアップリンク イーサネット ポートおよびアップリンク イーサネット ポート チャネル メンバの総数は、最大 31 に制限されています。 この制限には、拡張モジュールで設定されるアップリンク イーサネット ポートおよびアップリンク イーサネット ポート チャネル メンバも含まれます。


ユニファイド アップリンク ポートおよびユニファイド ストレージ ポートに関する注意およびガイドライン

以下は、ユニファイド アップリンク ポートとユニファイド ストレージ ポートを使用する際に従うべき注意事項とガイドラインです。

  • FCoE およびユニファイド アップリンク ポートでデフォルトでないネイティブ VLAN を設定する必要があります。 この VLAN は、トラフィックには使用されません。 Cisco UCS Central はこの目的のために、既存の fcoe-storage-native-vlan を再利用します。 この fcoe-storage-native-vlan は、FCoE およびユニファイド アップリンクでネイティブ VLAN として使用されます。

  • ユニファイド アップリンク ポートでは、イーサネット アップリンク ポートにデフォルトでない VLAN を設定しないと、fcoe-storage-native-vlan がユニファイド アップリンク ポートのネイティブ VLAN として割り当てられます。 イーサネット ポートにネイティブ VLAN として指定されているデフォルトでないネイティブ VLAN がある場合、ユニファイド アップリンク ポートのネイティブ VLAN としてこれが割り当てられます。

  • イーサネット ポート チャネル下でメンバ ポートを作成または削除すると、Cisco UCS Central は FCoE ポート チャネル下で自動的にメンバ ポートを作成または削除します。 FCoE ポート チャネルでメンバ ポートを作成または削除する場合も同じことが起こります。

  • サーバ ポート、イーサネット アップリンク、FCoE アップリンクまたは FCoE ストレージなどのスタンドアロン ポートとしてイーサネット ポートを設定し、それをイーサネット ポート チャネルまたは FCOE ポート チャネルのメンバ ポートにすると、Cisco UCS Central は自動的にこのポートをイーサネット ポート チャネルと FCoE ポート チャネル両方のメンバにします。

  • サーバ アップリンク、イーサネット アップリンク、FCoE アップリンクまたは FCoE ストレージのメンバからメンバ ポートのメンバーシップを削除すると、Cisco UCS Central はイーサネット ポート チャネルと FCoE ポート チャネルから対応するメンバ ポートを削除し、新しいスタンドアロン ポートを作成します。

  • ユニファイド アップリンク ポートとユニファイド ストレージ ポートの場合、2 つのインターフェイスを作成するときは、1 つだけライセンスがチェックされます。 どちらかのインターフェイスが有効な限り、ライセンスはチェックされたままになります。 両方のインターフェイスがユニファイド アップリンク ポートまたはユニファイド ストレージ ポートでディセーブルの場合にのみライセンスが解放されます。

  • Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクト スイッチは、同一のダウンストリーム NPV スイッチ側の 1VF または 1VF-PO のみをサポートできます。

ユニファイド ポートの設定


    ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
    ステップ 2   操作アイコンをクリックして、[Unified Port Configuration] を選択します。
    ステップ 3   使用するポート モード設定が画面に表示されるまで、マウスでスライダをバーに沿ってドラッグします。

    次のようにポートが表示されます。

    • イーサネット ポートは緑色で表示されます。

    • FC ポートは紫色で表示されます。

    • ディセーブルにされたポートは淡い緑色または紫色で表示されます。

    (注)     

    サーバによっては、イーサネット ポートと FC ポートのスライダが入れ替わっている場合があります。

    ステップ 4   [Configure] をクリックします。
    (注)     

    ユニファイド ポートを設定すると、FI がリブートして、Cisco UCS ドメインのデータ トラフィックが中断する可能性があります。


    ポートの設定


    (注)  


    Cisco UCS Central リリース 1.2 または 1.3 で設定されたイーサネット アップリンク ポートは、Cisco UCS Central リリース 1.4 ではサポートされません。 これらのポートは Cisco UCS Manager で追加設定を行う必要があります。



      ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
      ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
      ステップ 3   設定するポートを選択します。
      ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

      選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

      ステップ 5   ポートの [Role] を選択します。

      イーサネット ポートの場合は、次のいずれかになります。

      FC ポートの場合は、次のいずれかになります。

      ステップ 6   選択に応じて必要なフィールドに値を入力します。
      ステップ 7   [Save] をクリックします。

      アプライアンス ポートの設定

      アプライアンス ポートは、直接接続された NFS ストレージにファブリック インターコネクトを接続するために使用されます。


      (注)  


