Cisco UCS Central ソフトウェア ユーザ マニュアル リリース 1.2
バックアップと復元の管理
バックアップと復元の管理

目次

バックアップと復元の管理

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Central でのバックアップとインポート

Cisco UCS Central では、Cisco UCS Central 自体と登録済み UCS ドメインのバックアップと復元を実行できます。 バックアップおよび復元ポリシーをスケジュールするか、またはバックアップ操作をただちに実行できます。 スケジュールされたバックアップ操作または即時バックアップ操作には、次の 2 種類があります。

Cisco UCS Central と Cisco UCS ドメインの両方で、次のバックアップ ポリシーを個別にスケジュールできます。

  • [Full state backup policy]:データベースをバックアップします。

  • [Config all export policy]:設定を XML 形式でバックアップします。

UCS ドメインでは、これらのポリシーはローカルで定義するか、または Cisco UCS Central で定義できます。

スケジュール済みバックアップ ポリシーはデフォルトで無効になっています。 Cisco UCS Central または登録済み UCS ドメインをバックアップするには、この両方のバックアップ状態を有効にする必要があります。 バックアップ プロセスは、サーバ トラフィックまたはネットワーク トラフィックを中断せず、またこれらのトラフィックに影響しません。 バックアップは、ドメインが起動されて動作している間に実行できます。 バックアップ操作では、管理プレーンからの情報が保存されます。

リモートで設定されたポリシーは、バックアップに関して、Cisco UCS Managerによって内部的にマウントされた Cisco UCS Central リポジトリを使用するように制限されます。

定期的なバックアップをスケジュールすると、バックアップ リポジトリはデータの蓄積を開始できます。 バックアップ アーカイブを管理するために、保存されているバックアップ バージョンの最大数を指定できます。 ポリシー仕様を使用して、各 Cisco UCS ドメインで維持するバックアップの数を指定します。


(注)  


この最大数は、リモート ロケーションに保存できるバックアップ イメージ ファイルの数には影響しません。


また、Cisco UCS Central GUI から各 Cisco UCS ドメインのバックアップのリストを表示し、保存済みまたは未使用のバックアップ ディレクトリおよび設定を削除できます。

重要:
  • バックアップ操作とインポート操作を作成し、実行するには、管理ロールを持つユーザ アカウントが必要です。

  • バックアップは、(バックアップが行われた)Cisco UCS ドメインが登録解除された後にのみ削除できます。

  • config-all、config-logical、および config-system タイプのバックアップは、Cisco UCS Central ではオンデマンド バックアップとしてのみサポートされています。

バックアップ イメージ ファイル

データベースまたは設定のバックアップ ファイルは次の場所に保存できます。

  • ローカル ファイル システム:ローカル ファイル システム。

  • リモート ロケーション:TFTP、FTP、SCP、SFTP などのプロトコルを使用するリモート ロケーション。

    重要:

    リモート ロケーションにイメージ ファイルを保存するオプションを使用するグローバル バックアップ ポリシーを指定するには、登録済み Cisco UCS ドメイン に Cisco UCS Manager リリース 2.2(2x) が必要です。 Cisco UCS ドメインに Cisco UCS Manager リリース 2.2(2x) がない場合、リモート バックアップを使用するグローバル バックアップ ポリシーは機能しません。

バックアップのスケジュール時に、いずれかのシステムに保存するバックアップ ファイルの最大数を指定できます。

設定の復元

管理対象 Cisco UCS ドメインを復元して設定するには、バックアップ リポジトリに保存されている設定を使用できます。 回復を実行する状況では Full State バックアップを使用してください。 バックアップ設定にアクセスするには、TFTP プロトコルを使用します。 Cisco UCS Central GUI と CLI の両方で、バックアップ ファイルの URL をコピーし、その URL を使用して新しいドメインを設定することができます。

