サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ

Cisco UCS B420 M3 高性能ブレード サーバの取り付けおよびサービス ノート

Cisco UCS B420 M3 高性能ブレード サーバの取り付けおよびサービス ノート
発行日;2013/02/07 | 英語版ドキュメント(2012/11/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco UCS B420 M3 高性能ブレード サーバの取り付けおよびサービス ノート

LED

ボタン

コネクタ

安全性

ドライブの取り付けと取り外し

ブレード サーバのドライブの取り外し

ブレード サーバのドライブの取り付け

B420 M3 ブレード サーバの取り外しと取り付け

ブレード サーバのシャットダウンと電源オフ

ブレード サーバの取り外し

ブレード サーバの取り付け

Secure Digital カードへのアクセス

カバーの取り外し

エア バッフル

内部コンポーネント

診断ボタンと LED

ブレード サーバ内での作業

マザーボードの CMOS バッテリの取り付け

CPU またはヒート シンクの取り外し

新しい CPU およびヒート シンクの取り付け

メモリの取り付け

メモリとパフォーマンス

サポートされている DIMM

メモリ配列

チャネル

メモリのパフォーマンス

帯域幅とパフォーマンス

モジュラ LOM の装着

アダプタ カードの取り付け

トラステッド プラットフォーム モジュールのイネーブル化

フラッシュバック書き込みキャッシュの取り付け

サーバのトラブルシューティング

サーバの設定

サーバの仕様

関連資料

マニュアルに関するフィードバック

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco UCS B420 M3 高性能ブレード サーバの取り付けおよびサービス ノート

このマニュアルでは、Cisco UCS B420 M3 高性能ブレード サーバ、フル幅のブレード サーバの取り付けおよびサービス方法について説明します(図 1 を参照)。これらの高密度、4 ソケット ブレード サーバは、Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシに 4 台まで設置できます。

B420 M3 ブレード サーバには、次の機能があります。

最大 4 台の Intel Xeon プロセッサ E5-4600 プロセッサ ファミリ CPU、およびサーバごとに最大 32 個のコア

登録済みの ECC DIMM 用の 48 個の DIMM スロット、および最大 1.5 TB のメモリ容量(32 GB LRDIMM を使用)

160 Gb/s 帯域幅までの 3 個のアダプタ コネクタ:

Cisco VIC 1240 モジュラ LAN on Motherboard(mLOM)の専用コネクタ X 1 個

Cisco VIC 1280、VIC Port Expander、またはサードパーティ製のネットワーク アダプタ カード用コネクタ X 2 個

SAS ドライブまたは SATA SSD ドライブをサポートする 4 個のホットプラグ ドライブ ベイ

RAID 0、1、5、および 10、オプションの 1 GB フラッシュバック書き込みキャッシュを提供する LSI 2208R コントローラ

図 1 B420 M3 ブレード サーバの前面パネル

 

1

ドライブ ベイ 1

8

電源ボタンおよび LED

2

ドライブ ベイ 2

9

ネットワーク リンク ステータス LED

3

ドライブ ベイ 3

10

ブレード状態 LED

4

ドライブ ベイ 4

11

ローカル コンソール接続

5

左側のイジェクタ ハンドル

12

リセット ボタン アクセス

6

アセット タグ

13

ビーコン ボタンおよび LED

7

右側のイジェクタ ハンドル


) 各サーバには前面パネルから引き出すことができるブランクのプラスチック タグがあり、意図された空気の流れを妨げることなく、独自のアセット トラッキング ラベルを追加できます。


LED

次の表の LED は、ブレード サーバがアクティブ モードかスタンバイ モードか、ネットワーク リンクの状態、ブレード サーバの全体的な状態、およびサーバが青色に点滅するビーコンを表示するように設定されているかどうかを示します。リムーバブル ドライブにも、ドライブのアクセス アクティビティと状態を示す LED があります。

 

表 1 ブレード サーバ LED

LED
説明
電源

Off

電源がオフです。

グリーン

通常動作中です。

オレンジ

スタンバイ状態です。

リンク

Off

アップしているネットワーク リンクがありません。

グリーン

1 つ以上のネットワーク リンクがアップしています。

状態

Off

電源がオフです。

グリーン

通常動作中です。

オレンジ

軽微なエラーです。

オレンジに点滅

重大なエラーです。

ビーコン

Off

ビーコンは有効化されていません。

1 Hz での青の点滅

選択されたブレードの位置を特定するためのビーコン。LED が点滅していない場合、そのブレードは選択されていません。ビーコンは、UCS Manager またはボタンを使用して開始できます。

アクティブな状態

(ディスク ドライブ)

Off

非アクティブ状態です。

グリーン

ディスク ドライブへの顕著な入出力があります。

状態

(ディスク ドライブ)

Off

障害は発生していません。

オレンジ

障害が検出されました。

ボタン

リセット ボタンは、シャーシの内部に入り込んでいるため、クリップの先端またはそれに似たものを使用して押す必要があります。ボタンを 5 秒間押し続けてから放すと、他の方法による再起動が働いている状態でなければ、サーバが再起動します。

個々のサーバのビーコン機能は、LED と組み合わされたボタンを押すことにより、オンまたはオフにすることができます。

電源ボタンおよび LED では、サーバを手動で一時的にアウト オブ サービス状態にすることができ、この状態からは短時間で再起動することが可能です。

コネクタ

コンソール ポートを使用するとブレード サーバに直接接続できるため、オペレーティング システムのインストールやその他の管理作業を、リモートではなく直接実行できます。このポートでは、シャーシ アクセサリ キットに含まれる KVM ドングル デバイスを使用します。

図 2 に示す KVM ケーブル(N20-BKVM)を使用すると、Cisco UCS ブレード サーバに KVM 接続でき、DB9 シリアル コネクタ、モニタ用の VGA コネクタ、およびキーボードとマウス用のデュアル USB ポートを提供できます。このケーブルを使用すると、ブレード サーバで実行するオペレーティング システムと BIOS に直接接続できます。 表 2 に、DB-9 コネクタのピン割り当てを示します。

図 2 ブレード サーバ用 KVM ケーブル

 

1

ブレード サーバへのコネクタ

2

DB9 シリアル コネクタ

3

モニタ用の VGA 接続

4

マウスおよびキーボード用の 2 ポート USB コネクタ

表 2 DB-9 コネクタのピン割り当て

信号名
ピン番号

DCD

1

RX

2

TX

3

DTR

71

GND

5

DSR

6

RTS

4 1

CTS

8

RI

9

1.UCS 440 のみ

安全性

このマニュアルでは、注釈、注意、および安全上の警告に次の表記法を使用しています。

注釈と注意には、ユーザが知っておく必要がある重要な情報が記載されています。


注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記載されています。

誤って行うと負傷する可能性のある操作については、安全上の警告が記載されています。各警告文に、警告を表す記号が記されています。

 


