Cisco UCS C シリーズ サーバ Linux インストレーション ガイド
Linux のインストール
Linux のインストール

Linux のインストール

この章は、次の項で構成されています。

内部ドライブへの Linux のインストール

この手順では、CIMC GUIKVM コンソールを使用して Red Hat Enterprise Linux(RHEL)または SUSE Linux Enterprise Server(SLES)を、内蔵ドライブにインストールする方法について説明します。


(注)  


シスコは C シリーズ ラックマウント サーバ 用に Cisco UCS Server Configuration Utility を開発しています。このユーティリティを使用すると、一部の Windows および Linux オペレーティング システムで自動インストールを実行できます。 このユーティリティは、新しいサーバの CD に付属しています。また、Cisco.com から ISO をダウンロードすることもできます。 このユーティリティの最新リリースのユーザ マニュアルについては、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10493/​products_​user_​guide_​list.html を参照してください。


はじめる前に
  • インストールの前提条件のチェックリストに説明されている前提条件を満たします。

  • サーバのハード ドライブが Itanium(ia64)アーキテクチャを使用していない場合、ブート デバイスには DOS MBR パーティション形式を使用します。

手順
    ステップ 1   仮想メディアから OS またはドライバをインストールする場合、KVM コンソールを起動し、インストール ISO イメージのマウントの説明に従ってメディアをマウントします。
    ステップ 2   次のいずれかの方法で、サーバの電源を再投入します。
    • KVM コンソールで、[Macros] > Ctrl+Alt+Del を選択します。
    • CIMC GUI で、[Navigation] ペインの [Summary] をクリックし、[Server Summary] タブの [Actions] 領域の [Power Cycle Server] をクリックします。
    • 物理サーバの電源ボタンを押します。
    ステップ 3   (任意)OS をインストールした後にサーバが使用するブート順を設定するには、ブート メッセージを確認し、BIOS のセットアップを開始するメッセージが表示されたら、F2 を押し、ブート順を設定します。

    詳細については、KVM コンソールによるサーバ ブート順の設定を参照してください。

    ステップ 4   通常のブート順を上書きし、インストール メディアからブートするには、KVM コンソールで、ブート メッセージを確認し、[Boot Menu] を開くメッセージが表示されたら、F6 を押します。
    ステップ 5   [Boot Menu] 画面で、次のいずれかを実行します。
    • ISO イメージを使用する場合、[Cisco Virtual CD/DVD] を選択し、Enter を押します。
    • 物理インストール ディスクを使用する場合、そのディスクが挿入されているディスク ドライブを選択し、Enter を押します。

    選択したデバイスからサーバがリブートし、イメージまたはディスクから OS のインストールが開始されます。

    ステップ 6   インストールのスプラッシュ画面が表示されたら、Enter を押して、グラフィカル モードで Linux をインストールします。
    ステップ 7   自社の要件と標準に従い、インストールの進行状況を監視し、必要に応じてメッセージに応答してインストールを完了します。

    インストールが完了すると、インストーラ ソフトウェアによってすべての物理ディスクがイジェクトされ、仮想ドライブのマッピングが解除され、サーバが再度リブートされます。 OS で、ブート順の最初にあるインストール ターゲットがブートされます。

    OS のカスタマイズについては、OS のマニュアルを参照してください。


    ブート可能 SAN LUN への Linux のインストール

    ここでは、CIMC GUI と KVM コンソールを使用してブート可能 SAN LUN 論理ディスクまたは RAID ボリュームに Red Hat Enterprise Linux(RHEL)または SUSE Linux Enterprise Server(SLES)をインストールする方法について説明します。


    (注)  


    シスコは C シリーズ ラックマウント サーバ 用に Cisco UCS Server Configuration Utility を開発しています。このユーティリティを使用すると、一部の Windows および Linux オペレーティング システムで自動インストールを実行できます。 このユーティリティは、新しいサーバの CD に付属しています。また、Cisco.com から ISO をダウンロードすることもできます。 このユーティリティの最新リリースのユーザ マニュアルについては、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10493/​products_​user_​guide_​list.html を参照してください。


    はじめる前に
    手順
      ステップ 1   仮想メディアから OS またはドライバをインストールする場合、KVM コンソールを起動し、インストール ISO イメージのマウントの説明に従ってメディアをマウントします。
      ステップ 2   次のいずれかの方法で、サーバの電源を再投入します。
      • KVM コンソールで、[Macros] > Ctrl+Alt+Del を選択します。
      • CIMC GUI で、[Navigation] ペインの [Summary] をクリックし、[Server Summary] タブの [Actions] 領域の [Power Cycle Server] をクリックします。
      • 物理サーバの電源ボタンを押します。
      ステップ 3   (任意)OS をインストールした後にサーバが使用するブート順を設定するには、ブート メッセージを確認し、BIOS のセットアップを開始するメッセージが表示されたら、F2 を押し、ブート順を設定します。

