障害およびログの表示
障害およびログの表示

障害およびログの表示

この章は、次の内容で構成されています。

障害およびログのサマリーの表示

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1Server # scope fault  

    障害コマンド モードを開始します。

     
    ステップ 2Server # show fault-entries  

    すべての障害のログを表示します。

     

    次に、障害のサマリーの例を示します。

    Server # scope fault
    Server /fault # show fault-entries
    Time                     Severity      Description
    ------------------------ ------------ -----------------
    Sun Jun 27 04:00:52 2013  info        Storage Local disk 12 missing
    Sat Jun 26 05:00:22 2013  warning     Power Supply redundancy is lost
                
    Server /fault #             
    

    CIMC ログ

    CIMC ログの表示

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1Server# scope cimc  

      CIMC コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 2Server /cimc # scope log  

      CIMC ログ コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 3Server /cimc/log # show entries [detail]  

      CIMC イベントをタイムスタンプ、イベントを記録したソフトウェア モジュール、およびイベントの説明とともに表示します。

       

      次に、CIMC イベントのログを表示する例を示します。

      Server# scope cimc
      Server /cimc # scope log
      Server /cimc/log # show entries
      Time                Severity      Source           Description                              
      ------------------- ------------- ---------------- ---------------------------------------- 
      2012 Jan 30 05:20:45 Informational BMC:ciscoNET:961 " rpc_aim_callback_function_1_svc() - result == SUCCESS, callbackData size: 600 " 
      2012 Jan 30 05:20:45 Informational BMC:ciscoNET:961 rpc_aim_callback_function_1_svc() - returned from pFunctionCallback result:0 
      2012 Jan 30 05:20:45 Informational BMC:ciscoNET:961 " rpc_aim_callback_function_1_svc() - szFunctionName:netGetCurrentIfConfig nSize:0 nMaxSize: 600 " 
      --More--
      
      Server /cimc/log # show entries detail
      Trace Log:
          Time: 2012 Jan 30 05:20:45
          Severity: Informational
          Source: BMC:ciscoNET:961
          Description: " rpc_aim_callback_function_1_svc() - result == SUCCESS, callbackData size: 600 "
          Order: 0
      Trace Log:
          Time: 2012 Jan 30 05:20:45
          Severity: Informational
          Source: BMC:ciscoNET:961
          Description: rpc_aim_callback_function_1_svc() - returned from pFunctionCallback result:0
          Order: 1
      Trace Log:
          Time: 2012 Jan 30 05:20:45
          Severity: Informational
          Source: BMC:ciscoNET:961
          Description: " rpc_aim_callback_function_1_svc() - szFunctionName:netGetCurrentIfConfig nSize:0 nMaxSize: 600 "
          Order: 2
      --More--
      
      Server /cimc/log # 
      

      CIMC ログのクリア

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1Server# scope cimc  

        CIMC コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 2Server /cimc # scope log  

        CIMC ログ コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 3Server /cimc/log # clear  

        CIMC ログをクリアします。

         

        次に、CIMC イベントのログをクリアする例を示します。

        Server# scope cimc
        Server /cimc # scope log
        Server /cimc/log # clear
               
        

        CIMC ログしきい値の設定

        CIMC ログに含まれるメッセージの最低レベルを指定できます。

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1Server# scope cimc 

          CIMC コマンド モードを開始します。

           
          ステップ 2Server /cimc # scope log 

          CIMC ログ コマンド モードを開始します。

           
          ステップ 3Server /cimc/log # set local-syslog-severity level  

          重大度の level には、次のいずれかを指定できます。順に重大度が下がります。

          • emergency

          • alert

          • critical

          • error

          • warning

          • notice

          • informational

          • debug

          (注)     

          CIMC では、選択した重大度よりも低い重大度のメッセージはログに記録されません。 たとえば、error を選択した場合、CIMC ログには重大度が Emergency、Alert、Critical、または Error のすべてのメッセージが含まれます。 Warning、Notice、Informational、または Debug のメッセージは表示されません。

           
          ステップ 4Server /cimc/log # commit  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           
          ステップ 5Server /cimc/log # show local-syslog-severity  (任意)

          設定された重大度レベルを表示します。

           

          次に、最小重大度を警告として、メッセージのロギングを設定する例を示します。

          Server# scope cimc
          Server /cimc # scope log
          Server /cimc/log # set local-syslog-severity warning
          Server /cimc/log *# commit
          Server /cimc/log # show local-syslog-severity
              Local Syslog Severity: warning
          
          Server /cimc/log #
          

          リモート サーバへの CIMC ログの送信

          1 台または 2 台のリモート syslog サーバが CIMC ログ エントリを受信するように、プロファイルを設定できます。

          はじめる前に
          • リモート syslog サーバが、リモート ホストからのログを受信するよう設定されている必要があります。

          • リモート syslog サーバが、authentication-related ログなどのすべてのタイプのログを受信するよう設定されている必要があります。

          • リモート syslog サーバのファイアウォールが、syslog メッセージが syslog サーバに到達することを許可するよう設定されている必要があります。