Warning



IMPORTANT SAFETY INSTRUCTIONS

This warning symbol means danger. You are in a situation that could cause bodily injury. Before you work on any equipment, be aware of the hazards involved with electrical circuitry and be familiar with standard practices for preventing accidents. Use the statement number provided at the end of each warning to locate its translation in the translated safety warnings that accompanied this device. Statement 1071

SAVE THESE INSTRUCTIONS

Waarschuwing

BELANGRIJKE VEILIGHEIDSINSTRUCTIES

Dit waarschuwingssymbool betekent gevaar. U verkeert in een situatie die lichamelijk letsel kan veroorzaken. Voordat u aan enige apparatuur gaat werken, dient u zich bewust te zijn van de bij elektrische schakelingen betrokken risico's en dient u op de hoogte te zijn van de standaard praktijken om ongelukken te voorkomen. Gebruik het nummer van de verklaring onderaan de waarschuwing als u een vertaling van de waarschuwing die bij het apparaat wordt geleverd, wilt raadplegen.

BEWAAR DEZE INSTRUCTIES

Varoitus

TÄRKEITÄ TURVALLISUUSOHJEITA

Tämä varoitusmerkki merkitsee vaaraa. Tilanne voi aiheuttaa ruumiillisia vammoja. Ennen kuin käsittelet laitteistoa, huomioi sähköpiirien käsittelemiseen liittyvät riskit ja tutustu onnettomuuksien yleisiin ehkäisytapoihin. Turvallisuusvaroitusten käännökset löytyvät laitteen mukana toimitettujen käännettyjen turvallisuusvaroitusten joukosta varoitusten lopussa näkyvien lausuntonumeroiden avulla.

SÄILYTÄ NÄMÄ OHJEET

Attention

IMPORTANTES INFORMATIONS DE SÉCURITÉ

Ce symbole d'avertissement indique un danger. Vous vous trouvez dans une situation pouvant entraîner des blessures ou des dommages corporels. Avant de travailler sur un équipement, soyez conscient des dangers liés aux circuits électriques et familiarisez-vous avec les procédures couramment utilisées pour éviter les accidents. Pour prendre connaissance des traductions des avertissements figurant dans les consignes de sécurité traduites qui accompagnent cet appareil, référez-vous au numéro de l'instruction situé à la fin de chaque avertissement.

CONSERVEZ CES INFORMATIONS

Warnung

WICHTIGE SICHERHEITSHINWEISE

Dieses Warnsymbol bedeutet Gefahr. Sie befinden sich in einer Situation, die zu Verletzungen führen kann. Machen Sie sich vor der Arbeit mit Geräten mit den Gefahren elektrischer Schaltungen und den üblichen Verfahren zur Vorbeugung vor Unfällen vertraut. Suchen Sie mit der am Ende jeder Warnung angegebenen Anweisungsnummer nach der jeweiligen Übersetzung in den übersetzten Sicherheitshinweisen, die zusammen mit diesem Gerät ausgeliefert wurden.

BEWAHREN SIE DIESE HINWEISE GUT AUF.

Avvertenza

IMPORTANTI ISTRUZIONI SULLA SICUREZZA

Questo simbolo di avvertenza indica un pericolo. La situazione potrebbe causare infortuni alle persone. Prima di intervenire su qualsiasi apparecchiatura, occorre essere al corrente dei pericoli relativi ai circuiti elettrici e conoscere le procedure standard per la prevenzione di incidenti. Utilizzare il numero di istruzione presente alla fine di ciascuna avvertenza per individuare le traduzioni delle avvertenze riportate in questo documento.

CONSERVARE QUESTE ISTRUZIONI

Advarsel

VIKTIGE SIKKERHETSINSTRUKSJONER

Dette advarselssymbolet betyr fare. Du er i en situasjon som kan føre til skade på person. Før du begynner å arbeide med noe av utstyret, må du være oppmerksom på farene forbundet med elektriske kretser, og kjenne til standardprosedyrer for å forhindre ulykker. Bruk nummeret i slutten av hver advarsel for å finne oversettelsen i de oversatte sikkerhetsadvarslene som fulgte med denne enheten.

TA VARE PÅ DISSE INSTRUKSJONENE

Aviso

INSTRUÇÕES IMPORTANTES DE SEGURANÇA

Este símbolo de aviso significa perigo. Você está em uma situação que poderá ser causadora de lesões corporais. Antes de iniciar a utilização de qualquer equipamento, tenha conhecimento dos perigos envolvidos no manuseio de circuitos elétricos e familiarize-se com as práticas habituais de prevenção de acidentes. Utilize o número da instrução fornecido ao final de cada aviso para localizar sua tradução nos avisos de segurança traduzidos que acompanham este dispositivo.

GUARDE ESTAS INSTRUÇÕES

¡Advertencia!

INSTRUCCIONES IMPORTANTES DE SEGURIDAD

Este símbolo de aviso indica peligro. Existe riesgo para su integridad física. Antes de manipular cualquier equipo, considere los riesgos de la corriente eléctrica y familiarícese con los procedimientos estándar de prevención de accidentes. Al final de cada advertencia encontrará el número que le ayudará a encontrar el texto traducido en el apartado de traducciones que acompaña a este dispositivo.

GUARDE ESTAS INSTRUCCIONES

Varning!

VIKTIGA SÄKERHETSANVISNINGAR

Denna varningssignal signalerar fara. Du befinner dig i en situation som kan leda till personskada. Innan du utför arbete på någon utrustning måste du vara medveten om farorna med elkretsar och känna till vanliga förfaranden för att förebygga olyckor. Använd det nummer som finns i slutet av varje varning för att hitta dess översättning i de översatta säkerhetsvarningar som medföljer denna anordning.

SPARA DESSA ANVISNINGAR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aviso

INSTRUÇÕES IMPORTANTES DE SEGURANÇA

Este símbolo de aviso significa perigo. Você se encontra em uma situação em que há risco de lesões corporais. Antes de trabalhar com qualquer equipamento, esteja ciente dos riscos que envolvem os circuitos elétricos e familiarize-se com as práticas padrão de prevenção de acidentes. Use o número da declaração fornecido ao final de cada aviso para localizar sua tradução nos avisos de segurança traduzidos que acompanham o dispositivo.

GUARDE ESTAS INSTRUÇÕES

Advarsel

VIGTIGE SIKKERHEDSANVISNINGER

Dette advarselssymbol betyder fare. Du befinder dig i en situation med risiko for legemesbeskadigelse. Før du begynder arbejde på udstyr, skal du være opmærksom på de involverede risici, der er ved elektriske kredsløb, og du skal sætte dig ind i standardprocedurer til undgåelse af ulykker. Brug erklæringsnummeret efter hver advarsel for at finde oversættelsen i de oversatte advarsler, der fulgte med denne enhed.

