Cisco UCS C シリーズ サーバ Integrated Management Controller 障害リファレンス ガイド
CIMC の障害
CIMC の障害
発行日;2014/03/19 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 735KB) | フィードバック

目次

CIMC の障害

アダプタ関連の障害

fltAdaptorUnitMissing

シャーシ関連の障害

fltEquipmentChassisThermalThresholdCritical

fltEquipmentChassisThermalThresholdNonCritical

fltEquipmentChassisThermalThresholdNonRecoverable

ファン関連の障害

fltEquipmentFanDegraded

fltEquipmentFanModuleThermalThresholdNonCritical

fltEquipmentFanModuleThermalThresholdCritical

fltEquipmentFanModuleThermalThresholdNonRecoverable

fltEquipmentFanPerfThresholdNonCritical

fltEquipmentFanPerfThresholdCritical

fltEquipmentFanPerfThresholdNonRecoverable

fltEquipmentFanMissing

I/O カード関連の障害

fltEquipmentIOCardRemoved

fltEquipmentIOCardThermalProblem

fltEquipmentIOCardThermalThresholdNonCritical

fltEquipmentIOCardThermalThresholdCritical

fltEquipmentIOCardThermalThresholdNonRecoverable

メモリ関連の障害

fltMemoryUnitDegraded

fltMemoryUnitInoperable

fltMemoryUnitThermalThresholdNonCritical

fltMemoryUnitThermalThresholdCritical

fltMemoryUnitThermalThresholdNonRecoverable

fltMemoryArrayVoltageThresholdCritical

fltMemoryArrayVoltageThresholdNonRecoverable

fltMemoryUnitIdentityUnestablishable

プロセッサ関連の障害

fltProcessorUnitInoperable

fltProcessorUnitThermalThresholdNonCritical

fltProcessorUnitThermalThresholdCritical

fltProcessorUnitThermalThresholdNonRecoverable

fltProcessorUnitVoltageThresholdNonCritical

fltProcessorUnitVoltageThresholdCritical

fltProcessorUnitVoltageThresholdNonRecoverable

fltProcessorUnitDisabled

電源関連の障害

fltEquipmentPsuInoperable

fltEquipmentPsuThermalThresholdNonCritical

fltEquipmentPsuThermalThresholdCritical

fltEquipmentPsuMissing

fltEquipmentPsuThermalThresholdNonRecoverable

fltEquipmentPsuVoltageThresholdNonCritical

fltEquipmentPsuVoltageThresholdCritical

fltEquipmentPsuVoltageThresholdNonRecoverable

fltEquipmentPsuPerfThresholdNonCritical

fltEquipmentPsuPerfThresholdCritical

fltEquipmentPsuPerfThresholdNonRecoverable

fltEquipmentPsuIdentity

fltEquipmentPsuOffline

fltPowerChassisMemberChassisPsuRedundanceFailure

fltEquipmentPsuPowerThreshold

fltEquipmentPsuInputError

サーバ関連の障害

fltComputeBoardPowerError

fltComputePhysicalBiosPostTimeout

fltComputePhysicalUnidentified

fltComputeBoardCmosVoltageThresholdCritical

fltComputeBoardCmosVoltageThresholdNonRecoverable

fltComputeIOHubThermalNonCritical

fltComputeIOHubThermalThresholdCritical

fltComputeIOHubThermalThresholdNonRecoverable

fltComputePhysicalPostFailure

fltComputeBoardPowerFail

fltComputeBoardThermalProblem

fltComputeBoardMotherBoardVoltageUpperThresholdCritical

fltComputeBoardPowerUsageProblem

fltComputeBoardMotherBoardVoltageThresholdUpperNonRecoverable

fltComputeBoardMotherBoardVoltageThresholdLowerNonRecoverable

fltComputeBoardMotherBoardVoltageLowerThresholdCritical

Storage-Related の障害

fltStorageControllerPatrolReadFailed

fltStorageLocalDiskRebuildFailed

fltStorageLocalDiskInoperable

fltStorageLocalDiskDegraded

fltStorageRaidBatteryInoperable

fltStorageLocalDiskCopybackFailed

fltStorageRaidBatteryDegraded

fltStorageRaidBatteryRelearnAborted

fltStorageRaidBatteryRelearnFailed

fltStorageVirtualDriveConsistencyCheckFailed

fltStorageVirtualDriveDegraded

fltStorageVirtualDriveInoperable

fltStorageVirtualDriveReconstructionFailed

fltStorageControllerInoperable

fltStorageFlex Flash VirtualDrive HV Degraded

fltStorageFlex Flash VirtualDrive HV Inoperable

fltStorageFlex Flash LocalDisk missing

システム イベント ログ関連の障害

fltSysdebugMEpLogMEpLogLog

fltSysdebugMEpLogMEpLogVeryLow

fltSysdebugMEpLogMEpLogFull

CIMC の障害

この章では、Cisco Integrated Management Controller(CIMC)Web UI で発生および報告される可能性のあるエラーに関する情報を提供します。

この章は、次の項で構成されています。

「アダプタ関連の障害」

「シャーシ関連の障害」

「ファン関連の障害」

「I/O カード関連の障害」

「メモリ関連の障害」

「プロセッサ関連の障害」

「電源関連の障害」

「サーバ関連の障害」

「Storage-Related の障害」

「システム イベント ログ関連の障害」

アダプタ関連の障害

fltAdaptorUnitMissing

障害コード:F0203

メッセージ:

Adapter [id] in [Serverid] presence: [presence]

説明:

アダプタがありません。CIMC では、次のシナリオのいずれかが発生すると、この障害が発生します。

エンドポイントによって、アダプタ スロットにアダプタがないことが報告されている。

エンドポイントで、アダプタ スロット内のアダプタを検出できないか、これと通信できない。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 アダプタがサーバのアダプタ スロットに挿入されていることを確認します。

ステップ 2 アダプタが正しく接続および設定され、推奨ファームウェア バージョンが実行されていることを確認します。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-missing
mibFaultCode: 203
mibFaultName: fltAdaptorUnitMissing
moClass: adaptor:Unit
Type: equipment

シャーシ関連の障害

fltEquipmentChassisThermalThresholdCritical

障害コード:F0409

メッセージ:

