Cisco UCS C シリーズ サーバ Windows インストレーション ガイド
Windows Server 2003 のインストール
Windows Server 2003 のインストール

Windows Server 2003 のインストール

この章は、次の項で構成されています。

内部ドライブへの Windows Server 2003 のインストール

ここでは、KVM コンソールを使用して、内部ドライブに Windows Server 2003 Service Pack 2(SP2)x86 または x64 をインストールする方法について説明します。

その他のバージョンの Windows Server 2003 はサポートされていません。


(注)  


シスコは C シリーズ ラックマウント サーバ 用に Cisco UCS Server Configuration Utility を開発しています。このユーティリティを使用すると、一部の Windows および Linux オペレーティング システムで自動インストールを実行できます。 このユーティリティは、新しいサーバの CD に付属しています。また、Cisco.com から ISO をダウンロードすることもできます。 このユーティリティの最新リリースのユーザ マニュアルについては、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10493/​products_​user_​guide_​list.html を参照してください。


はじめる前に

インストールの前提条件のチェックリストに説明されている前提条件を満たします。

手順
    ステップ 1   実際に取り付けているデバイスのドライバは、Cisco UCS C-Series Drivers DVD または DVD の ISO ファイルから探し、サーバからアクセスできる場所に抽出します。
    ヒント   

    必要なドライバがわからない場合は、サーバをリブートし、出力メッセージを確認します。 デバイスが初期化されると、ブート プロセスでそのデバイスに関する情報が表示されます。 詳細については、インストール ドライバの情報を参照してください。

    ステップ 2   仮想メディアから OS またはドライバをインストールする場合、KVM コンソールを起動し、インストール ISO イメージのマウントの説明に従ってメディアをマウントします。
    ステップ 3   次の手順で、マス ストレージ コントローラまたは SAN HBA デバイス用のドライバ IMG ファイルをマウントします。
    1. [Add Image] をクリックし、デバイスとオペレーティング システムのドライバ IMG イメージ ファイルが含まれるディレクトリに移動します。
    2. IMG イメージ ファイルを選択し、[Open] をクリックします。
    3. デバイスをフロッピーとしてエミュレートするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[Yes] をクリックします。
    4. [Client View] 領域で、IMG 仮想フロッピーに関連付けられている [Mapped] 列のチェックボックスをオンにし、マッピングが完了するまで待ちます。
    ステップ 4   次のいずれかの方法で、サーバの電源を再投入します。
    • KVM コンソールで、[Macros] > Ctrl+Alt+Del を選択します。
    • で、[Navigation] ペインの [Summary] をクリックし、[Server Summary] タブの [Actions] 領域の [Power Cycle Server] をクリックします。
    • 物理サーバの電源ボタンを押します。
    ステップ 5   (任意)OS をインストールした後にサーバが使用するブート順を設定するには、ブート メッセージを確認し、BIOS のセットアップを開始するメッセージが表示されたら、F2 を押し、ブート順を設定します。

    詳細については、KVM コンソールによるサーバ ブート順の設定を参照してください。

    ステップ 6   通常のブート順を上書きし、インストール メディアからブートするには、KVM コンソールで、ブート メッセージを確認し、[Boot Menu] を開くメッセージが表示されたら、F6 を押します。
    ステップ 7   [Boot Menu] 画面で、次のいずれかを実行します。
    • ISO イメージを使用する場合、[Cisco Virtual CD/DVD] を選択し、Enter を押します。
    • 物理インストール ディスクを使用する場合、そのディスクが挿入されているディスク ドライブを選択し、Enter を押します。

    選択したデバイスからサーバがリブートし、イメージまたはディスクから OS のインストールが開始されます。

    ステップ 8   CD からブートすることを確認するメッセージが表示されたら、Enter を押します。 インストール プロセスの初期にウィンドウの下部に表示される [Press F6 to install third-party drivers] というメッセージに注意します。
    ステップ 9   仮想フロッピーからマス ストレージ コントローラまたは HBA デバイスのドライバをインストールします。
    1. サードパーティのドライバをインストールするように求めるメッセージが表示されたら、F6 を押します。 追加デバイスを指定するように求めるメッセージが表示されるまで、インストール プロセスを確認します。
    2. 追加デバイスを指定するように求めるメッセージが表示されたら、S を押します。
    3. リストからデバイスを選択して Enter を押します。

      仮想フロッピーからドライバがインストールされます。

    ステップ 10   自社の要件と標準に従い、インストールの進行状況を監視し、必要に応じてメッセージに応答してインストールを完了します。

    Windows のインストールが完了すると、サーバが再びリブートします。続いて、Ctrl+Alt+Del を押し、ログインして Windows デスクトップにアクセスするよう求めるメッセージが表示されます。 Windows インストール プロセス中に指定したログイン資格情報を使用します。

    (注)     

    この時点では、サーバ チップセットやイーサネット コントローラなどのデバイス用のデバイス ドライバがまだインストールされていません。 Windows Device Manager で、ドライバが必要なデバイスは黄色のフラグ付きで表示されます。

    ステップ 11   Windows File Manager を使用して、手順 1 で Cisco ドライバを抽出したフォルダに移動します。

    ドライバ DVD フォルダ構造の詳細については、Windows のインストール ドライバを参照してください。

    ヒント   

    Windows Server 2008 R2 の使用時にパフォーマンスが低下する場合は、オンボード Intel 82576 NIC 用の最新ドライバを、Intel のサイト http:/​/​downloadcenter.intel.com から直接入手してください。