バックアップ操作の考慮事項と推奨事項

バックアップ操作を作成する前に、次のことを考慮してください。

バックアップの場所

バックアップ場所とは、Cisco UCS ManagerCisco UCS Central でバックアップ ファイルをエクスポートするネットワーク上の宛先またはフォルダのことです。 バックアップ操作は、バックアップ ファイルを保存する場所ごとに 1 つしか保持できません。

バックアップ ファイル上書きの可能性

ファイル名を変更しないでバックアップ操作を再実行すると、サーバ上にすでに存在するファイルが Cisco UCS ManagerCisco UCS Central によって上書きされます。 既存のバックアップ ファイルが上書きされるのを回避するには、バックアップ操作内のファイル名を変更するか、既存のファイルを別の場所にコピーします。

バックアップの複数のタイプ

同じ場所に対して複数種類のバックアップを実行し、エクスポートできます。 バックアップ操作を再実行する前に、バックアップ タイプを変更する必要があります。 バックアップ タイプの識別を容易にし、また既存のバックアップ ファイルが上書きされるのを回避するために、ファイル名を変更することを推奨します。

スケジュール バックアップ

バックアップ操作を前もって作成し、そのバックアップの実行準備が整うまで管理状態をディセーブルのままにしておくことはできます。 Cisco UCS ManagerCisco UCS Central は、バックアップ操作の管理状態がイネーブルに設定されるまで、バックアップ操作を実行したり、コンフィギュレーション ファイルを保存したり、エクスポートしたりしません。

増分バックアップ

Cisco UCS Manager または Cisco UCS Centralの増分バックアップを実行できません。

完全な状態のバックアップの暗号化

パスワードなどの機密情報がクリア テキストでエクスポートされることがないように、完全な状態のバックアップは暗号化されます。

バックアップ タイプ

Cisco UCS Central では次のタイプのバックアップを 1 つ以上実行できます。

  • [full-state]:完全な状態のバックアップはインストール時にのみ指定できます。 Full State バックアップは、システム全体のスナップショットを含むバイナリ ファイルです。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、ディザスタ リカバリ時にシステムを復元できます。 このファイルは、インポートには使用できません。


    (注)  


    Full State バックアップ ファイルを使用した場合にのみ、バックアップ ファイルのエクスポート元のシステムと同じバージョンを実行しているシステムを復元できます。


  • [config-all]:全設定バックアップは、すべてのシステムおよび論理構成設定を含む XML ファイルです。 このファイルは、インストール時のシステム復元には使用できません。

  • [config-logical]:論理設定バックアップは、すべての論理構成設定を含む XML ファイルです。 サービス プロファイル、VLAN、VSAN、プール、ポリシー、ユーザ、ロケール、LDAP、NTP、および DNS 認証と管理設定が含まれます。 これらの構成設定をインポートするときに、このバックアップから生成されたファイルを使用できます。 このファイルは、インストール時の完全な状態のシステム復元には使用できません。

  • [config-system]:システム構成バックアップは、統計情報設定とスケジューラ情報を含む XML ファイルです。 これらの構成設定をインポートするときに、このバックアップから生成されたファイルを使用できます。 このファイルは、インストール時の完全な状態のシステム復元には使用できません。

システムの復元

この復元機能は、ディザスタ リカバリに使用できます。

Cisco UCS からエクスポートされた任意の完全な状態のバックアップ ファイルからシステム設定を復元できます。 このファイルは、復元するシステム上の Cisco UCS からエクスポートされたものでなくてもかまいません。 別のシステムからエクスポートされたバックアップ ファイルを使用して復元する場合、ファブリック インターコネクト、サーバ、アダプタ、および I/O モジュールまたは FEX 接続を含めて、同じまたは同様のシステム設定およびハードウェアを持つシステムを使用することを強く推奨します。 ハードウェアまたはシステム設定が一致しない場合、復元されたシステムが完全には機能しないことがあります。 2 つのシステムの I/O モジュール リンク間またはサーバ間に不一致がある場合、復元操作後にシャーシまたはサーバまたはその両方を承認します。

