Cisco Unity Connection 電話インターフェイス ユーザ ガイド(リリース 11.x)
プライベート リストの処理
プライベート リストの処理

目次

プライベート リストの処理

プライベート同報リストについて

プライベート同報リストを使用して、ボイス メッセージ受信者のグループを独自に作成できます。 ボイス メッセージをプライベート同報リストの 1 つに宛先指定すると、そのリスト上のすべての受信者にそのメッセージが送信されます。 Cisco Unity Connection には、個人用に使用できるプライベート同報リストがいくつか用意されています。

プライベート同報リストにボイス メッセージを送信できるのは本人だけです。 これを行うには、電話のキーパッドまたはボイス コマンドを使用します。 電子メール アプリケーションでは、メッセージをプライベート同報リストに送ることはできません。

プライベート同報リストの作成

管理できるリストの最大数は、Cisco Unity Connection の管理者が指定します。 リストにはあらかじめ番号が付けられています。 リストに名前を追加すると、Connection はリストの番号をリスト管理用の ID として使用します。


ヒント


電話を使用してプライベート同報リストを作成することもできますが、Messaging Assistant Web ツールで作成する方が簡単です。


電話のキーパッドを使用したプライベート同報リストの作成

手順
    ステップ 1   コールをして Connection にログインします。
    ステップ 2   メイン メニューで、[設定オプション(Setup Options)]、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[プライベート同報リストの編集(Change the Names on a Private List)] の順に選択します。
    ステップ 3   未使用のリストの番号を入力します。
    ヒント   

    未使用のリストの番号がわからない場合は、メイン メニューで、[設定オプション(Setup Options)]、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[プライベート同報リストの名前の変更(Hear Private Lists)] オプションの順に選択します。 Connection は、リスト番号を含むすでに使用中のリストに関する情報を再生するため、再生された番号以外の番号を使用します。

    ステップ 4   Connection での「Private List <Number>」というアナウンスの後、指示に従ってリストに名前を追加します。
    ステップ 5   名前の追加が終了したら、[リストの名前をもう一度録音する(Rerecord the Name of the List)] オプションを選択し、指示に従ってリスト名を録音します。

    ボイス コマンドを使用したプライベート同報リストの作成

    手順
      ステップ 1   コールをして Connection にログインします。
      ステップ 2   Connection で「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

      「Setup Options」 (Connection が一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

      ステップ 3   電話のキーパッドで、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[プライベート同報リストの編集(Change the Names on a Private List)] を選択します。
      ステップ 4   未使用のリストの番号を入力します。
      ヒント   

      未使用のリストの番号がわからない場合は、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[プライベート同報リストの名前の変更(Hear Private Lists)] オプションの順に選択します。 Connection は、リスト番号を含むすでに使用中のリストに関する情報を再生するため、再生された番号以外の番号を使用します。

      ステップ 5   Connection での「Private List <Number>」というアナウンスの後、指示に従ってリストに名前を追加します。
      ステップ 6   名前の追加が終了したら、[リストの名前をもう一度録音する(Rerecord the Name of the List)] オプションを選択し、指示に従ってリスト名を録音します。
      ヒント   

      インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


      プライベート同報リストのメンバーの変更

      プライベート同報リストに追加できるメンバーの最大数は、Cisco Unity Connection の管理者が指定します。 ディレクトリ内のユーザまたはシステム同報リストはすべて、プライベート同報リストのメンバーとして指定できます。

      Connection の設定状況によっては、ディレクトリ外のリモート ボイス メッセージング システム上のユーザにメッセージを送信したり返信したりできる場合があります。 その場合は、リモート連絡先であるこれらのユーザを、プライベート同報リストに含めることもできます。

      すでにプライベート同報リストのメンバーとなっているユーザ、システム同報リスト、またはリモート連絡先を追加しようとしても、Connection では、そのメンバーを同じリストに再度追加することはできません。

      プライベート同報リストでは、メンバーの追加、確認、削除が可能です。


      (注)  


      プライベート同報リストのメンバーに対して管理上の変更が行われた場合、後でリストを確認するときにメンバーが異なって表示されることがあります。 ときには、管理上の変更によって、一部のメンバーが予告なくリストから削除される場合もあります。 Connection の管理者は、変更が発生する前にユーザに通知できるはずです。それでも、誤ってメンバーが削除された場合は、ユーザがこれらのメンバーをもう一度リストに追加します。


      電話のキーパッドを使用したプライベート同報リストのメンバーの変更

      手順
        ステップ 1   コールをして Connection にログインします。
        ステップ 2   メイン メニューで、[設定オプション(Setup Options)]、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[名前の変更(Change the Names)] の順に選択します。
        ステップ 3   指示に従ってメンバーを変更するリストを選択し、メンバーを追加、確認、または削除します。
        ヒント   

        リストのメンバーを確認する際には、それぞれのメンバーをすばやく選択できます。 リストから受信者を削除するには 3 を押します。前の名前に戻るには 7 を押します。次の名前に進むには 9 を押します。リストの先頭に戻るには 77 を押します。リストの最後に進むには 99 を押します。


        ボイス コマンドを使用したプライベート同報リストのメンバーの変更

        手順
          ステップ 1   コールをして Connection にログインします。
          ステップ 2   Connection で「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

          「Setup Options」 (Connection が一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

          ステップ 3   電話のキーパッドで、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[名前の変更(Change the Names)] を選択します。
          ステップ 4   指示に従ってメンバーを変更するリストを選択し、メンバーを追加、確認、または削除します。
          ヒント   

          リストのメンバーを確認する際には、それぞれのメンバーをすばやく選択できます。 リストから受信者を削除するには 3 を押します。前の名前に戻るには 7 を押します。次の名前に進むには 9 を押します。リストの先頭に戻るには 77 を押します。リストの最後に進むには 99 を押します。

          ヒント   

          インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


          プライベート同報リストの録音名の変更

          プライベート同報リストにはそれぞれ録音名があります。 メッセージの宛先としてプライベート同報リストを指定した場合、Cisco Unity Connection は、正しいリストが指定されたことを確認できるように、そのリストの録音名を再生します。

          電話のキーパッドを使用したプライベート同報リストの録音名の変更

          手順
            ステップ 1   コールをして Connection にログインします。
            ステップ 2   メイン メニューで、[設定オプション(Setup Options)][メッセージ設定(Message Settings)][プライベート同報リスト(Private Lists)][リストの編集(Change Names)] の順に選択します。
            ステップ 3   指示に従って録音名を変更するリストを選択し、名前を再録音します (選択したリストにメンバーが存在しない場合は、メンバーを追加してからリストの名前を録音する必要があるので注意してください)。

            ボイス コマンドを使用したプライベート同報リストの録音名の変更

            手順
              ステップ 1   コールをして Connection にログインします。
              ステップ 2   Connection で「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

              「Setup Options」 (Connection が一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

              ステップ 3   電話のキーパッドで、[メッセージ設定(Message Settings)]、[プライベート同報リスト(Private Lists)]、[名前の変更(Change the Names)] を選択します。
              ステップ 4   指示に従って録音名を変更するリストを選択し、名前を再録音します (選択したリストにメンバーが存在しない場合は、メンバーを追加してからリストの名前を録音する必要があるので注意してください)。
              ヒント   

              インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


              プライベート同報リストの削除

              電話を使用して、リストの個々のメンバーを削除できますが、リスト自体は削除できません。 Messaging Assistant Web ツールのレコード名を含むリストとすべてのメンバーを一度に削除します。