Cisco UCS Central スタートアップ ガイド リリース 1.4
ライセンス管理
ライセンス管理

ライセンス管理

概要

Cisco UCS Central リリース 1.4 では、従来の PAK ベースのライセンスに加えてスマート ライセンスが導入されます。 Cisco Smart Licensing は、環境内でライセンスを調達、導入、および管理するシンプルで柔軟でスマートな方法です。 スマート ライセンスの詳細については、以下を参照してください。 http:/​/​www.cisco.com/​web/​ordering/​smart-software-licensing/​index.html

システム内でスマート ライセンスと従来のライセンスを併用することができます。 ただし、アクティブにできるのはどちらかのタイプのライセンスだけです。 次に、従来のライセンスとスマート ライセンスの違いを示します。

従来のライセンス スマート ライセンス

ノード固定型ライセンス。 ライセンスは登録されたドメインに関連付けられます。

動的ライセンス。 ライセンスは仮想アカウント内の製品と移動可能要素に関連付けられます。

ライセンスを取得して、それを手動でダウンロードし、Cisco UCS Central 内の各デバイスにインストールする必要があります。

ライセンスのインストールは必要がありません。 デバイスが HTTPS Call Home セッションを開始して、使用するように設定されたライセンスを要求します。

ライセンスは特定のデバイスに関連付けられます。

ライセンス プールはアカウント固有で、社内の任意のデバイスで使用できます

ライセンスはデバイス間で簡単に移動できません。

ライセンスはソフトウェア インストールのない製品インスタンス間で移動できます。 未使用のライセンスは仮想アカウント間で移動できます。

スマート ライセンス

スマート ライセンスはサーバ ベースのライセンスです。 ドメインではなく、サーバのライセンスを購入して、導入し、追跡します。 個別の製品をライセンス ファイルまたは PAK に登録する代わりに、スマート ライセンスは会社のポートフォリオ全体で使用可能なライセンスのプールを作成するオプションを提供します。

スマート ライセンスでは、環境内でライセンスを調達、導入、および管理するために仮想アカウント、製品インスタンス、および登録トークンが使用されます。

仮想アカウント

仮想アカウントは、ライセンスと製品インスタンスの集合体です。 Cisco Smart Software Manager で仮想アカウントを作成して、自社のライセンスを論理的に整理できます。 仮想アカウントを使用することで、事業部門、製品タイプ、IT グループなどの基準によりライセンスを整理できます。 たとえば、会社を地域で分ける場合、地域ごとに仮想ライセンスを作成して、その地域のライセンスおよび製品インスタンスを保持できます。

すべての新しいライセンスと製品インスタンスは、仮想アカウントに配置されます。 製品インスタンスの登録時には仮想アカウントを選択します。 仮想アカウント内の既存のライセンスや製品インスタンスは別の仮想アカウントに転送できます。

Cisco Smart Software Manager で仮想アカウントを作成する方法については、http:/​/​www.cisco.com/​web/​ordering/​smart-software-manager/​docs/​smart-software-manager-user-guide.pdfを参照してください。

製品インスタンス(Product Instances)

Cisco UCS Central の製品インスタンスには、製品インスタンス登録トークンを使用して登録された固有デバイス識別子(UDI)が割り当てられます。 1 つの登録トークンで 1 つの製品の複数のインスタンスを登録できます。 各製品インスタンスで同じ仮想アカウント内に存在する 1 つ以上のライセンスを使用できます。

登録トークン

登録トークンは、スマート アカウントに関連付けられた製品インスタンス登録トークン テーブルに格納されます。 Cisco UCS Central でスマート ライセンスをイネーブルにしたら、スマート ソフトウェア ライセンス ポータルで Cisco UCS Central に登録する仮想アカウント内の新しいトークンを生成できます。

Cisco Smart Software Manager で仮想アカウントを作成する方法については、http:/​/​www.cisco.com/​web/​ordering/​smart-software-manager/​docs/​smart-software-manager-user-guide.pdfを参照してください。