この復元機能は、完全な状態のバックアップ ファイルにだけ使用できます。 完全な状態のバックアップ ファイルはインポートできません。 復元は、初期システム セットアップで実行します。 詳細については、該当する『Cisco UCS Central Installation and Upgrade Guide』を参照してください。


(注)  


Full State バックアップ ファイルを使用した場合にのみ、バックアップ ファイルのエクスポート元のシステムと同じバージョンを実行しているシステムを復元できます。


Cisco UCS Central でのバックアップの有効化

デフォルトでは、バックアップ オペレーションは無効になります。 データベースまたはシステム設定を自動的にバックアップするには、Cisco UCS Central バックアップと Cisco UCS ドメイン バックアップのバックアップ ポリシーを有効にする必要があります。


(注)  


この手順では、Cisco UCS Central バックアップを有効にする方法について説明します。 [Operations Management] > [Domain Groups root] または特定の [Domain Group] から、Cisco UCS ドメインに対して同じ操作を実行します。


手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[Administration] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Navigation] ペインで [General] タブをクリックします。
    ステップ 3   [Work] ペインで [Full-State Backup Policy] または [Config-All Backup Policy] をクリックします。
    ステップ 4   [Backup State] で [Enable] をクリックします。
    ステップ 5   [Save] をクリックします。

    Cisco UCS Central は、選択された設定タイプのスナップショットを作成し、ファイルを指定された場所にエクスポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。


    Cisco UCS Central のバックアップと復元

    Cisco UCS Central データベースまたは設定のバックアップは、スケジュールされているバックアップ ポリシーを使用して実行するか、またシステムのオンデマンド バックアップの作成時に実行できます。 次に、[Administration] タブでの Cisco UCS Central の 2 種類のスケジュール済みバックアップ ポリシーを示します。

    • [Full-State Backup Policy]:このポリシーは、指定されているスケジュールに基づいて Cisco UCS Central データベース全体をバックアップします。 バックアップ イメージ ファイルはローカル システムに保存するか、または SCP、SFTP、FTP、TFTP などのプロトコルを使用してリモートの場所に保存することができます。 Full State バックアップでは、管理インターフェイスが完全な状態で保持されます。

    • [Config-All Export Policy]:Config-All エクスポート ポリシーは、システム設定だけを XML 形式でバックアップします。

    また、[Operations Management] > [Backup and Import] > [UCS Central] > [Create System Backup] から任意の時点で Cisco UCS Central のオンデマンド バックアップを作成することもできます。

    Cisco UCS Central の Full State バックアップ ポリシーの作成

    指定されたスケジュールでバックアップをトリガーできるように、バックアップ状態が有効になっていることを確認します。


    (注)  


    リモート ロケーションを指定する場合は、そのロケーションが存在していることを確認します。 リモート ロケーションを選択する場合は、絶対リモート パスがわかっている必要があります。


    手順
      ステップ 1   メニュー バーで、[Administration] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Navigation] ペインで [General] をクリックします。
      ステップ 3   [Work] ペインで [Full-State Backup Policy] タブをクリックします。
      1. このバックアップの説明を入力します。
      2. [Location of the Image File] で、イメージ ファイルの保存先に該当するオプション ボタンを選択します。
      3. [Schedule] ドロップダウンで、バックアップをスケジュールする頻度を選択します。
      4. [Max Files] に、システムのこの場所に保存するファイルの最大数を指定します。
      ステップ 4   [Save] をクリックします。

      スケジュールに基づいて、Cisco UCS Central がデータベースのスナップショットを作成し、このファイルを指定された場所にエクスポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。

      Cisco UCS Central の Config-All バックアップ ポリシーの作成

      指定されたスケジュールでバックアップをトリガーできるように、バックアップ状態が有効になっていることを確認します。


      (注)  


