B シリーズ サーバ、リリース 1.0 向け Cisco UCS 診断のユーザ ガイド
Cisco UCS ブレード サーバ診断を使用する前に
Cisco UCS ブレード サーバ診断を使用する前に

Cisco UCS ブレード サーバ診断を使用する前に

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco UCS ブレード サーバ診断 ISO イメージの取得

シスコの Web サイトから Cisco UCS ブレード サーバ診断 ISO イメージをダウンロードするには、次の手順を使用します。

手順
    ステップ 1   ブラウザで次の URL に移動します:http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​software/​navigator.html
    ステップ 2   [Downloads Home] テーブルの中央の列から、[Servers - Unified Computing] をクリックします。
    ステップ 3   テーブルの右側のカラムで、[Cisco UCS B-Series Blade Server Software] をクリックします。
    ステップ 4   [Select a Software Type] リストから、[Unified Computing System (UCS) Diagnostics] を選択します。

    [Download Software] 画面が表示され、Cisco UCS ブレード サーバ診断ツールのリリース バージョンと ISO イメージを表示します。

    ステップ 5   [Download] をクリックして ISO ファイルをダウンロードします。
    ステップ 6   次のページで情報を確認後、[Proceed With Download] をクリックします。 プロンプトが表示された場合は、cisco.com の資格情報を使用して、ログインします。
    ステップ 7   次の画面に進んでライセンス契約書に同意し、ISO ファイルを保存する場所を参照します。

    Cisco UCS ブレード サーバ診断の起動

    Cisco UCS ブレード サーバ診断ツールは 64 ビット Linux カーネルに基づくブート可能イメージです。 異なるブレードに ISO イメージの複数のインスタンスをロードし、複数のブレードでテストを同時に実行できます。 この診断ツールは、サーバのインベントリの表示、診断テストの実行、ログ ファイルおよびテスト結果の表示用に GUI インターフェイスおよび CLI インターフェイスの両方を提供します。 仮想メディアを使い、Cisco UCS Manager KVM をリモートで使用してイメージを起動することができます。

    KVM コンソールについて

    Cisco Integrated Management Controller(CIMC)コンソールを使用して仮想メディアの診断ツールを起動できます。 KVM コンソールは CIMC からアクセス可能なインターフェイスであり、サーバへのキーボード、ビデオ、マウス(KVM)の直接接続をエミュレートします。 KVM コンソールを使用すると、リモートの場所からサーバに接続できます。

    (注)  


    KVM コンソールには、Java Runtime Environment(JRE)バージョン 1.5.0 以降が必要です。 ただし、Cisco UCS Manager リリース 1.4、2.0(1)、および 2.0(2) を使用する場合、JRE バージョン 1.6x 以降がインストールされていないことを確認してください。 JRE バージョン 1.7 以降は、Cisco UCS Manager リリース 2.0(3) 以降でのみサポートされます。

    KVM コンソールには次のタブがあります。

    • [KVM]:ブート時に診断ツールが表示されます。

    • [Virtual media]:仮想ドライブに次のメディアをマッピングします。
      • コンピュータまたはネットワーク上の CD/DVD
      • コンピュータまたはネットワーク上のディスク イメージ ファイル(ISO または IMG ファイル)
      • コンピュータ上の USB フラッシュ ドライブ

    KVM コンソールの使用

    はじめる前に
    • cisco.com から Cisco UCS ブレード サーバ診断 ISO イメージ ファイルをダウンロードします。 イメージをダウンロードする方法については、Cisco UCS ブレード サーバ診断 ISO イメージの取得 を参照してください。

    • 診断ツールを起動するために KVM コンソールにアクセスするには、テストを実行する Cisco UCS ブレード サーバに関連付けられたサービス プロファイルがあることを確認します。

    手順
      ステップ 1   Cisco UCS Manager へのアクセスがない場合、次の手順を実行します。 それ以外の場合は、ステップ 2 に進みます。
      1. KVM Manager にログインし、Cisco UCS ブレード サーバに関連付けられたサービス プロファイルを選択します。
      2. KVM を起動し、クレデンシャルを入力します。
      3. ステップ 5 に進みます。
      ステップ 2   Cisco UCS Manager にログインし、クレデンシャルを提供します。
      ステップ 3   [Equipment] > [Chassis] タブを選択します。
      ステップ 4   Cisco UCS ブレード サーバを選択します。
      ステップ 5   [Action] ペインで [KVM Console] をクリックします。
      ステップ 6   [Virtual Media] タブをクリックします(Cisco UCS 1.4 以前のリリースの [Tools] タブ)。

      [Virtual Media] タブが表示されます。

      ステップ 7   [Add Image] をクリックします。
      ステップ 8   ISO ファイルを選択し、[Open] をクリックします。
      ステップ 9   [Client View] セクションで、追加した ISO ファイルに対応する [Mapped] カラムのチェックボックスをオンにし、マッピングが完了するのを待ちます。

      KVM コンソールの [Details] セクションに進行状況が表示されます。

      ステップ 10   KVM コンソールから [Reset] ボタンをクリックし、サーバをリブートします。
      ステップ 11   サーバが起動したら、F6 キーを押してブート デバイスを選択します。

      [Boot Selection] メニューが表示されます。 [KVM mapped DVD] オプションが表示されない場合は、[Boot Policy][loose] に変更します。

      (注)      また、サービス プロファイルのブート ポリシーを作成することもできます。 ブート ポリシーを作成する方法の詳細については、『Cisco UCS Manager GUI Configuration Guide, Release 2.1』ブート ポリシーの作成を参照してください。
      ステップ 12   [Cisco Virtual CD/DVD] を選択するには、矢印キーを使用し、Enter キーを押します。

      Cisco UCS ブレード サーバ診断イメージを使用してサーバが起動し、[KVM] タブのアプリケーションが開始されます。


      Cisco UCS ブレード サーバ診断の終了

      はじめる前に

      診断ツールを終了する前に、すべてのテストが完了していることを確認します。

      手順
        ステップ 1   仮想メディアから .iso ディスクを取り出します。
        ステップ 2   [Reset] をクリックしてから、確認のために [Yes] をクリックします。

        USB ドライブを使用した ISO イメージの起動

        USB ドライブを使用して ISO イメージを起動するには、次の手順を使用します。

        手順
          ステップ 1   FAT32 形式の USB フラッシュ ドライブから開始します。
          ステップ 2   USB フラッシュ ドライブに診断 ISO イメージの内容を展開します。
          ステップ 3   フラッシュ ドライブを開き、ディレクトリ[MAKE_USB] を探します。 Windows に移動します。
          ステップ 4   makeboot.bat を右クリックして [Run as Administrator] をクリックします。 表示されるプロンプトの指示に従います。

          これで、USB フラッシュ ドライブは診断イメージで起動できるようになりました。 既存の診断イメージを更新する場合は、ファイル kernel のみをフラッシュ ドライブと交換する必要があります。