Cisco Driver Installer Utility, Release 3.0 ユーザ ガイド Cisco UCS C シリーズ サーバ向け
概要
概要
発行日;2012/12/10 | 英語版ドキュメント(2012/03/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 428KB) | フィードバック

目次

概要

Cisco Driver Installer Utility の概要

サポートされているオペレーティング システムとバージョン

サポートされているハードウェア プラットフォーム

概要

この章では、Cisco Driver Installer Utility 3.0 について説明します。この章は、次の内容で構成されています。

Cisco Driver Installer Utility の概要

サポートされているオペレーティング システムとバージョン

サポートされているハードウェア プラットフォーム

Cisco Driver Installer Utility の概要

Cisco Driver Installer Utility を使用すると、サポート対象のすべてのシスコ デバイス用ドライバをインストールまたは更新できます。このユーティリティは、Cisco UCS Server Configuration Utility(SCU)3.0 リリースと共にリリースされ、Cisco UCS C220 M3 サーバおよび UCS C240 M3 サーバの Cisco Flexible Flash カードでも使用できます。

このユーティリティのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)には、サーバにインストールされているサポート対象のすべてのシスコ デバイス ドライバが一覧表示されます。インストールされているドライバのバージョンと、使用可能な最新のドライバ バージョンが一覧表示されます。[Action] カラムには、各デバイス ドライバで実行できるアクションが表示されます。表示される値は、[Install]、[Update]、[Force Update] のいずれかです。デバイスのドライバがまだインストールされていない場合、[Action] カラムには [Install] と表示されます。より新しいバージョンのドライバが存在する場合、[Action] カラムには [Update] と表示されます。インストールされているドライバのバージョンと使用可能な最新バージョンが同一の場合、またはインストールされているドライバのバージョンの方が使用可能なバージョンより新しい場合、[Action] カラムには [Forced Update] と表示されます。[Action] カラムの値に応じて、ドライバのアップデートをインストールできます。アップデートは各ドライバに個別にインストールできます。また、すべてのドライバを選択し、まとめて更新を開始することもできます。

このユーティリティを使用することにより、vMedia や Cisco Flexible Flash カード、またはネットワークや http://www.cisco.com からドライバのアップデートをインストールできます。一部のデバイス ドライバについては、最新の変更を有効にするため、サーバの再起動が必要になる場合があります。そのような場合は、システムを今すぐ再起動して変更を有効にするかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。システムを再起動するまで、最新ドライバのアップデートは使用できません。

サポートされているオペレーティング システムとバージョン

Cisco Driver Installer Utility は、次のオペレーティング システムをサポートしています。

Windows Server 2008 R2(64 ビット)

Windows Server 2008 R2 SP1

サポートされているハードウェア プラットフォーム

Cisco Driver Installer Utility は、次のハードウェア プラットフォームでサポートされています。

Cisco UCS C220 M3 シリーズ

Cisco UCS 240 M3 シリーズ