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1Server# scope cimc 

            CIMC コマンド モードを開始します。

             
            ステップ 2Server /cimc # scope log 

            CIMC ログ コマンド モードを開始します。

             
            ステップ 3Server /cimc/log # set remote-syslog-severity level   (任意)

            重大度の level には、次のいずれかを指定できます。順に重大度が下がります。

            • emergency

            • alert

            • critical

            • error

            • warning

            • notice

            • informational

            • debug

            (注)     

            CIMC では、選択した重大度よりも低い重大度のメッセージは、リモートでログに記録されません。 たとえば、error を選択した場合、リモート syslog サーバは重大度が Emergency、Alert、Critical、または Error の CIMC ログ メッセージすべてを受信します。 Warning、Notice、Informational、または Debug のメッセージは表示されません。

             
            ステップ 4Server /cimc/log # scope server {1 | 2}  

            2 台のリモート syslog サーバ プロファイルのいずれかを選択し、プロファイルを設定するコマンド モードを開始します。

             
            ステップ 5Server /cimc/log/server # set server-ip ip-address  

            リモート syslog サーバの IP アドレスを指定します。

             
            ステップ 6Server /cimc/log/server # set enabled {yes | no}  

            この syslog サーバへの CIMC ログ エントリの送信をイネーブルにします。

             
            ステップ 7Server /cimc/log/server # commit  

            トランザクションをシステムの設定にコミットします。

             

            次に、リモート syslog サーバ プロファイルを設定し、重大度レベル Warning 以上の CIMC ログ エントリの送信をイネーブルにする例を示します。

            Server# scope cimc
            Server /cimc # scope log
            Server /cimc/log # set remote-syslog-severity warning
            Server /cimc/log *# scope server 2
            Server /cimc/log/server *# set server-ip 192.0.2.34
            Server /cimc/log/server *# set enabled yes
            Server /cimc/log/server *# commit
            Server /cimc/log/server # exit
            Server /cimc/log # show server
            Syslog Server    IP Address       Enabled  
            ---------------- ---------------- -------- 
            1                0.0.0.0          no       
            2                192.0.2.34       yes       
            
            Server /cimc/log # show remote-syslog-severity
                Remote Syslog Severity: warning
            
            Server /cimc/log # 
            

            システム イベント ログ

            システム イベント ログの表示

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1Server# scope sel  

              システム イベント ログ(SEL)コマンド モードを開始します。

               
              ステップ 2Server /sel # show entries detail  

              システム イベントについて、タイムスタンプ、イベントの重大度、およびイベントの説明を表示します。 detail キーワードを指定すると、表形式ではなくリスト形式で情報が表示されます。

               

              次に、システム イベント ログを表示する例を示します。

              Server# scope sel
              Server /sel # show entries
              Time                Severity      Description                              
              ------------------- ------------- ---------------------------------------- 
              [System Boot]       Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, OFF event was asserted" 
              [System Boot]       Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, GREEN was asserted" 
              [System Boot]       Normal        " PSU_REDUNDANCY: PS Redundancy sensor, Fully Redundant was asserted" 
              [System Boot]       Normal        " PSU2 PSU2_STATUS: Power Supply sensor for PSU2, Power Supply input lost (AC/DC) was deasserted" 
              [System Boot]       Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, ON event was asserted" 
              [System Boot]       Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, AMBER was asserted" 
              [System Boot]       Critical      " PSU_REDUNDANCY: PS Redundancy sensor, Redundancy Lost was asserted" 
              [System Boot]       Critical      " PSU2 PSU2_STATUS: Power Supply sensor for PSU2, Power Supply input lost (AC/DC) was asserted" 
              [System Boot]       Normal        " HDD_01_STATUS: Drive Slot sensor, Drive Presence was asserted" 
              [System Boot]       Critical      " HDD_01_STATUS: Drive Slot sensor, Drive Presence was deasserted" 
              [System Boot]       Informational " DDR3_P2_D1_INFO: Memory sensor, OFF event was asserted" 
              2001-01-01 08:30:16 Warning       " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, failure event was deasserted" 
              2001-01-01 08:30:16 Critical      " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, non-recoverable event was deasserted" 
              2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, ON event was asserted" 
              2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, AMBER was asserted" 
              2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, FAST BLINK event was asserted" 
              2001-01-01 08:30:14 Non-Recoverable " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, non-recoverable event was asserted" 
              2001-01-01 08:30:14 Critical      " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, failure event was asserted" 
              --More-- 
                     
              

              システム イベント ログのクリア

              手順
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1Server# scope sel  

                システム イベント ログ コマンド モードを開始します。

                 
                ステップ 2Server /sel # clear  

                処理の確認を求めるプロンプトが表示されます。 プロンプトに y と入力すると、システム イベント ログはクリアされます。

                 

                次に、システム イベント ログをクリアする例を示します。

                Server# scope sel
                Server /sel # clear 
                This operation will clear the whole sel.
                Continue?[y|N]y