      FCoE ストレージ ポートからアプライアンス ポートに設定を変更する場合は、そのポートをアプライアンスのみのポートにするか、ユニファイド ストレージ ポートにするかを管理者ユーザが選択できます。



        ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
        ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
        ステップ 3   設定するポートを選択します。
        ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

        選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

        ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[Appliance] を選択します。
        ステップ 6   [Basic] タブで、次の手順を実行します。
        1. [Interface User Label] を入力します。
        2. ポート速度を選択します。
        3. このインターフェイスに関連付けられた Quality of Service 設定を選択します。 次のいずれかになります。
          • [Platinum]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

          • [Gold]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

          • [Silver]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

          • [Bronze]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

          • [Best Effort]:このプライオリティは使用しないでください。 ベーシック イーサネット トラフィック レーンのために予約されています。

          • [Fibre Channel]:この優先順位は、vHBA トラフィックのみに使用します。

        ステップ 7   [Policies] タブで、フロー制御ポリシー、ピン グループ、およびネットワーク制御ポリシーを選択します。
        ステップ 8   [VLANs] タブで、ポートを [Truck] ポートと [Access] ポートのどちらにするかを選択し、そのポートに割り当てる VLAN を選択します。
        • トランク ポートは、複数の VLAN を使用することができ、それらの VLAN によるトランク リンク上のスイッチ間の転送が可能です。

        • アクセス ポートは、1 つの VLAN を使用し、エンドポイントに接続されます。 VLAN がプライマリ VLAN の場合は、セカンダリ VLAN が必要です。

        選択した VLAN が [VLANs from System] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VLAN は、[VLANs Configured on Domain] カラムに表示されます。

        ステップ 9   [Ethernet Target Endpoint] タブで、[Enabled] をクリックして、エンドポイントの [Name] と [MAC Address] を入力します。

        イーサネット ターゲット エンドポイントは、デフォルトで、ディセーブルになっています。

        ステップ 10   [Save] をクリックします。

        FCoE ストレージ ポートの設定

        Fibre Channel over Ethernet(FCoE)ストレージ ポートを使用すれば、2 つの別々のリンクを、ファイバ チャネル(FC )トラフィックとイーサネット トラフィックの両方を伝送する 1 つのストレージとして統合することが可能になります。


        (注)  


        アプライアンス ポートから FCoE ストレージ ポートに設定を変更する場合は、そのポートを FCoE ストレージのみのポートにするか、それともユニファイド ストレージ ポートにするかを管理者ユーザが選択できます。


        はじめる前に

        これらのポートが有効になるためには、ファイバ チャネル スイッチング モードが [Switching] に設定されている必要があります。 ストレージ ポートは、エンドホスト モードでは動作しません。


          ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
          ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
          ステップ 3   設定するポートを選択します。
          ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

          選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

          ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[FCoE Storage] を選択します。
          ステップ 6   [Basic] タブで、[Interface User Label] を入力します。
          ステップ 7   [VSAN] タブで、ポートに割り当てる VSAN を選択します。

          選択した VSAN が [VSAN] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VSAN は [VSAN on Domain] カラムに表示されます。

          ステップ 8   [Save] をクリックします。

          FCoE アップリンク ポートの設定

          FCoE アップリンク ポートは、FCoE トラフィックの伝送に使用される、ファブリック インターコネクトとアップストリーム イーサネット スイッチ間の物理イーサネット インターフェイスです。 このサポートにより、同じ物理イーサネット ポートで、イーサネット トラフィックとファイバ チャネル トラフィックの両方を伝送できます。


          (注)  


          アップリンク ポートから FCoE アップリンク ポートに設定を変更する場合は、そのポートを FCoE アップリンクのみのポートにするか、それともユニファイド アップリンク ポートにするかを管理者ユーザが選択できます。



            ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
            ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
            ステップ 3   設定するポートを選択します。
            ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

            選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

            ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[FCoE Uplink] を選択します。
            ステップ 6   [Basic] タブで、[Interface User Label] を入力します。
            ステップ 7   [Policies] タブで、ポートに割り当てるリンク プロファイル ポリシーを選択します。
            ステップ 8   [Save] をクリックします。

            サーバ ポートの設定

            サーバ ポートは、ファブリック インターコネクトとサーバ上のアダプタ カードとの間のデータ トラフィックを処理します。 サーバ ポートは、6200 シリーズおよび 6300 シリーズ ファブリック インターコネクト拡張モジュールでのみ設定できます。


              ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
              ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
              ステップ 3   設定するポートを選択します。
              ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

              選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

              ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[Server] を選択します。
              ステップ 6   [Basic] タブで、[Interface User Label] を入力します。
              ステップ 7   [Save] をクリックします。

              アップリンク ポートの設定

              イーサネット アップリンク ポートは、外部 LAN スイッチに接続します。 ネットワークにバインドされたイーサネット トラフィックがこれらのポートのいずれかに固定されます。

              (注)  


              FCoE アップリンク ポートからアップリンク ポートに設定を変更する場合は、そのポートをアップリンクのみのポートにするのか、それともユニファイド アップリンク ポートにするのかを管理者ユーザが選択できます。



                ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
                ステップ 3   設定するポートを選択します。
                ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

                選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

                ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[Uplink] を選択します。
                ステップ 6   [Basic] タブで、次の手順を実行します。
                1. [Interface User Label] を入力します。
                2. ポート速度を選択します。
                ステップ 7   [VSAN] タブで、ポートに割り当てる VLAN を選択します。

                選択した VLAN が [VLANs from System] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VLAN は、[VLANs Configured on Domain] カラムに表示されます。

                ステップ 8   [Policies] タブで、フロー制御ポリシーとリンク プロファイルを選択します。
                ステップ 9   [Save] をクリックします。

                FC ストレージ ポートの設定

                FC ストレージ ポートを使用すれば、FC ストレージ デバイスを直接 FI 上のポートに接続することができます。

                はじめる前に

                これらのポートが有効になるためには、ファイバ チャネル スイッチング モードが [Switching] に設定されている必要があります。 ストレージ ポートは、エンドホスト モードでは動作しません。


                  ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                  ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
                  ステップ 3   設定するポートを選択します。
                  ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

                  選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

                  ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[FC Storage] を選択します。
                  ステップ 6   [Basic] タブで、[Interface User Label] を入力して、塗りつぶしパターンを選択します。
                  ステップ 7   [VSAN] タブで、ポートに割り当てる VSAN を選択します。

                  選択した VSAN が [VSAN] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VSAN は [VSAN on Domain] カラムに表示されます。

                  ステップ 8   [Save] をクリックします。

                  FC アップリンク ポートの設定

                  FC アップリンク ポートを使用すれば、外部 SAN スイッチに接続することができます。


                    ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                    ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
                    ステップ 3   設定するポートを選択します。
                    ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックして、[Configure Port] を選択します。

                    選択したポートの [Configure Port] ページが表示されます。

                    ステップ 5   [Role] ドロップダウンで、[FC Uplink] を選択します。
                    ステップ 6   [Basic] タブで、[Interface User Label] を入力して、塗りつぶしパターンを選択します。
                    ステップ 7   [VSAN] タブで、ポートに割り当てる VSAN を選択します。

                    選択した VSAN が [VSAN from System] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VSAN は [VSAN Configured on Domain] カラムに表示されます。

                    ステップ 8   [Save] をクリックします。

                    拡張性ポートとブレイクアウト ポート

                    Cisco UCS 6300 シリーズ Fabric Interconnect には、4 つの 10 ギガビット イーサネット ポートのグループに分割可能な拡張性ポートが複数付いています。

                    • Cisco UCS 6324 Fabric Interconnect には、サポート対象の Cisco UCS ラック サーバ、アプライアンス ポート、または FCoE ポート用のライセンス サーバ ポートとして使用可能な拡張性ポートが 1 つ付いています。

                    • Cisco UCS 6332 と Cisco UCS 6332-16 UP ファブリック インターコネクトには、10 ギガビット イーサネット ポートに分割可能な 40 ギガビット イーサネット ポートが複数付いています。

                    設定済みポートの管理


                      ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                      ステップ 2   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
                      ステップ 3   変更する設定済みポートを選択します。
                      ステップ 4   右端の操作アイコンをクリックします。
                      ステップ 5   次のいずれかを選択します。
                      • [Configuration Status]:ポートのステータスを表示します。
                      • [Configure Port]:ポートの設定を変更できるようにします。
                      • [Unconfigure Port]:ポート設定情報を削除します。 ポートの設定を解除すると、そのポートを使用しているすべてのトラフィックが停止します。
                      • [Enable Port]:ポートの管理状態を [Enabled] に設定します。 ポートがディセーブルの場合にのみ表示されます。
                      • [Disable Port]:ポートの管理状態を [Disabled] に設定します。 ポートがイネーブルの場合にのみ表示されます。
                      • [Unconfigure Breakout Port]:4 つの 10GbE ポートを 1 つの 40GbE ポートにまとめます。
                      • [Configure as Breakout Port]:ポートを 4 つの 10GbE ポートに分割可能な拡張性ポートに変更します。
                      ステップ 6   必要に応じてフィールドに入力します。