Thermal condition on [Serverid] cause: [thermalStateQualifier]

説明:

この障害は、次の条件で発生します。

シャーシ内のコンポーネントが安全な熱動作範囲外で動作している場合。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 2 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 3 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 4 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 5 温度示度をチェックし、推奨される安全な動作温度範囲内にあることを確認します。

ステップ 6 障害の報告がサーバの「Thermal Sensor threshold crossing in the front or back pane」エラーの場合、熱障害が発生したかどうかを確認します。これらの障害には、熱状態の詳細が含まれます。

ステップ 7 「Missing or Faulty Fan」エラーの障害がレポートされた場合、そのファンのステータスをチェックします。交換が必要な場合は、シャーシに対する tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

ステップ 8 前述の処理で問題を解決できず、その状態が続く場合は、シャーシの tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 409
mibFaultName: fltEquipmentChassisThermalThresholdCritical
moClass: equipment:Chassis
Type: environmental

fltEquipmentChassisThermalThresholdNonCritical

障害コード:F0410

メッセージ:

Thermal condition on [Serverid] cause: [thermalStateQualifier]

説明:

この障害は、次の条件で発生します。

シャーシ内のコンポーネントが安全な熱動作範囲外で動作している場合。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 2 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 3 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 4 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 5 温度示度をチェックし、推奨される安全な動作温度範囲内にあることを確認します。

ステップ 6 障害の報告がサーバの「Thermal Sensor threshold crossing in the front or back pane」エラーの場合、熱障害が発生したかどうかを確認します。これらの障害には、熱状態の詳細が含まれます。

ステップ 7 「Missing or Faulty Fan」エラーの障害がレポートされた場合、そのファンのステータスをチェックします。交換が必要な場合は、シャーシに対する tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

ステップ 8 前述の処理で問題を解決できず、その状態が続く場合は、シャーシの tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 410
mibFaultName: fltEquipmentChassisThermalThresholdNonCritical
moClass: equipment:Chassis
Type: environmental

fltEquipmentChassisThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0411

メッセージ:

Thermal condition on [Serverid] cause: [thermalStateQualifier]

説明:

この障害は、次の条件で発生します。

シャーシ内のコンポーネントが安全な熱動作範囲外で動作している場合。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 2 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 3 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 4 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 5 温度示度をチェックし、推奨される安全な動作温度範囲内にあることを確認します。

ステップ 6 障害の報告がサーバの「Thermal Sensor threshold crossing in the front or back pane」エラーの場合、熱障害が発生したかどうかを確認します。これらの障害には、熱状態の詳細が含まれます。

ステップ 7 「Missing or Faulty Fan」エラーの障害がレポートされた場合、そのファンのステータスをチェックします。交換が必要な場合は、シャーシに対する tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。

ステップ 8 前述の処理で問題を解決できず、その状態が続く場合は、シャーシの tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 411
mibFaultName: fltEquipmentChassisThermalThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:Chassis
Type: environmental

ファン関連の障害

fltEquipmentFanDegraded

障害コード:F0371

メッセージ:

Fan [id] in Fan Module [tray]-[id] under [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、ファン モジュールの 1 つまたは複数のファンが動作していないが、少なくとも 1 つのファンは動作している場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、ファン モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、ファン モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 故障したファン モジュールを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 7 前述の処理で問題を解決できない場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 371
mibFaultName: fltEquipmentFanDegraded
moClass: equipment:Fan
Type: equipment

fltEquipmentFanModuleThermalThresholdNonCritical

障害コード:F0380

メッセージ:

Fan module [tray]-[id] in [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、ファン モジュールの温度が非重大しきい値を超えたが、まだ重大しきい値未満である場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、ファン モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、ファン モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 エアーフローが妨げられていないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 未使用のラック サーバの電源をオフにします。

ステップ 6 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 7 故障したファン モジュールを交換します。

ステップ 8 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 380
mibFaultName: fltEquipmentFanModuleThermalThresholdNonCritical
moClass: equipment:FanModule
Type: environmental

fltEquipmentFanModuleThermalThresholdCritical

障害コード:F0382

メッセージ:

Fan module [tray]-[id] in [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、ファン モジュールの温度が重大しきい値を超えた場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、ファン モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、ファン モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 エアーフローが妨げられていないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 未使用のラック サーバの電源をオフにします。

ステップ 6 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 7 故障したファン モジュールを交換します。

ステップ 8 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 382
mibFaultName: fltEquipmentFanModuleThermalThresholdCritical
moClass: equipment:FanModule
Type: environmental

fltEquipmentFanModuleThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0384

メッセージ:

Fan module [tray]-[id] in [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、ファン モジュールの温度が重大しきい値を超えた場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、ファン モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、ファン モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 エアーフローが妨げられていないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 未使用のラック サーバの電源をオフにします。

ステップ 6 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 7 故障したファン モジュールを交換します。

ステップ 8 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 384
mibFaultName: fltEquipmentFanModuleThermalThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:FanModule
Type: environmental

fltEquipmentFanPerfThresholdNonCritical

障害コード:F0395

メッセージ:

Fan [id] in Fan Module [tray]-[id] under [Serverid] speed: [perf]

説明:

この障害は、ファン コントローラから読み取ったファン速度が必要なファン速度と一致せず、正常な動作の範囲外である場合に発生します。これはファンまたはファン コントローラからの読み取りに問題がある可能性を示しています。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ファン ステータスをモニタします。

ステップ 2 問題が長期間にわたって継続するか、他のファンで同じ問題が起きない場合は、ファンを装着し直します。

ステップ 3 ファン モジュールを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項、警告、および手順については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: performance-problem
mibFaultCode: 395
mibFaultName: fltEquipmentFanPerfThresholdNonCritical
moClass: equipment:Fan

fltEquipmentFanPerfThresholdCritical

障害コード:F0396

メッセージ:

Fan [id] in Fan Module [tray]-[id] under [Serverid] speed: [perf]

説明:

この障害は、ファン コントローラから読み取ったファン速度が必要なファン速度と一致せず、重大しきい値を超え、障害の危険がある場合に発生します。これはファンまたはファン コントローラからの読み取りに問題がある可能性を示しています。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ファン ステータスをモニタします。

