Cisco UCS C シリーズ サーバ Linux インストレーション ガイド
インストール ドライバの情報
インストール ドライバの情報

インストール ドライバの情報

この付録は、次の項で構成されています。

Linux のインストール ドライバ

必要なインストール ドライバとドライバの詳細情報は、Cisco UCS C-Series Drivers DVD で入手できます。


(注)  


Cisco UCS C-Series Drivers DVD』ISO イメージは、Cisco.com サポート サイトで [Unified Computing and Servers] > [Cisco UCS Rack-Mount Standalone Server Software] > [server_model Server Software] > [Unified Computing System(UCS)Drivers] を選択して入手できます。

利用可能なサーバ モデルのリストを参照するには、http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​software/​navigator.html?mdfid=283612685&flowid=26802 にアクセスします。


ドライバは、オペレーティング システム別にトップレベルのフォルダに整理されています。また、必要なドライバを見つけやすいように、各オペレーティング システム フォルダは、階層が深くなるほど詳細な分類になるように複数階層のサブフォルダで構成されています。 ドライバが含まれるフォルダに移動すると、そのドライバの使用対象について説明した 1 つまたは複数の README ファイルもあります。

Linux のフォルダ構造の例を次に示します。

Linux
   ChipSet
      Intel
         RHEL
            OS-version-number
         SLES
            OS-version-number
   Network
      vendor
         model-number
            RHEL
               OS-version-number
            SLES
               OS-version-number
   Security
      TPM
         RHEL
            OS-version-number
         SLES
            OS-version-number
   Storage
      vendor
         model-number
            RHEL
               OS-version-number
            SLES
               OS-version-number
   Video
      vendor
         model-number
            RHEL
               OS-version-number
            SLES
               OS-version-number

たとえば、Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード用の RHEL6.2 ドライバについては、Linux/Network/Cisco/M81KR/RHEL/RHEL6.2 フォルダを参照してください。