Cisco UCS Central スタートアップ ガイド リリース 1.4
Cisco Unified Computing System インフラストラクチャの概要
Cisco Unified Computing System インフラストラクチャの概要

Cisco Unified Computing System インフラストラクチャの概要

Cisco Unified Computing System の概要

図 1. Cisco UCS のアーキテクチャ



Cisco UCS はユニークなアーキテクチャを搭載しており、コンピューティング、データ ネットワーク アクセス、およびストレージ ネットワーク アクセスを一括管理インターフェイス内の共通コンポーネント セットに統合します。

Cisco UCS は、アクセス レイヤ ネットワークとサーバを融合します。 この高性能次世代サーバ システムは、作業負荷に対する敏捷性およびスケーラビリティの高いデータセンターを実現します。 ハードウェア コンポーネントおよびソフトウェア コンポーネントは、1 つの統合ネットワーク アダプタ上に複数のタイプのデータセンター トラフィックを通過させる、シスコ ユニファイド ファブリックをサポートします。

アーキテクチャの単純化

Cisco UCS のアーキテクチャを単純化することにより、必要なデバイスの数を削減し、スイッチング リソースを中央に集中させることができます。 シャーシ内部でのスイッチングを止めると、ネットワーク アクセス レイヤのフラグメンテーションが大きく減少します。 Cisco UCS は、ラック、またはラックのグループでシスコ ユニファイド ファブリックを実装し、10 ギガビット シスコ データセンター イーサネット リンクおよび Fibre Channel over Ethernet(FCoE)リンク経由でイーサネットおよびファイバ チャネル プロトコルをサポートします。 この徹底的な単純化により、スイッチ、ケーブル、アダプタ、および管理ポイントの最高 3 分の 2 が削減されます。 Cisco UCS ドメイン内のデバイスはすべて、1 つの管理ドメインの下にとどまり、冗長コンポーネントの使用中、ハイ アベイラビリティを保ちます。

High Availability(高可用性)

Cisco UCS の管理およびデータ プレーンはハイ アベイラビリティおよび冗長アクセス レイヤ ファブリック インターコネクトのために設計されています。 さらに、Cisco UCS は、データ レプリケーションやアプリケーションレベルのクラスタ処理テクノロジーなど、データセンターに対する既存のハイ アベイラビリティおよびディザスタ リカバリ ソリューションをサポートします。

拡張性

単一の Cisco UCS ドメインは、複数のシャーシおよびそれらのサーバをサポートします。それらはすべて、1 つの Cisco UCS Manager を介して管理されます。 スケーラビリティの詳細については、シスコの担当者にお問い合わせください。

柔軟性

Cisco UCS ドメインでは、データセンターのコンピューティング リソースを、急速に変化するビジネス要件にすばやく合せることができます。 この柔軟性を組み込むかどうかは、ステートレス コンピューティング機能の完全な実装が選択されているかどうかによって決定されます。 必要に応じて、サーバやその他のシステム リソースのプールを適用し、作業負荷の変動への対応、新しいアプリケーションのサポート、既存のソフトウェアおよびビジネス サービスの拡張、スケジュール済みのダウンタイムおよび予定されていないダウンタイムの両方への適応を行うことができます。 サーバの ID は、最小のダウンタイムで、追加のネットワーク設定を行わずにサーバからサーバへ移動できるモバイル サービス プロファイルに抽象化することができます。 このレベルの柔軟性により、サーバの ID を変更したり、サーバ、ローカル エリア ネットワーク(LAN)、または Storage Area Network(SAN)を再設定したりせずに、すばやく、簡単にサーバの容量を拡張することができます。 メンテナンス ウィンドウでは、次の操作をすばやく行うことができます。

  • 予測していなかった作業負荷要求に対応し、リソースとトラフィックのバランスを取り戻すために新しいサーバを導入します。

  • あるサーバでデータベース管理システムなどのアプリケーションをシャットダウンし、I/O 容量とメモリ リソースを拡張した別のサーバでこれを再度起動します。

サーバ バーチャライゼーションに向けた最適化

Cisco UCS は、VM-FEX テクノロジーを実装するために最適化されています。 このテクノロジーは、より優れたポリシーベースの設定とセキュリティ、会社の運用モデルとの適合、VMware の VMotion への順応など、サーバ バーチャライゼーションに対してより優れたサポートを実現します。

Cisco UCS Manager の概要

Cisco UCS Manager は、ファブリック インターコネクト上の組み込みソフトウェアで、Cisco UCS システムのすべてのコンポーネントを完全に設定および管理する機能が備わっています。 この設定情報は 2 台のファブリック インターコネクト間で複製され、この重要な機能の高可用性ソリューションを提供します。 単純な作業を行うために UCS Manager にアクセスする最も一般的な方法は、Web ブラウザを使用して Java ベースの GUI を開くことです。 システムに対してコマンドラインまたはプログラムによる操作を行うために、コマンドライン インターフェイス(CLI)と XML API もシステムに含まれています。

Cisco UCS Manager の GUI では、ロールベース アクセス コントロール(RBAC)が提供され、システム オブジェクトに対するきめ細かい管理権限を複数のユーザ レベルに許可することができます。 システム内に作成できる任意の組織構造に対応するロケールに基づいて、ユーザのアクセスをシステムの特定の部分に制限できます。 ユーザを各自のアクセス レベルや専門領域に基づいて、「ストレージ管理者」、「サーバ機器の管理者」、または「読み取り専用」のように分類することもできます。 RBAC を使用すると、Cisco UCS Manager の GUI の包括的な機能を柔軟かつ安全な方法で、組織内の複数のユーザやチームの間で適切に共有できます。

Cisco UCS Manager は、すべてのソフトウェア コンポーネントとハードウェア コンポーネントの統一された組み込み管理を可能にします。 Cisco UCS Manager のすべてのインスタンスとそれによって管理されるすべてのコンポーネントがドメインを形成します。 複数の Cisco UCS ドメインを導入している組織では、Cisco UCS Central ソフトウェアが、何千台ものサーバからなる世界中に分散された複数の Cisco UCS ドメインを管理可能な集中型ユーザ インターフェイスを提供します。 Cisco UCS Central は、Cisco UCS Manager と統合し、それを利用してプール、ポリシー、およびファームウェアのグローバル設定機能を提供します。