ステップ 2 問題が長期間にわたって継続するか、他のファンで同じ問題が起きない場合は、ファンを装着し直します。

ステップ 3 ファン モジュールを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: performance-problem
mibFaultCode: 396
mibFaultName: fltEquipmentFanPerfThresholdCritical
moClass: equipment:Fan

fltEquipmentFanPerfThresholdNonRecoverable

障害コード:F0397

メッセージ:

Fan [id] in Fan Module [tray]-[id] under [Serverid] speed: [perf]

説明:

この障害は、ファン コントローラから読み取られたファン速度が、必要なファン速度をかなり超えている場合に発生します。これは、多くの場合、ファンに障害が発生していることを示しています。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ファンを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: performance-problem
mibFaultCode: 397
mibFaultName: fltEquipmentFanPerfThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:Fan
Type: equipment

fltEquipmentFanMissing

障害コード:F0434

メッセージ:

Fan [id] in Fan Module [tray]-[id] under [Serverid] presence: [presence]

説明:

この障害は、ファン モジュールのファンを検出できないという、まれなイベントで発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 問題を報告しているスロットにファン モジュールを挿入/再挿入します。

ステップ 2 可能な場合は、ファン モジュールを別のファン モジュールと交換します。


) このコンポーネントを取り付けまたは交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-missing
mibFaultCode: 434
mibFaultName: fltEquipmentFanMissing
moClass: equipment:Fan
Type: equipment

I/O カード関連の障害

fltEquipmentIOCardRemoved

障害コード:F0376

メッセージ:

IOCard [location] on [Serverid] is removed.

説明:

このエラーは通常、I/O カードがシャーシから取り外されているか、カードまたはスロットが不適切な場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 I/O カードを取り付け直すか、再挿入します。このサーバ コンポーネントを再挿入する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: equipment-removed
mibFaultCode: 376
mibFaultName: fltEquipmentIOCardRemoved
moClass: equipment:IOCard
Type: equipment

fltEquipmentIOCardThermalProblem

障害コード:F0379

メッセージ:

IOCard [location] on [Serverid] operState: [operState]

説明:

この障害は、I/O カードに熱問題がある場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、I/O カードの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 障害のある I/O カードを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 7 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 379
mibFaultName: fltEquipmentIOCardThermalProblem
moClass: equipment:IOCard
Type: environmental

fltEquipmentIOCardThermalThresholdNonCritical

障害コード:F0729

メッセージ:

IOCard [location] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、I/O カードの温度が非重大しきい値を超えたが、まだ重大しきい値未満である場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、I/O カードの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 3 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 4 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 5 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 729
mibFaultName: fltEquipmentIOCardThermalThresholdNonCritical
moClass: equipment:IOCard
Type: environmental

fltEquipmentIOCardThermalThresholdCritical

障害コード:F0730

メッセージ:

IOCard [location] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、I/O カードの温度が重大しきい値を超えた場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、I/O カードの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 3 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 730
mibFaultName: fltEquipmentIOCardThermalThresholdCritical
moClass: equipment:IOCard
Type: environmental

fltEquipmentIOCardThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0731

メッセージ:

IOCard [location] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、I/O カードの温度が動作範囲外になっている場合に発生します。この問題は回復不能です。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、I/O カードの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 3 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 4 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 5 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 731
mibFaultName: fltEquipmentIOCardThermalThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:IOCard
Type: environmental

メモリ関連の障害

fltMemoryUnitDegraded

障害コード:F0184

メッセージ:

DIMM [location] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、DIMM が縮退運転状態である場合に発生します。通常、この状態は、DIMM での過剰な数の修正可能な ECC エラーが、サーバ BIOS によって報告されている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 DIMM の ECC エラーをさらにモニタします。相当数のエラーが解決しなかった場合は、DIMM が動作不能になっている可能性が高いです。

ステップ 2 DIMM が動作不能になっている場合は、DIMM を交換します。障害のある DIMM の検索に CIMC WebUI を使用できます。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項、警告、および手順については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 184
mibFaultName: fltMemoryUnitDegraded
moClass: memory:Unit
Type: equipment

fltMemoryUnitInoperable

障害コード:F0185

メッセージ:

DIMM [location] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

通常、この障害は、しきい値を超える数の修正可能または修正不可能なエラーが DIMM で発生したために発生します。DIMM は動作不能になっている場合があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 どのしきい値を超えたかを特定するために、DIMM の SEL の統計情報を確認します。

ステップ 2 必要な場合は、DIMM を交換します。障害のある DIMM の検索に CIMC WebUI を使用できます。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項、警告、および手順については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 185
mibFaultName: fltMemoryUnitInoperable
moClass: memory:Unit

fltMemoryUnitThermalThresholdNonCritical

障害コード:F0186

メッセージ:

DIMM [location] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、サーバのメモリ装置の温度が非重大しきい値を超えたが、まだ重大しきい値未満である場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、サーバの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: informational
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 186
mibFaultName: fltMemoryUnitThermalThresholdNonCritical
moClass: memory:Unit
Type: environmental

fltMemoryUnitThermalThresholdCritical

障害コード:F0187

メッセージ:

DIMM [location] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、サーバのメモリ装置の温度が重大しきい値を超えている場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、サーバの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 187
mibFaultName: fltMemoryUnitThermalThresholdCritical
moClass: memory:Unit
Type: environmental

fltMemoryUnitThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0188

メッセージ:

DIMM [location] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、サーバのメモリ装置の温度が動作範囲外になっている場合に発生します。この問題は回復不能です。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、サーバの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 188
mibFaultName: fltMemoryUnitThermalThresholdNonRecoverable
moClass: memory:Unit
Type: environmental

fltMemoryArrayVoltageThresholdCritical

障害コード:F0190

メッセージ:

Memory array [id] on [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、メモリ アレイの電圧が指定したハードウェアの電圧定格を超えた場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 どのしきい値を超えたかを特定するために、DIMM の SEL の統計情報を確認します。

ステップ 2 メモリ アレイをモニタして、さらに低下するかを確認します。

ステップ 3 電源装置を交換してください。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 190
mibFaultName: fltMemoryArrayVoltageThresholdCritical
moClass: memory:Array

fltMemoryArrayVoltageThresholdNonRecoverable

障害コード:F0191

メッセージ:

