Cisco UCS Central Software HTML5 GUI ユーザ マニュアル リリース 1.3
テンプレート
テンプレート

テンプレート

この章は、次の内容で構成されています。

テンプレート

システム内のテンプレートの完全なリストが表示されます。 [Template]、[Type]、[Usage Status]、または [Tenmplate Org] で並べ替えるフィルタを使用して、使用可能性と使用状況を確認できます。

サービス プロファイル テンプレート詳細ビュー

[Service Profile Template] ページには、サービス プロファイル テンプレートに関する詳細情報が表示されます。 そこから、次のことができます。

  • 監査ログの表示

  • サービス プロファイル テンプレートの削除、複製、または名前変更

  • このサービス プロファイル テンプレートからのサービス プロファイルの作成

  • ホスト インターフェイス配置の設定

サービス プロファイル テンプレートの作成または編集

既存のテンプレートを編集していて変更を加えた場合は、必ず、[Evaluate] をクリックして、そのテンプレートに加えた変更の影響を評価してください。


    ステップ 1   タスク バーで、「Create Service Profile Template」と入力して、Enter キーを押します。

    これにより、[Create Service Profile Template] ダイアログボックスが開きます。

    ステップ 2   [Basic] で、サービス プロファイル テンプレートを作成する [Organization] を選択します。
    1. [Name] 、[Description] 、および [User Label] を入力します。
    2. [Template Instantiation Mode]、[Desired Power State Check on Association]、および [Compatability Check on Migration Using Server Pool] に関するオプションを選択します。
    ステップ 3   [Identifiers] をクリックして、このサービス プロファイルの識別子を割り当てます。

    それぞれの識別子をクリックします。 右側で、ドロップダウンをクリックして使用可能なプールを表示し、このサービス プロファイル テンプレートに必要なものを選択します。

    ステップ 4   [Connectivity] をクリックして、このテンプレートの接続ポリシーと管理 vLAN を選択します。

    SAN、LAN、およびダイナミック接続ポリシーと [Management vLAN] をクリックして、右側に詳細を表示します。 次に、ドロップダウンをクリックして使用可能なポリシーを表示するか、ポリシーを検索して、このサービス プロファイル テンプレートに必要なものを選択します。

    ステップ 5   [Servers] をクリックして、右側のドロップダウンをクリックします。 このテンプレートを関連付けるサーバを選択または検索して割り当てます。
    ステップ 6   [Storage] をクリックして、右側のドロップダウンをクリックします。 このテンプレートを関連付けるストレージ プロファイルを選択または検索して割り当てます。
    ステップ 7   [Policies] をクリックします。

    すべてのサービス プロファイル関連ポリシーをクリックし、右側のドロップダウン オプションを使用して、このテンプレートにポリシーを割り当てることができます。


    vHBA テンプレートの作成または編集

    特定の vHBA テンプレートを編集するには、検索バーで「vHBA Template」と入力して、編集する vHBA テンプレートを検索します。


    (注)  


    グローバル vHBA は Cisco UCS Manager で作成されたローカル サービス プロファイルで使用できます。



      ステップ 1   タスク バーで、「Create vHBA Template」と入力して、Enter キーを押します。

      これにより、[Create vHBA Template] ダイアログボックスが開きます。

      ステップ 2   [Basic] で、vHBA テンプレートを作成する [Organization] を選択します。
      1. [Name] と [Description] を入力します。
      2. [Type] および [Fabric ID] のオプションを選択して、[Max Data Field Size(Bytes)] を入力します。
      ステップ 3   [WWN Address Pool] をクリックして、WWN アドレスを選択します。

      WWN アドレス プールを割り当てなかった場合は、システムがデフォルトを割り当てます。

      ステップ 4   [vSANs] をクリックして、この vHBA テンプレートに使用する vSAN を追加します。
      ステップ 5   [Policies] をクリックします。

      ポリシーが割り当てられていない場合は、ポリシーとピン グループのぞれぞれをクリックします。 右側のドロップダウンをクリックして、関連するポリシーとピン グループを表示し、この vHBA テンプレートに必要なものを選択します。

      ステップ 6   [Create] をクリックします。

      vNIC テンプレートの作成または編集

      特定の vNIC テンプレートを編集するには、検索バーに「vNIC Template」と入力して、編集する vNIC テンプレートを探します。


      (注)  


      Cisco UCS Manager で作成したローカル サービス プロファイルでグローバル vNIC を使用できます。



        ステップ 1   タスク バーで、「Create vNIC Template」と入力して、Enter キーを押します。

        これにより、[Create vNIC Template] ダイアログボックスが開きます。

        ステップ 2   [Basic] で、vNIC テンプレートを作成する [Organization] を選択します。
        1. [Name] と [Description] を入力します。
        2. [Type]、[Fabric ID]、および [Fabric Failover] に関するオプションを選択し、[MTU] を入力します。
        ステップ 3   [MAC Address] をクリックして、MAC アドレスを選択します。

        MAC アドレス プールを割り当てなかった場合は、システムがデフォルトを割り当てます。

        ステップ 4   [vLANs] をクリックして、この vNIC テンプレートに使用する vLAN を追加します。
        ステップ 5   [Policies] をクリックします。

        ポリシーが割り当てられていない場合は、それぞれのポリシーをクリックします。 右側で、ドロップダウンをクリックして関連するポリシーを表示し、この vNIC テンプレートに必要なものを選択します。

        ステップ 6   [Create] をクリックします。