                      ポート チャネルの作成


                        ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                        ステップ 2   操作アイコンをクリックして、[Create Port Channel] を選択します。
                        ステップ 3   [Basic] で、作成するポート チャネルのタイプを選択します。

                        次のいずれかになります。

                        ステップ 4   選択に応じて必要なフィールドに値を入力します。
                        ステップ 5   [Save] をクリックします。

                        イーサネット ポート チャネルの作成


                          ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                          ステップ 2   操作アイコンをクリックして、[Create Port Channel] を選択します。
                          ステップ 3   [Basic] で、[Ethernet] を選択して、次の手順を実行します。
                          1. [Port ID]、[Name]、およびオプションの [Description] を入力します。
                          2. 管理速度と、自動ネゴシエーションをイネーブルにするかどうかを選択します。
                          ステップ 4   [Policies] をクリックして、ポートに割り当てるフロー制御ポリシーと LACP ポリシーを選択します。
                          ステップ 5   [VLANs] をクリックして、ポートに割り当てる VLAN を選択します。

                          選択した VLAN が [VLANs from System] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VLAN は、[VLANs Configured on Domain] カラムに表示されます。

                          ステップ 6   [Ports] をクリックして、プラス アイコンをクリックし、ポートをポート チャネルに追加します。
                          ステップ 7   [Save] をクリックします。

                          FC ポート チャネルの作成


                            ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                            ステップ 2   操作アイコンをクリックして、[Create Port Channel] を選択します。
                            ステップ 3   [Basic] で、[FC] を選択して、次の手順を実行します。
                            1. [Port ID]、[Name]、およびオプションの [Description] を入力します。
                            2. 管理速度と、自動ネゴシエーションをイネーブルにするかどうかを選択します。
                            ステップ 4   [VLANs] をクリックして、ポートに割り当てる VSAN を選択します。

                            選択した VSAN が [VSAN] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VSAN は [VSAN on Domain] カラムに表示されます。

                            ステップ 5   [Ports] をクリックして、プラス アイコンをクリックし、ポートをポート チャネルに追加します。
                            ステップ 6   [Save] をクリックします。

                            FCoE ポート チャネルの作成


                              ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                              ステップ 2   操作アイコンをクリックして、[Create Port Channel] を選択します。
                              ステップ 3   [Basic] で、[FCoE] を選択します。
                              ステップ 4   [Port Channel ID]、[Name]、およびオプションの [Description] を入力します。
                              ステップ 5   [Policies] をクリックして、ポートに割り当てる LACP ポリシーを選択します。
                              ステップ 6   [Ports] をクリックして、プラス アイコンをクリックし、ポートをポート チャネルに追加します。
                              ステップ 7   [Save] をクリックします。

                              アプライアンス ポート チャネルの作成


                                ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                                ステップ 2   操作アイコンをクリックして、[Create Port Channel] を選択します。
                                ステップ 3   [Basic] で、 を選択して、次の手順を実行します。
                                1. [Port ID]、[Name]、およびオプションの [Description] を入力します。
                                2. 管理速度と、[Static] モードと動的 [LACP] のどちらを使用するかを選択します。
                                3. このインターフェイスに関連付けられた Quality of Service 設定を選択します。 次のいずれかになります。
                                  • [Platinum]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

                                  • [Gold]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

                                  • [Silver]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

                                  • [Bronze]:このプライオリティは、vNIC トラフィックのみに使用します。

                                  • [Best Effort]:このプライオリティを使用しないでください。 ベーシック イーサネット トラフィック レーンのために予約されています。

                                  • [Fibre Channel]:この優先順位は、vHBA トラフィックのみに使用します。

                                ステップ 4   [Policies] をクリックして、フロー制御ポリシー、LACP ポリシー、ネットワーク制御ポリシー、およびポートに割り当てるピン グループを選択します。
                                ステップ 5   [VLANs] をクリックして、ポートに割り当てる VLAN を選択します。

                                選択した VLAN が [VLANs from System] カラムに表示されます。 Cisco UCS Manager で作成された VLAN は、[VLANs Configured on Domain] カラムに表示されます。