GEM DISSE ANVISNINGER

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ドライブの取り付けと取り外し

ブレードごとに 2.5 インチ SAS または SATA ドライブが最大 4 台搭載されており、前面からのアクセスおよびホット プラグが可能です。B420 M3 ブレード サーバは、6 Gbps の SAS 接続および RAID 0/1/5/10 機能がある LSI SAS 2208R RAID コントローラを使用します。ブレード サーバのハード ドライブは、ブレード サーバをシャーシから取り外さなくても取り外し可能です。ブレード サーバのそれ以外のすべてのコンポーネントについては、交換時にシャーシからブレードを取り外す必要があります。使用されていないハード ドライブ ベイは、カバー プレート(N20-BBLKD)で常に覆い、適切な通気と冷却を確保する必要があります。図 1 では、図を簡潔にするために、シャーシは省略されています。


注意 静電破壊を防止するために、作業中は静電気防止用リスト ストラップを着用し、モジュールを取り扱う際は必ずフレームの端を持つようにしてください。


注意 異なるタイプの RAID コントローラが使用されているため、B440 M1 または B440 M2 と B420 M3 間の RAID アレイの移行はサポートされません。

HDD または SSD をサイズ、モデル、製造元が同一のドライブと交換すると、一般に、UCS Manager で問題が生じることはほとんどありません。交換するドライブが RAID アレイの一部を構成している場合は、サイズ、モデル、製造元が同一の新たに注文したドライブを使用して、障害が発生したドライブを交換することを推奨します。RAID ボリュームを作成する際は、業界の標準的なプラクティスに従って、容量が同じドライブを使用することを推奨します。容量の異なるドライブを使用すると、最も容量の小さいドライブで使用可能な容量が、RAID ボリュームを編成するすべてのドライブで使用されることになります。稼働中のシステムで HDD をアップグレードまたは追加する前に、Cisco UCS Manager でサービス プロファイルを確認し、新しいハードウェア構成が、サービス プロファイルで設定されているパラメータの範囲内になることを確認します。

ローカル ディスクおよび RAID のトラブルシューティング情報の詳細については、『 Cisco UCS Troubleshooting Guide 』の「 Troubleshooting Server Hardware 」の章を参照してください。

このブレード サーバでサポートされるドライブは定期的に更新されます。現在サポートされていて使用可能なドライブのリストは、次の URL にある仕様シートに記載されています。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10280/products_data_sheets_list.html

オンボード RAID コントローラでは次の RAID レベルがサポートされます。

RAID 0(データ ストライピング):アレイ内のすべてのディスクにデータをストライピングして、スループットを高速化します。データの冗長性はなく、いずれかのディスクで障害が発生すると、すべてのデータが失われます。

RAID 1(ディスク ミラーリング):データを 2 つのディスクに書き込み、1 つのディスクで障害が発生した場合に、完全なデータの冗長性を提供します。最大アレイ サイズは、2 つのドライブの小さい方の空き容量に等しくなります。

RAID 5(ディスク ストライピングおよび分散パリティ):アレイ内のすべてのディスクにデータをストライピングします。各ディスクの容量の一部に、ディスクの障害発生時にデータの再構築に使用できるパリティ情報が格納されます。RAID 5 は、高い読み取り要求レートで、アプリケーションに適切なデータ スループットを提供します。

RAID 10(RAID 0 および RAID 1 の組み合わせ):データはミラー ドライブ間でストライピングされます。RAID 10 は、データをさらに小さいブロックに分割し、そのデータ ブロックを各 RAID 1 ドライブ グループにミラーリングします。次に、各ドライブ グループの最初の RAID 1 ドライブが、そのデータを 2 番目のドライブに複製します。各ブロックのサイズは、RAID セットの作成時に設定されるストライプ サイズ パラメータによって決まります。RAID 1 仮想ドライブは、ストライプ サイズが同一である必要があります。

ブレード サーバのドライブの取り外し

ブレード サーバからハード ドライブを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 ボタンを押してイジェクタを解除し、スロットからハード ドライブを引き出します。(図 3 を参照)。

ステップ 2 取り外したハード ドライブをすぐに別のブレード サーバに取り付け直さない場合は、静電気防止用マットまたは静電気防止用フォームの上にハード ドライブを置きます。

ステップ 3 スロットを空のままにする場合は、ブレード サーバにほこりが入らないようにブランクの前面プレート(N20-BBLKD)を取り付けます。


 

 

図 3 ドライブの取り外しおよび取り付け

 

ブレード サーバのドライブの取り付け

ブレード サーバのハード ドライブを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 ハード ドライブ レバーの解除ボタンを押してレバーを開きます(図 3 を参照)。

ステップ 2 ブレード サーバの開口部にハード ドライブを差し込んでゆっくりと押し込み、ハード ドライブを装着します。

ステップ 3 ハード ドライブ レバーを押して閉じます。


 

RAID サービスのフォーマットと設定には Cisco UCS Manager を使用できます。RAID 設定の詳細については、ご使用のソフトウェア リリースの『UCS Manager Configuration Guide』を参照してください。

あるサーバから別のサーバに RAID クラスタを移動する必要があるときは、『 Cisco UCS Troubleshooting Guide 』の「Troubleshooting Server Hardware」の章の「 Moving a RAID Cluster 」の項を参照してください。

B420 M3 ブレード サーバの取り外しと取り付け

ブレード サーバの内部で作業する前に、ブレード サーバの電源を切り、シャーシから取り外す必要があります。


注意 静電破壊を防止するために、作業中は静電気防止用リスト ストラップを着用し、モジュールを取り扱う際は必ずフレームの端を持つようにしてください。

ブレード サーバのシャットダウンと電源オフ

ブレード サーバは次の 2 つの電源モードで動作します。

主電源モード:サーバのすべてのコンポーネントに電力が供給され、ハード ドライブ内のオペレーティング システムが稼働できます。

スタンバイ電源モード:電力はサービス プロセッサと冷却ファンにだけに供給され、このモードでサーバを安全に電源オフできます。

ブレード サーバのオペレーティング システムへの接続を確立すると、オペレーティング システムを使用してブレード サーバを直接シャットダウンできます。

次の方法のいずれかを使用して、グレースフル シャットダウンまたは緊急シャットダウン(ハード シャットダウン)を実行できます。

Cisco UCS Manager を使用します。『 Cisco UCS Manager GUI Configuration Guide 』または『 Cisco UCS Manager CLI Configuration Guide 』を参照してください。