Memory array [id] on [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、メモリ アレイの電圧が指定したハードウェアの電圧定格を超過し、メモリのハードウェアが損傷する可能性がある場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 どのしきい値を超えたかを特定するために、DIMM の SEL の統計情報を確認します。

ステップ 2 メモリ アレイをモニタして、さらに低下するかを確認します。

ステップ 3 電源装置を交換してください。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 191
mibFaultName: fltMemoryArrayVoltageThresholdNonRecoverable
moClass: memory:Array
Type: environmental

fltMemoryUnitIdentityUnestablishable

障害コード:F0502

メッセージ:

DIMM [location] on [Serverid] has an invalid FRU

説明:

通常、この障害は、センサーによってサーバ内にサポートされていない DIMM が検出された場合に発生します。たとえば、モデル、ベンダー、またはリビジョンは認識されません。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバの設定で DIMM がサポートされているかどうかを確認します。DIMM がサーバの設定でサポートされていない場合は、Cisco TAC に連絡してください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: identity-unestablishable
mibFaultCode: 502
mibFaultName: fltMemoryUnitIdentityUnestablishable
moClass: memory:Unit
Type: equipment

プロセッサ関連の障害

fltProcessorUnitInoperable

障害コード:F0174

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、プロセッサに壊滅的なエラーが発生した場合、または事前設定された熱/電力しきい値を超えた場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 障害の原因が温度の問題であると考えられる場合は、サーバへのエアーフローが妨げられずに十分に換気されているかどうかを確認します。可能であれば、ヒート シンクがプロセッサに正しく固定されているかどうかを確認します。

ステップ 2 障害の原因が装置の動作不良であると考えられる場合は、Cisco TAC に問い合わせて指示を受けてください。

ステップ 3 障害の原因が電源または電圧の問題であると考えられる場合は、その問題が代替電源で解決するかどうかを確認することを推奨します。問題が解決しない場合は、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical | major
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 174
mibFaultName: fltProcessorUnitInoperable
moClass: processor:Unit
Type: equipment

fltProcessorUnitThermalThresholdNonCritical

障害コード:F0175

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、サーバのプロセッサの温度が非重大しきい値を超えたが、まだ重大しきい値未満である場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、サーバの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 175
mibFaultName: fltProcessorUnitThermalThresholdNonCritical
moClass: processor:Unit
Type: environmental

fltProcessorUnitThermalThresholdCritical

障害コード:F0176

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、ラック サーバのプロセッサの温度が重大しきい値を超えている場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、サーバの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 176
mibFaultName: fltProcessorUnitThermalThresholdCritical
moClass: processor:Unit
Type: environmental

fltProcessorUnitThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0177

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、ラック サーバのプロセッサの温度が動作範囲外になっている場合に発生します。この問題は回復不能です。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

CPU のセンサーが 82 °C(179.6 °F)に到達すると、システムはその CPU をオフラインにします。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、サーバの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、サーバに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 サーバのエアーフローが妨げられないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 177
mibFaultName: fltProcessorUnitThermalThresholdNonRecoverable
moClass: processor:Unit
Type: environmental

fltProcessorUnitVoltageThresholdNonCritical

障害コード:F0178

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、プロセッサの電圧が正常な動作範囲外にあるが、危険な段階にはまだ到達していない場合に発生します。通常、プロセッサは自動的にこの状況から回復します

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 これ以上の低下がないかどうかプロセッサをモニタします。

ステップ 2 どのしきい値を超えたかを特定するために、CPU の SEL の統計情報を確認します。

ステップ 3 電源装置を交換してください。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 178
mibFaultName: fltProcessorUnitVoltageThresholdNonCritical
moClass: processor:Unit
Type: environmental

fltProcessorUnitVoltageThresholdCritical

障害コード:F0179

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、プロセッサの電圧が指定したハードウェアの電圧定格を超えた場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 これ以上の低下がないかどうかプロセッサをモニタします。

ステップ 2 どのしきい値を超えたかを特定するために、CPU の SEL の統計情報を確認します。

ステップ 3 電源装置を交換してください。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 179
mibFaultName: fltProcessorUnitVoltageThresholdCritical
moClass: processor:Unit
Type: environmental

fltProcessorUnitVoltageThresholdNonRecoverable

障害コード:F0180

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、プロセッサの電圧が指定したハードウェアの電圧定格を超過し、プロセッサのハードウェアが損傷する可能性がある場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 180
mibFaultName: fltProcessorUnitVoltageThresholdNonRecoverable
moClass: processor:Unit
Type: environmental

fltProcessorUnitDisabled

障害コード:F0842

メッセージ:

Processor [id] on [Serverid] operState: [operState]

説明:

この障害は、プロセッサがディセーブルになっているという、まれなイベントで発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 この障害が発生した場合は、プロセッサを装着し直します。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: informational
Cause: equipment-disabled
mibFaultCode: 842
mibFaultName: fltProcessorUnitDisabled
moClass: processor:Unit
Type: environmental

電源関連の障害

fltEquipmentPsuInoperable

障害コード:F0374

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] operability: [operability]

説明:

通常、この障害は、電源装置がオフラインであるか、入力/出力電圧が範囲外である場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源コードが PSU および電源に正しく接続されていることを確認します。

ステップ 2 電源が 220/110 V であることを確認します。

ステップ 3 PSU を取り外して再度設置します。

ステップ 4 PSU を交換します。


) このコンポーネントを再取り付けまたは交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 5 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 374
mibFaultName: fltEquipmentPsuInoperable
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

fltEquipmentPsuThermalThresholdNonCritical

障害コード:F0381

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、PSU モジュールの温度が非重大しきい値を超えたが、まだ重大しきい値未満である場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、PSU モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、PSU モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 エアーフローが妨げられていないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 障害のある PSU モジュールを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 7 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 381
mibFaultName: fltEquipmentPsuThermalThresholdNonCritical
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltEquipmentPsuThermalThresholdCritical

障害コード:F0383

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、PSU モジュールの温度が重大しきい値を超えた場合に発生します。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、PSU モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、PSU モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 エアーフローが妨げられていないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 障害のある PSU モジュールを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 7 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 383
mibFaultName: fltEquipmentPsuThermalThresholdCritical
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltEquipmentPsuMissing

障害コード:F0378

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] presence: [presence]

説明:

通常、この障害は、電源モジュールがないか、またはサーバへの入力電力がない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源装置が電源に接続されているかどうかを確認します。

ステップ 2 PSU がスロットに物理的に存在する場合は、いったん取り外し、取り付け直します。

ステップ 3 PSU がスロットに物理的に存在していない場合は、新しい PSU を取り付けます。


) このコンポーネントを装着または交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 4 この障害が発生した場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-missing
mibFaultCode: 378
mibFaultName: fltEquipmentPsuMissing
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

fltEquipmentPsuThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0385

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、PSU モジュールの温度が動作範囲外になっている場合に発生します。この問題は回復不能です。次の原因となる可能性のある要因に注意してください。

極端な温度下では、Cisco UCS 機器の動作の効率が低下が生じたり、早期劣化、チップの障害、および機器の障害を含むさまざまな問題が生じたりすることがあります。また、極端な温度変化によって、CPU がソケットから外れることがあります。

Cisco UCS 機器は、吸気温度が 10 °C(50 °F)を下回らず、35 °C(95 °F)を上回らない環境で動作する必要があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 製品仕様書で、PSU モジュールの動作温度範囲を確認します。

ステップ 2 『Cisco UCS Site Preparation Guide』を確認して、前面および背面のスペースを含め、PSU モジュールに適切なエアーフローを確保します。

ステップ 3 エアーフローが妨げられていないことを確認します。

ステップ 4 サイトの冷却システムが正常に動作していることを確認します。

ステップ 5 設置場所のクリーニングを定期的に実施して、ほこりやごみがたまらないようにしてください。ほこりやごみがたまるとシステムが過熱するおそれがあります。

ステップ 6 障害のある PSU モジュールを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 7 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 385
mibFaultName: fltEquipmentPsuThermalThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltEquipmentPsuVoltageThresholdNonCritical

障害コード:F0387

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、PSU の電圧が正常な動作範囲外にあるが、危険な段階にはまだ到達していない場合に発生します。通常、PSU はそれ自体でこの状況から回復します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 これ以上の低下がないかどうか PSU をモニタします。

ステップ 2 PSU を取り外し、再度取り付けてください。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 387
mibFaultName: fltEquipmentPsuVoltageThresholdNonCritical
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltEquipmentPsuVoltageThresholdCritical

障害コード:F0389

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、PSU の電圧が指定したハードウェアの電圧定格を超えた場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 PSU を取り外し、再度取り付けてください。

ステップ 2 PSU を交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 389
mibFaultName: fltEquipmentPsuVoltageThresholdCritical
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltEquipmentPsuVoltageThresholdNonRecoverable

障害コード:F0391

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は、PSU の電圧が指定したハードウェアの電圧定格を超え、結果として PSU ハードウェアが損傷しているか、または損傷するおそれがある場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 PSU を取り外し、再度取り付けてください。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 391
mibFaultName: fltEquipmentPsuVoltageThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltEquipmentPsuPerfThresholdNonCritical

障害コード:F0392

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] output power: [perf]

説明:

この障害は、ラック サーバの PSU の現在の出力が目的の出力値と一致していない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 PSU のステータスをモニタします。

ステップ 2 可能であれば、PSU を取り外して、再度取り付けます。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、シャーシの tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: power-problem
mibFaultCode: 392
mibFaultName: fltEquipmentPsuPerfThresholdNonCritical
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

fltEquipmentPsuPerfThresholdCritical

障害コード:F0393

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] output power: [perf]

説明:

この障害は、ラック サーバの PSU の現在の出力が目的の出力値と一致していない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 PSU のステータスをモニタします。

ステップ 2 可能であれば、PSU を取り外して、再度取り付けます。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、シャーシの tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: power-problem
mibFaultCode: 393
mibFaultName: fltEquipmentPsuPerfThresholdCritical
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

fltEquipmentPsuPerfThresholdNonRecoverable

障害コード:F0394

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] output power: [perf]

説明:

この障害は、ラック サーバの PSU の現在の出力が目的の出力値と一致していない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 PSU のステータスをモニタします。

ステップ 2 可能であれば、PSU を取り外して、再度取り付けます。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、シャーシの tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: power-problem
mibFaultCode: 394
mibFaultName: fltEquipmentPsuPerfThresholdNonRecoverable
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

fltEquipmentPsuIdentity

障害コード:F0407

メッセージ:

Power supply [id] on [Serverid] has a malformed FRU

説明:

通常、この障害は、電源装置ユニットの FRU 情報が破損した場合、または不正な形式の場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源装置のベンダーの仕様については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを確認します。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: fru-problem
mibFaultCode: 407
mibFaultName: fltEquipmentPsuIdentity
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

fltEquipmentPsuOffline

障害コード:F0528

メッセージ:

Power supply [id] in [Serverid] power: [power]

説明:

この障害は通常、シャーシの電源装置がオフラインであることが CIMC で検出された場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源コードが PSU および電源に正しく接続されていることを確認します。

ステップ 2 電源が 220/110 V であることを確認します。

ステップ 3 PSU が正しく取り付けられていることを確認します。

ステップ 4 PSU を取り外して再度設置します。


) このコンポーネントを取り付けまたは交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 5 PSU を交換します。

ステップ 6 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、PSU の種類を書き留め、tech-support ファイルを作成して、シスコのテクニカル サポートにお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-offline
mibFaultCode: 528
mibFaultName: fltEquipmentPsuOffline
moClass: equipment:Psu
Type: environmental

fltPowerChassisMemberChassisPsuRedundanceFailure

障害コード:F0743

メッセージ:

[Serverid] was configured for redundancy, but running in a non-redundant configuration.

説明:

通常、この障害は、サーバの電源冗長に失敗した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 シャーシに PSU を追加することを検討します。

ステップ 2 非機能的な PSU を交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: psu-redundancy-fail
mibFaultCode: 743
mibFaultName: fltPowerChassisMemberChassisPsuRedundanceFailure
moClass: power:ChassisMember
Type: environmental

fltEquipmentPsuPowerThreshold

障害コード:F0882

メッセージ:

Power supply [id] on [Serverid] has exceeded its power threshold.