                                ステップ 6   [Ethernet Target Endpoint] をクリックして、[Enabled] をクリックし、エンドポイントの [Name] と [MAC Address] を入力します。

                                イーサネット ターゲット エンドポイントは、デフォルトで、ディセーブルになっています。

                                ステップ 7   [Ports] をクリックして、プラス アイコンをクリックし、ポートをポート チャネルに追加します。
                                ステップ 8   [Save] をクリックします。

                                ファイバ チャネル スイッチング モード

                                ファイバ チャネル スイッチング モードは、サーバとストレージ デバイス間のスイッチング装置としてファブリック インターコネクトがどのように動作するかを決定します。 ファブリック インターコネクトは、次のファイバ チャネル スイッチング モードのいずれかで動作します。

                                エンドホスト モード

                                エンドホストを使用すると、ファブリック インターコネクトは、仮想ホスト バス アダプタ(vHBA)を介して接続されているすべてのサーバ(ホスト)に代わって、接続されているファイバ チャネル ネットワークに対するエンド ホストとして動作することができます。 この動作は、vHBA をファイバ チャネル ポート アダプタにピン接続することにより実現されます(動的なピン接続または固定のピン接続のいずれか)。これにより、ファイバ チャネル ポートはファブリックの残りの部分に対してサーバ ポート(N ポート)となります。 エンドホスト モードの場合、ファブリック インターコネクトは、アップリンク ポートがトラフィックを相互に転送するのを拒否することでループを回避します。

                                エンドホスト モードは N ポート仮想化(NPV)モードと同義です。 このモードは、デフォルトのファイバ チャネル スイッチング モードです。


                                (注)  


                                エンドホスト モードを有効にした場合、vHBA がアップリンク ファイバ チャネル ポートに固定ピン接続されていて、このアップリンク ポートがダウンすると、システムはその vHBA をピン接続し直すことはできず、その vHBA はダウンしたままになります。


                                スイッチ モード

                                スイッチ モードは従来のファイバ チャネル スイッチング モードです。 スイッチ モードを使用して、ファブリック インターコネクトをストレージ デバイスに直接接続することができます。 ファイバ チャネル スイッチ モードの有効化は、SAN が存在しないポッド モデル(たとえば、ストレージに直接接続された 1 つのCisco UCS ドメイン)、または SAN が存在する(アップストリーム MDS を使用する)ポッド モデルで役に立ちます。

                                スイッチ モードはデフォルトのファイバ チャネル スイッチング モードではありません。


                                (注)  


                                ファイバ チャネル スイッチ モードでは、SAN ピン グループは不適切です。 既存の SAN ピン グループはすべて無視されます。


                                ファイバ チャネル スイッチング モードの設定

                                FC エンド ホスト モードまたは FC スイッチ モードを使用するようにファブリック インターコネクトを設定できます。 デフォルトで、FI はエンド ホスト モードに設定されます。


                                (注)  


                                ファイバ チャネル スイッチング モードを変更すると、Cisco UCS Central がユーザをログアウトして、ファブリック インターコネクトを再起動します。 クラスタ設定では、 Cisco UCS Central が両方のファブリック インターコネクトを順番に再起動します。 2 つめのファブリック インターコネクトがファイバ チャネル スイッチング モードに変更され、システムが使用できるようになるまでには数分間かかります。



                                  ステップ 1   検索アイコンから [Fabric Interconnects] を選択します。

                                  [All Fabric Interconnects] ページが表示されます。

                                  ステップ 2   [All Fabric Interconnects] ページで、設定するファブリック インターコネクトをクリックします。
                                  ステップ 3   FI の詳細ビューで、操作アイコンをクリックして、FC スイッチング モードを選択します。

                                  エンド ホスト モードを使用している場合は、[Set FC Switching Mode] が表示されます。 FC スイッチング モードを使用している場合は、[Set FC End-Host Mode] が表示されます。

                                  ステップ 4   警告ページで [Yes] をクリックして、設定を変更し、FI を再起動します。

                                  ピン グループ

                                  LAN ピン グループ

                                  Cisco UCS は LAN ピン グループを使用して、サーバ上の vNIC から、ファブリック インターコネクトのアップリンク イーサネット ポートまたはポート チャネルに、イーサネット トラフィックをピン接続します。 このピン接続を使用して、サーバからのトラフィックの分散を管理できます。