サーバの前面パネルにある電源ボタンを使用します。電源ボタンを使用するには、次の手順に従います。


ステップ 1 電源ステータス LED の色を確認します。

グリーンは、サーバが主電源モードであり、安全に電源オフするにはシャットダウンする必要があることを示します。ステップ 2 に進みます。

オレンジは、サーバがスタンバイ モードになっており、安全に電源オフできることを示します。ステップ 3 に進みます。

ステップ 2 次の手順でグレースフル シャットダウンまたはハード シャットダウンを実行します。


注意 データの損失やオペレーティング システムへの損傷が発生しないようにするために、必ずオペレーティング システムのグレースフル シャットダウンを実行するようにしてください。

グレースフル シャットダウン: 電源 ボタンを押して放します。オペレーティング システムでグレースフル シャットダウンが実行され、サーバはスタンバイ モードに移行します。移行すると、電源ステータス LED がオレンジで示されます。

緊急時シャットダウン:4 秒間 電源 ボタンを押したままにして主電源モードを強制終了し、スタンバイ モードを開始します。

ステップ 3 シャーシ内のすべてのブレード サーバをシャットダウンするときは、サーバの電源を完全にオフにするために、電源コードをシャーシから外す必要があります。1 台のサーバだけをシャットダウンするときは、シャーシからコードを抜かずに、サーバを取り外すことができます。


 

ブレード サーバの取り外し

ブレード サーバを物理的に取り外す前に、Cisco UCS Manager を使用してサーバを停止する必要があります。

シャーシからブレード サーバを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 UCS Manager または電源ボタンを使用して、ブレード サーバの電源を切ります。

ステップ 2 ブレードの前面にある非脱落型ネジを完全に緩めます。

ステップ 3 ブレードのイジェクト レバーを引いてブレード サーバの固定を解除し、シャーシからブレードを取り外します。

ステップ 4 ブレードをシャーシから途中まで引き出し、もう一方の手で下からブレードの重量を支えます。

ステップ 5 取り外したブレードをすぐに別のスロットに取り付け直さない場合は、静電気防止用マットまたは静電気防止用フォームの上にブレードを置きます。

ステップ 6 スロットを空のままにする場合は、スロット ディバイダ(N20-CDIVV)を取り付け直し、ブランクの前面プレート(N20-CBLKB1)を 2 枚取り付けて、適切な通気と冷却を確保します。


 

ブレード サーバの取り付け

シャーシにフル幅のサーバとハーフ幅のサーバの両方が収容されている場合、フル幅のブレード サーバは、シャーシの上側スロットで稼働するように設計されています。4 台のフル幅のサーバを備えたシャーシが、完全にサポートされています。

ブレード サーバを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 必要に応じて、スロット ディバイダ(N20-CDIVV)をシャーシから取り外します。

a. 図 4 の番号 1 に示すように左側の留め金の引き上げと右側の留め金の引き下げを同時に行います。

b. 図 4 の番号 2 に示すようにスロット ディバイダをシャーシから引き抜きます。スロット ディバイダは、後で必要になったときのために取っておきます。


ヒント スロット ディバイダを取り付け直すには、スロットの上面と底面にあるくぼみに合わせてスロット ディバイダを挿入し、カチッという音がするまで奥に押し込みます。

図 4 スロット ディバイダの取り外し

 

ステップ 2 ブレード サーバの前の方を持ち、もう一方の手で下からブレードを支えます。図 5 を参照してください。

図 5 シャーシ内でのブレード サーバの位置

 

ステップ 3 ブレード サーバの前面にあるイジェクト レバーを開きます。

ステップ 4 開口部にブレードを差し込んでゆっくりと奥まで押し込みます。

ステップ 5 イジェクト レバーを押してシャーシの端に固定し、ブレード サーバを完全に押し込みます。

ステップ 6 ブレードの前面にある非脱落型ネジを 3 インチポンド以下のトルクで締めます。指だけで直接締めれば、非脱落型ネジが外れたり、損傷したりする可能性は低くなります。


 

Secure Digital カードへのアクセス

今後の使用を考慮して Secure Digital(SD)カード スロットが用意されています。本製品のリリース時点では、これらの使用はサポートされていません。使用するには、今後のソフトウェア アップデートが必要です。

図 6 SD カード スロットの位置

 

カバーの取り外し

ブレード サーバを開くには、次の手順を実行します。


ステップ 1 図 7 の番号 1 に示すようにボタンを押し、そのまま押し続けます。

ステップ 2 図 7 の番号 2 に示すように、カバーのバック エンドをつかんで、カバーを後方に引き上げます。

図 7 ブレード サーバを開く

 


 

エア バッフル

図 8 は、このサーバに付属しているエア バッフル(UCSB-BAFF-B420-M3=)を示しています。この装置は、サーバ コンポーネントに対する空気の流れを誘導して改善します。これらの取り付けに工具は必要ありません。DIMM の上部に配置し、スタンドオフに合わせます。


注意 バッフルのタブがマザーボードにあるスロットにセットされていることを確認します。セットされていない場合、サーバ カバーの交換が困難になったり、マザーボードが損傷したりすることがあります。

図 8 Cisco UCS B420 のエア バッフル

 

内部コンポーネント

図 9 に、B420 M3 ブレード サーバ内の各種コンポーネントを示します。

図 9 ブレード サーバの内部図

 

1

ハード ドライブ ベイ 1

2

ドライブ ベイ 2

3

ハード ドライブ ベイ 3

4

ドライブ ベイ 4

5

CMOS バッテリ

6

内部 USB コネクタ 2

7

診断ボタン

8

フラッシュバック書き込みキャッシュ用の転送可能フラッシュバック書き込みキャッシュ モジュール(TFM)3

9

CPU 1 の DIMM スロット

10

CPU 2 の DIMM スロット

11

CPU 3 の DIMM スロット

12

CPU 4 の DIMM スロット

13

mLOM カード 4

14

アダプタ カード 5

15

フラッシュバック書き込みキャッシュ 2 の SuperCap

16

アダプタ カード 6

2.Cisco UCS-USBFLSH-S-4GB= を推奨します。別の USB ドライブを使用する場合は、USB ドライブの取り付けまたは取り外しに必要な隙間を確保するために、幅 0.8 インチ(20 mm)、長さ 1.345 インチ(34 mm)以下のものにする必要があります。サードパーティ製 USB フラッシュ メモリは、使用可能ですが、シスコのサポート対象ではないので、ユーザの責任で使用してください。

3.最初のサーバ リリースではフラッシュバック書き込みキャッシュ機能はサポートされていません。

4.このスロットは、Cisco UCS Manager には「Adapter 1」として表示されますが、BIOS には「mLOM」として表示されます。VIC 1240 は、このスロットでのみ使用できる特定のフットプリントを持つアダプタ タイプです。

5.このスロットは、Cisco UCS Manager には「Adapter 2」として表示されますが、BIOS には「Mezz 1」として表示されます。異なるアダプタ タイプを混在使用することができます。

6.このスロットは、Cisco UCS Manager には「Adapter 3」として表示されますが、BIOS には「Mezz 2」として表示されます。異なるアダプタ タイプを混在使用することができます。


