Cisco UCS C316 ラック サーバのインストールおよびサービス ガイド
概要
概要
発行日;2015/07/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

概要

前面パネルの機構

背面パネルの機構

交換可能なコンポーネントの位置

主要シャーシ内で交換可能なコンポーネント

サーバ ノード内のコンポーネント

システムの I/O コントローラ内のコンポーネント

システム機能の概要

概要

この章では、Cisco UCS C3160 高密度ストレージ サーバの概要を示します。

前面パネルの機構

図 1-1 に、システムの前面パネルの機構を示します。システムは、取り外し可能なリムーバブル前面ベゼルが取り付けられた状態で表示されます。

LED の状態の説明については、「ステータス LED およびボタン」 を参照してください。

図 1-1 前面パネルの機構

 

 

1

操作パネル

6

温度ステータス LED

2

システム電源ボタン/LED(システム全体の電源のシャットダウン)

7

電源装置ステータス LED

3

システム ユニット識別ボタン/LED

8

ネットワーク リンク アクティビティ LED

4

システム ステータス LED

9

引き出し型の資産タグ(前面ベゼルの下に表示されない)

5

ファン ステータス LED

10

内蔵ドライブのステータス LED

背面パネルの機構

図 1-2 に、システムの背面パネルの機構を示します。

LED の状態の説明については、「ステータス LED およびボタン」 を参照してください。

図 1-2 背面パネルの機構

 

 

1

サーバ ノード(サーバ ノードは、図に示すように、上部ベイに取り付ける必要があります)。

9

電源装置(4、2+2 として冗長)

2

サーバ ノード ヘルス LED(サーバ ノード ボードのメッシュの背後)

10

オプション:1 GB BASE-T イーサネット ポート、RJ-45(クアッド ポート アダプタ カードを含む各 SIOC に 4 つ)

3

サーバ ノードのユニット識別ボタン/LED

11

1 Gb イーサネット専用管理ポート(各 SIOC に 1 つ)

4

サーバ ノードの電源ボタン/LED

12

現時点ではサポートされていません。

5

サーバ ノードのリセット ボタン(サーバ ノードのプロセッサ チップセットをリセット)

13

ソリッド ステート ドライブの 2.5 インチ ドライブ ベイ
(上から 2 つのベイだけをサポート)

6

サーバ ノードの KVM コンソール コネクタ

USB 2 個、VGA 1 個、シリアル コネクタ 1 個を装備した KVM ケーブルで使用

14

ドライブ拡張モジュールのステータス LED

7

(オプション)最大で 4 つの 3.5 インチ ドライブ ベイを搭載可能なドライブ拡張モジュール

15

オプション:10 Gb SFP+ ポート(デュアル ポート SFP+ アダプタ カードを含む各 SIOC に 2 つ)

8

システムの I/O コントローラ(SIOC)、1 つ~ 2 つ。ポート タイプは、取り付けられているアダプタ カードのタイプによって異なります。

交換可能なコンポーネントの位置

ここでは、次の内容について説明します。

「主要シャーシ内で交換可能なコンポーネント」

「サーバ ノード内のコンポーネント」

「システムの I/O コントローラ内のコンポーネント」

主要シャーシ内で交換可能なコンポーネント

ここでは、主要シャーシ内で交換可能なコンポーネントの位置を示します。背面パネルからアクセスできるコンポーネントもあれば、上部カバーを開けてアクセスできるコンポーネントもあります。

図 1-3 のシステム上面図は、上部カバーを開けた状態を示します。

図 1-3 主要シャーシ内で交換可能なコンポーネント(上面図と背面図)

 

1

ファン モジュール(4、ホットスワップ可能)

各ファン モジュールには 2 つのファンが内蔵されています。偶数が上側のファン、奇数が下側のファンです。

5

システムの I/O コントローラ(SIOC)(1 つまたは 2 つ)

「システムの I/O コントローラ内のコンポーネント」も参照してください。

2

内蔵ドライブ ベイ(最大 56 個を搭載する 3.5 インチ ドライブ、ホットスワップ可能)

6

2.5 インチ ソリッド ステート ドライブ(最大 2 つ)

3

サーバ ノード

「サーバ ノード内のコンポーネント」も参照してください。

7

電源装置(4、2+2 として冗長)

4

ドライブ拡張モジュール

8

3.5 インチ ドライブ(オプションのドライブ拡張モジュール内で最大 4 つ)

