Cisco UCS C シリーズ サーバ Linux インストール ガイド
RAID コントローラに関する考慮事項
RAID コントローラに関する考慮事項
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/03/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

RAID コントローラに関する考慮事項

サーバに搭載されているコントローラの確認方法

[Quiet Boot] をディセーブルにする方法

ICH10R オンボード コントローラをイネーブルにする方法(UCS C200 および C210 サーバの場合)

オプションの ROM ベース コントローラ ユーティリティを起動する方法

追加情報

RAID コントローラに関する考慮事項

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「サーバに搭載されているコントローラの確認方法」

「[Quiet Boot] をディセーブルにする方法」

「ICH10R オンボード コントローラをイネーブルにする方法(UCS C200 および C210 サーバの場合)」

「オプションの ROM ベース コントローラ ユーティリティを起動する方法」

「追加情報」

サーバに搭載されているコントローラの確認方法

C シリーズ サーバはさまざまな RAID コントローラ オプションで注文および設定できます。

UCS C200 および C210 サーバのみ:マザーボードに Intel ICH10R オンボード SATA コントローラが搭載されています。このコントローラでは、SATA ドライブ 4 台までの RAID 0 および 1 がサポートされます。コントローラは、システム BIOS でイネーブルにすることで使用できるようになります(「ICH10R オンボード コントローラをイネーブルにする方法(UCS C200 および C210 サーバの場合)」 を参照してください)。

UCS C200 および C210 サーバのみ:LSI 1064 ベース コントローラ メザニン カードを追加できます。このカードでは、SAS または SATA ドライブ 4 台までの RAID 0 および 1 がサポートされます。

UCS C250 サーバのみ:LSI 3081 ベース コントローラ カードを追加できます。このカードでは、SAS または SATA ドライブ 8 台までの RAID 0 および 1 がサポートされます。

LSI MegaRAID コントローラ カードを追加できます(モデルはサーバによって異なります)。このカードでは、SAS または SATA ドライブ 8 台までの RAID 0、1、5、6、10、50、60 がサポートされます。

サーバに搭載されているオプションの記録がない場合は、[Quiet Boot] をディセーブルにして、システム起動時に表示される画面のメッセージを確認してください。

取り付けられているカードのモデルに関する情報は詳細モード起動時に表示されます。また、カードの設定ユーティリティを起動する Ctrl+H キーを押すプロンプトも表示されます。「[Quiet Boot] をディセーブルにする方法」も参照してください。

RAID 設定が存在する場合に、[Quiet Boot] をディセーブルにしてもカードのモデルが表示されない場合は、サーバでオンボード ICH10R コントローラが使用されています。また、このコントローラの構成ユーティリティを起動する Ctrl+M キーを押すプロンプトも表示されます。「ICH10R オンボード コントローラをイネーブルにする方法(UCS C200 および C210 サーバの場合)」も参照してください。

 

[Quiet Boot] をディセーブルにする方法

コントローラ情報およびオプションの ROM ベース LSI ユーティリティのプロンプトを表示するため、[Quiet Boot] をディセーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 サーバを起動し、起動中に F2 プロンプトが表示されることを確認します。

ステップ 2 BIOS セットアップ ユーティリティに切り替えるためのプロンプトが表示されたら、 F2 キーを押します。

ステップ 3 BIOS セットアップ ユーティリティのメイン ページで、[Quiet Boot] を [Disabled] に設定します。これにより、デフォルト以外のメッセージ、プロンプト、および POST メッセージがシスコのロゴ画面の代わりに起動中に表示されます。

ステップ 4 F10 キーを押して、変更を保存してユーティリティを終了します。


 

ICH10R オンボード コントローラをイネーブルにする方法(UCS C200 および C210 サーバの場合)


) Intel ICH10R SAS コントローラは、UCS C200 および C210 サーバにのみ搭載されています。


ICH10R オンボード コントローラをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 サーバを起動し、起動中に F2 プロンプトが表示されることを確認します。

ステップ 2 BIOS セットアップ ユーティリティに切り替えるためのプロンプトが表示されたら、 F2 キーを押します。

ステップ 3 BIOS セットアップ ユーティリティの [Advanced] タブを選択します。

ステップ 4 [Mass Storage Controllers Configuration] を選択します。

ステップ 5 Onboard SATA Controller を [Enabled] に設定します。

ステップ 6 SATA Mode を [SW RAID] に設定します。

 

ステップ 7 F10 キーを押して、変更を保存してユーティリティを終了します。


 

オプションの ROM ベース コントローラ ユーティリティを起動する方法

ハード ドライブ上の RAID 設定を変更するには、ホスト OS 上にインストールするホストベース ユーティリティまたはサーバにインストールされた LSI オプション ROM ベース ユーティリティを使用します。

サーバを起動し、[Quiet Boot] がディセーブルにされている場合(「[Quiet Boot] をディセーブルにする方法」 を参照)、コントローラに関する情報と一緒にコントローラのオプション ROM ベース ユーティリティを起動するキーの組み合わせのプロンプトも表示されます。

詳細モード起動中にコントローラのプロンプトを確認します。

LSI コントローラ カード ユーティリティのプロンプトは Ctrl+H キーです。

オンボード ICH10R コントローラ ユーティリティのプロンプトは Ctrl+M キーです。

追加情報

LSI ユーティリティには、ユーティリティの使用に関する詳細情報が記載されたヘルプ ドキュメンテーションがあります。

RAID の基本的な情報および LSI ユーティリティの使用方法については、LSI.com の次の資料を参照してください。

『LSI MegaRAID SAS Software User's Guide』(LSI MegaRAID 用)

http://www.lsi.com/DistributionSystem/AssetDocument/80-00156-01_RevH_SAS_SW_UG.pdf

『LSI Fusion-MPT Device Management User's Guide』(LSI 3081E 用)

http://www.lsi.com/DistributionSystem/AssetDocument/documentation/insight_center/tech_trends/fusionmpt/FusionMPT_DevMgrUG.pdf

『LSI Integrated RAID for SAS User's Guide』(LSI 1064 用)

http://www.lsi.com/DistributionSystem/AssetDocument/files/docs/techdocs/storage_stand_prod/sas/ir_sas_ug.pdf