VMware vSphere リリース 1.0 での Cisco IMC Supervisor のCisco IMC Supervisor インストールとアップグレード
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco IMC Supervisor について

Cisco IMC Supervisor は、大規模なラック マウント サーバを管理できる管理システムです。 ラック マウント サーバのグループを作成して、グループ単位でモニタリングや資産管理を行うことができます。

Cisco IMC Supervisor を使用してラック マウント サーバに対して次のタスクを実行できます。
  • サーバの論理グループ化およびグループごとのサマリー表示のサポート

  • サーバ インベントリの収集

  • サーバおよびグループのモニタリング

  • ファームウェアのダウンロード、アップグレードおよびアクティベーションを含むファームウェア管理

  • 電源制御、LED 制御、ログの収集、KVM の起動、CIMC UI の起動および電子メール アラートなど、スタンドアロン サーバのアクションの管理

  • アクセスを制限するためのロールベース アクセス コントロール(RBAC)

最小システム要件

サポートされているサーバ モデル

  • UCS C-220 M3 および M4

  • UCS C-240 M3 および M4

  • UCS C-460 M4

  • UCS C-22 M3

  • UCS C-24 M3

  • UCS C-420 M3

  • UCS EN120E M2

  • UCS EN120S M2

  • UCS E-140S M2

  • UCS E-160D M2

  • UCS E-180D M2

  • UCS E-140S M1

  • UCS E-140D M1

  • UCS E-160D M1

  • UCS E-140DP M1

  • UCS E-160DP M1

Cisco IMC Supervisor は 1000 台までの UCS C シリーズおよび E シリーズ サーバをサポートします。

サーバ

ファームウェアの最低バージョン

UCS C シリーズ サーバ

1.5(4)

UCS E シリーズ サーバ

2.3.1

  • Cisco UCS VIC 1225

  • Cisco UCS VIC 1225T

  • ESXi 5.1

Cisco IMC Supervisor 環境は、次の表に示す最小システム要件を満たしている必要があります。

要素 サポートされる最小要件

vCPU

4

メモリ

8 GB

ハード ディスク

100 GB

サポートされているファイアウォール ポート

次の表に、該当するサービスおよびポートをリストします。

サービス

ポート番号

SSH ポート

22

HTTP(S)

80/443

DHCP

UDP 67 および 68

Active Directory

TCP/UDP 389/636 および TCP 3268/3269

DNS

TCP/UDP 53

NTP

TCP/UDP 123

MySQL

3306

ライセンスについて

Cisco IMC Supervisor では次の有効なライセンスが必要です。
  • Cisco IMC Supervisor 基本ライセンス。

  • Cisco IMC Supervisor 基本ライセンスのあとにインストールする Cisco IMC Supervisor バルク エンドポイント イネーブルメント ライセンス。

重要:

Cisco IMC Supervisor の評価ライセンスを使用している場合は、このライセンスの期限が切れると、インベントリおよびシステム ヘルス情報(障害など)を取得できなくなることに注意してください。 システム データの更新だけでなく、新しいアカウントの追加もできなくなります。 その時点で、Cisco IMC Supervisor のすべての機能を使用するには、永久ライセンスをインストールする必要があります。

ライセンスの取得およびインストールのプロセスは両方のライセンスに共通です。

Cisco IMC Supervisor を使用するには、次の手順に従ってライセンスを取得する必要があります。
  1. Cisco IMC Supervisor をインストールする前に、Cisco IMC Supervisor ライセンス キーを生成し、証明書(製品アクセス キー)を要求します。

  2. シスコのソフトウェア ライセンス サイトに製品アクセス キー(PAK)を登録します(製品アクセス キーの契約履行 を参照してください)。

  3. Cisco IMC Supervisor をインストールした後、ライセンスの更新の手順に従って、Cisco IMC Supervisor でライセンスを更新します。

  4. ライセンスが検証されると、Cisco IMC Supervisor の使用を開始できます。

製品アクセス キーの契約履行

はじめる前に

PAK 番号が必要です。

手順
    ステップ 1   シスコ ソフトウェア ライセンスの Web サイトに移動します。
    ステップ 2   [Product License Registration] ページに転送されたら、トレーニングを受けるか、[Continue to Product License Registration] をクリックして続行してください。
    ステップ 3   [Product License Registration] ページで、[Get New Licenses from a PAK or Token] をクリックします。
    ステップ 4   [Enter a Single PAK or TOKEN to Fulfill] フィールドに PAK 番号を入力します。
    ステップ 5   [Fulfill Single PAK/TOKEN] をクリックします。
    ステップ 6   PAK を登録するために、[License Information] でその他のフィールドに情報を入力します。

    フィールド

    説明

    Organization Name

    組織名。

    Site Contact Name

    サイトの連絡先の名前。

    Street Address

    組織の番地。

    City/Town

    市区町村名。

    State/Province

    州/都道府県。

    Zip/Postal Code

    郵便番号。

    Country

    国名。

    ステップ 7   [Issue Key] をクリックします。

    ライセンス契約した機能が表示され、デジタル ライセンス契約書と zip 圧縮のライセンス ファイルが電子メールに添付されて、ユーザ指定の電子メール アドレスに送信されます。