Cisco IMC Supervisor ラックマウント サーバ管理ガイド、リリース 1.0
使用する前に
使用する前に

使用する前に

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco IMC Supervisor の起動

Cisco IMC Supervisor にログインするには、次の手順を実行します。

はじめる前に
  • Cisco IMC Supervisor が正常にインストールされています。

  • Cisco IMC Supervisor インストール中に IP アドレスが設定されています。

手順
ブラウザの URL に Cisco IMC Supervisor の IP アドレスを入力して、次のクレデンシャルでログインします。
  • [User Name]:admin

  • [Password]:admin


ライセンスの更新

はじめる前に

ライセンス ファイルを圧縮ファイルで受け取った場合は、展開して .lic ファイルをローカル マシンに保存します。

手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[Administration] > [License] を選択します。
    ステップ 2   [License Keys] タブを選択します。
    ステップ 3   [Update License] をクリックします。
    ステップ 4   [Update License] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行します。
    • .lic ファイルをアップロードするには、[Browse] をクリックして .lic ファイルを探して選択し、[Upload] をクリックします。

    • ライセンス キーの場合は、[Enter License Text] チェックボックスをオンにし、ライセンス キーのみをコピーして [License Text] フィールドに貼り付けます。 ライセンス キーは通常、ファイルの先頭の Key -> の後にあります。

      ライセンス ファイルのフル テキストをコピーして [License Text] フィールドに貼り付けることもできます。

    ステップ 5   [Submit] をクリックします。 ライセンス ファイルが処理されて、更新の成功を確認するメッセージが表示されます。

    ラック グループの追加

    新しいラック グループを Cisco IMC Supervisor に追加する場合は、次の手順を実行します。

    はじめる前に

    初めてログインする場合は、Cisco IMC Supervisor 用にライセンスが更新されていることを確認します。 ライセンスの更新については、ライセンスの更新を参照してください。

    手順
      ステップ 1   メニュー バーで、[Systems] > [Physical Accounts] を選択します。

      デフォルトでは、[Rack Group] タブが選択されます。

      ステップ 2   [Create] をクリックします。
      ステップ 3   [Create Rack Group] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。

      フィールド

      説明

      [Group Name] フィールド

      ラック グループの記述名。

      [Description] フィールド

      (オプション)ラック グループの説明。

      ステップ 4   [Create] をクリックします。
      ステップ 5   [Submit Result] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

      次の作業

      ラック グループに 1 つ以上のラック アカウントを追加します。

      ラック アカウントの追加

      Cisco IMC Supervisor のラック グループのいずれかにラックマウント サーバを追加できます。 アカウントを追加すると、Cisco IMC Supervisor を使用してそのサーバを管理することができます。

      既存のラック グループに新しいラックマウント サーバを追加する場合は、次の手順を実行します。

      はじめる前に
      • 初めてログインする場合は、Cisco IMC Supervisor 用にライセンスが更新されていることを確認します。 ライセンスの更新については、ライセンスの更新を参照してください。

      • ラック グループはすでに作成済みです。


        (注)  


        新しいラック グループを作成しなくても、[Default Group] にラック アカウントを追加できます。


      手順
        ステップ 1   メニュー バーで、[System] > [Physical Accounts] を選択します。
        ステップ 2   [Rack Accounts] タブをクリックします。
        ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
        ステップ 4   [Create Account] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。

        フィールド

        説明

        [アカウント名] フィールド

        ラック アカウントの記述名。

        [Server IP] フィールド

        ラックマウント サーバの IP アドレス。

        [Description] フィールド

        (オプション)ラック アカウントの説明。

        [Use Credential Policy] チェックボックス

        (オプション)すでにクレデンシャル ポリシーを作成した場合は、このチェックボックスをオンにして、ドロップダウン リストからポリシーを選択します。

        [Use Credential Policy] チェックボックスがオンの場合

        [Credential Policy] ドロップダウン リスト

        ドロップダウン リストからポリシーを選択します。

        [Use Credential Policy] チェックボックスがオフの場合

        [User Name] フィールド

        ラックマウント サーバのログイン ID。

        [Password] フィールド

        ラックマウント サーバのログイン ID のパスワード。

        [Protocol] ドロップダウン リスト

        リストから [https] または [http] を選択します。

        [Port] フィールド

        選択したプロトコルに関連付けられたポート番号。

        [Rack Group] ドロップダウン リスト

        リストからラック グループを選択します。

        [Contact] フィールド

        (オプション)アカウントの連絡先電子メール アドレス。

        [Location] フィールド

        (オプション)アカウントの場所。

        ステップ 5   [Submit] をクリックします。

        次の作業

        ラック サーバ接続をテストします。 アカウント接続のテストを参照してください。