) 内部 USB フラッシュ メモリの固定には、両側から強く押して取り外すタイプの固定クリップが使用されています。このクリップは、フラッシュ メモリの使用中は常にしっかりと留めておく必要があります。このクリップに合わないサードパーティ製のメモリは使用しないでください。USB メモリを取り付けるときは、図 9 の項目 6 に示されている向きで取り付けます。



) このサーバを使用するために、シャーシの FEX のアップグレードが必要な場合があります。2104XP ファブリック エクステンダは、シスコ認定のアダプタがスロット 1 またはスロット 2 に取り付けられている場合は互換性がありません。VIC 1240 モジュラ LOM カードを取り付ける場合、mLOM 経由で接続できますが、他のアダプタは認識されません。


診断ボタンと LED

ブレードの起動時に Power On Self Test(POST)診断によって、CPU、DIMM、HDD、およびアダプタ カードがテストされます。障害通知は、Cisco UCS Manager に送信されます。通知はシステム エラー ログまたは show tech-support コマンド出力で確認できます。エラーが検出されると、障害が発生したコンポーネントの横にある LED もオレンジに点灯します。実行時、ブレード BIOS、コンポーネント ドライバ、および OS すべてによってハードウェアの障害がモニタされ、修正できないエラーまたは規定値を超える修正できるエラー(ホスト ECC エラーなど)が発生すると、コンポーネントの LED がオレンジに点灯します。

LED の状態は保存されます。シャーシからブレードを取り外すと、LED の値は最大 10 分間メモリに保持されます。マザーボードの LED 診断ボタンを押すと、コンポーネントに障害が発生していることを示す LED が最大 30 秒間点灯するので、コンポーネントの識別が容易になります。シャーシにブレードを取り付け直して起動すると LED の障害値がリセットされ、プロセスが再び開始されます。

DIMM 挿入エラーが検出されると、ブレードの検出に失敗する場合があり、エラーはサーバの POST 情報でレポートされます。これは、UCS Manager GUI または CLI から確認できます。Cisco UCS ブレード サーバには、ブレード サーバに DIMM を取り付ける際に従う特定のルールが必要です。ルールはブレード サーバのモデルによって異なります。これらのルールについては、DIMM の装着規則の項を参照してください。

ドライブ ステータス LED はドライブの前面にあります。CPU、DIMM、またはアダプタ カードで障害が発生すると、サーバ ヘルス LED は、軽微な障害ではオレンジに点灯し、重大な障害ではオレンジに点滅します。

ブレード サーバ内での作業

ここでは、ブレード サーバ内での次の作業の実行方法について説明します。

「マザーボードの CMOS バッテリの取り付け」

「CPU またはヒート シンクの取り外し」

「新しい CPU およびヒート シンクの取り付け」

「モジュラ LOM の装着」

「アダプタ カードの取り付け」

「フラッシュバック書き込みキャッシュの取り付け」

マザーボードの CMOS バッテリの取り付け

このサーバは、CR2032 CMOS バッテリ(N20-MBLIBATT)に対応しています。


警告 バッテリを正しく交換しないと、爆発するおそれがあります。交換用バッテリは元のバッテリと同じものか、製造元が推奨する同等のタイプのものを使用してください。使用済みのバッテリは、製造元の指示に従って廃棄してください。
ステートメント 1015



) このバッテリを交換すると、BIOS 設定がデフォルト設定にリセットされます。これは、BIOS の回復を試みる際に役立つ場合もありますが、望ましくない場合もあります。


マザーボードの Complementary Metal-Oxide Semiconductor(CMOS; 相補型金属酸化膜半導体)バッテリの取り付けまたは交換を行うには、次の手順に従います。


ステップ 1 マザーボードの CMOS バッテリを取り外します。

a. 電源ボタンをスタンバイに設定します(グリーンからオレンジになります)。

b. シャーシからブレード サーバを取り外します。

c. 「カバーの取り外し」 に示すように、上部カバーを取り外します。

d. バッテリ ソケット固定クリップをシャーシ側面の方向に押します(図 10 を参照)。

e. ソケットからバッテリを持ち上げます。指を入れるスペースがない場合は、ラジオ ペンチでバッテリを保持します。

ステップ 2 マザーボード CMOS バッテリを取り付けます。

a. バッテリ ソケット固定クリップをシャーシ側面の方向に押します。

b. バッテリのプラス(+)マークをシャーシ側面に向けて、新しいバッテリをソケットに取り付けます。バッテリの上部で固定クリップがカチッと鳴ることを確認してください。

c. 上部カバーを取り付けます。

d. シャーシにサーバを取り付け、 電源 ボタンを押してサーバをオンにします。

図 10 マザーボードの CMOS バッテリの取り外しと取り付け

 


 

CPU またはヒート シンクの取り外し

ブレード サーバはまず 2 つの CPU で発注し、後で最大 4 つの CPU にアップグレードすることができます。2 つの CPU の場合、CPU ソケット 1 と 2 に取り付けられ、2 ソケット用の設定はそれらのソケットに対してのみ機能します。すべての CPU は同じタイプでなければなりません。また、追加の CPU 用のスロット内にあるメモリは、対応する CPU が存在しなければ認識されません( メモリ配列を参照)。場合によっては、CPU をあるサーバから別のサーバに移動する、または障害が発生した CPU を交換するために、これらの手順を使用する必要があります。

このブレード サーバでサポートされる CPU は、定期的に更新されます。現在サポートされていて使用可能な CPU のリストは、次の URL にある仕様シートに記載されています。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10280/products_data_sheets_list.html


注意 マザーボードと CPU を接続するピンの破損を防止するために、図 12図 14 に示す CPU ピック アンド プレース ツールが必要です。このツールは CPU オプション キットに付属しているので、この必須ツールを使用せずに作業を進めないでください。

CPU とヒート シンクを取り外すには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ヒート シンクをマザーボードに固定している 4 本の非脱落型ネジを緩めます。図 11 の番号 1 を参照してください。

1 本のネジを 1/4 回転して緩めてから、次のネジに移動します。ちょうどアルファベットの X を書く順番で各ネジを緩めていきます(図 16 参照)。ヒート シンクを取り外せるようになるまで緩め続けます。

ステップ 2 ヒート シンクを取り外します。図 11 の番号 2 を参照してください。各 CPU オプション キットに含まれているクリーニング キット(UCSX-HSCK=)を使用して、ヒート シンクの底面にある伝熱化合物を取り除きます。洗浄溶剤の 2 本のボトルに記載された指示に従ってください。

ステップ 3 のマークがついた 1 番目のソケット フックの固定を解除します。図 11 の番号 3 を参照してください。

ステップ 4 のマークがついた 2 番目のソケット フックの固定を解除します。図 11 の番号 4 を参照してください。

ステップ 5 ソケット ラッチを開きます。図 11 の番号 5 を参照してください。

図 11 ヒート シンクの取り外しと CPU ソケット(表示されている UCS B200 M3 サーバ)へのアクセス

 

