Cisco UCS Central CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
インベントリのモニタ
インベントリのモニタ
発行日;2013/04/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

インベントリのモニタ

この章の内容は、次のとおりです。

インベントリ管理

Cisco UCS Central は、すべての登録済み Cisco UCS ドメインからインベントリ詳細を収集します。 ドメイン管理パネルから、登録Cisco UCS ドメインのコンポーネントを表示およびモニタできます。

Cisco UCS ドメインが正常に登録されると、Cisco UCS Central は次の詳細の収集を開始します。

  • 物理インベントリ
  • サービス プロファイルとサービス プロファイル テンプレート
  • 障害情報

デフォルトのデータ収集間隔は 10 分です。 要件に基づいて、間隔をカスタマイズできます。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central 間の接続に失敗した場合、切断された Cisco UCS ドメインが再度検出されるたびに、Cisco UCS Central は、現在のデータの収集を開始し、ドメイン管理パネルに表示します。

[Domain Management] パネルの [General] タブには、登録済み Cisco UCS ドメインのリストが表示されます。 タブをクリックすると、各コンポーネントの詳細を表示できます。 また、このパネルからサーバの個別の Cisco UCS Manager または KVM コンソールも起動できます。

物理インベントリ

Cisco UCS ドメインのコンポーネントの物理インベントリ詳細は、ドメイン下に編成されています。 いずれのドメイン グループにも属していない Cisco UCS ドメインは、グループ化されていないドメイン下に配置されます。 ドメイン管理パネルに、詳細な装置のステータスおよびコンポーネントの次の物理的な詳細を表示できます。

  • ファブリック インターコネクト:スイッチ カード モジュール
  • サーバ:ブレード/ラック マウント サーバ
  • シャーシ:IO モジュール
  • ファブリック エクステンダ

サービス プロファイルとテンプレート

[Servers] タブから、登録済み Cisco UCS ドメインで使用可能なサービス プロファイルとサービス プロファイル テンプレートの完全なリストを表示できます。 [Service Profile] パネルには、サービス プロファイルの集約されたリストが表示されます。 同じ名前のサービス プロファイルは、割り当てられている組織下でグループ化されます。 サービス プロファイル名の横のインスタンス数は、特定のサービス プロファイルが Cisco UCS ドメインで使用される回数を示します。

[Service Profile Template] パネルから、使用可能なサービス プロファイル テンプレート、組織、および各サービス プロファイル テンプレートが Cisco UCS ドメインで使用される回数を表示できます。

UCS ドメインのインベントリ詳細の表示

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCSC# connect resource-mgr. 

    Resource Manager モードを開始します。

     
    ステップ 2UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt. 

    UCS ドメインに入ります。

     
    ステップ 3UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain name. 

    指定の UCS ドメインに入ります。

     
    ステップ 4UCSC(resource-mgr)/domain-mgmt/UCS domain # show detail. 

    指定した UCS ドメイン内のすべての装置のリストを表示します。

     

    次に、登録された Cisco UCS ドメインの詳細を Cisco UCS Central から表示する例を示します。

    UCSC# connect resource-mgr
    UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
    UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
    UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # show detail
    UCS System:
        ID: 1006
        Name: doc-mammoth96
        Total Servers: 6
        Free Servers: 0
        Owner:
        Site:
        Description:
        Fault Status: 1407460783489057
        Current Task:
    UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain #

    シャーシ情報の表示

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCSC# connect resource-mgr. 

      Resource Manager モードを開始します。

       
      ステップ 2UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt. 

      UCS ドメインに入ります。

       
      ステップ 3UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain name. 

      指定の UCS ドメインに入ります。

       
      ステップ 4UCSC(resource-mgr)/domain-mgmt/UCS domain # show chassis. 

      指定した UCS ドメイン内のシャーシのリストを表示します。

       

      次に、登録された Cisco UCS ドメイン内のシャーシ情報を Cisco UCS Central から表示する例を示します。

      UCSC# connect resource-mgr
      UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
      UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
      UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # show chassis
      UCS System chassis:
          Chassis Id Model      Status                   Operability
          ---------- ---------- ------------------------ -----------
                   1 N20-C6508  Inoperable               Operable
      UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain #

      ファブリック インターコネクトの表示

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCSC# connect resource-mgr. 