説明:

この障害は、電源装置ユニットが電流を過剰に引き込んでいる場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor | major | critical
Cause: power-problem
mibFaultCode: 882
mibFaultName: fltEquipmentPsuPowerThreshold
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

) この障害コードは過負荷になります。


fltEquipmentPsuInputError

障害コード:F0883

メッセージ:

Power supply [id] on [Serverid] has disconnected cable or bad input voltage.

説明:

この障害は、電源コードが切断されているか、または入力電圧が誤っている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源コードが切断されたか確認します。

ステップ 2 入力電圧がサーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドに記載された適切な範囲内にあるかどうかを確認します。

ステップ 3 PSU を再度挿入します。

ステップ 4 これらの処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: power-problem
mibFaultCode: 883
mibFaultName: fltEquipmentPsuInputError
moClass: equipment:Psu
Type: equipment

サーバ関連の障害

fltComputeBoardPowerError

障害コード:F0310

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] power: [operPower]

説明:

通常、この障害は、サーバのボード センサーが問題を検出した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源装置を取り付け直すか、交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: power-problem
mibFaultCode: 310
mibFaultName: fltComputeBoardPowerError
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputePhysicalBiosPostTimeout

障害コード:F0313

メッセージ:

[Serverid] BIOS failed power-on self test

説明:

この障害は通常、サーバが BIOS POST が完了していない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 CIMC WebUI に接続し、BIOS POST の完了を監視するように KVM コンソールを起動します。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 313
mibFaultName: fltComputePhysicalBiosPostTimeout
moClass: compute:Physical
Type: equipment

fltComputePhysicalUnidentified

障害コード:F0320

メッセージ:

[Serverid] Chassis open

説明:

この障害は、サーバ シャーシまたはカバーが開いている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバ シャーシまたはカバーが配置されていることを確認します。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-problem
mibFaultCode: 320
mibFaultName: fltComputePhysicalUnidentified
moClass: compute:Physical
Type: equipment

fltComputeBoardCmosVoltageThresholdCritical

障害コード:F0424

メッセージ:

CMOS battery voltage on [Serverid] is [cmosVoltage]

説明:

この障害は、CMOS バッテリ電圧が正常な動作範囲内にない場合に発生します。これはクロックやその他の CMOS 設定に影響を与えることがあります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 CMOS バッテリを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 424
mibFaultName: fltComputeBoardCmosVoltageThresholdCritical
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputeBoardCmosVoltageThresholdNonRecoverable

障害コード:F0425

メッセージ:

CMOS battery voltage on [Serverid] is [cmosVoltage]

説明:

この障害は、CMOS バッテリ電圧が正常な動作範囲にし、回復できる可能性がほとんどない場合に発生します。これはクロックやその他の CMOS 設定に影響を与えます。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 CMOS バッテリを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 425
mibFaultName: fltComputeBoardCmosVoltageThresholdNonRecoverable
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputeIOHubThermalNonCritical

障害コード:F0538

メッセージ:

IO Hub on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、I/O コントローラの温度が非重大しきい値より上または下に外れている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 このサーバに関連するその他の環境イベントをモニタし、温度範囲が推奨される範囲内にあることを確認します。

ステップ 2 これで問題が解決しない場合は、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 538
mibFaultName: fltComputeIOHubThermalNonCritical
moClass: compute:IOHub
Type: environmental

fltComputeIOHubThermalThresholdCritical

障害コード:F0539

メッセージ:

IO Hub on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、I/O コントローラの温度が重大しきい値より上または下に外れている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバに関連するその他の環境イベントをモニタし、温度範囲が推奨される範囲内にあることを確認します。

ステップ 2 可能であれば、しばらくの間、サーバの電源をオフにしておくことを検討してください。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 539
mibFaultName: fltComputeIOHubThermalThresholdCritical
moClass: compute:IOHub
Type: environmental

fltComputeIOHubThermalThresholdNonRecoverable

障害コード:F0540

メッセージ:

IO Hub on [Serverid] temperature: [thermal]

説明:

この障害は、I/O コントローラの温度が動作回復の可能な範囲から外れている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバをただちにシャットダウンします。

ステップ 2 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 540
mibFaultName: fltComputeIOHubThermalThresholdNonRecoverable
moClass: compute:IOHub
Type: environmental

fltComputePhysicalPostFailure

障害コード:F0517

メッセージ:

[Serverid] POST or diagnostic failure

説明:

通常、この障害は、POST 中にサーバで診断障害またはエラーが発生した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバの POST の結果をチェックします。

ステップ 2 サーバをリブートします。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: equipment-problem
mibFaultCode: 517
mibFaultName: fltComputePhysicalPostFailure
moClass: compute:Physical
Type: server

fltComputeBoardPowerFail

障害コード:F0868

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] power: [power]

説明:

通常、この障害は、サーバの電源センサーが問題を検出した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: power-problem
mibFaultCode: 868
mibFaultName: fltComputeBoardPowerFail
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputeBoardThermalProblem

障害コード:F0869

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] : thermal: [thermal]

説明:

通常、この障害は、サーバのマザーボード温度センサーが問題を検出した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サーバのファンが正しく動作していることを確認します。

ステップ 2 24 時間待機して、問題が解決しているかどうかを確認します。

ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: minor | major |critical
Cause: thermal-problem
mibFaultCode: 869
mibFaultName: fltComputeBoardThermalProblem
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputeBoardMotherBoardVoltageUpperThresholdCritical

障害コード:F0920

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は通常、1 つ以上のマザーボード上の入力電圧が重大しきい値の上限を超過した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源装置を取り付け直すか、交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 問題が続く場合は、 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 920
mibFaultName: fltComputeBoardMotherBoardVoltageUpperThresholdCritical
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputeBoardPowerUsageProblem

障害コード:F1040

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] power: [power]

説明:

この障害は通常、マザーボードの電力消費が特定のしきい値を超えたときに発生します。この場合、サーバの電力使用状況センサーが問題を検出します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major | critical
Cause: power-problem
mibFaultCode: 1040
mibFaultName: fltComputeBoardPowerUsageProblem
moClass: compute:Board
Type: environmental