ステップ 6 提供されている CPU ピック アンド プレース ツール(UCS-CPU-EP-PNP=)の中央ボタンを押し、留め金をリリースします。図 12 を参照してください。

CPU ピック アンド プレース ツールは、各 CPU オプション キットに含まれています。また、個別に購入することもできます。このツールは、Intel Xeon E5-2600 シリーズ プロセッサに使用してください。

ステップ 7 次の手順で、古い CPU を取り除きます。

a. 図 12 に示すように、矢印が CPU の位置決めマークに一致する向きで、CPU ソケットの上に CPU ピック アンド プレース ツールを置きます。

b. ツールのボタン/ハンドルを押して、取り付けられている CPU をつかみます。

c. ツールと CPU をまっすぐ持ち上げます。

図 12 CPU ピック アンド プレース ツールの適切な配置(Intel Xeon E5-2600 シリーズ プロセッサの場合)

 

1

ピック アンド プレース ツールのボタン/ハンドルの位置調整マーク

2

ソケットの位置調整マーク


 

新しい CPU およびヒート シンクの取り付け

サーバに新しい CPU を取り付ける前に、次の点を確認してください。

CPU が特定のモデル サーバでサポートされている。これは、サーバの技術仕様注文ガイド(「関連資料」を参照)または Cisco UCS 機能カタログの関連リリースで確認できます。

CPU と特定のサーバの設定をサポートする BIOS アップデートが存在し、インストール済みである。

サーバが Cisco UCS Manager によって管理される場合、UCS Manager 内のこのサーバのサービス プロファイルによって新しい CPU が認識され、許可される。

空の状態で出荷されたソケットに CPU を取り付ける場合、接続ピンの湾曲や接触を防ぐための保護キャップが付けられています。提供されるピック アンド プル キャップ ツール(図 13 を参照)は、ピンセットと同様の方法で使用できます。図のように、保護キャップをつかんで回します。

図 13 保護キャップの取り外し

 

CPU とヒート シンクを取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ハンドル/ボタンを押して、ピック アンド プレース ツールの留め金をリリースします。

ステップ 2 次の手順で、新しい CPU をパッケージから取り出し、ピック アンド プレース ツールに取り付けます(図 14 を参照)。

a. 台座がプロセッサに対して正しく設定されていることを確認します。台座は「LGA2011-R0」マークが上を向いた状態で出荷されています。これが正しい向きです。

b. 台座に CPU を置きます。CPU の角は台座の角にきちんと合わせて配置し、ノッチもペグに完全に合わせる必要があります。

c. A1 矢印が台座の A1 位置決めマークに一致する向きで、CPU の台座に CPU ピック アンド プレース ツールを置きます。

d. ツールのボタン/ハンドルを押して、CPU をつかみます。

e. ツールと CPU をまっすぐ持ち上げ、台座から外します。

図 14 ピック アンド プレース ツールの取り付け

 

1

ピック アンド プレース ツール、CPU、および台座の位置調整マーク

ステップ 3 図 15 に示すように、位置決めマークを合わせて CPU ソケットに CPU およびツールを置きます。

ステップ 4 ピック アンド プレース ツールのボタン/ハンドルを押し、ソケット内に CPU をリリースします。

図 15 CPU ピック アンド プレース ツールを使用した CPU の挿入

 

1

ツール ボタン/ハンドルの位置調整マーク

2

CPU ソケットの位置調整マーク

ステップ 5 ソケット ラッチを閉じます。図 16 の番号 1 を参照してください。

ステップ 6 のマークがついた 1 番目のソケット フックを固定します。図 16 の番号 2 を参照してください。

ステップ 7 のマークがついた 2 番目のソケット フックを固定します。図 16 の番号 3 を参照してください。

図 16 ヒート シンク(表示されている B200 M3)の交換

 

ステップ 8 交換用 CPU およびサーバに付属のサーマル グリスのシリンジ(UCS-CPU-GREASE= として個別に入手可能)を使用して、ヒート シンクと接触する CPU の上に 2 立方センチのサーマル グリスを追加します(ただし、Cisco UCS C220 M3 サーバおよび C240 M3 サーバは例外で、代わりに UCS-CPU-GREASE2= を使用します)。図 17 に表示されているように塗ります。これにはシリンジの中身の半分が必要です。

図 17 サーマル グリスの塗り方

 


注意 サーマル グリスには非常に特殊な熱特性があるので、他のソースのサーマル グリスを代用品として使用しないでください。他のサーマル グリスを使用すると損傷する可能性があります。

ステップ 9 ヒート シンクを交換します。図 16 の番号 4 を参照してください。


注意 特定のモデルでは、ヒート シンクは、マザーボード上のプラスチック バッフルに合わせた凹凸形状を持っています。ヒートシンクが適切な位置に収まらない場合は、無理に取り付けようとせずに、ヒート シンクの向きを変更して取り付け直してください。

ステップ 10 4 本の非脱落型ネジを一度に 1/4 ずつ回転させて締め、ヒート シンクをマザーボードに固定します。ちょうどアルファベットの X を書く順番で各ネジを締めていきます(図 16 の右上参照)。


 

メモリの取り付け


) RAID コントローラで使用される転送可能フラッシュバック書き込みキャッシュ モジュール(TFM、シスコ製品 ID UCSB-RAID-1GBFM)には、一般的な DIMM と同じフォーム ファクタがあり、インストール手順は同じです。図 20 に示すように、専用のスロットに取り付けます。TFM は最初の製品リリースではサポートされていません。


Cisco UCS Manager でサーバのサービス プロファイル設定を確認してから、新しいメモリが認識されるようにメモリを追加してください。ブレード サーバに DIMM を取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 両側の DIMM コネクタ ラッチを開きます。図 18 の番号 1 を参照してください。

図 18 ブレード サーバへの DIMM の取り付け

 

 

ステップ 2 カチッという音がするまで、両端が均等になるようにして DIMM をスロットに押し込みます。図 18 の番号 2 を参照してください。DIMM コネクタ ラッチがかかります。


) DIMM にはキーがついており、DIMM の底面のノッチが正しい方向の場合のみスロットに挿入できます。正しくない方向に挿入された DIMM を無理に押すと、スロットが損傷します。


ステップ 3 DIMM コネクタ ラッチを内側に少し押して、ラッチを完全にかけます。図 18 の番号 3 を参照してください。


 