サーバ ノード内のコンポーネント

ここでは、シャーシの背面からアクセス可能な、サーバ ノード内にある交換可能なコンポーネントの位置を示します。以下の図は、システムからサーバ ノードを取り外し、サーバ ノードのカバーを取り外した状態を示します。

図 1-4 サーバ ノード内で交換可能なコンポーネント

 

1

RTC バッテリ CR 2032

(ノードのカバーを付けた状態でアクセス可能)

4

トラステッド プラットフォーム モジュール ソケット

2

DIMM(各 CPU につき 8 ソケット、合計 16)

5

接続された SuperCap の電源モジュール(バックアップ)を搭載した Cisco モジュラ RAID コントローラ カード

3

CPU とヒートシンク(2 セット)

6

USB メモリ用の内部 USB ポート(ノードのカバーを付けた状態でアクセス可能)

システムの I/O コントローラ内のコンポーネント

ここでは、シャーシの背面からアクセス可能な、システムの I/O コントローラ内にある交換可能なコンポーネントの位置を示します。以下の図は、モジュールのカバーを取り外した状態を示します。

図 1-5 システムの I/O コントローラ内で交換可能なコンポーネント

 

1

RTC バッテリ CR 1632

2

アダプタ カード(デュアル ポート 10 GB SFP+ またはクアッド ポート 1 Gb RJ-45)

システム機能の概要

表 1-1 にシステムの機能を示します。

.

表 1-1 Cisco UCS C3160 システムの機能

シャーシ

4 ラックユニット(4RU)シャーシ。

プロセッサ

サーバ ノード内の 2 つの Intel Xeon E5-2600 v2 シリーズ プロセッサ。

メモリ

サーバ・ノード内で最大 16 DIMM。

マルチビット エラー保護

このシステムは、マルチビット エラー保護をサポートします。

ストレージ

システムには次のストレージ オプションがあります。

内部でアクセス可能な 3.5 インチ ドライブ(最大 56 個)

背面パネルからアクセス可能な、オプションのドライブ拡張モジュール内の 3.5 インチ ドライブ(最大 4 個)

背面パネルからアクセス可能な、2.5 インチ ソリッド ステート ドライブ(最大 2 個)

すべてのドライブはホットスワップ可能1です。

ディスク管理

サーバ ノード内で 1 GB または 4 GB のキャッシュを持つ RAID コントローラ用に、1 つの専用メザニン形式のソケットがあります。

サポートされている RAID コントローラ オプションの一覧については、「RAID コントローラに関する考慮事項」を参照してください。

RAID バックアップ

オプションの supercap の電源モジュール(SCPM)は、サーバ ノード内にある RAID コントローラ カードにマウントされます。

PCIe I/O

このシステムには、PCIe 拡張スロットがありません。

ネットワークおよび管理 I/O

システムには、システム I/O コントローラ(SIOC)を 1 つまたは 2 つ搭載できます。これらはそれぞれ、背面パネル接続を提供します。どのアダプタ カードを SIOC に取り付けるかによって、ポートは異なります。

クアッド ポート 1 GB RJ-45 アダプタ カードが SIOC 内にある場合:

1 Gb BASE-T イーサネット ポート(RJ-45)X 4

1 Gb 専用管理イーサネット ポート X 1

デュアルポート 10 GB SFP+ アダプタ カードが SIOC 内にある場合:

10 Gb SFP+ ポート X 2

1 Gb 専用管理イーサネット ポート X 1

サーバ ノードには背面パネル KVM コネクタも 1 個あり、USB 2 個、VGA 1 個、シリアル コネクタ 1 個を装備した KVM ケーブルで使用できます。

内部 USB

システムには、サーバ ノード内に USB 2.0 スロットが 1 つ含まれます。

電源

2 台または 4 台の電源装置、各 1050 W(ホットスワップ可能で 2+2 冗長)。

冷却

前面から背面に冷却を引き出す 4 つの内蔵ファン モジュール、ホットスワップ可能。各ファン モジュールには 2 つのファンが内蔵されています。

さらに、各電源にはファンが 1 個あります。

ベースボード管理

Cisco Integrated Management Controller(Cisco IMC)ファームウェア。

Cisco NIC モードの設定に応じて、Cisco IMC へのアクセスは、 専用管理ポート、1 Gb LOM ポート、または 10 GB LOM ポートのいずれかを使用して行います。

1.ホットスワップ可能 = 取り外しの前にシステムの電源が入っている間は、コンポーネントの事前調整は必要ありません。