) この障害コードは過負荷になります。


fltComputeBoardMotherBoardVoltageThresholdUpperNonRecoverable

障害コード:F0918

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は通常、1 つ以上のマザーボード入力電圧が非常に高くなり、復旧の可能性がほとんどない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 918
mibFaultName: fltComputeBoardMotherBoardVoltageThresholdUpperNonRecoverable
moClass: compute:Board
Type: environmental

fltComputeBoardMotherBoardVoltageThresholdLowerNonRecoverable

障害コード:F0919

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は通常、1 つ以上のマザーボード入力電圧が非常に低くなり、復旧の可能性がほとんどない場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 919
mibFaultName: fltComputeBoardMotherBoardVoltageThresholdLowerNonRecoverable
moClass: compute: Board
Type: environmental

fltComputeBoardMotherBoardVoltageLowerThresholdCritical

障害コード:F0921

メッセージ:

Motherboard of [Serverid] voltage: [voltage]

説明:

この障害は通常、1 つ以上のマザーボード上の入力電圧が重大しきい値の下限を超過した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 電源装置を取り付け直すか、交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 問題が続く場合は、 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: voltage-problem
mibFaultCode: 921
mibFaultName: fltComputeBoardMotherBoardVoltageLowerThresholdCritical
moClass: compute: Board
Type: environmental

Storage-Related の障害

fltStorageControllerPatrolReadFailed

障害コード:F1003

メッセージ:

Storage Controller [id] operability: [operability]

説明:

この障害は、パトロール リードがコントローラに接続されたディスクで失敗した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 仮想ドライブの整合性チェックを開始します。

ステップ 2 障害のある物理ドライブを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 1003
mibFaultName: fltStorageControllerPatrolReadFailed
moClass: storage:Controller
Type: equipment

fltStorageLocalDiskRebuildFailed

障害コード:F1005

メッセージ:

Local disk [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、ローカル ディスクの再構築プロセスの失敗を示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 再構築プロセスを再起動します。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-offline
mibFaultCode: 1005
mibFaultName: fltStorageLocalDiskRebuildFailed
moClass: storage:LocalDisk
Type: equipment

fltStorageLocalDiskInoperable

障害コード:F0181

メッセージ:

Local disk [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、サーバの使用中にローカル ディスクが動作不能になった場合、または取り外された場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サポートされているスロットにディスクを挿入します。

ステップ 2 ローカル ディスクを取り外し、再度挿入し直します。

ステップ 3 別のディスクがある場合は、ディスクを交換します。


) このコンポーネントを取り付けまたは交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 4 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major | informational | warning
Cause: equipment-missing | equipment-inoperable
mibFaultCode: 181
mibFaultName: fltStorageLocalDiskInoperable
moClass: storage:LocalDisk
type: equipment

fltStorageLocalDiskDegraded

障害コード:F0996

メッセージ:

Local disk [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、ローカル ディスクが低下した場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ドライブが再構築またはコピーバック状態にあるかどうかを確認します。再構築またはコピーバック操作が完了するのを待ちます。

ステップ 2 ドライブに予側可能な障害がある場合は、交換します。


) このコンポーネントを取り付けまたは交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 996
mibFaultName: fltStorageLocalDiskDegraded
moClass: storage:LocalDisk
type: equipment

fltStorageRaidBatteryInoperable

障害コード:F0531

メッセージ:

RAID Battery on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、RAID のバッテリ電圧が正常な動作範囲を下回っている場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 RAID バッテリを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、 tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 531
mibFaultName: fltStorageRaidBatteryInoperable
moClass: storage:RaidBattery
Type: equipment

fltStorageLocalDiskCopybackFailed

障害コード:F1006

メッセージ:

Local disk [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、物理ディスクのコピーバックの失敗を示します。この障害は、物理ドライブの問題または RAID 構成の問題を示している可能性があります。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 物理ドライブを交換し、問題が再構築後に解決されるかどうかを確認します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 2 ストレージ コントローラを取り付け直すか、交換します。

ステップ 3 MegaRAID ROM の設定ページで、ストレージ コントローラの設定オプションを確認します。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-offline
mibFaultCode: 1006
mibFaultName: fltStorageLocalDiskCopybackFailed
moClass: storage:LocalDisk
Type: equipment

fltStorageRaidBatteryDegraded

障害コード:F0997

メッセージ:

Raid battery [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、コントローラのバッテリ バックアップ ユニットが低下することを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 バッテリ再学習サイクルを取り付け直すか、開始します。

ステップ 2 ストレージ コントローラのバッテリ バックアップ ユニットを交換します。

このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 997
mibFaultName: fltStorageRaidBatteryDegraded
moClass: storage:RaidBattery
Type: equipment

fltStorageRaidBatteryRelearnAborted

障害コード:F0998

メッセージ:

Raid battery [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、コントローラ バッテリ再学習プロセスが異常終了したことを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 バッテリ バックアップ ユニットの再学習プロセスをリスタートします。

ステップ 2 バッテリ バックアップ ユニットを取り付け直すか、交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 再学習サイクルが 100 を超えるとバッテリ バックアップ ユニットを交換します。


 

障害の詳細:

Severity: minor
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 998
mibFaultName: fltStorageRaidBatteryRelearnAborted
moClass: storage:RaidBattery
Type: equipment

fltStorageRaidBatteryRelearnFailed

障害コード:F0999

メッセージ:

Raid battery [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、コントローラ バッテリの再学習が失敗したことを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 バッテリ バックアップ ユニットの再学習プロセスをリスタートします。

ステップ 2 バッテリ バックアップ ユニットを取り付け直すか、交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 再学習サイクルが 100 を超えるとバッテリ バックアップ ユニットを交換します。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 999
mibFaultName: fltStorageRaidBatteryRelearnFailed
moClass: storage:RaidBattery
Type: equipment

fltStorageVirtualDriveConsistencyCheckFailed

障害コード:F1010

メッセージ:

Virtual drive [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、仮想ドライブでの整合性検査の失敗を示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 仮想ドライブの整合性チェックを開始します。

