Cisco UCS Central Software HTML5 GUI ユーザ マニュアル リリース 1.3
ユーザ管理
ユーザ管理

ユーザ管理

この章は、次の内容で構成されています。

UCS Central ユーザー管理の管理

[Manage UCS Central Users Administration] ダイアログボックスでは、ユーザ、ロール、ロケール、およびパスワード プロファイルを設定できます


    ステップ 1   [System Settings] アイコンから、[Users] を選択します。

    これにより、[Manage UCS Central Users Administration] ダイアログボックスが開きます。

    ステップ 2   設定するセクションのアイコンをクリックします。
    • [Password Profile] セクションでは、[Manage UCS Central Password Profile] ダイアログボックスと同じタスクを実行できます。 詳細については、UCS Central パスワード プロファイルの管理を参照してください。

    • [Roles] セクションでは、[Manage UCS Central Roles] ダイアログボックスと同じタスクを実行できます。 詳細については、UCS Central ロールの管理を参照してください。

    • [Locales] セクションでは、[Manage UCS Central Locales] ダイアログボックスと同じタスクを実行できます。 詳細については、UCS Central ロケールの管理を参照してください。

    • [Local Users] セクションでは、[Manage UCS Central Local Users] ダイアログボックスと同じタスクを実行できます。 詳細については、UCS Central ローカル ユーザの管理を参照してください。

    • [Remote Users] セクションでは、[Manage UCS Central Remote Users] ダイアログボックスと同じタスクを実行できます。 詳細については、UCS Central リモート ユーザの管理を参照してください。

    ステップ 3   セクションごとに必要なフィールドに値を入力します。
    ステップ 4   [Save] をクリックします。

    UCS Central パスワード プロファイルの管理


      ステップ 1   タスク バーで、「Manage UCS Central Password Profile」と入力して、Enter キーを押します。

      これにより、[Manage UCS Central Password Profile] ダイアログボックスが開きます。

      ステップ 2   [Password Profile] で、[Password Strength Check] を有効にするかどうかを選択します。
      ステップ 3   以前のパスワードが再利用できるようになるまでのパスワードの最小数を選択します。
      ステップ 4   [Password Change During Interval] を有効にするかどうかを選択します。
      ステップ 5   [Password Change Interval] を選択します。
      ステップ 6   変更間隔期間のパスワードの最大数を選択します。

      このフィールドは、[Password Change During Interval] が [Enabled] に設定されている場合にのみ表示されます。

      ステップ 7   [Save] をクリックします。

      UCS Central ロールの管理


        ステップ 1   タスク バーで、「Manage UCS Central Roles」と入力して、Enter キーを押します。

        これにより、[Manage UCS Central Locales Roles] ダイアログボックスが開きます。

        ステップ 2   [Roles] で、[Add] をクリックして新しいロールを作成するか、既存のロールを選択します。
        ステップ 3   ロールの [Network]、[Storage]、[Server]、および [Operations] の各特権を更新します。
        ステップ 4   [Save] をクリックします。

        UCS Central ロケールの管理


          ステップ 1   タスク バーで、「Manage UCS Central Locales」と入力して、Enter キーを押します。

          これにより、[Manage UCS Central Locales] ダイアログボックスが開きます。

          ステップ 2   [Locales] で、[Add] をクリックして新しいロケールを追加するか、既存のロケールを選択します。
          ステップ 3   [Organizations] または [Domain Groups] をロケールに割り当てます。
          ステップ 4   [Save] をクリックします。

          UCS Central ローカル ユーザの管理


            ステップ 1   タスク バーで、「Manage UCS Central Local Users」と入力して、Enter キーを押します。

            これにより、[Manage UCS Central Local Users] ダイアログボックスが開きます。

            ステップ 2   [Local Users] で、[Add] をクリックして新しいローカル ユーザを作成するか、既存のユーザを選択します。
            ステップ 3   [Basic] タブで、ユーザに関する必要な情報を入力します。
            ステップ 4   [Roles] タブで、ユーザに割り当てるロールを追加または削除します。
            ステップ 5   [Locales] タブで、ユーザに割り当てるロケールを追加または削除します。
            ステップ 6   [SSH] タブで、[Authentication Type] を選択します。
            ステップ 7   [Save] をクリックします。

            UCS Central リモート ユーザの管理


              ステップ 1   タスク バーで、「Manage UCS Central Remote Users」と入力して、Enter キーを押します。

              これにより、[Manage UCS Central Remote Users] ダイアログボックスが開きます。

              ステップ 2   [Remote Users] で、リモート LDAP ユーザ、ロール、およびロケールを確認します。
              (注)     

              このセクションは読み取り専用です。

              ステップ 3   ウィンドウを閉じる場合は [Cancel] をクリックし、他のセクションで行った変更を保存する場合は [Save] をクリックします。

              ドメイン グループ ユーザの管理


                ステップ 1   ルートの [Domain Group] ページに移動します。
                ステップ 2   [Settings] アイコンをクリックして、[Users] を選択します。
                ステップ 3   [Roles] で、ドメイン グループに関連付けるロールを追加または削除します。
                ステップ 4   [Locales] で、ドメイン グループに関連付けるロケールを追加または削除します。
                ステップ 5   [Save] をクリックします。