                                  サーバにピン接続を設定するには、LAN ピン グループを vNIC ポリシーにインクルードする必要があります。 その後、vNIC ポリシーは、そのサーバに割り当てられたサービス プロファイルに取り込まれます。 vNIC からのすべてのトラフィックは、I/O モジュールを経由して所定のアップリンク イーサネット ポートに進みます。


                                  (注)  


                                  vNIC ポリシーを使用してピン グループがサーバ インターフェイスに割り当てられていない場合、Cisco UCS Central はそのサーバ インターフェイスからのトラフィックに対するアップリンク イーサネット ポートまたはポート チャネルを動的に選択します。 この選択は永続的ではありません。 インターフェイス フラップまたはサーバのリブートの後は、そのサーバ インターフェイスからのトラフィックに対して別のアップリンク イーサネット ポートまたはポート チャネルが使用される可能性があります。

                                  アップリンクが LAN ピン グループに属している場合、そのアップリンクは所属グループ専用に予約されているわけではありません。 LAN ピン グループを指定していない他の vNIC ポリシーは、動的なアップリンクとしてそのアップリンクを使用できます。


                                  SAN ピン グループ

                                  Cisco UCS では、SAN ピン グループを使用して、サーバ上の vHBA からのファイバ チャネル トラフィックがファブリック インターコネクト上のアップリンク ファイバ チャネル ポートへピン接続されます。 このピン接続を使用して、サーバからのトラフィックの分散を管理できます。

                                  (注)  


                                  ファイバ チャネル スイッチ モードでは、SAN ピン グループは不適切です。 既存の SAN ピン グループはすべて無視されます。


                                  ピン接続をサーバに設定するには、SAN ピン グループを vHBA ポリシーに含める必要があります。 その後、vHBA ポリシーは、そのサーバに割り当てられたサービス プロファイルに取り込まれます。 vHBA からのすべてのトラフィックは、I/O モジュールを経由して、指定されたアップリンク ファイバ チャネルへ移動します。

                                  同じピン グループを複数の vHBA ポリシーに割り当てられます。 したがって、vHBA ごとに手動でトラフィックをピン接続する必要はありません。

                                  重要:

                                  既存の SAN ピン グループのターゲット インターフェイスを変更すると、そのピン グループを使用するすべての vHBA のトラフィックが中断されます。 ファイバ チャネル プロトコルでトラフィックを再びピン接続するために、ファブリック インターコネクトからログインとログアウトが実行されます。

                                  ピン グループの作成

                                  LAN または SAN 用のピン グループを作成できます。


                                    ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Domains] を選択します。
                                    ステップ 2   ピン グループを作成するドメインをクリックします。
                                    ステップ 3   ドメイン ページで、操作アイコンをクリックして、[Create Pin Group] を選択します。

                                    これにより、[Create Pin Group] ダイアログボックスが表示されます。

                                    ステップ 4   [Basic] で、LAN ピン グループと SAN ピン グループのどちらを作成するかを選択します。
                                    ステップ 5   [Name] とオプションの [Description] を入力します。
                                    ステップ 6   [Fabric A Target] で、手動でポートを選択するのか、既存のポート チャネルを選択するのかを選択します。
                                    ステップ 7   [Manual] を選択した場合は、ポートを選択します。

                                    LAN ピン グループの場合は、イーサネット アップリンク ポートのみが表示されます。 SAN ピン グループの場合は、FC アップリンク ポートと FCoE アップリンク ポートのみが表示されます。

                                    ステップ 8   [Port Channel] を選択した場合は、既存のポート チャネルを選択します。

                                    LAN ピン グループの場合は、イーサネット ポート チャネルのみが表示されます。 SAN ピン グループの場合は、FC ポート チャネルと FCoE ポート チャネルのみが表示されます。

                                    ステップ 9   [Fabric B Target] で、ポートまたはポート チャネルを選択します。
                                    ステップ 10   [Create] をクリックします。

                                    ポート設定ステータスの表示


                                      ステップ 1   検索バーで、検索アイコンをクリックして、[Fabric Interconnects] を選択します。
                                      ステップ 2   表示するファブリック インターコネクトをクリックします。
                                      ステップ 3   [Fabric Interconnect] ページで、[Ports] タブをクリックします。
                                      ステップ 4   設定ステータスを表示するポートを選択します。
                                      ステップ 5   右端の操作アイコンをクリックして、[Configuration Status] を選択します。

                                      選択したポートの [Configuration Status] ページが表示されます。

                                      ステップ 6   [Close] をクリックして、ウィンドウを閉じます。