Cisco UCS Central Software HTML5 GUI ユーザ マニュアル リリース 1.3
グローバル VLAN および VSAN
グローバル VLAN および VSAN

グローバル VLAN および VSAN

この章は、次の内容で構成されています。

グローバル VLAN

Cisco UCS Central を使用すれば、ドメイン グループ ルートまたはドメイン グループ レベルで LAN クラウド内にグローバル VLAN を定義することができます。 1 回の操作で単一の VLAN または複数の VLAN を作成できます。

グローバル VLAN 解決が、グローバル サービス プロファイルの展開前に、Cisco UCS Central で実施されます。 グローバル サービス プロファイルがグローバル VLAN を参照しているが、その VLAN が存在しない場合は、Cisco UCS ドメインでのグローバル サービス プロファイルの展開がリソース不足により失敗します。 Cisco UCS Central で作成されたすべてのグローバル VLAN がそのグローバル サービス プロファイルの展開前に解決されている必要があります。

グローバル VLAN は、グローバル VLAN への参照を含むグローバル サービス プロファイルがその UCS ドメイン内に展開されていない場合でも、Cisco UCS Manager で使用できます。


(注)  


また、グローバル VLAN は、それを参照しているグローバル サービス プロファイルが削除されても、削除されません。


グローバル VLAN は、Cisco UCS Manager から削除できません。 グローバル VLAN を Cisco UCS Manager から削除する場合は、VLAN をローカライズしてから削除する必要があります。

VLAN 組織権限

Cisco UCS Central で設定されたすべての VLAN が、作成された組織に共通です。 組織に権限を割り当てないかぎり、組織の一部である Cisco UCS Manager インスタンスがリソースを消費することはできません。 組織権限を VLAN に割り当てると、VLAN が組織から見えるようになり、その組織の一部である Cisco UCS Manager インスタンスによって保持されているサービス プロファイルで参照できるようになります。

VLAN 名前解決は、各ドメイン グループの階層内で実施されます。 複数のドメイン グループ内に同じ名前の VLAN が存在する場合は、組織権限がドメイン グループ全体の同じ名前のすべての VLAN に適用されます。

VLAN 組織権限は、作成、変更、または削除することができます。


(注)  


VLAN 組織権限は、必ずそれを作成した同じ組織から削除してください。 Cisco UCS Central GUI で、この VLAN が関連付けられている組織の構造を表示できます。 ただし、Cisco UCS Central CLI のサブ組織レベルでは、VLAN 組織権限関連付け階層を表示できないため、Cisco UCS Central CLI のサブ組織レベルで VLAN を削除しようとすると、削除操作が失敗します。


VLAN の作成または編集

ドメイン グループ ルートまたは特定のドメイン グループ レベルで VLAN を作成し、VLAN にアクセス可能な組織を指定できます。

選択した VLAN の [VLAN ID] 、[Multicast Policy] 、およびコントロールに対するアクセスを編集できます。 ドメイン グループ内で VLAN を作成すると、[Domain Group Location] または [VLAN Name] を変更できなくなります。


    ステップ 1   タスク バーで、「Create VLAN」と入力して、Enter キーを押します。

    これにより、[Create VLAN] ダイアログボックスが開きます。

    ステップ 2   [Basic] で、[Domain Group Location] をクリックして、この VLAN を作成する場所を選択します。
    ステップ 3   この VLAN の [Name] を入力します。

    VLAN 名は大文字と小文字が区別されます。

    重要:

    Cisco UCS Central で VLAN を作成するときに default という名前を使用しないでください。 グローバル デフォルト VLAN を作成する場合は、名前に globalDefault を使用できます。

    ステップ 4   [VLAN ID] を入力します。

    VLAN ID には次の値を入力できます。

    • 1 ~ 3967

      (注)     

      登録された Cisco UCS ドメインに UCS Manager バージョン 2.2(4) 以降が存在する場合は、ID の範囲を 1 ~ 4027 にすることができます。

    • 4048 ~ 4093

    • すでに他のドメイン グループで定義されている他の VLAN ID とのオーバーラップ

    ステップ 5   (任意)[Check VLAN Name Overlap] と [Check VLAN ID Overlap] をクリックして、オーバーラップを特定します。
    ステップ 6   (任意)[Multicast Policy] とこの VLAN を関連付ける場合は、マルチキャスト ポリシー名を入力します。

    Cisco UCS Central がマルチキャスト ポリシーを特定して、それをバックエンドで VLAN にアタッチします。

    ステップ 7   [Access Control] で、プラス記号をクリックして、使用可能な組織を表示します。
    ステップ 8   組織を選択して、チェックマークをクリックし、選択した組織をこの VLAN の [Permitted Orgs] として適用します。
    ステップ 9   [Aliased VLANs] で、既存の VLAN を表示して、同じ名前の VLAN が存在するかどうかを確認できます。
    ステップ 10   [Create] をクリックします。

    VLAN 範囲の作成または編集


      ステップ 1   タスク バーで、「Create VLAN Range」と入力して、Enter キーを押します。

      これにより、[Create VLAN Range] ダイアログボックスが開きます。

      ステップ 2   [Basic] で、[Domain Group Location] をクリックして、この VLAN を作成する場所を選択します。
      ステップ 3   この VLAN 範囲の [Name Prefix] を入力します。
      ステップ 4   [VLAN ID] を入力します。

