Cisco UCS C シリーズ サーバ Integrated Management Controller GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 1.4
概要
概要
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

概要

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバの概要

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバには、次のモデルがあります。

  • Cisco UCS C200 ラックマウント サーバ
  • Cisco UCS C210 ラックマウント サーバ
  • Cisco UCS C250 ラックマウント サーバ
  • Cisco UCS C260 ラックマウント サーバ
  • Cisco UCS C460 ラックマウント サーバ

(注)  


このファームウェア リリースでサポートされている Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバを確認するには、『Release Notes for Cisco Integrated Management Controller』を参照してください。


サーバ ソフトウェアの概要

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバには、出荷時に 2 つの主要なソフトウェア システムがインストールされています。

CIMC ファームウェア

CIMC は、マザーボードに組み込まれている独立した管理モジュールです。 メイン サーバ CPU とは別の専用の ARM ベース プロセッサによって CIMC ファームウェアが実行されます。 システムには CIMC ファームウェアの実行バージョンが付属しています。 CIMC ファームウェアは更新できますが、初期インストールは必要ありません。

サーバ OS

メイン サーバ CPU によって Windows や Linux などの OS が実行されます。 サーバには出荷時に OS が事前インストールされていますが、DVD ドライブまたはネットワークを使用して別の OS をインストールできます。 CIMC を使用すると、KVM コンソールおよび vMedia を使用して新しい OS をインストールできます。


(注)  


使用可能な OS のインストール マニュアルには、http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​c-series-doc『Cisco UCS C-Series Servers Documentation Roadmap』からアクセスできます。


Cisco Integrated Management Controller

CIMC は、C シリーズ サーバ用の管理サービスです。 CIMC はサーバ内で動作します。


(注)  


CIMC 管理サービスは、サーバがスタンドアロン モードで動作している場合にのみ使用します。 C シリーズ サーバが UCS システムに統合された場合は、UCS Manager を使用して管理する必要があります。 UCS Manager の使用の詳細については、http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​b-series-doc『Cisco UCS B-Series Servers Documentation Roadmap』に記載されているコンフィギュレーション ガイドを参照してください。


管理インターフェイス

Web ベースの GUI または SSH ベースの CLI を使用して、サーバにアクセスし、サーバを設定、管理、モニタできます。 ほとんどすべてのタスクは、これらのインターフェイスのいずれでも実行できます。また、一方のインターフェイスで実行されたタスクの結果は、もう一方のインターフェイスにも表示されます。 ただし、次の操作はできません。

  • CIMC GUI を使用して CIMC CLI を呼び出す
  • CIMC CLI で呼び出したコマンドを CIMC GUI に表示する
  • CIMC GUI から CIMC CLI の出力を生成する

CIMC で実行可能なタスク

CIMC を使用すると次のサーバ管理タスクを実行できます。

  • サーバの電源のオン、電源のオフ、電源再投入、リセット、およびシャットダウンを行う
  • ロケータ LED を切り替える
  • サーバのブート順を設定する
  • サーバのプロパティとセンサーを表示する
  • リモート プレゼンスを管理する
  • ローカル ユーザ アカウントを作成して管理し、Active Directory によるリモート ユーザの認証をイネーブルにする
  • NIC プロパティ、IPv4、VLAN、ネットワーク セキュリティなど、ネットワーク関連の設定を行う
  • HTTP、SSH、IPMI Over LAN などのコミュニケーション サービスを設定する
  • 証明書を管理する
  • プラットフォーム イベント フィルタを設定する
  • CIMC ファームウェアを更新する
  • 障害、アラーム、およびサーバのステータスをモニタする

オペレーティング システムやアプリケーションのプロビジョニングや管理はできない

CIMC はサーバのプロビジョニングを行うため、サーバのオペレーティング システムの下に存在します。 したがって、サーバでオペレーティング システムやアプリケーションのプロビジョニングや管理を行うためにこれを使用することはできません。 たとえば、次の操作を実行することはできません。

  • Windows や Linux などの OS の展開
  • OS やアプリケーションなどのソフトウェアに対するパッチの展開
  • アンチウイルス ソフトウェア、モニタリング エージェント、バックアップ クライアントなどのベース ソフトウェア コンポーネントのインストール
  • データベース、アプリケーション サーバ ソフトウェア、Web サーバなどのソフトウェア アプリケーションのインストール
  • Oracle データベースの再起動、プリンタ キューの再起動、または CIMC 以外のユーザ アカウントの処理を含むオペレータ処理の実行
  • SAN や NAS ストレージ上の外部ストレージの設定または管理

CIMC ユーザ インターフェイスの概要

CIMC ユーザ インターフェイスは、Cisco C シリーズ サーバの Web ベースの管理インターフェイスです。 CIMC ユーザ インターフェイスを起動して、次の最小要件を満たしているすべてのリモート ホストからサーバを管理できます。