        Resource Manager モードを開始します。

         
        ステップ 2UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt. 

        UCS ドメインに入ります。

         
        ステップ 3UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain name. 

        指定の UCS ドメインに入ります。

         
        ステップ 4UCSC(resource-mgr)/domain-mgmt/UCS domain # show fabric-interconnect. 

        指定した UCS ドメイン内のファブリック インターコネクトのリストを表示します。

         

        次に、登録された Cisco UCS ドメイン内のファブリック インターコネクトを Cisco UCS Central から表示する例を示します。

        UCSC# connect resource-mgr
        UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
        UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
        UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # show fabric-interconnect
        ID Operability IP Address      Model      Serial
        -- ----------- --------------- ---------- ------
        A  Operable    10.193.66.180   UCS-FI-6296UP FOX1512G07K
        UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain #

        ファブリック エクステンダの表示

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCSC# connect resource-mgr. 

          Resource Manager モードを開始します。

           
          ステップ 2UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt. 

          UCS ドメインに入ります。

           
          ステップ 3UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain name. 

          指定の UCS ドメインに入ります。

           
          ステップ 4UCSC(resource-mgr)/domain-mgmt/UCS domain # show fex. 

          指定した UCS ドメイン内のファブリック エクステンダのリストを表示します。

           

          次に、登録された Cisco UCS ドメイン内のファブリック エクステンダを Cisco UCS Central から表示する例を示します。

          UCSC# connect resource-mgr
          UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
          UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
          UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # show fex
          UCS System Fabric-extender:
          	    Fex Id     Model      Status                   Operability
          	    ---------- ---------- ------------------------ -----------
                       2 N2K-C2232PP-10GE
                                    Accessibility Problem    N/A
          
          UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain #

          サーバの表示

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1UCSC# connect resource-mgr. 

            Resource Manager モードを開始します。

             
            ステップ 2UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt. 

            UCS ドメインに入ります。

             
            ステップ 3UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain name. 

            指定の UCS ドメインに入ります。

             
            ステップ 4UCSC(resource-mgr)/domain-mgmt/UCS domain # show server. 

            指定した UCS ドメイン内のサーバのリストを表示します。

             

            次に、登録された Cisco UCS ドメイン内のラック サーバを Cisco UCS Central から表示する例を示します。

            UCSC# connect resource-mgr
            UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # show server
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain #

            ブレード サーバを表示するには、シャーシにスコープする必要があります。

            UCSC# connect resource-mgr
            UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # scope chassis 1
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain/chassis # show server
            Blade Server in a UCS Chassis:
                Chassis Id Slot Id Status Cores  Memory (MB)    LS Ref
                ---------- ------- ------ ------ -------------- ------
                1                1 Inoperable
                                              12         131072
                1                2 Ok          8           6144 org-root/req-BIOS-2/inst-100
            6
                1                3 Discovery
                                               0              0
                1                5 Ok          8          24576 org-root/req-BIOS-5/inst-100
            6
                1                6 Ok          8          12288 org-root/req-BIOS-6/inst-100
            6
                1                7 Ok         32          32768 org-root/org-LisasOrg/req-Li
            sasOrg_SPClone/inst-1006
            UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain/chassis # 

            FSM 動作状態の表示

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1UCSC# connect resource-mgr. 

              Resource Manager モードを開始します。

               
              ステップ 2UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt. 

              UCS ドメインに入ります。

               
              ステップ 3UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain name. 

              指定の UCS ドメインに入ります。

               
              ステップ 4UCSC(resource-mgr)/domain-mgmt/UCS domain # show fsm status. 

              指定した UCS ドメインの fsm 動作状態を表示します。

               
              次に、登録された Cisco UCS ドメイン内の FSM 動作状態を Cisco UCS Central から表示する例を示します。
              UCSC# connect resource-mgr
              UCSC(resource-mgr)# scope domain-mgmt
              UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt # scope ucs-domain 1006
              UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain # show fsm status
              
              ID: 1006
                  FSM 1:
                      Status: 0
                      Previous Status: 0
                      Timestamp: Never
                      Try: 0
                      Progress (%): 100
                      Current Task:
              UCSC(resource-mgr) /domain-mgmt/ucs-domain #