      詳細については、KVM コンソールによるサーバ ブート順の設定を参照してください。

      ステップ 4   通常のブート順を上書きし、インストール メディアからブートするには、KVM コンソールで、ブート メッセージを確認し、[Boot Menu] を開くメッセージが表示されたら、F6 を押します。
      ステップ 5   [Boot Menu] 画面で、次のいずれかを実行します。
      • ISO イメージを使用する場合、[Cisco Virtual CD/DVD] を選択し、Enter を押します。
      • 物理インストール ディスクを使用する場合、そのディスクが挿入されているディスク ドライブを選択し、Enter を押します。

      選択したデバイスからサーバがリブートし、イメージまたはディスクから OS のインストールが開始されます。

      ステップ 6   インストールのスプラッシュ画面が表示されたら、Enter を押して、グラフィカル モードで Linux をインストールします。
      ステップ 7   メッセージが表示されたら、[upgrade] ではなく [install] を選択します。
      ステップ 8   [Partitioning] ダイアログボックスが表示されたら、次の手順を実行します。
      1. プルダウン メニューから [Remove all partitions on selected drives and create default layout] を選択します。
      2. チェックボックスをオフにして [sda] を無効にします。
      3. [Review and modify partitioning layout] を選択します。
      4. [Next] をクリックして続行し、[Yes] をクリックして選択内容を確認します。
      ステップ 9   パーティションのレイアウトを確認して変更するか、[Next] をクリックして続行します。
      ステップ 10   ブートローダ構成のメッセージが表示されたら、[Configure advanced boot loader options] を選択し、[Next] をクリックします。
      ステップ 11   メッセージが表示されたら、[Change Drive Order] をクリックします。
      ステップ 12   [Edit Drive Order] 画面で、/dev/mapper/mpath0 をリストの一番上に移動し、[OK] をクリックします。
      ステップ 13   自社の要件と標準に従い、インストールの進行状況を監視し、必要に応じてメッセージに応答してインストールを完了します。

      インストールが完了すると、インストーラ ソフトウェアによってすべての物理ディスクがイジェクトされ、仮想ドライブのマッピングが解除され、サーバが再度リブートされます。 OS で、ブート順の最初にあるインストール ターゲットがブートされます。

      OS のカスタマイズについては、OS のマニュアルを参照してください。


      PXE ネットワーク環境を使用した Linux のインストール

      ここでは、CIMC GUI および KVM コンソールを使用して、PXE ネットワーク環境から RHEL または SLES をブートする方法について説明します。

      はじめる前に
      • インストールの前提条件のチェックリストに説明されている前提条件を満たします。

      • PXE を使用してネットワーク上にあるインストール メディアをブートするには:

        • ネットワーク サーバ(NFS、FTP、または HTTP)を設定してインストール ツリーをエクスポートします。
        • PXE ブーティングに必要なファイルを TFTP サーバに設定します。
        • MAC ネットワーク ポート アドレスを設定し、PXE 設定から起動します。
        • Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)を DHCP サーバに設定します。

        OS のアドミニストレーション ガイドに記載された、次の PXE ネットワーク インストール手順に従います。

        Red Hat をインストールする場合、http:/​/​www.redhat.com/​docs/​ のアドミニストレーション ガイドを参照してください。 SUSE Linux を使用している場合、http:/​/​www.novell.com/​documentation/​ のアドミニストレーション ガイドを参照してください。

      • KickStart または AutoYaST イメージを作成してインストールを実行します。 このイメージは物理ディスクに書き込むか、ネットワークで使用できる PXE サーバに保存することができます。

        OS のアドミニストレーション ガイドに記載された、次の KickStart インストール手順に従います。


        (注)  


        KickStart は Red Hat の自動インストール ツールです。 AutoYaST は SUSE Linux の自動インストール ツールです。 これらのツールを使用して、システム管理者は、標準インストールの際に通常指定するインストールおよび設定パラメータの一部またはすべての設定を含む単一のイメージを作成できます。 通常、プリブート イメージは単一のネットワーク サーバに配置され、複数のシステムからインストール時に読み込まれますが、物理メディアからインストールする場合は、DVD にイメージを書き込むこともできます。


      手順
        ステップ 1   次のいずれかの方法で、サーバの電源を再投入します。
        • KVM コンソールで、[Macros] > Ctrl+Alt+Del を選択します。
        • CIMC GUI で、[Navigation] ペインの [Summary] をクリックし、[Server Summary] タブの [Actions] 領域の [Power Cycle Server] をクリックします。
        • 物理サーバの電源ボタンを押します。
        ステップ 2   通常のブート順を上書きし、インストール メディアからブートするには、KVM コンソールで、ブート メッセージを確認し、[Boot Menu] を開くメッセージが表示されたら、F6 を押します。
        ステップ 3   [Boot Menu] 画面で、PXE ネットワーク インストール サーバとの通信用に設定されているネットワーク アダプタを選択して、Enter キーを押します。
        ステップ 4   自社の要件と標準に従い、インストールの進行状況を監視し、必要に応じてメッセージに応答してインストールを完了します。