      リモート ロケーションを指定する場合は、そのロケーションが存在していることを確認します。 リモート ロケーションを選択する場合は、絶対リモート パスがわかっている必要があります。


      手順
        ステップ 1   メニュー バーで、[Administration] タブをクリックします。
        ステップ 2   [Navigation] ペインで [General] をクリックします。
        ステップ 3   [Work] ペインで [Config-all Export Policy] タブをクリックします。
        1. このバックアップの説明を入力します。
        2. [Location of the Image File] で、イメージ ファイルの保存先に該当するオプション ボタンを選択します。
        3. [Schedule] ドロップダウンで、バックアップをスケジュールする頻度を選択します。
        4. [Max Files] に、システムのこの場所に保存するファイルの最大数を指定します。
        ステップ 4   [Save] をクリックします。

        スケジュールに基づいて、Cisco UCS Central がデータベースのスナップショットを作成し、このファイルを指定された場所にエクスポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。

        Cisco UCS Central のオンデマンド バックアップの作成

        はじめる前に

        バックアップ サーバの IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスおよび認証クレデンシャルを取得します。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインで、[Backup and Import] を展開します。
          ステップ 2   [UCS Central] ノードをクリックします。
          ステップ 3   [Work] ペインで、[Create System Backup] をクリックします。
          ステップ 4   [Create System Backup] ダイアログボックスで、必須フィールドに入力します。
          ステップ 5   [OK] をクリックします。
          ステップ 6   Cisco UCS Central に確認ダイアログボックスが表示されたら、[OK] をクリックします。

          [Backup State] をイネーブルに設定すると、Cisco UCS Central によって、選択した設定タイプのスナップショットが取得され、ファイルがネットワークの場所にエクスポートされます。 [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] テーブルに、バックアップ操作が表示されます。

          ステップ 7   (任意)バックアップ操作または各モジュールのエクスポート操作の進捗を表示するには、[work] ペインで [Properties] をクリックし、次に [Status] タブをクリックします。
          ステップ 8   [OK] をクリックし、[Backup Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

          バックアップ操作は完了するまで実行し続けます。 進捗を表示するには、[Backup Configuration] ダイアログボックスを再度開きます。


          Cisco UCS Central のバックアップ スケジュールの作成

          Full State バックアップ ポリシーと Config-All バックアップ ポリシーの両方でバックアップ スケジュールを作成し、イメージ ファイルをネットワーク ロケーションとリモート ファイル システムのいずれかに保存することができます。 スケジュールされている時点で Cisco UCS Central がバックアップをトリガーできるようにするため、[Backup State] は [Enable] に設定されている必要があります。

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで、[Administration] タブをクリックします。
            ステップ 2   [Navigation] ペインで [General] タブをクリックします。
            ステップ 3   [Work] ペインで [Full-State Backup Policy] または [Config-All Backup Policy] をクリックし、次の操作を行います。
            1. このバックアップの説明を入力します。
            2. [Location of the Image File] で、イメージ ファイルの保存先に該当するオプション ボタンを選択します。
            3. [Schedule] ドロップダウンで、バックアップをスケジュールする頻度を選択します。
            4. [Max Files] に、システムのこの場所に保存するファイルの最大数を指定します。
            ステップ 4   [Save] をクリックします。

            指定したスケジュールに基づいて、Cisco UCS Central は選択された設定タイプのスナップショットを作成し、指定された場所にファイルをエクスポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。


            Cisco UCS Central のバックアップ操作の削除

            手順
              ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
              ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Backup and Import] を展開します。
              ステップ 3   [UCS Central System] ノードをクリックします。
              ステップ 4   [Backup] テーブルで、削除するバックアップ操作をクリックします。 操作の管理状態が [Enabled] に設定されている場合、テーブルでバックアップ操作をクリックすることはできません。
              ステップ 5   [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] テーブルで、削除するバックアップ操作をクリックします。
              ヒント   