  • Java 1.6 以降
  • HTTP および HTTPS 対応
  • Adobe Flash Player 10 以降

(注)  


CIMC へのログインに使用するパスワードが失効した場合やパスワードを忘れた場合は、使用しているサーバの Cisco UCS C シリーズ サーバ インストレーションおよびサービス ガイドでパスワードの回復手順を参照してください。 このガイドは http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​c-series-doc『Cisco UCS C-Series Servers Documentation Roadmap』から入手できます。


CIMC ホーム ページ

図 1 は CIMC のホーム ページです。

図 1. CIMC ホーム ページ

[Navigation] ペイン

[Navigation] ペインは、CIMC ユーザ インターフェイスの左側に表示されます。 [Navigation] ペインで [Server] タブまたは [Admin] タブのリンクをクリックすると、CIMC ユーザ インターフェイスの右側の [Work] ペインに選択したページが表示されます。

次の表では、[Navigation] ペインの要素について説明します。

要素名

説明

[Overall Server Status] 領域

[Overall Server Status] 領域は、[Server] タブおよび [Admin] タブの上にあります。 この領域をクリックすると、[Server Summary] ページがリフレッシュされます。

[Server] タブ

[Server] タブは、[Navigation] ペインにあります。 このタブには次のページへのリンクが含まれます。

  • Summary
  • Inventory
  • Sensor
  • System Event Log
  • Remote Presence
  • BIOS
  • Power Policies
  • Faults Summary

[Admin] タブ

[Admin] タブは、[Navigation] ペインにあります。 このタブには次のページへのリンクが含まれます。

  • User Management
  • Network
  • Communications Services
  • Certificate Management
  • CIMC Log
  • Event Management
  • Firmware Management
  • Utilities

[Work] ペイン

[Work] ペインは、UI の右側に表示されます。 [Work] ペインには、[Server] タブまたは [Admin] タブでクリックしたリンクに応じて異なるページが表示されます。

次の表は、[Work] ペインの要素とページをまとめたものです。

ページまたは要素名

説明

Summary

このページには 4 つの領域があります。

  • [Actions]:この領域では、サーバの電源の制御、サーバのリセット、KVM コンソールの起動、またはロケータ LED の制御を行います。
  • [Server Properties]:この領域には、一般的なサーバ プロパティが表示され、サーバの説明を割り当てます。
  • [Server Status]:この領域には、主要なサーバ サブシステムの全体的なステータスが表示されます。
  • [CIMC Information]:この領域には、サーバ管理名、ネットワーク アドレス、ファームウェア バージョン、および現在の日付と時刻が表示されます。

Inventory

このページには 6 つのタブがあります。

  • [CPUs]:このタブには、CPU についての情報が表示されます。
  • [Memory]:このタブには、メモリについての情報が表示されます。
  • [Power Supplies]:このタブには、電源についての情報が表示されます。
  • [Network Adapters]:このタブには、ネットワーク アダプタについての情報が表示されます。
  • [Storage]:このタブには、ストレージについての情報が表示されます。
  • [PCI Adapters]:このタブには、PCI アダプタについての情報が表示されます。

Sensor

このページには 7 つのタブがあります。

  • [Power Supply]:このタブには、電源センサーが表示されます。
  • [Fan]:このタブには、ファン センサーが表示されます。
  • [Temperature]:このタブには、温度センサーが表示されます。
  • [Voltage]:このタブには、電圧センサーが表示されます。
  • [Current]:このタブには、電流センサーが表示されます。
  • [LEDs]:このタブには、LED の状態および色が表示されます。
  • [Storage]:このタブには、ストレージ デバイスの状態が表示されます。

System Event Log

このページには、システム イベント ログが表示されます。

Remote Presence

このページには 3 つのタブがあります。

  • [Virtual KVM]:このタブでは、vKVM のプロパティを設定します。
  • [Virtual Media]:このタブでは、仮想メディアのプロパティを設定します。
  • [Serial over LAN]:このタブでは、Serial over LAN のプロパティを設定します。

BIOS

このページには 3 つの領域があります。

  • [Actions]:この領域では、サーバのブート順の設定、壊れた BIOS のリカバリ、および BIOS CMOS のクリアを行います。
  • [BIOS Properties]:この領域には BIOS の実行されているバージョンが表示されます。
  • [Boot Order]:この領域には、設定されているブート順と実際のブート順が表示されます。

Power Policies

このページには 2 つの領域があります。

  • [Power Usage]:この領域には、電力統計情報が表示され、サーバの電力消費の制限を設定します。
  • [Power Restore Policy]:この領域では、停止後のサーバの電力の復元方法を設定します。

