Cisco Driver Installer Utility, Release 3.0 ユーザ ガイド Cisco UCS C シリーズ サーバ向け
Cisco Driver Installer Utility の使用方法
Cisco Driver Installer Utility の使用方法
発行日;2012/12/10 | 英語版ドキュメント(2012/03/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 428KB) | フィードバック

目次

Cisco Driver Installer Utility の使用方法

ユーティリティの起動

ドライバのアップデートのインストール

Cisco Driver Installer Utility の使用方法

この章では、Cisco Driver Installer Utility を使用して実行できるタスクを説明します。この章は、次の内容で構成されています。

ユーティリティの起動

ドライバのアップデートのインストール

ユーティリティの起動

Cisco Driver Installer Utility は、サーバの Cisco Flexible Flash カード上で使用できます。

このユーティリティを開くには、次の手順に従います。


ステップ 1 お使いのサーバとオペレーティング システムが、このユーティリティをサポートしていることを確認します。

詳細については、 サポートされているオペレーティング システムとバージョンおよび サポートされているハードウェア プラットフォームを参照してください。

ステップ 2 Cisco Flexible Flash カードからこのユーティリティを起動するには、次の手順に従います。

a. UCS_SCU という名前のボリュームにアクセスします。

b. SCU ルート ディレクトリにある SCUAutoRun.exe ファイルを実行します。

ステップ 3 [Launch Cisco Driver Installer Utility] をクリックします。

Cisco Driver Installer Utility が起動します。


 

このユーティリティを起動すると、現在サーバにインストールされているすべてのデバイス ドライバと、使用可能な新しいバージョンが一覧表示されます。[Action] カラムには、現在のデバイス ドライバ バージョンに応じ、[Install]、[Update]、[Force Update] のいずれかが表示されます。[Reboot] カラムには、アップデートのインストール後に再起動が必要かどうかが示されます。[Remarks] カラムには、アップデートのインストールが成功したかどうかが示されます。

ドライバのアップデートのインストール

Cisco Driver Installer Utility の GUI を開いたら、ドライバのバージョンを個別に更新するか、すべてのドライバを選択して、アップデートをまとめてインストールできます。どちらを選択しても、アップデートのインストール手順は同じです。このユーティリティを使用すると、ドライバのアップデートを次のいずれかの場所からインストールできます。

Flex Flash

ネットワーク上の場所

www.cisco.com

ドライバの最新バージョンを確認するには、次の URL にある『 Hardware and Software Interoperability Matrix for C Series Servers 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10477/prod_technical_reference_list.html

ドライバにアップデートをインストールするには、次の手順に従います。


ステップ 1 アップデートをインストールするドライバを選択します。

ドライバを選択すると、[Driver Description] フィールドにドライバ情報が表示されます。

ステップ 2 [Settings] をクリックして、[Driver Source] ページを表示します。

ステップ 3 このページで、インストールするアップデートの場所を指定します。次のいずれかを選択できます。

vMedia/Flex Flash

ネットワーク

Cisco.com

ステップ 4 Flex Flash を選択した場合、ドライバのアップデートはサーバの Cisco Flexible Flash カードからインストールされます。

ステップ 5 ネットワークを選択する場合は、ドライバの更新バージョンを含むドライバ パッケージを、ネットワーク上の場所にダウンロードしておく必要があります。このドライバ パッケージは zip 形式の圧縮ファイルで、ドライバの更新バージョンを含む他の zip ファイルを複数格納しています。[Network] オプションを使用してドライバのアップデートをインストールするには、次の手順に従います。

c. [Browse] をクリックして、ドライバの更新バージョンを格納する zip ファイルを検索し、選択します。

d. [Open] をクリックします。

e. [Driver Source] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

ステップ 6 Cisco.com を選択した場合は、ドライバのアップデートにアクセスするため、 http://www.cisco.com で登録済みのユーザ名とパスワードの入力を求められます。

資格情報を入力すると、ドライバ パッケージが Web サイトから取得されます。

ステップ 7 [Install] をクリックし、ドライバのアップデートをインストールします。

ステップ 8 インストールの続行を承諾するため、確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

経過表示バーにインストールの進捗が表示されます。

ステップ 9 ドライバのアップデートがインストールされると、[Remarks] カラムに [Success] と表示されます。

一部のドライバでは、新しいバージョンを有効にするために再起動が必要になる場合があります。そのような場合は、サーバを今すぐ再起動するか後で行うかを確認するメッセージが表示されます。

ステップ 10 [Refresh] をクリックして、すべてのドライバの最新のバージョン情報を表示します。