              操作の管理状態が [Enabled] に設定されている場合、テーブルでバックアップ操作をクリックすることはできません。

              ステップ 6   [Backup Operations] テーブルのアイコン バーの [Delete] アイコンをクリックします。
              ステップ 7   Cisco UCS Central GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
              ステップ 8   [Backup Configuration] ダイアログボックスで [Yes] をクリックし、バックアップ操作を削除します。

              Cisco UCS ドメインのバックアップと復元

              ドメイン グループ ルートまたはドメイン グループ レベルで Cisco UCS Central の登録済み UCS ドメインのグローバル バックアップ ポリシーを作成できます。

              グローバル バックアップ ポリシーの作成時に、ドメイン グループに含まれる Cisco UCS ドメインは、ポリシーの作成、更新、および削除イベントを継承します。 これらはグローバル ポリシーであり、完全には削除できないため、これらのポリシーをリモートから削除すると管理状態がリセットされ、Cisco UCS Manager でディセーブルになります。 バックアップおよび復元処理をスケジュールするか、またはただちに実行できます。

              重要:

              リモート ロケーションへの UCS ドメインのバックアップは、Cisco UCS Manager リリース 2.2(2x) 以降でのみサポートされています。 これよりも古いリリース バージョンの Cisco UCS Manager で稼働している UCS ドメインをバックアップすることはできません。

              推奨事項

              • Cisco UCS Manager で [Backup & Export Polices] を [Global] に設定してください。

              • グローバル バックアップ ポリシーを有効にするには、ドメイン グループに Cisco UCS ドメインを登録する必要があります。

              • セットアップで複数の Cisco UCS Manager リリース バージョンが使用されている場合は、1 つのドメイン グループに登録されている UCS Manager のバージョン リリースが同一であることを確認してください。

              • 異なるドメイン グループで複数のバックアップ ポリシーを指定することはできません。 すべてのバックアップ ポリシーにはデフォルトの名前が設定されている必要があります。

              Cisco UCS ドメインの Full State バックアップ ポリシーの作成

              ドメイン グループのルートとドメイン グループ レベルで Cisco UCS ドメインのグローバル Full State バックアップ ポリシーを指定できます。 このポリシーは、ルートの下のすべてのドメイン グループに適用されます。


              (注)  


              リモート ロケーションを指定する場合は、そのロケーションが存在していることを確認します。 リモート ロケーションを選択する場合は、絶対リモート パスがわかっている必要があります。


              手順
                ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Domain Groups] > [Domain Group root] を展開するか、または [Domain Group root] をクリックして特定のドメイン グループに移動します。
                ステップ 3   [Backup/Export Policy] ノードをクリックします。
                ステップ 4   [Work] ペインで、[Full-State Backup Policy] をクリックします。
                1. このバックアップの説明を入力します。
                2. [Location of the Image File] で、イメージ ファイルの保存先に該当するオプション ボタンを選択します。
                  (注)     

                  リモート ロケーションを使用してバックアップ イメージ ファイルを保存するには、Cisco UCS Manager リリース 2.2 (2x) が必要です。

                3. [Schedule] ドロップダウンで、バックアップをスケジュールする頻度を選択します。
                4. [Max Files] に、システムのこの場所に保存するファイルの最大数を指定します。
                ステップ 5   [Save] をクリックします。

                スケジュールに基づいて、Cisco UCS Central が Cisco UCS ドメイン データベースのスナップショットを作成し、このファイルを指定された場所にエクスポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。

                Cisco UCS ドメインでの Config-All エクスポート ポリシーの作成

                ドメイン グループ ルートまたはドメイン グループ レベルで Cisco UCS ドメインのグローバル Config-All バックアップ ポリシーを指定できます。 このポリシーは、ルートの下のすべてのドメイン グループに適用されます。


                (注)  


