Cisco UCS Central CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
タイム ゾーンの管理
タイム ゾーンの管理
発行日;2013/04/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

タイム ゾーンの管理

この章の内容は、次のとおりです。

日付と時刻ポリシー

Cisco UCS Central は、国際的なタイム ゾーンと定義された NTP サーバに基づいて、グローバルな日付と時刻ポリシーをサポートしています。 登録済み Cisco UCS Manager クライアントでは、そのクライアントのポリシー解決コントロール内で日付と時刻をグローバルに定義するようにしている場合、日付と時刻の設定について Cisco UCS Central への登録に従うことになります。

日付と時刻ポリシーの設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

    Policy Manager モードを開始します。

     
    ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

    ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

     
    ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # create domain-group domain-group   (任意)

    この手順は、ドメイン グループ ルートの下に新しいドメイン グループを作成するとき(またはスコープされたドメイン グループの下にドメイン グループを作成するとき)にだけ必要です。

     
    ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group* # commit-buffer   (任意)

    この手順は、ドメイン グループ ルートの下に新しいドメイン グループを作成した後(またはスコープされたドメイン グループの下にドメイン グループを作成した後)にだけ必要です。 システム コンフィギュレーションに新しいドメイン グループをコミットします。

     
    ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group # create timezone-ntp-config   (任意)

    この手順は、前の手順で作成したドメイン グループ ルートの下に新しく作成されたドメイン グループに対して日付と時刻ポリシーが最初に設定されたときにのみ必要で、それからタイムゾーン NTP コンフィギュレーション モードを開始します。 日付と時刻ポリシーはドメイン グループ ルートのためにシステムによって作成され、設定できる状態です。

     
    ステップ 6UCSC(policy-mgr) /domain-group* # scope timezone-ntp-config   (任意)

    この手順は、ドメイン グループ ルートまたはスコープされたドメイン グループから既存の日付と時刻ポリシーのタイムゾーン NTP コンフィギュレーション モードを開始した場合にのみ必要です。 日付と時刻ポリシーを作成する場合、この手順をスキップします。

     
    ステップ 7UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # set timezone  

    タイムゾーンを設定するには、set timezone コマンドを入力してから Enter キーを押し、プロンプトでキー値を入力します。 NTP サーバのタイムゾーンを設定します。 属性オプションは次のとおりです。

    • 1:アフリカ
    • 2:南北アメリカ
    • 3:南極
    • 4:北極海
    • 5:アジア
    • 6:大西洋
    • 7:オーストラリア
    • 8:ヨーロッパ
    • 9:インド洋
    • 10:太平洋
     
    ステップ 8UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     

    次に、ドメイン グループ ルートにスコープし、タイムゾーン設定をインド洋("a continent or ocean")およびモルジブ("a country")に設定し、トランザクションをコミットする例を示します。

    UCSC # connect policy-mgr
    UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # set timezone
    Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
    Please select a continent or ocean.
    1) Africa            4) Arctic Ocean     7) Australia       10) Pacific Ocean
    2) Americas          5) Asia             8) Europe
    3) Antarctica        6) Atlantic Ocean   9) Indian Ocean
    #? 9
    Please select a country.
    1) British Indian Ocean Territory       7) Maldives
    2) Christmas Island                     8) Mauritius
    3) Cocos (Keeling) Islands              9) Mayotte
    4) Comoros                             10) Reunion
    5) French Southern & Antarctic Lands   11) Seychelles
    6) Madagascar
    #? 7
    The following information has been given:
            Maldives
    Therefore timezone 'Indian/Maldives' will be set.
    Local time is now:      Thu Oct 25 01:58:03 MVT 2012.
    Universal Time is now:  Wed Oct 24 20:58:03 UTC 2012.
    Is the above information OK?
    1) Yes
    2) No
    #? 1
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
    
    

    次に、ドメイン グループ ルートの下に domaingroup01 という新しいドメイン グループを作成し、トランザクションをコミットし、日付と時刻ポリシーを作成し、タイムゾーン設定をインド洋("a continent or ocean")およびモルジブ("a country")に設定し、トランザクションをコミットする例を示します。