ライセンスの取得

スマート ライセンスを使用してライセンスを取得するには、次の手順を実行する必要があります。

  • Cisco Smart Software Manager 仮想アカウントでトークンを生成します。

  • Cisco UCS Central で製品インスタンスのライセンスを登録します。

次の図に、スマート ライセンス プロセスの説明を示します。

1

登録要求

スマート ライセンスの 90 日間の評価期間は、製品インスタンスでライセンス機能の使用が開始されたときに始まります。 この期間は更新することができません。 評価期間が過ぎると、エージェントがプラットフォームに通知を送信します。

2

承認の更新

承認要求は、Authorized 応答または Out of Compliance(OOC)応答が返される場合と、通信障害が原因でエラーになる場合があります。 承認期間は、承認要求に対して Authorized 応答または Out of Compliance(OOC)応答が返されるかぎり、30 日ごとに更新されます。 承認期間が過ぎても、エージェントは承認要求による更新の試みを継続します。 成功すると、新しい承認期間が開始されます。 ID 証明書の更新(承認の更新)が失敗した場合は、製品インスタンスが未確認状態に移行し、評価期間の消費が開始されます。

スマート ライセンスのイネーブル化

はじめる前に

スマート ライセンスをイネーブルにする前に、Smart Call Home がイネーブルになっていることを確認してください。 Smart Call Home をイネーブルにするには、次の手順が必要です。

  • DNS サーバを指定します。

  • Smart Call Home をセットアップします。

  • Smart Call Home の URL が正しいことを確認します。 これは、システムでスマート ライセンス サーバに接続するのに使用される URL です。


(注)  


Smart Call Home をイネーブルにする必要がありますが、スマート ライセンスを使用するのに Smart Call Home 契約 ID は必要ありません。



    ステップ 1   メニュー バーで、操作アイコンをクリックして、[Licenses] を選択します。
    ステップ 2   [Enable Smart Software Licensing] をクリックします。

    システムがスマート ライセンスをイネーブルにし、従来のライセンスに関連した情報がスマート ライセンス関連情報に置き換えられます。


    ライセンス トークンを使用した UCS Central の登録

    はじめる前に

    スマート ライセンスがイネーブルになっていることを確認します。


      ステップ 1   操作アイコンをクリックして、[Licenses] を選択します。
      ステップ 2   [Smart Software Manager] リンクをクリックして、Smart Software Manager ポータルに移動します。
      ステップ 3   Smart Software Manager ポータルで:
      1. UCS Central 仮想アカウントを選択します。
      2. [Product Instance Registration Tokens] パネルで [New Token] をクリックして、[Copy] を選択します。
      ステップ 4   UCS Central の [Smart Software Licensing] パネルで、[Register Smart Software Licensing] をクリックします。
      ステップ 5   [Register Smart Licensing] ダイアログボックスで、作成した新しいトークンを [Product Instance Registration Token] テキスト ボックスに貼り付けます。
      ステップ 6   [Register] をクリックします。

      登録が進行中か、完了したか、失敗したかに関する通知が送られてきます。 Smart Call Home の設定で問題が発生した場合は、Failed メッセージが [Call Home Configuration] へのリンクと一緒に表示されます。

      承認の更新

      ライセンスの承認は、スマート ライセンス エージェントによって 30 日ごとに自動的に更新されます。 UCS Central の [Smart Licensing] パネルの [Actions] メニューから [Renew Authorization Now] を選択することによって、ライセンスの承認を手動で更新することができます。


        ステップ 1   UCS Central の [Smart Software Licensing] パネルで、[Action] メニューをクリックします。
        ステップ 2   [Renew Authorization Now] を選択します。