      VLAN ID には次の値を入力できます。

      • 1 ~ 3967

      • 4048 ~ 4093

      • すでに他のドメイン グループで定義されている他の VLAN ID とのオーバーラップ



      例:たとえば、ID が 4、22、40、41、42、および 43 の 6 つの VLAN を作成するには、「4, 22, 40-43」と入力します。
      ステップ 5   (任意)[Check VLAN Name Overlap] と [Check VLAN ID Overlap] をクリックして、オーバーラップを特定します。
      ステップ 6   (任意)[Multicast Policy] とこの VLAN を関連付ける場合は、マルチキャスト ポリシー名を入力します。

      Cisco UCS Central がマルチキャスト ポリシーを特定して、それをバックエンドで VLAN にアタッチします。

      ステップ 7   [Access Control] で、プラス記号をクリックして、使用可能な組織を表示します。
      ステップ 8   組織を選択して、チェックマークをクリックし、選択した組織をこの VLAN の [Permitted Orgs] として適用します。
      ステップ 9   [Aliased VLANs] で、既存の VLAN を表示して、同じ名前の VLAN が存在するかどうかを確認できます。
      ステップ 10   [Create] をクリックします。

      グローバル VSAN

      Cisco UCS Central を使用すれば、SAN クラウド、ドメイン グループ ルート、またはドメイン グループ レベルでグローバル VSAN を定義することができます。 Cisco UCS Central で作成されたグローバル VSAN は、それが作成されたファブリック インターコネクト固有です。 VSAN は、ファブリック A とファブリック B のどちらかまたはその両方に割り当てることができます。 グローバル VSAN は、Cisco UCS Central で共通の VSAN ではありません。

      グローバル VSAN の解決は、それを参照しているグローバル サービス プロファイルの Cisco UCS Manager への展開前に、Cisco UCS Central で実施されます。 グローバル サービス プロファイルがグローバル VSAN を参照しているが、その VSAN が存在しない場合は、グローバル サービス プロファイルの Cisco UCS Manager への展開がリソース不足により失敗します。 Cisco UCS Central で作成されたすべてのグローバル VSAN がそのグローバル サービス プロファイルの展開前に解決されている必要があります。

      グローバル VSAN は、グローバル VSAN への参照を含むグローバル サービス プロファイルがその UCS ドメイン内に展開されていない場合でも、Cisco UCS Manager で使用できます。 また、グローバル VSAN は、それを参照しているグローバル サービス プロファイルが削除されても、削除されません。

      Cisco UCS Manager インスタンスで使用可能なグローバル サービス プロファイルから参照されているグローバル VSAN は、明示的にドメイン グループから削除されないかぎり、そのまま使用できます。 Cisco UCS Manager で、グローバル VSAN をローカライズして、ローカル VSAN として機能させることができます。 グローバル VSAN がローカライズされていない場合は、Cisco UCS Manager から削除できません。

      VSAN の作成または編集

      次の予約された範囲のものを除いて、1 ~ 4093 の ID で VSAN を作成できます。

      • Cisco UCS ドメイン FC スイッチ モードを使用する予定の場合は、ID が 3040 ~ 4078 の範囲にある VSAN を設定しないでください。

      • Cisco UCS ドメイン FC エンドホスト モードを使用する予定の場合は、ID が 3840 ~ 4079 の範囲にある VSAN を設定しないでください。

      重要:

      SAN クラウドの FCoE VLAN と LAN クラウドの VLAN の ID が同じであってはなりません。 VSAN 内の FCoE vLAN と vLAN で同じ ID を使用すると、その VLAN を使用しているすべての vNIC とアップリンク ポートで重大な障害とトラフィックの中断が発生します。 FCoE VLAN ID と重なる ID が設定されたすべての VLAN 上でイーサネット トラフィックがドロップされます。

      VSAN は、ドメイン グループ ルートまたは特定のドメインで作成することができます。 また、VSAN は、ファブリック A とファブリック B のどちらかまたはその両方に割り当てることができます。 VSAN を両方のファブリックに割り当てる場合は、その両方に別々の VSAN ID と FCoE vLAN ID を設定する必要があります。

      VSAN を作成したら、必要に応じて、[Fabric Zoning]、[Fabric] 割り当て、[VSAN ID]、および [FCoE vLAN ID] を編集できます。


        ステップ 1   タスク バーで、「Create VSAN」と入力して、Enter キーを押します。

        これにより、[Create vSAN] ダイアログボックスが開きます。

        ステップ 2   [Domain Group Location] をクリックして、この VSAN を作成する場所を選択します。
        ステップ 3   [Name] を入力します。

        VSAN 名は大文字と小文字が区別されます。

        重要:

        Cisco UCS Central で VSAN を作成するときは、default という名前を使用しないでください。 グローバル デフォルト VSAN を作成する場合は、名前として globalDefault を使用できます。

        ステップ 4   (任意)[FC Zoning Settings] パネルの [Enabled] オプション ボタンを選択して、ファイバ チャネル ゾーン分割を有効にします。

        ファイバ チャネル ゾーン分割は次のどちらかにすることができます。

        • [disabled]:アップストリーム スイッチがファイバ チャネル ゾーン分割を設定して制御するか、ファイバ チャネル ゾーン分割がこの VSAN 上に実装されません。
        • [enabled]:Cisco UCS Manager が VSAN の展開時にファイバ チャネル ゾーン分割を設定して制御します。
        (注)     

        ファイバ チャネル ゾーン分割はデフォルトで無効にされます。

        ステップ 5   この VSAN を割り当てるファブリックを選択します。

        VSAN を両方のファブリックに割り当てる場合は、両方のファブリックの VSAN ID と FCoE vLAN ID を入力します。 選択した VSAN の ID を割り当てない場合。

        ステップ 6   [Create] をクリックします。