    ステップ 12   Windows Device Manager を起動し、まだ黄色のフラグが付いているデバイスがないか確認します。 黄色のフラグが付いているフラグがあれば、Device Manager を使用してドライバを手動でインストールします。

    ブート可能 SAN LUN への Windows Server 2003 のインストール

    ここでは、CIMC GUIKVM コンソールを使用して、ブート可能 SAN LUN に Windows Server 2003 Service Pack 2(SP2)x86 または x64 をインストールする方法について説明します。


    (注)  


    シスコは C シリーズ ラックマウント サーバ 用に Cisco UCS Server Configuration Utility を開発しています。このユーティリティを使用すると、一部の Windows および Linux オペレーティング システムで自動インストールを実行できます。 このユーティリティは、新しいサーバの CD に付属しています。また、Cisco.com から ISO をダウンロードすることもできます。 このユーティリティの最新リリースのユーザ マニュアルについては、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10493/​products_​user_​guide_​list.html を参照してください。


    はじめる前に
    手順
      ステップ 1   実際に取り付けているデバイスのドライバは、Cisco UCS C-Series Drivers DVD または DVD の ISO ファイルから探し、サーバからアクセスできる場所に抽出します。
      ヒント   

      必要なドライバがわからない場合は、サーバをリブートし、出力メッセージを確認します。 デバイスが初期化されると、ブート プロセスでそのデバイスに関する情報が表示されます。 詳細については、インストール ドライバの情報を参照してください。

      ステップ 2   仮想メディアから OS またはドライバをインストールする場合、KVM コンソールを起動し、インストール ISO イメージのマウントの説明に従ってメディアをマウントします。
      ステップ 3   次の手順で、マス ストレージ コントローラまたは SAN HBA デバイス用のドライバ IMG ファイルをマウントします。
      1. [Add Image] をクリックし、デバイスとオペレーティング システムのドライバ IMG イメージ ファイルが含まれるディレクトリに移動します。
      2. IMG イメージ ファイルを選択し、[Open] をクリックします。
      3. デバイスをフロッピーとしてエミュレートするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[Yes] をクリックします。
      4. [Client View] 領域で、IMG 仮想フロッピーに関連付けられている [Mapped] 列のチェックボックスをオンにし、マッピングが完了するまで待ちます。
      ステップ 4   次のいずれかの方法で、サーバの電源を再投入します。
      • KVM コンソールで、[Macros] > Ctrl+Alt+Del を選択します。
      • で、[Navigation] ペインの [Summary] をクリックし、[Server Summary] タブの [Actions] 領域の [Power Cycle Server] をクリックします。
      • 物理サーバの電源ボタンを押します。
      ステップ 5   (任意)OS をインストールした後にサーバが使用するブート順を設定するには、ブート メッセージを確認し、BIOS のセットアップを開始するメッセージが表示されたら、F2 を押し、ブート順を設定します。

      詳細については、KVM コンソールによるサーバ ブート順の設定を参照してください。

      ステップ 6   通常のブート順を上書きし、インストール メディアからブートするには、KVM コンソールで、ブート メッセージを確認し、[Boot Menu] を開くメッセージが表示されたら、F6 を押します。
      ステップ 7   [Boot Menu] 画面で、次のいずれかを実行します。
      • ISO イメージを使用する場合、[Cisco Virtual CD/DVD] を選択し、Enter を押します。
      • 物理インストール ディスクを使用する場合、そのディスクが挿入されているディスク ドライブを選択し、Enter を押します。

      選択したデバイスからサーバがリブートし、イメージまたはディスクから OS のインストールが開始されます。

      ステップ 8   CD からブートすることを確認するメッセージが表示されたら、Enter を押します。 インストール プロセスの初期にウィンドウの下部に表示される [Press F6 to install third-party drivers] というメッセージに注意します。
      ステップ 9   仮想フロッピーからマス ストレージ コントローラまたは HBA デバイスのドライバをインストールします。
      1. サードパーティのドライバをインストールするように求めるメッセージが表示されたら、F6 を押します。 追加デバイスを指定するように求めるメッセージが表示されるまで、インストール プロセスを確認します。
      2. 追加デバイスを指定するように求めるメッセージが表示されたら、S を押します。
      3. リストからデバイスを選択して Enter を押します。

        仮想フロッピーからドライバがインストールされます。

      ステップ 10   自社の要件と標準に従い、インストールの進行状況を監視し、必要に応じてメッセージに応答してインストールを完了します。

      Windows のインストールが完了すると、サーバが再びリブートします。続いて、Ctrl+Alt+Del を押し、ログインして Windows デスクトップにアクセスするよう求めるメッセージが表示されます。 Windows インストール プロセス中に指定したログイン資格情報を使用します。

      (注)     

      この時点では、サーバ チップセットやイーサネット コントローラなどのデバイス用のデバイス ドライバがまだインストールされていません。 Windows Device Manager で、ドライバが必要なデバイスは黄色のフラグ付きで表示されます。

      ステップ 11   Windows File Manager を使用して、手順 1 で Cisco ドライバを抽出したフォルダに移動します。

      ドライバ DVD フォルダ構造の詳細については、Windows のインストール ドライバを参照してください。

      ヒント   

      Windows Server 2008 R2 の使用時にパフォーマンスが低下する場合は、オンボード Intel 82576 NIC 用の最新ドライバを、Intel のサイト http:/​/​downloadcenter.intel.com から直接入手してください。

      ステップ 12   Windows Device Manager を起動し、まだ黄色のフラグが付いているデバイスがないか確認します。 黄色のフラグが付いているフラグがあれば、Device Manager を使用してドライバを手動でインストールします。