        登録の更新

        エージェントがスマート ソフトウェア ライセンス登録証明書または ID 証明書を 6 か月ごとに自動的に更新します。 UCS Central の [Smart Licensing] パネルの [Actions] メニューから [Renew Registration Now] を選択することによって、登録証明書を手動で更新することができます。


          ステップ 1   UCS Central の [Smart Software Licensing] パネルで、[Action] メニューをクリックします。
          ステップ 2   [Renew Registration Now] を選択します。

          スマート ソフトウェア ライセンスの登録解除

          スマート ソフトウェア ライセンスから製品インスタンスを登録解除すると、製品とライセンスの関連付けが解除されます。 その製品は、関連する仮想アカウントの登録済み製品のリストから削除されます。 そのライセンスを使用して他の製品を登録することができます。


            ステップ 1   UCS Central の [Smart Software Licensing] パネルで、[Action] メニューをクリックします。
            ステップ 2   [Deregister] を選択して、Smart Software Manager から UCS Central を削除します。

            スマート ソフトウェア ライセンスのディセーブル化

            UCS Central 製品インスタンスを登録したら、スマート ソフトウェア ライセンスをディセーブルにすることによって従来のライセンス モードに戻すことができます。


              ステップ 1   UCS Central の [Smart Software Licensing] パネルで、[Action] メニューをクリックします。
              ステップ 2   [Disable Smart Software Licensing] を選択します。

              従来のライセンス

              従来の PAK ベースのライセンスでは、スマート ライセンスが提供する製品ベースのライセンスではなく、ドメイン ベースのライセンスが使用されていました。 ドメイン ライセンスは、Cisco UCS Central の GUI または CLI を介して管理できます。

              猶予期間

              初めて Cisco UCS Central を使用する場合は、最大 120 日間の猶予期間に、無料で、最大 5 つの Cisco UCS ドメインを登録できます。 6 つ目のドメインを登録すると、新しく登録されたドメインに対して 120 日間の猶予期間が付与されます。 猶予期間の終了後は、Cisco UCS Central を使用してドメインを管理するためのアクティブ ドメイン ライセンスが必要です。 猶予期間は、Cisco UCS ドメインを登録した日からライセンスを取得してインストールする日までが換算されます。

              登録された Cisco UCS ドメインの猶予期間の消化日数がシステムに保存されます。 システムからドメインの登録を解除しても、猶予期間はリセットされません。 たとえば、無料でドメインを登録して、猶予期間のうちの 40 日を消化してから、40 日後に登録を解除した場合は、そのドメインに関連付けられた 40 日間が記録されます。 この Cisco UCS ドメインを再度登録すると、そのドメインの猶予期間が再開され、40 日が消化済みであることが示されます。 猶予期間が終了する前にライセンスを取得してインストールする必要があります。 猶予期間の終了前にライセンスを取得しないと、ライセンス取得を促す通知として複数のエラーが生成されます。

              ライセンス タイプ

              2 つの使用可能なライセンス タイプを以下に示します。

              • 初期ライセンス:初期ライセンスには Cisco UCS Central の初期アクティベーション ライセンスと 5 つのドメイン ライセンスが含まれています。 初期ライセンスのインストール後に、それをシステムから削除することはできません。 初期ライセンスのダウンロード タスクは削除できますが、初期ライセンスのインストール ステータスには影響しません。
              • ドメイン ライセンス:6 つ以上のドメインを Cisco UCS Central に登録する予定の場合は、ドメイン ライセンスを購入する必要があります。 ドメイン ライセンスを取得してダウンロードしたら、Cisco UCS ドメイン を登録するときに、ドメインを選択して、ライセンスを割り当てることができます。

              従来のライセンスの取得

              シスコのライセンス管理ポータルを使用して Cisco UCS ドメインのライセンスを取得できます。


              (注)  


              • このプロセスは、このマニュアルのリリース後に変更される場合があります。 次のステップの 1 つ以上が該当しない場合は、ライセンスを入手する方法についてシスコ担当者にお問い合わせください。

