B シリーズ サーバ、リリース 1.0 向け Cisco UCS 診断のユーザ ガイド
CLI のコマンド リファレンス
CLI のコマンド リファレンス
発行日;2013/11/24   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CLI のコマンド リファレンス

この章は、次の内容で構成されています。

CLI テストと説明

次の表に、対応する診断テストに使用する CLI コマンドを示します。 テストはサブシステム別に表示されます。
サブシステム テスト名 CLI コマンド オプション
メモリ Noise memory noise [loops][size]
  • [loops]:実行するループの数。デフォルトは 5 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

Random memory random [loops][size]
  • [Loop]:実行するループの数。デフォルトは 1 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

March memory march [loops][size]
  • [Loop]:実行するループの数。デフォルトは 2 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

Walk memory walk [loops][size]
  • [Loop]:実行するループの数。デフォルトは 1 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

Address memory address [loops][size]
  • [Loop]:実行するループの数。デフォルトは 1 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

Pattern memory pattern [loops][size]
  • [Loop]:実行するループの数。デフォルトは 1 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

Butterfly memory butterfly [loops][size]
  • [Loop]:実行するループの数。デフォルトは 2 です。
  • [size]:テストするメモリのサイズ(例:10 GB、500 MB)。デフォルトはすべてです。

このテストはバックグラウンドでも実行できます。

CPU Stress cpu stress [duration]

分単位の期間。デフォルトは 2 です。

Stream cpu stress 使用可能なオプションはありません。
Temperature cpu temperature 使用可能なオプションはありません。
Cache cpu cache [duration]

分単位の期間。デフォルトは 4 です。

Register cpu register 使用可能なオプションはありません。
ストレージ Smart storage smart 使用可能なオプションはありません。
Selftest selftest [duration]

分単位の期間。デフォルトは 10 です。

CIMC Selftest cimc selftest [count][duration]
  • [count]:実行するループの数。デフォルトは 2 です。
  • [duration]:テストを実行する分数。デフォルトは 10 です。

CLI 追加コマンド

次の表では、診断ツールの CLI で実行できる追加コマンドをリストします。
コマンド名 定義 CLI コマンド
Comment バッチ テスト用に作成したテスト スクリプトにコメント エントリを追加します。 !
Run CIMC tests CIMC セルフ テストを実行します。 cimc selftest
Swtich to GUI GUI モードに戻ります。 GUI
List devices on PCI PCI バスで使用可能なすべてのデバイスを表示します。 pci
Reboot server サーバを再起動します。 reboot
Save logs USB ドライブにログを保存します。 saveusb
Server information CPU、メモリ、I/O、ストレージ、BIOS、CIMC などの基本的なサーバの詳細を表示します。 server
BIOS information BIOS 情報を表示します。 smbios
Clear logs 診断ツールのログとシステム イベント ログ(SEL)のログをクリアします。 clear diaglogs sellogs
Stop すでに実行中のテストを停止します。 stop (example, memory noise stop)
Help 使用可能なコマンドおよびサブ コマンドのリストを表示します。 ?
Scroll window CLI ウィンドウを上下にスクロールします。 スクロール バーを右クリックして上方向に、スクロール バーを左クリックして下方向にスクロールします。