Fault Summary

このページには 2 つの領域があります。

  • [Discrete Sensors]:この領域には、離散センサーの状態が表示されます。
  • [Threshold Sensors]:この領域には、しきい値センサーの状態が表示されます。

User Management

このページには 3 つのタブがあります。

  • [Local Users]:このタブでは、ユーザ アカウントを作成または変更します。
  • [Active Directory]:このタブでは、Active Directory のプロパティを設定します。
  • [Sessions]:このタブには、現在のユーザ セッションが表示されます。

Network

このページには 2 つのタブがあります。

  • [Network Settings]:このタブでは、ネットワーク プロパティを設定します。
  • [Network Security]:このタブでは、ネットワーク セキュリティを設定します。

Communications Services

このページには 2 つの領域があります。

  • [Communications Services]:この領域では、HTTP、SSH、XML API、および IPMI over LAN のプロパティを設定します。
  • [SNMP]:この領域では、SNMP のプロパティを設定します。

Certificate Management

このページには 2 つの領域があります。

  • [Actions]:この領域では、証明書を生成してアップロードします。
  • [Current Certificate]:この領域には、サーバの現在の証明書が表示されます。

CIMC Log

このページには 2 つのタブがあります。

  • [CIMC Log]:このタブには、CIMC ログが表示されます。
  • [Remote Logging]:このタブでは、リモート Syslog サーバへのログ メッセージの送信を設定します。

Event Management

このページには 1 つのタブがあります。

  • [Platform Event Filters]:このタブでは、プラットフォーム イベント フィルタを設定します。

Firmware Management

このページには 3 つの領域があります。

  • [Actions]:この領域では、クライアント ブラウザまたは TFTP サーバから CIMC ファームウェアをインストールするか、またはインストールされている CIMC ファームウェアをアクティブにします。
  • [CIMC Firmware]:この領域には、ファームウェアの実行、バックアップ、およびブートローダのバージョンのステータスが表示されます。
  • [Last Firmware Install]:この領域には、ファームウェアの最後の更新に関する情報が表示されます。

Utilities

このページには 3 つの領域があります。

  • [Actions]:この領域では、テクニカル サポート データをエクスポートし、CIMC 設定をエクスポートまたはインポートし、CIMC を出荷時の初期状態にリセットし、CIMC をリブートします。
  • [Last Technical Support Data Export]:この領域には、テクニカル サポート データの最後のエクスポートに関する情報が表示されます。
  • [CIMC Configuration Import/Export]:この領域には、アクション タイプとそのステータスが表示されます。

ツールバー

ツールバーは [Work] ペインの上に表示されます。

要素名

説明

Refresh

現在のページを更新します。

Power On Server

サーバの電源を投入します。

Power Off Server

サーバの電源を切ります。

Launch KVM Console

KVM コンソールを起動します。

Help

ヘルプを表示します。

Info

CIMC 情報を表示します。

Cisco Integrated Management Controller オンライン ヘルプの概要

Cisco Integrated Management Controller は、左側の [Navigation] ペインと右側の [Work] ペインの 2 つの主要なセクションに分かれています。

このヘルプ システムは、各 GUI ページと各ダイアログボックスのフィールドについて説明します。

ヘルプ ページにアクセスするには、次の操作を実行します。

  • GUI の特定のタブで、[Work] ペイン上方のツールバーにある [Help] アイコンをクリックします。
  • ダイアログボックスで、そのダイアログボックスの [Help] ボタンをクリックします。

(注)  


C シリーズのすべてのマニュアルの一覧については、次の URL から入手できる『Cisco UCS C-Series Servers Documentation Roadmap』を参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​c-series-doc


CIMC へのログイン

はじめる前に

Adobe Flash Player 10 以降がインストールされていない場合は、ローカル マシンにインストールします。

手順
    ステップ 1   Web ブラウザで、CIMC の Web リンクを入力または選択します。
    ステップ 2   セキュリティ ダイアログボックスが表示された場合は、次の操作を実行します。
    1. 任意: チェックボックスをオンにして、シスコからのすべてのコンテンツを受け入れます。
    2. [Yes] をクリックして証明書を受け入れ、続行します。
    ステップ 3   ログイン ウィンドウで、ユーザ名とパスワードを入力します。
    ヒント   

    未設定のシステムに最初にログインするときは、ユーザ名として admin を使用し、パスワードとして password を使用します。

    ステップ 4   [Log In] をクリックします。

    CIMC からのログアウト

    手順
      ステップ 1   CIMC の右上で、[Log Out] をクリックします。

      ログアウトすると、CIMC のログイン ページに戻ります。

      ステップ 2   (任意)再度ログインするか、Web ブラウザを閉じます。