Cisco CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティ ユーザ ガイド Cisco UCS C シリーズ サーバ向け
CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティのインストール
CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティのインストール
発行日;2013/10/15 | 英語版ドキュメント(2011/03/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 462KB) | フィードバック

目次

CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティのインストール

概要

前提条件

Linux サーバへのインストール

EFI シェルを使用したユーティリティのインストール

CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティのインストール

この章は、次の内容で構成されています。

「概要」

「Linux サーバへのインストール」

「EFI シェルを使用したユーティリティのインストール」

概要

CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティは、スタンドアロン サーバのホスト(x86)ベース システムのファームウェア バージョンの更新に使用されます。ネットワーク上にないシステム ファームウェア バージョンを更新するために、このユーティリティを使用します。

前提条件

このユーティリティを使用するには、以下の注意が必要です。

ラックマウント サーバは、Intelligent Platform Management Interface Specification(IPMI)v2.0 準拠である必要があります。

サーバは、Linux オペレーティング システムを実行しているか、EFI シェルに起動される必要があります。

Linux サーバでこのユーティリティを使用する場合は、 root ユーザ または スーパー ユーザ としてログインする必要があります。

Linux サーバへのインストール

CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティは、バイナリ ファイルであり、インストールに他のファイルは必要ありません。インストールする必要があるのはバイナリ ファイルのみです。

Linux サーバにこのユーティリティをインストールするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 次の場所から、USB フラッシュ ドライブにソフトウェア コンテナをダウンロードします。

www.cisco.com > [Products and Services] > [Unified Computing] > [All Products] > [Cisco UCS C-Series Rack-Mount Servers] > [Download Software]。

このページで、適切なサーバを選択し、[Unified Computing System (UCS) Software Container for Rack Mount Servers] を選択します。

USB フラッシュ ドライブにファームウェア アップデート ユーティリティとイメージ ファイルをダウンロードするまで、画面の指示に従います。ユーティリティとイメージ ファイルは、圧縮ファイルに一緒に入っています。

ステップ 2 コンテナ ファイルを解凍します。ファームウェアの最新バージョンを含むフォルダが作成されます。このフォルダには、次のフォルダが含まれています。

bios

cimc

ステップ 3 cimc フォルダに移動します。2 つの圧縮ファイルが入っています。fwup-1.x.x.zip という名前のファイルを解凍します。

次のフォルダが作成されます。

linux

uefi

ステップ 4 linux フォルダに移動し、fwup-v1_x.tgz ファイルを解凍します。

ユーティリティ ファイルがフォルダに抽出されます。

ステップ 5 サーバですでに Linux オペレーティング システムが実行されていない場合は、サーバを Linux オペレーティング システムで再起動します。

ステップ 6 root ユーザ または スーパー ユーザ としてサーバにログインします。

ステップ 7 service ipmi status コマンドを使用して、 ipmi service が実行されていることを確認します。

このサービスが実行されていない場合は、次のコマンドを入力してください:

service ipmi start

ステップ 8 USB フラッシュ ドライブをサーバに接続し、標準の Linux mount コマンドを使用してフラッシュ ドライブをマウントします。

ステップ 9 接続された SCSI デバイスのリストを表示するには、 fdisk-l コマンドを使用します。

USB フラッシュ ドライブが接続デバイスとして表示されます。

ステップ 10 フラッシュ ドライブのユーティリティに移動します。

ステップ 11 ユーティリティ ファイルを USB フラッシュ ドライブから実行しない場合は、サーバ上のフォルダにファイルをコピーして、このフォルダからユーティリティを実行することができます。

ステップ 12 fwup コマンドを使用して、ユーティリティを実行します。

インストールが完了すると、このユーティリティを使用して CIMC のファームウェア バージョンを更新することができます。詳細については、「CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティの使用」を参照してください。


) Linux サーバから CIMC ファームウェア更新ユーティリティを削除するには、標準の Linux の rm コマンドを使用して、フォルダからファイルを削除します。



 

EFI シェルを使用したユーティリティのインストール

EFI シェルを使用してサーバにユーティリティをインストールするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 次の場所から、USB フラッシュ ドライブにソフトウェア コンテナをダウンロードします。

www.cisco.com > [Products and Services] > [Unified Computing] > [All Products] > [Cisco UCS C-Series Rack-Mount Servers] > [Download Software]。

このページで、適切なサーバを選択し、[Unified Computing System (UCS) Software Container for Rack Mount Servers] を選択します。

USB フラッシュ ドライブにファームウェア アップデート ユーティリティとイメージ ファイルをダウンロードするまで、画面の指示に従います。ユーティリティとイメージ ファイルは、圧縮ファイルに一緒に入っています。

ステップ 2 コンテナ ファイルを解凍します。ファームウェアの最新バージョンを含むフォルダが作成されます。このフォルダには、次のフォルダが含まれています。

bios

cimc

ステップ 3 cimc フォルダに移動します。2 つの圧縮ファイルが入っています。fwup-1.x.x.zip という名前のファイルを解凍します。

次のフォルダが作成されます。

linux

uefi

ユーティリティ ファイルは、 uefi フォルダにあります。

ステップ 4 サーバを EFI シェルに再起動します。

a. サーバをリブートします。

b. コンソール画面を確認し、指示が表示されたら、F6 キーを押して[Boot Options] メニューを開始します。

c. [Boot Options] メニューで、[EFI Shell] を選択し、Enter キーを押します。

ステップ 5 サーバに USB フラッシュ ドライブを接続します。

ステップ 6 shell > map -r コマンドを使用して、システムにストレージ デバイスをマップします。

ステップ 7 shell > fs0: or fs1: コマンドを使用して、シェルをマップされているデバイスのファイル システムに変更します。

ステップ 8 fs0 ディレクトリから、プロンプト上でユーティリティを実行します。

fs0:\> fwup.efi <options>

インストールが完了すると、このユーティリティを使用して CIMC のファームウェア バージョンを更新することができます。詳細については、「CIMC ファームウェア アップデート ユーティリティの使用」 を参照してください。


) EFI シェルを使用してユーティリティを削除するには、del コマンドを使用します。