                リモート ロケーションを指定する場合は、そのロケーションが存在していることを確認します。 リモート ロケーションを選択する場合は、絶対リモート パスがわかっている必要があります。


                手順
                  ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                  ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Domain Groups] > [Domain Group root] を展開するか、または [Domain Group root] をクリックして特定のドメイン グループに移動します。
                  ステップ 3   [Backup/Export Policy] ノードをクリックします。
                  ステップ 4   [Work] ペインで、[Config-All Export Policy] をクリックします。
                  1. このバックアップの説明を入力します。
                  2. [Location of the Image File] で、イメージ ファイルの保存先に該当するオプション ボタンを選択します。
                    重要:

                    リモート ロケーションを使用してバックアップ イメージ ファイルを保存するには、Cisco UCS Manager リリース 2.2 (2x) が必要です。

                  3. [Schedule] ドロップダウンで、バックアップをスケジュールする頻度を選択します。
                  4. [Max Files] に、システムのこの場所に保存するファイルの最大数を指定します。
                  ステップ 5   [Save] をクリックします。

                  スケジュールに基づいて、Cisco UCS Central が Cisco UCS ドメイン設定のスナップショットを作成し、このファイルを指定された場所にエクスポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。

                  インポートの設定

                  Cisco UCS からエクスポートされたコンフィギュレーション ファイルをインポートできます。 ファイルは、同じ Cisco UCS からエクスポートされたものである必要はありません。

                  インポート機能は、すべてのコンフィギュレーション ファイル、システム コンフィギュレーション ファイル、および論理コンフィギュレーション ファイルで使用できます。 インポートは、システムがアップ状態で、稼働中に実行できます。 インポート操作によって情報が変更されるのは、管理プレーンだけです。 インポート操作によって行われる一部の変更(サーバに割り当てられた vNIC に対する変更など)により、サーバのリブートまたはトラフィックを中断する他の動作が行われることがあります。

                  インポート操作はスケジュールできません。 ただし、インポート操作を前もって作成し、そのインポートの実行準備が整うまで管理状態をディセーブルのままにしておくことはできます。Cisco UCS では、管理状態がイネーブルに設定されるまで、コンフィギュレーション ファイルでインポート操作が実行されません。

                  インポート操作は、コンフィギュレーション バックアップ ファイルを保存する場所ごとに 1 つしか保持できません。

                  重要:

                  リリース 2.1(1) 以降から古いリリースに設定をインポートすると、対応するサービス プロファイルがデフォルトのホスト ファームウェア パックを使用している場合に、サーバ ファームウェアが自動的にアップグレードまたはダウングレードされることがあります。 ただし設定をインポートする前に、デフォルト以外のホスト ファームウェアを使用するようにサービス プロファイルを変更できます。

                  インポート方法

                  次のいずれかの方法を使用して、Cisco UCS によるシステム設定のインポートおよびアップデートを実行できます。

                  • [Merge]:インポートされたコンフィギュレーション ファイルの情報は、既存の設定情報と比較されます。 矛盾が存在する場合、インポートされたコンフィギュレーション ファイルの情報で Cisco UCS ドメインの情報が上書きされます。