    UCSC # connect policy-mgr
    UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # create domain-group domaingroup01
    UCSC(policy-mgr) /domain-group* # commit-buffer
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # create timezone-ntp-config
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # set timezone
    Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
    Please select a continent or ocean.
    1) Africa            4) Arctic Ocean     7) Australia       10) Pacific Ocean
    2) Americas          5) Asia             8) Europe
    3) Antarctica        6) Atlantic Ocean   9) Indian Ocean
    #? 9
    Please select a country.
    1) British Indian Ocean Territory       7) Maldives
    2) Christmas Island                     8) Mauritius
    3) Cocos (Keeling) Islands              9) Mayotte
    4) Comoros                             10) Reunion
    5) French Southern & Antarctic Lands   11) Seychelles
    6) Madagascar
    #? 7
    The following information has been given:
            Maldives
    Therefore timezone 'Indian/Maldives' will be set.
    Local time is now:      Thu Oct 25 01:58:03 MVT 2012.
    Universal Time is now:  Wed Oct 24 20:58:03 UTC 2012.
    Is the above information OK?
    1) Yes
    2) No
    #? 1
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
    
    

    次に、ドメイン グループ ルート下の domaingroup01 にスコープし、日付と時刻ポリシーを作成し、タイムゾーン設定をインド洋("a continent or ocean")およびモルジブ("a country")に設定し、トランザクションをコミットする例を示します。

    UCSC # connect policy-mgr
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope domain-group domaingroup01
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # create timezone-ntp-config
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # set timezone
    Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
    Please select a continent or ocean.
    1) Africa            4) Arctic Ocean     7) Australia       10) Pacific Ocean
    2) Americas          5) Asia             8) Europe
    3) Antarctica        6) Atlantic Ocean   9) Indian Ocean
    #? 9
    Please select a country.
    1) British Indian Ocean Territory       7) Maldives
    2) Christmas Island                     8) Mauritius
    3) Cocos (Keeling) Islands              9) Mayotte
    4) Comoros                             10) Reunion
    5) French Southern & Antarctic Lands   11) Seychelles
    6) Madagascar
    #? 7
    The following information has been given:
            Maldives
    Therefore timezone 'Indian/Maldives' will be set.
    Local time is now:      Thu Oct 25 01:58:03 MVT 2012.
    Universal Time is now:  Wed Oct 24 20:58:03 UTC 2012.
    Is the above information OK?
    1) Yes
    2) No
    #? 1
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
    
    次の作業

    日付と時刻ポリシーの NTP サーバの設定

    日付と時刻ポリシーの削除

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

      Policy Manager モードを開始します。

       
      ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

      ドメイン グループ ルート下でドメイン グループを開始します。

      (注)     

      ドメイン グループ ルート自体は開始しないでください。 システム デフォルトの日付と時刻ポリシーはドメイン グループ ルート下では削除できません。

       
      ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # delete timezone-ntp-config  

      ドメイン グループのタイムゾーン ポリシーを削除します。

       
      ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group* # commit-buffer  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       

      次に、ドメイン グループ domaingroup01 にスコープし、そのドメイン グループの日付と時刻ポリシーを削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

      UCSC # connect policy-mgr
      UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domaingroup01
      UCSC(policy-mgr) /domain-group # delete timezone-ntp-config
      UCSC(policy-mgr) /domain-group* # commit-buffer
      UCSC(policy-mgr) /domain-group # 
      
      

      次に、ドメイン グループ ルートにスコープし、ドメイン グループの日付と時刻ポリシーの削除を試行し、トランザクションをコミットし、エラー メッセージ(バッファが回復不能のコミットされていない状態のままになる)に対しバッファをクリアするためクリーンな終了の開始と Policy Manager への再接続とを実行して回復する例を示します。

      UCSC # connect policy-mgr
      UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
      UCSC(policy-mgr) /domain-group # delete timezone-ntp-config
      UCSC(policy-mgr) /domain-group* # commit-buffer
      Error: Update failed: 
      [Timezone and NTP configuration under domain group root cannot be deleted]
      UCSC(policy-mgr) /domain-group* # exit
      UCSC(policy-mgr)* # exit
      UCSC# connect policy-mgr
      Cisco UCS Central
      UCSC(policy-mgr)# 
      