メモリとパフォーマンス

ここでは、ブレード サーバに必要なメモリのタイプと、パフォーマンスに対するその影響について説明します。この項は、次の内容で構成されています。

サポートされている DIMM

メモリ配列

メモリのパフォーマンス

サポートされている DIMM

このブレード サーバでサポートされている DIMM は、定期的に更新されます。現在サポートされていて使用可能な DIMM のリストは、次の URL にある仕様シートに記載されています。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10280/products_data_sheets_list.html

シスコはサードパーティ製のメモリ DIMM をサポートしていません。これらを使用すると、サーバに修復不可能な損傷を与え、RMA およびダウンタイムが必要になる場合があります。

メモリ配列

Cisco UCS B420 ハイパフォーマンス ブレード サーバには DIMM 取り付け用のスロットが、CPU ごとに 12 個、計 48 個あります。各 CPU では 12 個の DIMM スロットが 4 チャネルに分散しています。このブレード サーバでは、すべての装着された CPU に少なくとも 1 個の DIMM が接続されている必要があります。CPU が不在のスロットに取り付けられた DIMM は認識されません。最適なパフォーマンスを得るには、すべての CPU に DIMM を均等に分散させます。DIMM コネクタ ラッチは青、黒、および白に色分けされており、この順序でメモリを取り付けることを推奨します。

図 19 ブレード サーバ内のメモリ スロット

 

1

CPU 1 の DIMM

2

CPU 2 の DIMM

3

CPU 3 の DIMM

4

CPU 4 の DIMM

チャネル

各 CPU には 4 個のチャネルがあり、3 つの DIMM を構成しています。各チャネルは 1 文字で識別されます。各チャネル メンバは、0、1、または 2 の番号によって識別されます。

図 20 に、チャネルがブレード サーバ上で物理的にどのようにレイアウトされているかを示します。また、 表 3 に CPU ごとの装着順を示します。DIMM スロットは、それぞれの関連する CPU に隣接しています。DIMM を取り付けるときは、 表 3 に示す構成で追加する必要があります。

 

表 3 UCS B420 M3 DIMM スロットの装着

CPU 単位での DIMM
CPU 1 のスロットの装着
CPU 2 のスロットの装着
CPU 3 のスロットの装着
CPU 4 のスロットの装着
カラー コーディング

1

A0

E0

I0

M0

2

A0、B0

E0、F0

I0、J0

M0、N0

3

A0、B0、C0

E0、F0、G0

I0、J0、K0

M0、N0、O0

4

A0、B0、C0、D0

E0、F0、G0、H0

I0、J0、K0、L0

M0、N0、O0、P0

5

パフォーマンス上の理由から推奨されません。

6

A0、B0、C0、
A1、B1、C1

E0、F0、G0、
E1、F1、G1

I0、J0、K0、
I1、J1、K1

M0、N0、O0、M1、N1、O1

青、

7

パフォーマンス上の理由から推奨されません。

8

A0、B0、C0、D0、
A1、B1、C1、D1

E0、F0、G0、H0、E1、F1、G1、H1

I0、J0、K0、L0、I1、J1、K1、L1

M0、N0、O0、P0、M1、N1、O1、P1

青、

9

A0、B0、C0、
A1、B1、C1、
A2、B2、C2

E0、F0、G0、
E1、F1、G1、
E2、F2、G2

I0、J0、K0、
I1、J1、K1、
I2、J2、K2

M0、N0、O0、
M1、N1、O1、
M2、N2、O2

青、

10

パフォーマンス上の理由から推奨されません。

11

パフォーマンス上の理由から推奨されません。

12

A0、B0、C0、D0、
A1、B1、C1、D1、
A2、B2、C2、D2

E0、F0、G0、H0、E1、F1、G1、H1、E2、F2、G2、H2

I0、J0、K0、L0、I1、J1、K1、L1、I2、J2、K2、L2

M0、N0、O0、P0、M1、N1、O1、P1、M2、N2、O2、P2

青、

図 20 DIMM と CPU の物理的配置

 

図 21 に、チャネルの論理図を示します。

図 21 チャネルの論理

 

メモリのパフォーマンス

サーバを設定する際には、次のことを考慮します。

ブレード サーバ内の DIMM のサイズは異なってもかまいませんが、速度を混在させると、高速の DIMM が低速の DIMM の速度で稼働します。

DIMM タイプ(LRDIMM、RDIMM)の混在はできません。

CPU の選択によっては、パフォーマンスに影響を及ぼす場合があります。使用する CPU は同じタイプにする必要があります。

帯域幅とパフォーマンス

次の構成を使用して、帯域幅、パフォーマンス、およびシステム メモリを最大化できます。

DDR3、4 つのチャネルにわたる転送速度 1600 MT/s(100 万回/秒)

CPU ごとに 12 個の DIMM(合計 48 DIMM)

最大容量 1536 GB(32 GB DIMM を使用した場合)

次のメモリ構成を使用すると、最適なパフォーマンスが得られません。

サイズおよび密度の異なる DIMM を混在させた場合

DIMM の装着状態が CPU 間で揃っていない場合

顕著なパフォーマンスの低下が起こるかどうかは、必要とするアプリケーションによって変わります。

モジュラ LOM の装着

Cisco VIC 1240 は、特殊なモジュラ LAN on Motherboard(mLOM)アダプタで、各シャーシに対してデュアル 2 X 10 GB のイーサネットまたは Fiber Channel over Ethernet(FCoE)接続を提供します。接続できるのは、専用の mLOM コネクタだけです。現時点では、mLOM のコネクタに接続できる唯一のカードで、2100 シリーズまたは 2200 シリーズ IOM 経由の接続を提供します。


) モジュラ LOM を扱う作業では、アダプタ カードを取り外す必要があります。


mLOM をブレード サーバに取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 mLOM のボードをコネクタがマザーボードのコネクタの上にくるように保持し、非脱落型ネジをマザーボード上のスタンドオフ ポストの位置に合わせます。

ステップ 2 モジュラ LOM のボードのコネクタをマザーボードのコネクタにしっかりと押し込みます。

ステップ 3 非脱落型ネジを締めます。


ヒント モジュラ LOM を取り外すには、前述の手順を逆に実行します。マザーボードからコネクタを取り外すときは、コネクタとの接続が緩むまで、コネクタの長さ方向に基板を数回ゆっくり往復運動させると効果的です。

図 22 mLOM の取り付け

 


 

アダプタ カードの取り付け

ネットワーク アダプタとインターフェイス カードは、すべて同じ取り付け手順に従います。これらは定期的に更新されます。このサーバに対して現在サポートされている使用可能なモデルのリストは、次の URL にある仕様シートに記載されています。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10280/products_data_sheets_list.html


) VIC 1240 mLOM が取り付けられていない場合は、アダプタ カードを取り付ける必要があります。



) このサーバで使用可能なアダプタを使用するために、シャーシの IOM のアップグレードが必要な場合があります。2104XP IOM は、スロット 1 またはスロット 2 に取り付けられているシスコ認定のアダプタとは互換性がありません。VIC 1240 mLOM カードを取り付ける場合は、mLOM 経由で接続できますが、他のアダプタは認識されません。3 つすべてのスロットを使用するには、Cisco UCS 2200 シリーズ IOM が必要です。