ステップ 2 障害のある物理ドライブを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 1010
mibFaultName: fltStorageVirtualDriveConsistencyCheckFailed
moClass: storage:VirtualDrive
Type: equipment

fltStorageVirtualDriveDegraded

障害コード:F1008

メッセージ:

Virtual drive [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、仮想ドライブの回復可能なエラーを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 仮想ドライブの整合性チェックを開始します。

ステップ 2 障害のある物理ドライブを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 1008
mibFaultName: fltStorageVirtualDriveDegraded
moClass: storage:VirtualDrive
Type: equipment

fltStorageVirtualDriveInoperable

障害コード:F1007

メッセージ:

Virtual drive [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、仮想ドライブの回復不可能なエラーを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ドライブのデータにアクセスできる場合、仮想ドライブをバック アップおよび再作成します。

ステップ 2 障害のある物理ドライブを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 VD を最適にするために Cisco UCS-SCU を使用して仮想ドライブを同期します。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 1007
mibFaultName: fltStorageVirtualDriveInoperable
moClass: storage:storage:VirtualDrive
Type: equipment

fltStorageVirtualDriveReconstructionFailed

障害コード:F1009

メッセージ:

Virtual drive [id] on [Serverid] operability: [operability]

説明:

この障害は、仮想ドライブの再構築プロセスの失敗を示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 再構築プロセスを再起動します。


 

障害の詳細:

Severity: major
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 1009
mibFaultName: fltStorageVirtualDriveReconstructionFailed
moClass: storage:VirtualDrive
Type: equipment

fltStorageControllerInoperable

障害コード:F1004

メッセージ:

Storage Controller [id] operability: [operability]

説明:

この障害は、修復不可能なストレージ コントローラの失敗を示します。これは、ストレージ システムが一定の時間コントローラに接続できず、接続するのを停止した後に発生する障害です。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ストレージ コントローラを取り付け直すか、交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 1004
mibFaultName: fltStorageControllerInoperable
moClass: storage:Controller
Type: equipment

fltStorageFlex Flash VirtualDrive HV Degraded

障害コード:F1008

メッセージ:

Virtual drive [id] on FlexFlash Controller [id] operability: [operability]

説明:

この障害は、Flex Flash 仮想ドライブの回復可能なエラーを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 VD を最適にするために Cisco UCS SCU を使用して仮想ドライブを同期します。

ステップ 2 障害のある Flex Flash ドライブを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


 

障害の詳細:

Severity: warning
Cause: equipment-degraded
mibFaultCode: 1008
mibFaultName: fltStorageVirtualDriveDegraded
moClass: storage:VirtualDrive
Type: equipment

fltStorageFlex Flash VirtualDrive HV Inoperable

障害コード:F1007

メッセージ:

Virtual drive [id] on FlexFlash Controller [id] operability: [operability]

説明:

この障害は、Flex Flash 仮想ドライブの回復不可能なエラーを示します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 ドライブのデータにアクセスできる場合、仮想ドライブをバック アップおよび再作成します。

ステップ 2 障害のある Flex Flash ドライブを交換します。このコンポーネントを交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。

ステップ 3 VD を最適にするために Cisco UCS-SCU を使用して仮想ドライブを同期します。


 

障害の詳細:

Severity: critical
Cause: equipment-inoperable
mibFaultCode: 1007
mibFaultName: fltStorageVirtualDriveInoperable
moClass: storage:VirtualDrive
Type: equipment

fltStorageFlex Flash LocalDisk missing

障害コード:F0181

メッセージ:

Local disk [id] on FlexFlash Controller [id] operability: [operability]

説明:

この障害は、サーバが使用中の間、Flex Flash ドライブがスロットから取り外された場合に発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 サポートされているスロットにディスクを挿入します。

ステップ 2 別のドライブがある場合は、ディスクを交換します。


) このコンポーネントを取り付けまたは交換する前に、前提条件、安全に関する推奨事項と警告については、サーバ固有のインストレーションおよびサービス ガイドを参照してください。


ステップ 3 前述の処理によって問題を解決できなかった場合は、tech-support ファイルを作成し、Cisco TAC にお問い合わせください。


 

障害の詳細:

Severity: informational
Cause: equipment-missing
mibFaultCode: 181
mibFaultName: fltStorageLocalDiskInoperable
moClass: storage:LocalDisk
Type: equipment

システム イベント ログ関連の障害

fltSysdebugMEpLogMEpLogLog

障害コード:F0460

メッセージ:

Log capacity on Management Controller on [Serverid] is [capacity]

説明:

この障害は通常、サーバのシステム イベント ログ(SEL)がほぼ満杯であることを Cisco Integrated Management Controller(CIMC)が検出したために発生します。ログの空き容量は少なくなっています。これは、情報レベルの障害であり、この時点で SEL を消去しない場合は無視できます。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 SEL を消去することを選択できます。


 

障害の詳細:

Severity: info
Cause: log-capacity
mibFaultCode: 460
mibFaultName: fltSysdebugMEpLogMEpLogLog
moClass: sysdebug:MEpLog
Type: operational

fltSysdebugMEpLogMEpLogVeryLow

障害コード:F0461

メッセージ:

Log capacity on Management Controller on [Serverid] is [capacity]

説明:

この障害は通常、サーバのシステム イベント ログ(SEL)がほぼ満杯であることを Cisco Integrated Management Controller(CIMC)が検出したために発生します。ログの空き容量は非常に少なくなっています。これは、情報レベルの障害であり、この時点で SEL を消去しない場合は無視できます。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 SEL を消去することを選択できます。


 

障害の詳細:

Severity: info
Cause: log-capacity
mibFaultCode: 461
mibFaultName: fltSysdebugMEpLogMEpLogVeryLow
moClass: sysdebug:MEpLog
Type: operational

fltSysdebugMEpLogMEpLogFull

障害コード:F0462

メッセージ:

Log capacity on Management Controller on [Serverid] is [capacity]

説明:

この障害は通常、CIMC SEL が満杯になるために発生します。

推奨処置:

この障害が発生した場合は、次の処理を実行します。


ステップ 1 SEL を消去することを選択できます。


 

障害の詳細:

Severity: info
Cause: log-capacity
mibFaultCode: 462
mibFaultName: fltSysdebugMEpLogMEpLogFull
moClass: sysdebug:MEpLog
Type: operational