      (注)  


      誤ってドメイン グループ ルートにスコープし、コマンド delete timezone-ntp-config を入力してしまった場合、バッファは回復不能なエラーとなり、コミットされていない状態のままとなって、後続する commit-buffer コマンドがバッファに保存されないようにします。 ただちに終了し、Policy Manager に再接続してバッファをクリアする必要があります。


      日付と時刻ポリシーの NTP サーバの設定

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

        Policy Manager モードを開始します。

         
        ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

        ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

         
        ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config  

        タイムゾーン NTP コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # create ntp server-name  

        NTP サーバ インスタンスを作成します。

         
        ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         

        次に、ドメイン グループ ルートにスコープし、domaingroupNTP01 という名前の NTP サーバ インスタンスを作成し、トランザクションをコミットする例を示します。

        UCSC # connect policy-mgr
        UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
        UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # create ntp domaingroupNTP01
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
        
        

        次に、ドメイン グループ ルート下のドメイン グループ domaingroup01 にスコープし、domaingroupNTP01 という名前の NTP サーバ インスタンスを作成し、トランザクションをコミットする例を示します。

        UCSC # connect policy-mgr
        UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domaingroup01
        UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # create ntp domaingroupNTP01
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
        
        次の作業

        日付と時刻ポリシーの設定

        NTP サーバのプロパティの設定

        NTP サーバのプロパティは、その名前で構成されます。 NTP サーバのプロパティ設定に関する GUI の手順とは異なり、これらのプロパティを変更するには、その NTP サーバを削除し、新しい名前で作り直すことが必要です。

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

          Policy Manager モードを開始します。

           
          ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

          ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

           
          ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config  

          タイムゾーン NTP コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # delete ntp server-name  

          名前の変更を必要とする NTP サーバ インスタンスを削除します。

           
          ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # create ntp server-name  

          NTP サーバ インスタンスを作成し、削除した NTP サーバ インスタンスと置き換えます。

           
          ステップ 6UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           

          次に、ドメイン グループ ルートにスコープし、不適切になった domaingroupNTP01 という名前の NTP サーバ インスタンスを削除し、domaingroupNTP02 という名前の新しい NTP サーバ インスタンスを作成して削除された NTP サーバと置き換え、トランザクションをコミットする例を示します。

          UCSC # connect policy-mgr
          UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
          UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # delete ntp domaingroupNTP01
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # create ntp domaingroupNTP02
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
          
          

          次に、ドメイン グループ ルート下のドメイン グループ domaingroup01 にスコープし、不適切になった domaingroupNTP01 という名前の NTP サーバ インスタンスを削除し、domaingroupNTP02 という名前の新しい NTP サーバ インスタンスを作成して削除された NTP サーバと置き換え、トランザクションをコミットする例を示します。

          UCSC # connect policy-mgr
          UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domaingroup01
          UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # delete ntp domaingroupNTP01
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # create ntp domaingroupNTP02
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
          

          日付と時刻ポリシーの NTP サーバの削除

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

            Policy Manager モードを開始します。

             
            ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

            ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

             
            ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config  

            タイムゾーン NTP コンフィギュレーション モードを開始します。

             
            ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # delete ntp server-name  

            NTP サーバ インスタンスを削除します。

             
            ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer  

            トランザクションをシステムの設定にコミットします。

             

            次に、ドメイン グループ ルートの日付と時刻ポリシーにスコープし、NTP サーバ インスタンス domaingroupNTP01 を削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

            UCSC # connect policy-mgr
            UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
            UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
            UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # delete ntp domaingroupNTP01
            UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
            UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # 
            
            

            次に、ドメイン グループ ルート下の domaingroup01 の日付と時刻ポリシーにスコープし、NTP サーバ インスタンス domaingroupNTP01 を削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

            UCSC # connect policy-mgr
            UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domaingroup01
            UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope timezone-ntp-config
            UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config # delete ntp domaingroupNTP01
            UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config* # commit-buffer
            UCSC(policy-mgr) /domain-group/timezone-ntp-config #