アダプタ カードを異なるタイプのものに交換する場合は、実際に交換を行う前に、必ず最新のデバイス ドライバをダウンロードし、サーバのオペレーティング システムにロードしてください。詳細については、該当する『Cisco UCS Manager Software Configuration Guide』の「Firmware Management」の章を参照してください。

アダプタ カードは、スロット 1 またはスロット 2 のいずれかに取り付けることができます。アダプタ カードは、同じタイプまたは混合の構成にすることができます。


) Cisco UCS Manager は、これらのスロット内のアダプタを「Adapter 2」および「Adapter 3」として認識し、mLOM を「Adapter 1」としてカウントします。


アダプタ カードをブレード サーバに取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 アダプタ ボードをコネクタがマザーボードのコネクタの上にくるように保持し、アダプタの 2 本の非脱落型ネジをマザーボード上のスタンドオフ ポストの位置に合わせます(図 23 の番号 1 を参照)。

ステップ 2 アダプタのコネクタをマザーボードのコネクタにしっかりと押し込みます(図 23 の番号 2 を参照)。

ステップ 3 2 本の非脱落型ネジを締めます(図 23 の番号 3 を参照)。


ヒント アダプタ カードを取り外すには、取り付けのときとは逆の順番で作業します。マザーボードからコネクタを取り外すときは、コネクタとの接続が緩むまで、コネクタの長さ方向に基板を数回ゆっくり往復運動させると効果的です。

図 23 アダプタ カードの取り付け

 

 


 

トラステッド プラットフォーム モジュールのイネーブル化

トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM、シスコ製品 ID UCSX-TPM1-001)は、サーバの認証に使用するアーティファクトを安全に保存できるコンポーネントです。これらのアーティファクトには、パスワード、証明書、または暗号キーを収録できます。プラットフォームが信頼性を維持していることを確認するうえで効果的なプラットフォームの尺度の保存でも、TPM を使用できます。すべての環境で安全なコンピューティングを実現するうえで、認証(プラットフォームがその表明どおりのものであることを証明すること)および立証(プラットフォームが信頼でき、セキュリティを維持していることを証明するプロセス)は必須の手順です。

TPM は、このサーバ向けに工場で設定するオプションです。これは Intel の Trusted Execution Technology(TXT)セキュリティ機能の要件であり、TPM を搭載したサーバの BIOS 設定でイネーブルにする必要があります。TPM は、工場から出荷した後でお客様が追加することはできず、別のサーバに移動することもできません。

TPM をイネーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 サーバのサービス プロファイルにある BIOS ポリシーで静音モードをイネーブルにします。

ステップ 2 KVM ドングル(図 2 に示す N20-BKVM)を使用してサーバの前面パネルにキーボード、モニタ、マウスを接続するか、その他の方法で、サーバに直接接続します。

ステップ 3 サーバをリブートします。この再起動のときに F2 キーを押して BIOS のセットアップ画面を開始します。

ステップ 4 [Advanced] タブで [Trusted Computing] を選択して Enter キーを押します。

ステップ 5 [TPM Support] オプションを [Enable] に設定します。

ステップ 6 F10 キーを押して設定を保存し、セットアップ画面を終了します。サーバの起動が完了するまで待ちます。


 

フラッシュバック書き込みキャッシュの取り付け

フラッシュバック書き込みキャッシュ(FBWC)は、RAID コントローラの長期停電中にディスクの書き込みキャッシュ データを保護する、インテリジェントなバックアップ ソリューションです。2 つのコンポーネント(TFM のメモリと SuperCap モジュール)があり、緊急電源を提供します。図 20 に示すように、TFM は専用スロットに装着しますが、取り付け手順は DIMM の取り付けと同じです。最初のサーバ リリースではフラッシュバック書き込みキャッシュ機能とそのコンポーネントはサポートされていません。

CLI で show raid-battery detail コマンドを使用して、交換が必要かどうかを確認します。

SuperCap モジュールを取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Cisco UCS Manager を使用して、サーバのグレースフル シャットダウンを実行します。グレースフル シャットダウンを実行しないと、データが永久に失われることがあります。

ステップ 2 シャーシからサーバを取り外します。

ステップ 3 サーバの上部カバーを外します。

ステップ 4 スロット 2 のアダプタを取り外します。

ステップ 5 No.1 プラス ドライバを使用して、SuperCap のラックの上部プレートを固定している 4 本のネジを外します。

ステップ 6 上部プレートを上に動かし、背面にあるスロットからタブを取り外します。プレートを傍らに置きます。

ステップ 7 SuperCap のワイヤの端にあるクリップを押し、ラックに取り付けられているクリップに挿入します。

ステップ 8 SuperCap をラック内に配置します。

ステップ 9 SuperCap ラックの背面にあるスロットに、上部プレートのタブをスライドさせて挿入します。

ステップ 10 図 24 に示すように、No.1 プラス ドライバを使用して、4 本のネジを交換し、ラックに上部プレートを取り付けます。

ステップ 11 シャーシのアダプタ、上部カバー、およびサーバを交換します。Cisco UCS Manager により、サーバとサービス プロファイルの管理が再確立されます。

図 24 SuperCap の取り付け

 


 

サーバのトラブルシューティング

一般的なブレード サーバのトラブルシューティング情報については、『 Cisco UCS Troubleshooting Guide 』の「 Troubleshooting Server Hardware 」の章を参照してください。

サーバの設定

Cisco UCS サーバの設定と管理は、Cisco UCS Manager を使用して行います。お使いの Cisco UCS Manager のバージョンに合った『 UCS Manager Configuration Guide 』を参照してください。

サーバの仕様

 

表 4 Cisco UCS B420 M3 ブレード サーバの物理仕様

仕様

高さ

1.95 インチ(50 mm)

16.50 インチ(419.1 mm)

奥行

24.4 インチ(620 mm)

重量

34.5 ポンド(15.65 kg) 7

7.ここに示されているシステム重量は、フル構成のシステム用の見積もりであり、搭載されているペリフェラル デバイスによって異なります。

関連資料

Cisco Unified Computing System 環境のドキュメント セットの詳細については、次で説明されています。

http://www.cisco.com/go/unifiedcomputing/b-series-doc

サポートされているコンポーネントの詳細については、次のリンク先で、サーバの技術仕様注文ガイドを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10493/products_data_sheets_list.html

マニュアルに関するフィードバック

このマニュアルに関する技術的なフィードバック、または誤りや記載もれなどお気づきの点がございましたら、HTML ドキュメント内のフィードバック フォームよりご連絡ください。ご協力をよろしくお願いいたします。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。