Cisco UCS Central CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 1.0
MAC プールの設定
MAC プールの設定
発行日;2013/04/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

MAC プールの設定

この章の内容は、次のとおりです。

MAC プール

MAC プールは、ネットワーク ID(MAC アドレス)の集まりです。MAC アドレスはレイヤ 2 環境では一意で、サーバの vNIC に割り当てることができます。 Cisco UCS Central で作成された MAC プールは、Cisco UCS ドメイン間で共有できます。 サービス プロファイルで MAC プールを使用する場合、サービス プロファイルに関連付けられたサーバで使用される MAC アドレスを手動で設定する必要はありません。

マルチテナント機能を実装しているシステムでは、組織階層を使用して、この MAC プールが特定のアプリケーションまたはビジネス サービスでのみ使用できるようにすることができます。 Cisco UCS Central は、名前解決ポリシーを使用してプールから MAC アドレスを割り当てます。

サーバに MAC アドレスを割り当てるには、vNIC ポリシーに MAC プールをインクルードする必要があります。 次に、vNIC ポリシーは、そのサーバに割り当てられたサービス プロファイル内に取り込まれます。

独自の MAC アドレスを指定することもできますし、シスコにより提供された MAC アドレスのグループを使用することもできます。

MAC プールの作成

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

    Policy Manager モードを開始します。

     
    ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope org org-name 

    指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードを開始するには、org-name/ と入力します。

     
    ステップ 3UCSC(policy-mgr) /org # create mac-pool pool-name  

    指定された名前で MAC プールを作成し、組織 MAC プール モードを開始します。

     
    ステップ 4UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool # set descr description   (任意)

    MAC プールの説明を記入します。

    (注)     

    説明にスペース、特殊文字、または句読点が含まれている場合、説明を引用符で括る必要があります。 引用符は、show コマンド出力の説明フィールドには表示されません。

     
    ステップ 5UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool # create block first-mac-addr last-mac-addr  

    MAC アドレス ブロック(範囲)を作成し、組織 MAC プール ブロック モードを開始します。 MAC アドレス範囲の最初と最後のアドレスを nn:nn:nn:nn:nn:nn 形式を使用して指定する必要があります。アドレス間はスペースで区切ります。

    (注)     

    MAC プールには、複数の MAC アドレス ブロックを含めることができます。 複数の MAC アドレス ブロックを作成するには、組織 MAC プール モードから複数の create block コマンドを入力します。

     
    ステップ 6UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool/block # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

    (注)     

    別のプールを作成する場合は、5 秒以上待ちます。

     

    次に、GPool1 という名前の MAC プールを作成し、プールの説明を記入し、プールに使用されるサフィックスのブロックを指定し、トランザクションをコミットする例を示します。

    UCSC# connect policy-mgr
    UCSC(policy-mgr)# scope org /
    UCSC(policy-mgr) /org # create mac-pool GPool1
    UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool* # set descr "This is MAC pool GPool1"
    UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool* # create block 00:A0:D7:42:00:01 00:A0:D7:42:01:00
    UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool/block* # commit-buffer
    UCSC(policy-mgr) /org/mac-pool/block # 
    次の作業

    MAC プールは、vNIC テンプレートにインクルードします。

    MAC プールの削除

    プールを削除すると、Cisco UCS Central は、Cisco UCS ManagervNIC または vHBA に割り当てられているプールからどのアドレスも再割り当てしません。 次のいずれかの条件が満たされるまで、削除されたプールからのすべての割り当て済みアドレスは、それらが割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

    • 関連付けられたサービス プロファイルが削除される。
    • アドレスが割り当てられた vHBA または vNIC が削除される。
    • vNIC または vHBA が別のプールに割り当てられる。
    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

      Policy Manager モードを開始します。

       
      ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope org org-name 

      指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードを開始するには、org-name/ と入力します。

       
      ステップ 3UCSC(policy-mgr) /org # delete mac-pool pool-name  

      指定された MAC プールを削除します。

       
      ステップ 4UCSC(policy-mgr) /org/ # commit-buffer  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

      (注)     

      別のプールを削除する場合は、5 秒以上待ちます。

       

      次に、GPool1 という名前の MAC プールを削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

      UCSC# connect policy-mgr
      UCSC(policy-mgr)# scope org /
      UCSC(policy-mgr) /org # delete mac-pool GPool1
      UCSC(policy-mgr) /org* # commit-buffer
      UCSC(policy-mgr) /org #