                  • [Replace]:現在の設定情報が、インポートされたコンフィギュレーション ファイルの情報で一度に 1 つのオブジェクトについて置き換えられます。

                  Cisco UCS Central の設定のインポート

                  Full State コンフィギュレーション ファイルはインポートできません。 次のコンフィギュレーション ファイルのいずれもインポートできます。

                  • All コンフィギュレーション

                  • システム設定

                  • Logical コンフィギュレーション

                  はじめる前に

                  コンフィギュレーション ファイルのインポートに必要な次の情報を収集します。

                  • バックアップ サーバの IP アドレスおよび認証クレデンシャル

                  • バックアップ ファイルの完全修飾名

                  手順
                    ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                    ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Backup and Import] を展開します。
                    ステップ 3   [UCS Central System] ノードをクリックします。
                    ステップ 4   [Work] ペインで、[Import] タブをクリックします。
                    ステップ 5   [Create Import Operation] をクリックします。
                    ステップ 6   [Create Import Operation] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                    ステップ 7   (任意)[Local File System] を選択した場合は、タスクの終了後にファイルをダウンロードする必要があります。 [Download into backup file library] をクリックします。
                    ステップ 8   (任意)[Choose file] をクリックし、バックアップ ファイルのライブラリでアップロードおよびインポートするファイルを参照します。
                    ステップ 9   [OK] をクリックします。
                    ステップ 10   確認ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

                    [Import State] をイネーブルに設定した場合、Cisco UCS Central は、ネットワークの場所から設定をインポートします。 選択した処理に応じて、ファイル内の情報が既存の設定と結合されるか、既存の設定と置き換えられます。 インポート操作は、[Import Configuration] ダイアログボックスの [Import Operations] テーブルに表示されます。

                    ステップ 11   (任意) インポート操作の進捗および個々のモジュールのステータスを表示するには、次の手順を実行します。
                    1. [Properties] 領域にインポート操作が自動的に表示されない場合は、[Import Operations] テーブルでインポート操作をクリックします。
                    2. [Properties] 領域で、[FSM Details] バーの下矢印をクリックします。

                    [FSM Details] 領域が展開され、操作のステータスが表示されます。

                    ステップ 12   [OK] をクリックして、[Import Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

                    インポート操作は、終了するまで実行されます。 進捗状況を表示するには、[Import Configuration] を再度開きます。


                    Cisco UCS Manager の設定のインポート

                    手順
                      ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                      ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Backup and Import] を展開します。
                      ステップ 3   [UCS System] ノードをクリックします。
                      ステップ 4   [Work] ペインで、[Import] タブをクリックします。
                      ステップ 5   [+Create Import Operation] をクリックします。
                      ステップ 6   [Create Import Operation] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                      ステップ 7   [Ok] をクリックします。

                      インポート操作の実行

                      [UCS Central System] オプションを選択し、Cisco UCS Central のインポート操作を実行します。 [UCS Central] オプションを使用して、Cisco UCS Manager のインポート操作を実行します。

                      手順
                        ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                        ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Backup and Import] を展開します。
                        ステップ 3   [UCS Central System] ノードをクリックし、Cisco UCS Central のインポート操作を実行します。
                        ステップ 4   (任意)[UCS Central] ノードをクリックし、Cisco UCS Manager のインポート操作を実行します。
                        ステップ 5   [Import] テーブルで、インポートするホスト名およびリモート ファイル名をクリックします。
                        ステップ 6   [Properties] をクリックします。
                        1. [General] タブをクリックし、[Enabled] オプション ボタンをクリックします。
                        2. [merge] または [replace] オプション ボタンをクリックします。
                        ステップ 7   [Ok] をクリックします。

                        Cisco UCS Central は、選択したバックアップ コンフィギュレーション ファイルをインポートします。 バックアップ操作の進捗を表示するには、[Properties] ダイアログボックスの [Task] タブをクリックします。


                        インポート操作の削除

                        手順
                          ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                          ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Backup and Import] を展開します。
                          ステップ 3   [UCS Central System] ノードをクリックします。
                          ステップ 4   [Work] ペインで、[Import] タブをクリックします。
                          ステップ 5   [Import] テーブルで、削除するインポート操作をクリックします。 操作の管理状態が [Enabled] に設定されている場合、テーブルでバックアップ操作をクリックすることはできません。
                          ステップ 6   [Import] テーブルで、削除するインポート操作をクリックします。
                          ヒント   

                          操作の管理状態が [Enabled] に設定されている場合、テーブルでインポート操作をクリックすることはできません。

                          ステップ 7   [Import] テーブルのアイコン バーの [Delete] アイコンをクリックします。
                          ステップ 8   Cisco UCS Central GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。