              • 初期ライセンスを取得するには、ライセンス コード L-UCS-CTR-INI= を使用します。

              • ドメイン ライセンスを取得するには、ライセンス コード L-UCS-CTR-LIC= を使用します。


              はじめる前に

              権利証明書またはその他の購入証明書から、製品認証キー(PAK)を取得します。


                ステップ 1   [Task bar] ドロップダウン メニューから、[Manage UCS Central Call Home Settings] を選択して、Call Home 機能をイネーブルにします。
                ステップ 2   メニュー バーで、操作アイコンをクリックして、[Licenses] を選択します。

                これにより、[License] 情報ページが表示されます。

                ステップ 3   [UCS Central GUID] リンクをクリックして、GUID をクリップボードにコピーします。 GUID は、ライセンスを取得する Cisco UCS Central インスタンスに固有です。
                ステップ 4   [Cisco SWIFT] をクリックして、製品ライセンス登録ポータルを開きます。

                このページ上のビデオで、ソフトウェア ライセンスの機能と動作を確認できます。

                ステップ 5   ログインして、[Continue to Product License Registration] をクリックします。
                ステップ 6   [Quickstart] ページの [Enter a Single PAK or Token to fulfill] フィールドに PAK を入力し、[Fulfill Single PAK/Token] をクリックします。
                ステップ 7   [Assign SKUs to Devices] ページで、入力した PAK の横にある [Quantity Available] チェックボックスをオンにします。
                ステップ 8   GUID を [GUID] フィールドに入力し、[Assign] をクリックします。
                ステップ 9   [Next] をクリックします。
                ステップ 10   [Review] ページで、電子メール アドレスを入力し、ユーザ ID を選択し、[License Agreement] チェックボックスをオンにします。
                ステップ 11   [Get License] をクリックします。

                シスコからライセンス zip ファイルが電子メールで送信されます。 ライセンス ファイルは、指定された Cisco UCS ドメイン での使用だけを許可するようにデジタル署名されています。

                注意       

                ライセンス ファイルを取得したら、ライセンス コードを不正に変更してはなりません。 一部でも手動で編集すると、改ざん防止機能が停止して、ライセンスが無効になります。


                次の作業

                ライセンス ファイルを解凍して、インストールします。

                ローカル ファイル システムからのライセンスのダウンロード

                はじめる前に

                ローカル ファイル システムから Cisco UCS Central にライセンスをダウンロードするには、次の作業を行っており、次の権限があることを確認します。

                • ローカル システムに保存されたシスコ製品ライセンス。

                • このタスクを実行するための Cisco UCS Central の管理権限。


                  ステップ 1   [What do you want to do?] ドロップダウン メニューから、[Manage UCS Central Call Home Settings] を選択して、Call Home 機能をイネーブルにします。
                  ステップ 2   操作アイコンをタップして、[Licenses] を選択します。

                  これにより、[License] 情報ページが表示されます。

                  ステップ 3   [Download] をクリックします。
                  ステップ 4   [Filename] ダイアログボックスで、ライセンスのフル パスと名前を入力します。

                  ライセンスが含まれているフォルダの正確なパスがわからない場合は、[Choose File] をクリックしてファイルの場所にナビゲートし、ファイルを選択します。

                  ステップ 5   [OK] をクリックします。

                  Cisco UCS Central によりライセンスのダウンロードが開始されます。


                  リモート ファイル システムからのライセンスのダウンロード

                  はじめる前に

                  リモート ロケーションから Cisco UCS Central にライセンスをダウンロードするには、次の作業が済んでおり、次の情報と権限があることを確認します。

                  • リモート ロケーションに保存されたシスコ製品ライセンス。

                  • 必要に応じて、FTP、SCP、または SFTP サーバにアクセスするために必要なユーザ名とパスワード。

                  • このタスクを実行するための Cisco UCS Central の管理権限。


                    ステップ 1   [What do you want to do?] ドロップダウン メニューから、[Manage UCS Central Call Home Settings] を選択して、Call Home 機能をイネーブルにします。
                    ステップ 2   操作アイコンをタップして、[Licenses] を選択します。

                    これにより、[License] 情報ページが表示されます。

                    ステップ 3   [Download] をクリックします。
                    ステップ 4   [Download License] ダイアログボックスで、[Remote File System] オプション ボタンをクリックします。
                    ステップ 5   リモート サーバとの通信に使用するプロトコルを選択します。

                    次のいずれかのプロトコルを選択できます。

                    • FTP

                    • TFTP

                    • SCP

                    • SFTP

                    ステップ 6   [Server] フィールドに、ライセンス ファイルが存在するサーバの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
                    ステップ 7   [License File Name] フィールドに、ダウンロードするライセンス ファイルの名前を入力します。
                    ステップ 8   必要に応じて、[Path] フィールドにリモート サーバのライセンス ファイルの絶対パスを入力します。

                    SCP を使用する場合、絶対パスは常に必要です。 他のプロトコルを使用する場合は、ファイルがデフォルトのダウンロード フォルダにあれば、リモート パスを指定する必要はありません。 ファイル サーバの設定方法の詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

                    ステップ 9   [User Name] フィールドに、リモート サーバにログインするためのユーザ名を入力します。

                    [TFTP] を選択した場合は、このフィールドは適用されません。

                    ステップ 10   [Password] フィールドに、リモート サーバ ユーザ名のパスワードを入力します。

                    [TFTP] を選択した場合は、このフィールドは適用されません。

                    ステップ 11   [OK] をクリックします。

                    Cisco UCS Central によりライセンスのダウンロードが開始されます。


                    ライセンスのインストール

                    ライセンスが Cisco UCS Central にダウンロードされていることを確認します。


                      ステップ 1   [Task bar] ドロップダウン メニューから、[Manage UCS Central Call Home Settings] を選択して、Call Home 機能をイネーブルにします。
                      ステップ 2   メニュー バーで、操作アイコンをクリックして、[Licenses] を選択します。
                      ステップ 3   インストール アイコンをクリックします。

                      [License Install] ダイアログボックスが表示されます。

                      ステップ 4   [License Install] ダイアログボックスで、ローカルまたはリモート ファイルの場所を選択して、必要な情報を入力し、ライセンス ファイルを選択します。
                      ステップ 5   [Install] をクリックします。

                      [Overall License Status] カラムに、インストールのステータスが表示されます。 インストールを開始すると、このカラムのステータスが [Install-pending] になります。 ライセンスのインストール後には、ステータスが [Installed] に変更されます。


                      従来のライセンスの削除

                      登録済み UCS ドメインに関連付けられていない従来のライセンスを Cisco UCS Central から削除できます。 UCS ドメインに関連付けられているライセンスを削除する場合は、ライセンスを削除する前に、ドメインを登録解除してください。 ライセンスを削除すると、システムは使用可能なライセンス数を自動的に調整します。

                      重要:

                      ライセンスを Cisco UCS Central から削除すると、システムからライセンス ファイルだけが削除されます。 システムからライセンスを削除した後で、同じライセンスをダウンロードしようとすると、ライセンス ダウンロード エラーが発生することがあります。 したがってライセンスを削除する場合は、そのライセンスの関連ダウンロード タスクも削除する必要があります。


                        ステップ 1   [What do you want to do?] ドロップダウン メニューから、[Manage UCS Central Call Home Settings] を選択して、Call Home 機能をイネーブルにします。
                        ステップ 2   操作アイコンをタップして、[Licenses] を選択します。

                        これにより、[License] 情報ページが表示されます。

                        ステップ 3   アンインストールするライセンスを選択します。
                        ステップ 4   [Delete] をクリックします。
                        ステップ 5   確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。 ライセンス ファイルが Cisco UCS Central から削除されます。